すぐお金が必要!キャッシングは即日お金を手にいられる?今できる行動とは

今すぐお金を借りたい!

すぐお金が必要!キャッシングは即日お金を手にいられる?今できる行動とは

急にお金が必要になったとき、すぐに借入れができないか考えることはないでしょうか。手軽な借入方法のひとつにキャッシングがあります。しかし、キャッシングを利用したことがないと、本当にすぐ借りられるのか不安に思う人もいるかもしれません。この記事では、キャッシングで借入れするまでの流れやできるだけ早くお金を手に入れるためにできることなど、一般的な情報をまとめて紹介していきます。

目次

今すぐお金が必要な場合にできること

今すぐお金が必要な場合にできること

はじめに、すぐお金が必要なときに検討しておきたいキャッシングを2種類紹介します。

手持ちのクレジットカードのキャッシング枠を利用する

キャッシング機能が付帯しているクレジットカードを持っていれば、てっとり早くお金を借りることが可能です。クレジットカードには、ショッピング機能とキャッシング機能があります。ショッピング機能しか使っていないとわからないかもしれませんが、カードによってはキャッシングもできるようになっています。ただし、中にはそもそもキャッシング機能がつけられないクレジットカードもありますから注意は必要です。また、キャッシング機能がついているカードでも契約したときに低い金額に設定していることもあるため、確認したほうがいいでしょう。

キャッシング機能の有無や利用限度額については、Webサイト上の会員ページから確認することもできます。よくわからないときは、カード会社に問い合わせてみるといいでしょう。もしもキャッシング機能が設定されていないなら、申込みが必要になることもあります。クレジットカードからキャッシングする方法は、手持ちのカードを提携先のATMに入れて暗証番号と金額を入力するだけです。キャッシュカードでお金を引出す要領とほとんど変わりません。または、電話やWebサイトから指定して自分の口座に振込んでもらえることもあります。

手持ちのカードローンでお金を借りる

あらかじめカードローン用のカードを持っているなら、すぐにATMから現金の引出しが可能です。カードローンには、キャッシング専用のカードや銀行のキャッシュカードと一体型になっているタイプがあります。キャッシュカードと一体型のタイプは申込みが必要ですが、銀行で口座を開設するときに済ませているかもしれません。普段使っていないと忘れていることもありますが、カードローンと一体型のキャッシュカードを持っていないか確認してみましょう。もしもキャッシングもできる一体型のカードなら、提携しているコンビニのATMからすぐに借入れできます。一体型のカードを持っていないときは、まず可能かどうかを確認し、申込みすれば最短2〜3日程度でキャッシングできるようになります

カードローンは本当に即日使えるようになるの?

カードローンは本当に即日使えるようになるの?

カードローンの中には「即日融資」に対応しているものもあります。即日融資が可能なのは、消費者金融が発行しているカードローンによく見られます。ただし、即日融資が可能なカードローンでも審査に時間がかかったり申込みの時間帯が遅くなったりすれば、その日のうちにキャッシングできるとは限りません。カードローンを発行する金融機関によって異なりますが、遅くとも審査時間終了の30分ほど前までには申込みを済ませておくことが必要となります。

例えば、審査時間が21:00までの場合は、どんなに遅くても20:30までに申込みを済ませておく必要があります。また、自分の口座に振込みしてもらうときは、振込み先の金融機関が対応している時間内であることも即日融資の条件です。ただし、キャッシングは提携先のATMから引出すこともできますから、コンビニなら24時間キャッシングができます。また、カードローンの申込みを早く済ませても、カードを郵送してもらう場合は到着を待つ必要があります。その場合は即日での借入れはできないでしょう。

早くキャッシングするために何をすればいい?

早くキャッシングするために何をすればいい?

では、できるだけ早くキャッシングするには何をすればいいのか紹介していきます。

銀行ではなく消費者金融を選ぶ

カードローンには銀行が発行するものと消費者金融が発行するものの2種類があります。それぞれメリットや特徴には違いがありますが、早く借入れしたいときには消費者金融のカードローンを選ぶといいでしょう。前述したように消費者金融のカードローンは審査が早い傾向にあり、即日の融資にも対応しているところが多いからです。一方、銀行のカードローンは審査に数日かかります。

また、銀行は営業時間が短く、土日や祝日は審査業務をしていないところもあります。そのため、週末や祝日をはさんでしまうとさらに審査にかかる日数が伸びてしまいます。その点、消費者金融なら、土日や祝日も営業していることが多く、即日融資を受けられる可能性も高まるでしょう。消費者金融のカードローンはよくないイメージを持っている人もいるかもしれません。ところが、銀行も消費者金融も、脅迫のような取立てや夜間や早朝の電話を禁止するなど法律で厳しく規制されています。そのため違法な取立てをされることはありませんから、安心していいでしょう。

ネット申込み・カード無しで利用できるものを選ぶ

カードローンの申込方法には、さまざまなタイプが用意されています。窓口での申込みや電話、または郵送による申込みも可能です。郵送は自宅にカードが届けられることになりますが、家族や周囲にわかりにくい配慮をする傾向があります。しかし、できるだけ早く借入れするなら、インターネットや窓口、または自動契約機がいいでしょう。特にインターネットは自宅にいながらすぐに申込みができるため、移動で時間を無駄にすることもありません。近くに窓口や自動契約機がない環境でもキャッシングが申し込めるという点もメリットです。また、会員専用のWebサイトを利用すれば、カードが無くても自分の口座に直接振込みしてくれるキャッシングサービスも用意されています。振込キャッシングに対応しているカードローンを選べば、外出がむずかしいときも、すぐに借入れをすることが可能です。

カードローンの申込みから借入れ・返済までの流れ

カードローンの申込みから借入れ・返済までの流れ

次に、カードローンの申込みから実際の借入れ、さらに返済するまでの流れについて説明していきます。

申込みからカードを受取るまで

説明したように、カードローンの申込方法にはいくつかあります。その中で自宅から申込みできるのは、インターネットまたは電話です。インターネットは誰とも接することなく申込みできますが、不明なことや疑問点など質問したいことがある場合は電話のほうがいいでしょう。人と会わずに申込みからカードの発行まで可能なのが、自動契約機です。利用するには自動契約機が置かれている場所まで行く必要がありますが、電話やインターネットが苦手な人に向いているといえます。

他には、店頭の窓口でオペレーターに対応してもらいながら申込む方法もあります。その場でわからないことがあってもすぐに確認できますし、多くの場合はカードの発行まで可能です。ただし、いずれの方法でも本人確認ができる書類を必ず用意しておきましょう。申込みをすると、そのまま審査に入ります。審査の際は「在籍確認」が行われるのが一般的です。「在籍確認」とは申告した勤務先に本人が在籍しているかどうかを確認することで、働いている職場に直接電話が入ります。

「在籍確認」が心配になる人もいるでしょうが、通常はカードローン会社の名前を伝えることはありません。もちろん「借入れの審査である」ということも伝えませんし、審査の担当者が個人名を名乗るだけです。そして、審査に通れば、ATMやキャッシュディスペンサーでの借入れに使うカードを受取ることができます。または、インターネット上で口座への入金依頼ができるカードなしのキャッシングサービスもあります。

借入れと返済

カードローンで借入れをする方法は、大きく分けると2通りです。ひとつはWebサイトの会員ページから依頼し、自分の口座に振込んでもらう方法で、これはアプリを利用すればスマートフォンからも利用できます。そして、もうひとつはカードローンを発行している金融機関のキャッシュディスペンサーまたはATMから引出す方法です。ATMはコンビニと提携していることも多く、24時間お金を引出せる場合が多くなっています。

返済についてはリボ払いが一般的で、口座からの引落しの他にATMから入金する方法や直接窓口で支払う方法などもあります。または、ネットバンキングを利用してカードローン会社の口座に振込むなどさまざまです。返済は通常リボ払いですが、お金に余裕があるときは繰上返済など一括で返済することもできます。

申込みに必要になるもの

カードローンの申込みをする際、忘れてはいけないのが書類です。書類に不備があると申込みできないこともありますから、必ず用意しておきましょう。まず申込時に必ず必要なのは、本人確認書類です。本人確認で使用できるのは運転免許証やパスポート、マイナンバー(個人番号)カード、そして健康保険証で、通常はこの中のどれか1点があれば問題はありません。ただし、申込書に記載する内容と本人確認書類に相違がないよう注意が必要です。引っ越したばかりの人や結婚などで氏名が変わっている人は、きちんと変更されているか確認しておきましょう。また、有効期限が過ぎていないことも注意点のひとつです。

カードローンは、利用限度額が50万円を超えない場合は原則として収入証明が必要ありません。しかし、50万円を超える額での借入れを希望するときは収入証明が必要です。収入証明として使えるのは源泉徴収票や給与明細、自営業者なら前年度の確定申告書などで、必ず事前に用意しておきましょう。ただし、50万円より低い借入額でも収入証明が必要になる場合もあります。実際にはカードローンを発行する会社の判断になりますからあらかじめ確認が必要です。本人確認書類についても、中には公共料金の領収書の提示も求められるケースもありますから、きちんと確認しましょう。

審査に通らない・通るのが遅くなる場合

申込みをしても審査に通らないこともあります。ここでは、審査に通らないケースや審査に時間がかかる場合について解説していきます。

在籍確認がとれなかった

審査に時間がかかる場合でありがちなのは、勤務先の定休日にあたって在籍確認がとれなかったときです。通常は在籍確認ができないと審査を終えることができません。その場合は翌日に持越しになりますが、連休などに入った場合はさらに遅くなることもあるでしょう。申込みをするときは、勤務先の定休日にあたらないよう考えることも必要です。また、そもそも勤務先の電話番号を間違えて記入すればつながることがありません。電話番号に間違いがないか、よく確認しておきましょう。

書類に不備があった

書類に不備があると、その部分の確認が必要になります。そのため通常よりも時間がかかり、審査に遅れが出てしまいます。申込みの際は、住所や電話番号、勤務先や生年月日など、指示にしたがって正確に記入できているか確認しましょう。また、インターネットでの申込みで多いのはアップロードする書類が見づらいケースです。本人確認書類や収入証明書類などはスマートフォンやタブレットのカメラで撮影した画像で十分ですが、不鮮明だと確認ができません。また、自分が記入した内容と本人確認の書類に違いがあるのも、審査が遅れる原因のひとつです。

申込時間が遅かった

そもそも申込時間が遅いと、審査も遅くなります。たとえ即日融資を可能としているカードローンでも、審査時間を過ぎていたりギリギリになったりすれば審査は翌日になると考えたほうがいいでしょう。審査が可能な時間は21:00頃までが多く、遅くとも20:30には申込みを済ませておく必要があります。ただし、審査に対応している時間帯はカードローン会社によって違いますから確認しておくことが大切です。

利息はどのようにかかってくるのか

突然お金が必要になり、はじめてキャッシングを利用する人は利息についてよくわからず不安になるかもしれません。前述したように、キャッシングの返済はほとんどがリボ払いです。利息については借入金額と金利、返済にかかる日数をもとに計算され、代表的な計算方法として「借入額×金利(年利)÷365日×借入日数」が使われます。利息や月々の返済額については、利用するカードローン会社のWebサイトで返済シミュレーションをしてみるといいでしょう。借入希望額と返済期間を入力すれば自動で計算してもらえます。

利息をできるだけ抑えたいなら、返済期間をなるべく短くすることです。そのため、一括で返済するのが好ましいですが、無理な場合は余裕のあるときに繰上返済をすると早く完済することができます。もしも借入れした当日の返済ができれば利息はゼロです。しかし、返済が長引けばそれだけ利息は増えていきます。一括や当日の返済はむずかしいかもしれませんが、返せるときは繰上返済をするようにしましょう。

手持ちのカードが止められた!? 早く復活させるには?

すぐにお金が必要な人の中には、すでにキャッシングをしている人もいるかもしれません。ところが、何らかの理由でカードが止められており、早急に違う手段を探している人もいるでしょう。ひとつのカードが止められた状態だと、新たにカードローンの申込みをしても審査に通りにくくなります。そのため、現時点で持っているカードを早めに復活させることが先決です。

カードが止められる原因には「利用限度額に達した場合」または「返済が滞っている場合」の2通りがあげられます。利用限度額に達しているなら、申込むことで上限を引上げてもらえるかもしれません。しかし、利用限度額の引上げには年収が上がっているなどの条件が必要ですし、他社からの借入状況なども反映されます。実際はカードローン会社の判断になりますから、相談してみるのはいいでしょう。「返済が滞っている場合」は、まず遅れている分を返済することが解決策です。ただし、返済してもその日のうちにカードが復活するとは限りません。借入れができるまでに一定の時間を要することが多いため、返済に遅れないことが一番です。

消費者金融ならすぐキャッシングが可能

できるだけ早くお金が必要なときは、即日融資も可能な消費者金融のカードローンを利用するという方法があります。しかし、審査ができる時間帯もありますから、できるだけ早い時間に申込みすることが重要です。もちろん、本人確認書類など必要書類も不備のないようにそろえておかなければなりません。そうすることで、即日融資など早めにお金を借りることができるでしょう。

前の投稿キャッシングの利用に年齢制限はある?未成年者・高齢者は審査が通るのか

キャッシングはいくらまで借りられるの?限度額を決める要素や増額について次の投稿

プロミスへのはじめての
お申込みはこちら

Webでのお申込なら来店不要最短1時間融資も可能! Webでのお申込なら来店不要最短1時間融資も可能!

Webでご契約まで可能!

※最短15秒で事前審査結果をご確認いただいた後、
本審査が必要となます。

※スマートフォンから「少ない入力項目で最短15秒回答」のお申込みが9:00~21:00の間に可能です。
お申込みいただく場合、最短15秒で事前審査の結果をご確認いただいた後、
本審査が必要となります。また、新規契約時点でのご融資上限は50万円までとなります。