他社の借入があっても融資は受けられる!申込む際のポイントとは?

基礎知識

他社の借入があっても融資は受けられる!申込む際のポイントとは?

すでにカードローンの借入があるけれど、新しく借入をしたい場合、気になるのは審査のこと。特に「他社からの借入があっても審査に通る?」と、不安に思っている方は多いのではないでしょうか。
ここでは、他社での借入があっても融資が受けられるのか、審査に通らない場合の理由や、他社からの借入がある場合にカードローンを申込む際のポイントなどをご紹介します。

目次

他社で借入があっても状況次第で融資可能

他社で借入があっても状況次第で融資可能

他社からの借入状況や借入額は、審査の際にローン提供会社が必ず確認していることのひとつです。その理由は、貸金業法に「総量規制」というルールがあり、このルールに照らして問題がないことが、ローン提供会社が融資を行う条件になっているからです。

つまり、借入総額が総量規制の範囲内であれば、他社からの借入があったとしても、融資を受けられる可能性があります。また、借入といってもカードローンのほか、住宅ローンなどさまざまな種類があり、すべてが他社からの借入にあたるとは限りません。
総量規制のルールに抵触せず、また他社からの借入があっても状況次第で融資を受けることは可能なのです。詳しく見ていきましょう。

総量規制の範囲内かどうかチェック

総量規制とは、利用者が返済能力を超える借入をするのを防ぐために設けられたもので、貸金業者が利用者の年収の3分の1を超える貸付を行うことを原則禁止しています。そのため、貸金業者は利用者の年収の3分の1を超える貸付はできません。
カードローンは、銀行など貸金業者以外の金融機関も提供していますが、貸金業法に準じたルールを設けている場合が多いです。貸金業者以外のローン提供会社でも、年収の3分の1を超える借入をすることは難しくなっています。

例えば、年収300万円の方の場合、年収の3分の1は100万円です。すでに50万円の借入がある場合、新たに40万円の借入を希望したとしても、借入総額が3分の1を超えないので審査は可能です。また、新たに60万円の借入を希望した場合、年収の3分の1を超えない範囲での融資なら可能になるため、希望額より減りますが融資を受けられる可能性があります。
しかし、同じ年収ですでに100万円の借入がある人が、新たに30万円の借入を希望している場合は、年収の3分の1を超えてしまい総量規制違反となりますので、審査はそこで打ち切り。融資は行えないとの結論になります。

実際には、年収の3分の1ギリギリまで融資を受けられるかどうかは、ほかの審査条件によるため、あくまで目安と考えておきましょう。

総量規制の範囲内で借入が可能かチェックする際に便利なのが、プロミスの「お借入シミュレーション」です。3項目の入力で、プロミスで借入が可能かすぐに結果がわかります。

お借入シミュレーションについてはこちらもご覧ください。
お借入シミュレーション|プロミス

他社からの借入が総量規制の対象かどうかチェック

同じ借入でも、総量規制の対象になるものとならないものがあります。総量規制の対象となる借入は、借入総額に含まれるため、年収の3分の1を超えないか確認する際にチェックしましょう。

<総量規制の対象となる他社からの借入の例>

  • ・信販会社系または消費者金融系カードローンの借入額
  • ・クレジットカード付帯のキャッシングサービスでの借入額

銀行は貸金業ではないため、銀行系カードローンの借入額は総量規制の対象とはなりません。ただし、銀行でも貸金業法に準じたルールを設けているため、年収の3分の1を超える借入は難しいケースが多いです。

<総量規制の対象外となる借入の例>

  • ・クレジットカードで買い物をした利用額
  • ・住宅ローンや自動車ローンなどの残債
  • ・分割払いしている携帯代金
  • ・返済中の奨学金

総量規制対象外の借入についてはこちらの記事もご覧ください。
総量規制の対象外となる借入とは?上限に達しても借りられる?

総量規制の範囲内なのに審査に通らない理由

総量規制の範囲内なのに審査に通らない理由

総量規制は貸金業法上のルールであり、返済能力を超える借入を防止し、利用者を保護するために設けられているものです。貸金業以外のローン提供会社でも、この点に関する審査内容はあまり変わりません。
ただし、それ以外の審査内容は、各社が独自の基準で行っています。審査に通りやすいカードローンはありませんが、会社ごとに基準が違うため、同じ条件でもA社の審査には通り、B社には通らないとことはありえます。
借入希望金額が総量規制の範囲内に収まっているのに審査に通らない場合、理由としては下記のようなものが考えられます。

信用情報機関に情報が登録されている

信用情報機関とは、金融機関や消費者金融、クレジット会社などが加盟しているもので、個人のクレジットやローン契約に関する客観的な取引事実である「信用情報」を収集し、加盟している会社からの照会に応じて情報提供する機関のことです。
過去に、2~3か月以上の支払延滞や任意整理などをしたことがあり、その情報が信用情報機関に登録されていると、審査の際にマイナス評価になる可能性が高いです。

信用情報についてはこちらの記事もご覧ください。
信用情報とは?確認する方法と開示報告書の見方を紹介

短期間に複数の会社に申込をした

ローンの申込を行っていることも信用情報機関に登録されます。そのため、短期間に複数の会社にローンの申込をすると、何か不安な要素があるのではと思われ、審査で不利になる可能性があります。

総量規制範囲内でも他社借入の件数が多い

借入金額は総量規制の範囲内でも、他社借入件数が増えると審査に通りにくくなる傾向があります。借入件数が多い場合は、総量規制の例外貸付にあたるプロミスのおまとめローンを使って、ローンをまとめるのもおすすめです。

他社からの借入があるときのカードローン申込のポイント

他社からの借入があるときのカードローン申込のポイント

他社借入があって新しくカードローンに申込む場合は、まず借入希望金額が総量規制の範囲内に収まっているかを確認しましょう。借入額が総量規制の範囲内であれば、審査に通る可能性はあります。
他社借入は件数が多いと審査を通りにくくなる傾向がありますが、扱いはローン提供会社によってまちまちなので、結果は実際に申込んでみないとわかりません。
申込の際のポイントや、事前にやっておくと良いことは下記のとおりです。

借入状況を正直に申告すること

ローン提供会社は信用情報機関に加盟しているので、申込の際に申告しなくても、他社からの借入がどれだけあるかはわかってしまいます。虚偽申告を疑われれば審査が不利になるだけなので、申込の際には隠さず正直に申告しましょう。

できる限り借入額や借入件数を減らしておく

できる限り借入額や借入件数を減らしておいたほうが、審査でプラスの評価を得やすくなります。
例えば、AとBの2社から借入があり、Aの残額が5万円、Bの残額が50万円だとしたら、毎月の返済額を調整するなどして、まずAを完済してから新しくカードローンに申込んだほうが、審査に通る可能性は高まります。

おまとめローンを利用する

おまとめローンとは、返済の負担を軽減する目的で、複数のカードローンをまとめるための専用ローンのことです。信販会社系と消費者金融系カードローンは貸金業者のため、提供されているサービスは基本的に総量規制の対象ですが、おまとめローンは例外として対象となりません。おまとめローンは貸金業法の定める「例外貸付」にあたり、借入の際に総量規制の対象外とされているからです。

例えば、年収360万円の方が40万円ずつA、B、Cの3つの会社のカードローンを借りているとします。年収の3分の1は120万円ですので、新たに借入はできません。しかし、おまとめローンであれば、年収の3分の1である120万円を超えた借入が可能です。A、B、Cの3つのローンを完済し、ひとつのローンにまとめることができます。
プロミスのおまとめローンは専用ローンで例外貸付にあたり、総量規制の対象外ですから、年収の3分の1に近かったり、超えたりする借入がある場合におすすめです。

おまとめローンについてはこちらもご覧ください。
おまとめローン|プロミス

他社からの借入があってもカードローンには申込める

他社からの借入がある場合、多少なりとも審査に影響するといえます。しかし、総量規制の範囲内であれば、他社からの借入があっても新たなカードローンの申込は可能です。
プロミスの「お借入シミュレーション」で、現在の借入状況が総量規制の範囲内かを確かめた上で、まずは申込んでみましょう。

前の投稿クレジットカードの支払いを待ってもらうには?対処法を解説します

葬式の費用が払えない!支払方法や費用を安く抑える方法を解説次の投稿

プロミスへのはじめての
お申込みはこちら

Webでのお申込なら来店不要最短1時間融資も可能! Webでのお申込なら来店不要最短1時間融資も可能!

Webでご契約まで可能!

※最短15秒で事前審査結果をご確認いただいた後、
本審査が必要となます。

※スマートフォンから「少ない入力項目で最短15秒回答」のお申込みが9:00~21:00の間に可能です。
お申込みいただく場合、最短15秒で事前審査の結果をご確認いただいた後、
本審査が必要となります。また、新規契約時点でのご融資上限は50万円までとなります。