無利息期間でお得にカードローンを利用しよう!選び方と注意点を解説

便利な使い方

無利息期間でお得にカードローンを利用しよう!選び方と注意点を解説

カードローンの中には、一定期間利息がかからない「無利息期間」を設けているところがあります。このような無利息期間のあるカードローンを上手に活用すれば、利息を支払わずにお得にお金を借りることができるでしょう。
ここでは、会社ごとに設定が異なる無利息期間について、仕組みやお得な利用方法のほか、利用にあたって注意すべき点をまとめました。

目次

カードローンの無利息期間とは?

カードローンの利息は、借入額が10万以上100万円未満であれば18.0%が上限など、法律で決められています。無利息期間があるカードローンとは、契約や借入から一定期間、この利息を0%とするものです。
消費者金融系のカードローンで提供されていることの多いサービスですが、銀行系カードローンでも無利息期間を設定しているケースがあります。

一定期間無利息のカードローンの仕組み

一定期間無利息のカードローンの一番のメリットは、利息がかからないということです。利息は、「借入残高×実質年率÷365日×借入日数」で求められます。例えば、10万円を1か月(30日)、利息18.0%で借りた場合に発生する利息は、下記のようになります。

<利息18%で10万円を30日間借りた場合の利息>

10万円×18%÷365日×30日=1,479円(うるう年は366日での計算となります)

ところが、30日間無利息のカードローンを使えば、この利息がすべて無料になるのです。また、仮に無利息期間中に返済することができなかったとしても、無利息期間のあるカードローンのメリットがなくなるわけではありません。

30日間無利息のカードローンで50日間お金を借りた場合について考えてみましょう。無利息期間を超える借入をしていますから、利息が0円になることはありません。しかし、最初の30日間は無利息ですから、利息が発生する期間は20日分だけです。

<30日間無利息で10万円を50日間借りた場合の利息>

10万円×18%÷365日×20日=986円

<無利息期間なしで10万円を50日間借りた場合の利息>

10万円×18%÷365日×50日=2,465円

利率が低くて無利息期間がないカードローンと、利率が高めでも無利息期間があるカードローンを比較した場合、返済までにかかる日数によっては、利率が多少高めでも無利息期間があるカードローンのほうが支払い総額を抑えられる可能性もあります。カードローンを利用するときは、できるだけお得な方法を選びましょう。

無利息期間中は何度でも利用できる場合が多い

無利息期間に関するルールは、カードローン会社ごとに決められています。しかし、多くの場合、無利息期間中であれば、繰り返し借入をしても利息はかかりません。

例)初回借入日から30日間無利息のカードローンの場合

  • ・4月1日に10万円を新規借入→5月1日まで無利息
  • ・4月10日に5万円を追加借入→5月1日まで無利息
  • ・5月2日に5万円を追加借入→通常どおり利息が発生

無利息期間のあるカードローンを選ぶ際のポイント

無利息期間のあるカードローンを選ぶ際のポイント

無利息期間の設定があるカードローンには、いくつかの種類があります。カードローンを選ぶときは「無利息かどうか」だけでなく、詳細な条件についても確認しておきましょう。

無利息期間サービスの利用条件

無利息期間を利用できる条件は、基本的に「新規の契約をしたとき」というカードローンがほとんどですが、それ以外の条件についても事前に確認しておくと安心です。
なお、カードローン会社によって、「新規契約ができる条件」も違います。申込可能な年齢といった条件についても確認するようにしましょう。

無利息期間の開始日

同じ日数の無利息期間でも、カウントの開始日は異なります。例えば下記のように、無利息期間の開始日がいつからなのかは、必ず確認しておきたいポイントです。

  • ・初回契約日から◯日間無利息
  • ・初回の利用日(融資日)から◯日間無利息
  • ・初回の利用日(融資日)の翌日から◯日間無利息

いますぐお金が必要で、契約後即日借入予定という人は、どのタイプを選んでも問題ありません。しかし、「お金が足りなくなりそうだから申込だけしておく」「来週お金が必要になるから、審査に必要な時間を考えて早めに申込む」という場合は、初回契約日から無利息期間が発生するタイプを選ばないほうが賢明です。

無利息期間の長さ

カードローンの無利息期間は、多くの場合30日間に設定されています。ただし、詳細はカードローン会社によって異なるため、事前に確認しておきましょう。
また、キャンペーンなどで一時的に無利息期間が長く設定されていることもあります。このようなタイミングで申込をすれば、よりお得にカードローンを利用できます。
とはいえ、無利息期間の長さだけを見て申込をするのはおすすめできません。「融資を受けたい日」「無利息期間の開始日」「無利息期間の長さ」の3つをチェックして、総合的に判断しましょう。

カードローンの無利息期間を利用する際の注意点

カードローンの無利息期間を利用する際の注意点

カードローンの無利息期間は、利用者にとってメリットの大きい魅力的なサービスです。とはいえ、仕組みを理解しないまま申込や利用を開始してしまうと、後悔する可能性もあります。実際に、無利息期間を利用する上で知っておきたいポイントを押さえておきましょう。

無利息期間中でも元本の返済が不要なわけではない

無利息期間中でも、元本の返済が必要ないわけではありません。例えば、無利息期間中に初回の返済日が来た場合、利息はかからないので元本分だけを返済することになります。
無利息期間中は、あくまでも「利息がかからない期間」で、「返済が猶予される期間」ではありません。元本の返済ができずに延滞してしまうと、無利息期間が利用できなくなる可能性もあります。初回返済日や返済額については、あらかじめ確認しておきましょう。

無利息期間後は通常の金利が発生する

無利息期間は、あくまでも一定期間のみのサービスです。無利息期間が終わった後は、規定に応じた(通常の)利息が発生しますから、無利息期間終了後にかかる利息や返済額についても調べておくと安心です。
なお、カードローンの金利は「○~○%」と幅を持って記載されていることが多くなっています。申込をしたばかりで利用額も少ない人は、上限金利に近い金利になる可能性が高いため、低いほうではなく高いほうの金利で比較するのがおすすめです。

期間中の解約で無利息期間終了となる場合が多い

無利息期間を利用するための条件は、「初回申込」としているカードローン会社が多くなっています。無料期間中に完済、もしくは解約した場合、次回は無利息期間を使った融資は受けられない可能性が高いということです。
無利息期間の条件や制度は、カードローン会社によって異なります。ウェブサイトなどの説明でよくわからないときは、電話やフォームを通じて質問をして、しっかり理解してから申込みましょう。

無利息期間でカードローンをお得に利用しよう

カードローンはお金に困ったときに便利ですが、基本的に「利息がかかるサービス」です。しかし、無利息期間をうまく利用することで、お得に活用できるものでもあります。
また、無利息期間中に完済できれば、利息は支払うことなく、融資を受けられることになります。各社の条件を確認して、上手に暮らしに役立ててください。

前の投稿カードローンのWeb完結とは?メリットと注意すべきポイントを確認

カードローンに保証人は必要?手軽に利用できるカードローンの仕組次の投稿

プロミスへのはじめての
お申込みはこちら

Webでのお申込なら来店不要最短1時間融資も可能! Webでのお申込なら来店不要最短1時間融資も可能!

Webでご契約まで可能!

※最短15秒で事前審査結果をご確認いただいた後、
本審査が必要となます。

※スマートフォンから「少ない入力項目で最短15秒回答」のお申込みが9:00~21:00の間に可能です。
お申込みいただく場合、最短15秒で事前審査の結果をご確認いただいた後、
本審査が必要となります。また、新規契約時点でのご融資上限は50万円までとなります。