おまとめローンの審査は厳しい?審査に通らない理由を解説

不安解消

おまとめローンの審査は厳しい?審査に通らない理由を解説

複数の借入がある場合は、借入をまとめられる「おまとめローン」が便利です。利用を考えてはいるものの、審査が厳しいのではないかと思って踏み切れない人も多いと思います。
この記事では、おまとめローンの概要と審査項目のほか、審査に通るために知っておきたいポイントと、審査に通らない理由について解説します。

目次

複数の借入を1社にまとめられるおまとめローン

複数の借入をまとめられるおまとめローンには、どのような特徴があるのでしょうか。まずは、おまとめローンの特徴について紹介します。

借入先をまとめて返済の負担を軽減

おまとめローンは、複数の借入先を1社にまとめられるのが大きな特徴です。複数の借入先から借入れている合計残高をおまとめローンから新たに借入し、複数の借入先に一括返済することで、今後はおまとめローンにのみ毎月返済していくという仕組みです。
借入先をまとめることで返済の管理がしやすく、負担を軽減することができます。おまとめローンは、消費者金融や銀行などで取り扱っています。

金利が下がる可能性がある

おまとめローンは、複数の借入先をまとめることで金利が下がる可能性があるということも特徴のひとつです。一般的に、借入額が多くなるほど金利は下がる傾向があるため、借入をまとめることで金利を下げられる可能性があります。

総量規制の対象外

おまとめローンの特徴として、総量規制の対象外ということも挙げられます。
総量規制とは、消費者金融業者やクレジットカード会社などの貸金業者からの借入金額は、年収の3分の1を超えてはならないという規制です。例えば、年収450万円の場合、複数の借入合計残高が150万円まで借りることができますが、それを超える借入はできません。

しかし、「顧客に一方的に有利となる組替」や「借入残高を段階的に減少させるための組替」であれば、総量規制の対象外として、年収の3分の1を超えた借入も認められます。
具体的には、下記の条件を満たしていれば例外貸付となる可能性があります。

  • ・おまとめ後の金利が元々の借入金利を上回らない
  • ・おまとめ後の毎月の返済額が、元々の毎月の返済額よりも安くなる
  • ・毎月の返済により段階的に残高を減らせる

おまとめローンの審査項目とは?

おまとめローンの審査項目とは?

おまとめローンには金利が下げられるといったメリットがありますが、審査に通らなければ利用することはできません。一般的なおまとめローンでは、下記のような項目の審査があるとされています。

基本情報

基本情報とは、氏名、年齢、住所などの個人情報です。申込にあたって提出する本人確認書類などで、基本情報を確認します。

返済能力

返済能力も審査項目のひとつです。勤務先、勤続年数、雇用形態、年収などを総合的に判断するため、年収が高いかどうかということだけではなく、継続的に収入があるという点も重要になります。

信用情報

信用情報とは、ローンやクレジットカードの契約などについての情報です。信用情報は信用情報機関が管理しており、おまとめローンの審査で主に照会・確認されるのは、過去の返済実績と現在の借入状況になります。

おまとめローンの審査に通るには?

おまとめローンの審査に通るには?

おまとめローンの審査基準は、一般的なローン審査と大きくは変わりません。しかし、すでに複数の借入がある人を対象としているため、審査が厳しくなる傾向があります。
ここからは、おまとめローンの審査に通るために押さえておきたいポイントについてご説明します。

複数のおまとめローンに同時に申込まない

おまとめローンの審査に通るためのポイントとして、複数のおまとめローンに同時に申込まないことが挙げられます。
同時または短期間に複数のカードローンを申込むと、お金に困窮していて返済能力がないと判断されることもあります。審査に通るためには、1社のおまとめローンだけに申込むようにしましょう。

借入残高を正しく申告する

おまとめローンの審査に通るためには、借入残高を正しく申告することが大切です。借入残高を偽って申込んでも、信用情報が照会されることで実際の借入残高がわかってしまいます。虚偽申告をすると信用できないと判断され、審査では不利になってしまいます。
借入残高と借入件数はしっかり管理するようにして、正しく申告するようにしてください。

借入件数をできるだけ減らす

おまとめローンの申込前に、借入件数をできるだけ減らすことも審査に通りやすくするポイントです。借入件数が4件以上あると、借入件数が多すぎるとみなされる可能性があります。計画的な借入ができないと判断されてしまうかもしれません。
1社分だけでも完済して借入件数を減らすことができれば、審査に通る可能性が高くなります。

おまとめローンの審査に通らない理由

おまとめローンの審査に通らない理由

おまとめローンの審査に通らない理由には、どのようなものがあるのでしょうか。主に、下記のような理由が挙げられます。

借入残高が返済能力を上回っている

おまとめローンの審査に通らない大きな理由として、借入残高が返済能力を上回っているという点が挙げられます。おまとめローンは総量規制の対象外ですが、それでも借入残高が返済能力を上回っていると判断される場合は、審査に通らない可能性があります。

安定した収入がない

継続的で安定した収入がないと判断されると、おまとめローンの審査に通るのは難しくなります。反対に、正社員でなくアルバイトであったとしても、継続して働いており、毎月決まった収入がある場合は、審査に通る可能性は高くなるでしょう。

債務整理や滞納の履歴がある

過去に債務整理をしたり、数か月滞納したりしたことがある場合は、その履歴が信用情報に残っている可能性があります。この履歴には、住宅ローンや携帯電話料金の滞納も含まれます。
債務整理や滞納の履歴が信用情報として残っている期間は、おまとめローンの審査に通りにくいと考えてください。

借入件数が多い

借入件数が多すぎる場合も、おまとめローンの審査では不利に働きます。一般的な目安として、借入先を3社以内にまで減らせれば、審査に通る可能性が高くなるでしょう。

プロミスのおまとめローンで返済の負担を軽減

おまとめローンの審査に通りやすくするには、借入件数を減らす、複数のおまとめローンに同時に申込まない、借入残高を正しく申告するといったことが大切です。
プロミスのおまとめローンなら、現在借入しているローンよりも低い金利での組換で、毎月のご返済額・金利負担を軽減することが可能です。返済日も毎月1回になり、返済の管理がしやすくなります。
複数の借入があるお客さまは、ぜひプロミスのおまとめローンをご検討ください。

前の投稿消費者金融の利用はやばいって本当?世間の噂の実態は?

カードローンは在籍確認なしにできる?在籍確認の必要性を解説次の投稿

プロミスへのはじめての
お申込みはこちら

Webでのお申込なら来店不要最短1時間融資も可能! Webでのお申込なら来店不要最短1時間融資も可能!

Webでご契約まで可能!

※最短15秒で事前審査結果をご確認いただいた後、
本審査が必要となます。

※スマートフォンから「少ない入力項目で最短15秒回答」のお申込みが9:00~21:00の間に可能です。
お申込みいただく場合、最短15秒で事前審査の結果をご確認いただいた後、
本審査が必要となります。また、新規契約時点でのご融資上限は50万円までとなります。