カードローンの金利を徹底解説!
金利を理解してローンを賢く利用しよう

意外と知らないベンリな使い方

カードローンの金利を徹底解説!金利を理解してローンを賢く利用しよう

短期的に現金が必要になった場合、カードローンの申込みを検討する人も多いでしょう。しかし、「カードローンの金利って何?」と疑問に思い、なかなか利用に踏み出せないケースもあります。利息や金利について理解が深まれば、賢くカードローンを活用できるようになるはずです。この記事では、一般的なカードローンの金利の仕組みや利息の計算方法、利息に関するお得な情報などをまとめて詳しく紹介します。

目次

金利やカードローンに関する用語を整理しよう

カードローンの金利は、多くの人が難しいと感じる部分です。しかし、実際に利用する場合には、金利に対する理解を深めておくことが大切になります。なぜなら金利が変わることで、返済しなければいけない金額も変化してしまうからです。まずは金利を含めたカードローンに関する用語を整理しながら、詳しく見ていきましょう。

利息とは

利息とは、お金を借入するときに発生する料金を指します。お金の貸与が行われる場合、借主が貸主に対して利息を支払うのが一般的です。特に金融機関から借入をする場合には、必ず利息を支払わなければなりません。なぜなら資金の貸付を通じて得られる利息が、金融機関の収益になるからです。カードローンであれば、利用者がカードローン会社に利息を支払うことになります。利息は契約時に定められた金利に応じて、日割りで発生するものです。利息の支払いは、借入の返済に優先して行われます。一般的に返済と呼ばれているものは、まず利息の支払いが行われた後に借入金の返済が始まる仕組みになっているのです。

金利とは

金利とは、借入した金額に対する利息の割合を指す言葉です。基本的に1年間で発生する利息が借りた金額に対するパーセンテージ(%)で表され、年利として表記されます。金利は、返済額を決める重要な数字であるため、カードローンを含めた借入を行う際には、必ずチェックしておく必要があります。金利の仕組みを理解することは、カードローンを賢く利用するためには不可欠です。

年利・利率とは

年利と利率はどちらも「年利率」を省略した言葉です。1年間に発生する利息の金利を表すものであり、「お借入利率」などと表記されることが多いです。金融機関の金利に関する表示は、ほとんどが年利で表示されるようになっています。そのため、年利と金利もほぼ同じ意味だと考えて問題ありません。

実質年率とは

実質年率とは

金融機関から借入をする場合、発生する料金は利息だけではありません。事務手数料や保証料などの諸経費も、借入側が支払うことになっています。実質年率とは、そうした各種費用と利息を合わせて計算した場合の金利を指します。ただし、実際は多くのカードローン会社が手数料や保証料を無料としているケースが多いため、実質年率と金利は同じものだと考えて問題ありません。しかし、なかには高額な手数料や保証料を取る会社もあります。正確な利息額を計算する際には、実質年率で計算しなければなりません。「貸金業法」によって、金融機関は必ず実質年率を表記することが定められています。登録貸金業者のカードローン会社であれば、実質年利を表示しているはずですから、利息の計算には実質年利を使用しましょう。

元金とは

カードローンにおける元金とは、カードローンを利用した借入金を指します。返済を進めることで元金は減っていき、元金がなくなれば返済完了となるのです。借入金である元金の残高のことを「借入残高」と呼びます。借入金の返済は、まず利息を支払うことから始まります。そして利息を超過して行われた返済によって、借入残高が減少していくのです。そのため、「1年間で返済できる金額」が「1年間で支払わなければならない利息」を超えるような借入をすべきではありません。

カードローンの利息を計算する方法

カードローンの利息は、一般的に年単位となる「年利」で表記される場合が多いです。しかし、実際に利息が発生するのは日割り単位になります。実際に計算する場合は、「利息額=借入金額×実質年率×借入日数÷365日(うるう年の場合は366日)」という式を利用します。要するに、「1年間で支払う利息額」を「日数」で割ることで1日あたりの利息額が算出できるわけです。金利(実質金利)が高いほど利息は高くなります。また、借入日数が長くなる場合も、利息額が高くなる点にも注意が必要です。

利息を抑えるためには、なるべく金利の低い借入先から借り、少しでも早く返済を終えることが大切です。たとえば、カードローンを利用して返済を続けているなかで金銭的に余裕が生まれた場合は、返済を繰り上げることで利息を低く抑えることができます。利息の発生や変動の仕組みを知ることで、より有利な形で借入や返済が可能になるのです。

金利の仕組み

金利の仕組み

金利の決定にはきちんとした仕組みがあることを知っておくべきでしょう。そこには法律も関わってくるため、カードローンの利用を検討しているなら、きちんとした知識を持つことが大切です。ここからは、金利がどのように決まるのかについて詳しく解説します。法律で上限が定められている 金利はカードローン会社やローンの種類によって、それぞれ定められています。原則として、これらは貸出を行う金融機関が独自に決めていますが、法律によって上限が定められているのです。利息を制限する法律には、「出資法」と「利息制限法」の2つがあります。出資法では、年利の条件は20%と決められています。さらに、利息制限法では借入額に応じて異なる金利上限が設けられているのです。借入額が10万円未満の場合、年利は20.00%を超えてはいけません。10万円から100万円未満では上限が18.00%になり、100万円以上では15.00%が上限となります。

幅がある

カードローンの金利には、幅があるケースも少なくありません。たとえば、「年2.0~18.0%」などの表記がされることがあります。これは法律によって金利の上限が定められているため、借入額によって金利が変動するためです。また、カードローン会社が優良な利用者だと認めた顧客に対して、法で定められた金利よりも有利な金利を適用するという場合もあります。消費者金融系カードローンで新規の申込みの場合、一般的には年18.0%で設定されます。プロミスの場合は、新規お申込みの利用者でも、年利17.8%でお借入が可能です。

ただし、カードローンの返済が遅れた場合には、多くのカードローン会社が「遅延損害金(遅延利息)」の支払いを求めてくる点には注意しましょう。借入時の金利が低く設定されている場合でも、返済が滞ると遅延損害金によって高い金利を支払わなければならなくなるからです。遅延損害金の上限金利は貸金業法で20.00%と定められており、多くのカードローン会社が20.00%に近い金利に設定しています。余計な利息を払わないようにするためにも、返済の時期を間違えないように注意しましょう。毎月の返済日をきちんと把握したうえで、計画的な返済を心がけることがカードローンを利用する際には重要だといえます。

利用限度額により適用される金利が決まる

カードローンの利用で適用される金利は、借入額だけではなく利用限度額(借入限度額)によっても変動します。利用限度額とは、カードローン会社が利用者の申込み審査を通して、それぞれの利用者に設定される貸付可能な金額の上限です。一般的に、利用限度額は返済能力に応じて変わり、返済能力が高いと評価された人ほど限度額が上がります。利用限度額が高い利用者は、カードローン会社が優良だと判断した顧客でもあるため、適用される金利が低くなるのです。

利用限度額は、最初の契約を結んだ後でも増額できるケースもあります。たとえばカードローンの借入と返済を繰り返すことで、カードローン会社から優良な顧客として認められれば、利用限度額を広げてもらえるでしょう。それにともない、より低い金利で借入が行える可能性もあります。

カードローンの金利を比較する際の注意点

カードローンの金利を比較する場合、金利の表記に注意を払う必要があります。多くのカードローンでは、金利を幅のある実質年利によって表記していますが、多くの人がその下限にばかり注目してしまいがちです。しかし、カードローンを利用する際に、下限の金利が適用されるとは限りません。そのため、下限だけを比較して選ぶことで、実際には金利が高い借入先を選択してしまう場合があります。金利を比較する場合には、必ず借入額によって適用される金利(適用金利)を確認し、判断材料にしましょう。

特に初めてカードローンを利用する場合、多くの人が設定されている上限金利が適用されるものです。そのため、下限金利ばかりに意識を向けていると、予想していたよりも多くの利息を支払うことになるため注意が必要です。適用金利が分からない場合には、利用を検討しているカードローン会社に相談するなど、事前に調べておくようにしましょう。無理のない借入や返済を行うためにも、事前にきちんと返済のシミュレーションを行っておくことが大切です。

カードローンの金利がゼロになる!?無利息期間を活用しよう

カードローンの金利がゼロになる!?無利息期間を活用しよう

原則として、カードローンを利用する場合は利息を支払わなければなりません。しかし、カードローン会社によっては、一定期間の金利が実質ゼロとなる「無利息期間」を設けている場合があります。無利息期間を上手に利用することで、利息を低く抑えつつ借入を行える可能性があるのです。カードローンを賢く利用するためにも、無利息期間がどのようなものなのかについて正しく理解し、活用すべきポイントを押さえておきましょう。

無利息期間の内容

「無利息期間」とは、消費者金融系カードローンが提供するサービスです。指定された条件を満たして借入を行うと、一定期間は利息が発生しないという仕組みになっています。こうしたサービスの適用される期間を無利息期間と呼ぶのです。プロミスなどの大手消費者金融系カードローンの一部が提供しているサービスであり、すべての消費者系金融機関で利用できるものではありません。通常金利がほかのカードローンと比較して多少高くなる場合でも、無利息期間を活用することで、結果として返済総額が低くなるケースもあります。

一例として、プロミスの無利息期間を見ていきましょう。サービスの対象となるには、「プロミスをはじめてご利用いただくお客さま」かつ「メールアドレスを登録のうえ、Web明細をご利用いただくお客さま」であることが必要です。条件を満たした利用者は、初回出金の翌日から30日間は無利息でカードローンを利用できます。無利息期間が適用される条件をきちんと押さえたうえで、賢く利用してみましょう。

無利息期間を活用するポイント

無利息期間を活用する場合、サービスの内容や条件がカードローン会社によって異なる点に注意が必要です。特に、無利息期間がスタートするタイミングを確認しておくのは重要です。タイミングをきちんとチェックしておくことで、うっかり無利息期間が終わってから借入を利用してしまうということを防ぐことができます。たとえば、無利息期間の開始が「初回契約の翌日」となっている場合、契約後すぐに借入を利用していなくても、無利息期間が過ぎてしまう可能性があります。

プロミスの場合は、「初回借入の翌日」が無利息期間の開始日です。この場合、初回の契約日と借入日が異なっていても、いつの間にか無利息期間が終わっていたということはありません。また、無利息期間に追加で借入をした場合も、初回借入から30日以内は無利息が適用されます。無利息金利期間を過ぎてしまうと、その時点の元本額に対して通常金利が適用され、その分の利息が発生します。無利息期間を上手に活用したいなら、可能な限り無利息期間中に返済をすることが重要です。もし完済ができなくても、元本を減らすことができれば、その分だけ利息を低く抑えることができます。

具体例として、プロミスの無利息期間(30日間)でどれだけの利息が節約できるかを考えてみましょう。初回借入で17.8%の金利が適用される利用者が20万円を借入した場合、30日間の利息は2926円になります。70万円を借入するケースなら、1万241円の利息がゼロ円になるのです。無利息期間を上手に活用すれば、利息を抑えて借入ができる可能性は十分にあります。借入金額や返済のタイミングをきちんと見定めたうえで、借入を行うことが大切です。

カードローンの金利は難しくない!

カードローンの金利は難しくない!

カードローンを利用する際、金利について理解しておくことが不可欠です。プロミスなら無利息期間(新規お申込みのお客様で30日間無利息)があり、スマートフォンのアプリをご利用いただくことで、お申込みからお借入までを完結することができます。金利について理解し、必要なお金を用意するためにカードローンの利用を検討してみましょう。

前の投稿カードローン審査で重要なポイント。審査に通る・通らないポイントを解説

カードローンをおまとめする方法とは?おまとめローンの便利な使い方!次の投稿