消費者金融の利用はやばいって本当?世間の噂の実態は?

不安解消

消費者金融の利用はやばいって本当?世間の噂の実態は?

「金欠で給料日まで持たない」「急にまとまったお金が必要になった」といった緊急事態が起きたとき、即日融資をしてくれる消費者金融はとても便利な存在です。しかし、消費者金融について、「やばい」「危ない」などと評する声を聞いたことがある人もいるでしょう。初めて利用する場合は、なんとなく不安に思うかもしれません。
ここでは、消費者金融を利用するとやばいと感じるのはなぜなのか、その理由と実情をご紹介します。

目次

消費者金融はやばいと感じるのはなぜ?

現在、消費者金融の業務は厳格な法律にもとづいて運営されており、強引な取立てや違法な高金利での貸付とは無縁です。それでも「消費者金融はやばい」と感じる人がいるのは、名前そのものにマイナスイメージを持っているからかもしれません。

ドラマやマンガなどの影響もあって、「一度でも借りたら記録に残って、社会的な立場が危うくなるのでは…」「住宅ローンや車のローンなどが組めなくなるかも」「自宅や職場に取立てが来ると困る」といった不安を感じる人が一定数いるようです。

消費者金融はやばくない!よくある不安を解消

消費者金融はやばくない!よくある不安を解消

本当に消費者金融はやばいのでしょうか。ここからは、世間でよくある不安を取り上げて解説していきます。

一度でも借りたら記録に残る?

消費者金融に限らず、借入の契約をすれば「信用情報」に記録されます。信用情報とは、各種ローンやクレジットカードなどの申込、契約、返済や支払状況といった客観的な取引の事実のこと。信用情報は信用情報機関で管理され、加盟する消費者金融会社やクレジットカード会社、金融機関、保証会社などは、ローンなどの申込を受けた際に、情報を照会することができます。

信用情報が必要な理由は、消費者金融での借入やクレジットカードでの支払いなどは、契約者の返済能力を信用して現金を貸したり、立替払いをしたりするシステムだからです。契約者に支払能力がなければ、貸付けたお金を回収できな

くなることも考えられるでしょう。
そうした事態を防ぐため、各企業は信用情報を参考に申込者の返済能力を推測し、商品やサービスを提供するかどうかの判断をしています。

とはいえ、借りたお金を返済期日までにきちんと返済できていれば、登録される情報は契約にまつわる基本的な内容と取引履歴のみです。長期間、または複数回にわたる返済の遅れがあった場合に登録される「事故情報」を除いて、日常生活に影響を及ぼすことはありません。

信用情報についてはこちらの記事もご覧ください。
信用情報とは?確認する方法と開示報告書の見方を紹介

ほかのローンを組むときに影響すると困る

住宅ローンや車のローンを含め、金融機関で新たな借入を行う際には必ず審査があり、信用情報の照会が行われます。そのため、信用情報に返済の著しい遅延や、多数の借入が記録されていれば、借入の可否に影響する可能性はあるでしょう。

ただし、これは消費者金融の借入に限った話ではなく、クレジットカードの利用や住宅ローンの申込など、あらゆる借入にいえることです。また、消費者金融を利用しただけで、ローンの可否に影響するわけではありません。あくまでも、返済能力に問題があるとみなされるような事実があれば、影響があるかもしれないということです。

取立てが怖い

消費者金融でお金を借りると、自宅や職場、親族の自宅などに激しい取立てや請求の電話があり、生活しにくくなるといった想像をする人がいるかもしれません。
しかし、貸金業法では、消費者金融業者、およびその債権の取立てを委託された業者は、厳格なルールにもとづいて債権を取立てるよう定められています。昼夜を問わず自宅を訪問して騒いだり、他社で借入して弁済するよう迫ったりといった無茶な要求をすることはありません。
そもそも、期日までに返済すれば取立てが行われることがありませんから、安心して利用できます。

何度も無理矢理、借入を迫られるのでは?

消費者金融と契約をすると、借入上限額(利用限度額)が設定され、その範囲内で融資が行われます。上限額の範囲を超えて借入をすることはできませんし、契約者自身が追加融資の申込をしない限り、限度額が拡大されることもありません。
そもそも、消費者金融は、貸金業法に則って契約者の返済能力に応じた無理のない範囲で貸付をしており、無理に借入を迫られることはないでしょう。
もちろん、借入をしなければ、当然返済もありません。中には、急に現金が必要になったときにすぐ借りられるよう、保険のような感覚で契約のみしておく人もいます。

雪だるま式に借入が膨らむのでは?

消費者金融で一度借りたら最後、借入がどんどん膨らんで返しきれなくなるのではと、不安を募らせる人もいます。返済能力を超えて借入をした上に滞納が続けば、延滞金が増えていき多重債務を引き起こすリスクがあるでしょう。ただし、それはどの借入でも同様です。
また、消費者金融の金利は「単利」といって、利息が元本に含まれませんから、利息は常に一定で、雪だるま式に膨らむことはありません。金利は各消費者金融がWebサイトなどで公開しているので、事前に調べて計画的に利用することをおすすめします。

プロミスの利息についてはこちらもご覧ください。
お利息のご案内|プロミス

消費者金融をうまく利用するためのコツ

消費者金融をうまく利用するためのコツ

ここまでご紹介したとおり、消費者金融の業務は法律にもとづいて適正に行われています。計画的に利用すれば、「やばい」と不安になる必要はないでしょう。
ここからは、消費者金融をうまく利用するコツをご紹介します。

無利息期間を利用する

消費者金融の金利は、銀行などに比べると高めの傾向があります。金利が高ければ返済額も大きくなるので、できるだけ返済までの期日を短縮して利息を抑えるのがポイントです。一度に完済できなくても、余裕がある時期に少しずつ前倒しで返済することで、利息が膨らむのを避けることができます。

また、「無利息期間」を活用するのもひとつの手です。無利息期間は、一定期間内の利息を0円にするサービスで、多くの消費者金融が導入しています。初回の借入限定であることがほとんどですが、無利息期間をうまく活用できれば、利息の負担が少なくなるでしょう。

必要最低限だけ借りる

消費者金融は、必要なときに必要なだけ、手軽に利用できるのがメリットです。「せっかくだから」と多めに借りると、利息が増えて返済に苦労する原因に。借入は必要最低限にとどめることが大切です。

シミュレーションで返済計画を立てておく

返済を滞らせないためには、収入と支出を把握し、無理のない返済計画が重要です。多くの消費者金融のWebサイトでは、借入希望額や返済回数などを入力することで、返済のシミュレーションができます。借入前に利用することで、返済計画を検討しておきましょう。

プロミスのシミュレーションについてはこちらをご覧ください。
お借入シミュレーション|プロミス

Webやアプリで利用する

消費者金融に限らず、「お金を借りている」という事実に対して、ネガティブな印象を持つ人は多いものです。家族や友人、知人などに消費者金融での借入を知られると、「お金にだらしない」「やりくりができない」とマイナスイメージを持たれるかも…と心配な人もいるでしょう。そういった場合は、申込から審査、融資、返済まで、Webやアプリで完結できる消費者金融を選んでください。
誰にも会わずに手元のスマートフォンやパソコンから手続きでき、カードレスの契約を選択することで、自宅に郵送物が届くのを避けられる場合もあります。

計画的に利用すれば、消費者金融はやばくない

消費者金融は貸金業法に則ってサービスを提供するため、借主の返済能力を超えた融資や、違法な金利での貸付などはできないことになっています。
消費者金融業を行う場合、貸金業者として登録が必要ですから、利用前にどうしても不安な場合は、借入前に金融庁の「登録貸金業者情報検索サービス」で情報を検索してみてください。登録されている業者なら、法律に違反する「やばい」行為の心配はありません。
計画的に利用することさえ徹底すれば、消費者金融での借入は利便性が高く、困ったときの助けになるはずです。今回ご紹介したコツも参考にしながら、上手に消費者金融を利用してください。

前の投稿ノンバンクとは何のこと?銀行との違いや特徴について解説

おまとめローンの審査は厳しい?審査に通らない理由を解説次の投稿

プロミスへのはじめての
お申込みはこちら

Webでのお申込なら来店不要最短1時間融資も可能! Webでのお申込なら来店不要最短1時間融資も可能!

Webでご契約まで可能!

※最短15秒で事前審査結果をご確認いただいた後、
本審査が必要となます。

※スマートフォンから「少ない入力項目で最短15秒回答」のお申込みが9:00~21:00の間に可能です。
お申込みいただく場合、最短15秒で事前審査の結果をご確認いただいた後、
本審査が必要となります。また、新規契約時点でのご融資上限は50万円までとなります。