カードローンの審査に落ちた!落ちる原因と再審査までにとるべき対策

お申込みのあれこれ

カードローンの審査に落ちた!落ちる原因と再審査までにとるべき対策

カードローンの審査はさまざまな要素が対象ですが、審査の内容が公表されていないため、どうすれば審査を通過できるのかはわかりにくい面があります。そのため、実際に審査を通過できない人も多く、悩んでしまうケースも少なくありません。この記事では、カードローンの審査を通らなかったときの対処法などに関して、一般的な情報をまとめて解説します。

目次

カードローン審査に落ちる考えられる理由

カードローンは手元にお金がない状態では、重宝するサービスです。しかし、誰でも必ず審査に通るとは限りません。どうしてもカードローンの審査に通らない場合、以下の5つの原因のうち、いずれかに当てはまっているケースが多いです。それぞれの原因について詳しく見ていきましょう。

過去に支払い遅延や滞納を起こした

カードローンの審査において、重要なもののひとつに「信用情報」があります。これは、過去の借入れと返済に関する情報であり、信用情報機関を通じて、各金融機関が共有しているものです。そのため、申込みを行っているカードローン会社以外で信用情報に問題が記録されるような行為がある場合、審査に通らなくなってしまいます。信用情報のせいで審査が通らなくなるケースとしては、「カードローンでの借入額の長期にわたる支払遅延」「クレジットカードの請求額の長期にわたる支払遅延」「携帯料金(本体代)の支払遅延」などです。一般的に、長期的な支払遅延とは3か月以上の遅延を指しますが、それ以下の遅延でも繰り返し行われていた場合は審査が通らない可能性が高まります。また、債務整理の経験がある場合、一定期間は金融機関からの借入れができなくなるため、カードローンも利用できません。

職業などの属性情報が影響した

カードローン会社は、利用者に貸出を行い、手数料を得ることで利益を上げています。そのため、返済と手数料の支払に問題がないと見込める人でなければ、審査を通しません。きちんと返済できる人かどうかの判断において、「安定した収入が継続的に見込めること」が重視されます。審査において、収入が不安定だと判断されれば、貸付をしてもらえないわけです。たとえば、「給与収入ではなく投資による収入」「専業主婦」などは、収入の安定性の面から審査を落とされる可能性が高くなります。

希望額に対して収入が低い

カードローンの審査に通らないケースには、借入希望額が高すぎるというものがあります。貸金業者を利用して借入れを受ける場合、「総量規制」について理解しておくことが必要です。総量規制とは、利用者の年収3分の1を超えるような貸付を禁止する法律を指し、貸金業者にあたる「消費者金融系カードローン」「信販系カードローン」は規制の対象となります。そのため、年収と比較して高額すぎる借入額を希望すると、審査に通るのが難しくなります。銀行系カードローンは総量規制の対象ではありません。ただし、銀行系カードローンであっても総量規制と同程度の融資額に制限するという自主規制を行っている場合もあります。

同時に他社カードローンに複数申込みをした

カードローンの審査が通らなかったときのために、複数のカードローンに申込みをする人がいます。しかし、このような行為は審査が通りにくくなる理由になる可能性があるため注意が必要です。カードローンも含め、金融機関への申込みは信用情報として記録されます。そのため、カードローン会社は審査の際に「ほかの金融機関に申込みを行っていないか」を確認でき、それも審査の対象となるのです。カードローンに申込みをするなら、どこか1社を選ぶほうが審査に通りやすくなるでしょう。

他社からの借入れ件数·借入れ額が多い

貸金業者に対する総量規制は、1社の貸付額ではなく、利用者1人の貸付額に上限を設けるものです。そのため、他社からの借入れがある場合、カードローンの審査に通るのが難しくなります。たとえば、年収300万円の人の場合、総量規制によって100万円までの貸付が受けられます。しかし、すでにほかの金融機関で100万円を借入れているなら、いくらカードローンに申込みをしても審査に通ることはできないでしょう。ただし、借入れのなかでも総量規制の対象にならないものもあります。「不動産ローンやそのためのつなぎ融資」「マイカーローン」「高額医療費の支払いのための貸付」などは、総量規制の対象外になるため、カードローンの審査に悪影響を与える可能性は少ないです。

総量規制は「利用者の不利になるような貸付」を規制するものであるため、利用者の利益を損なわない貸付であれば、規制の対象になりません。カードローンの審査でも、「おまとめローン」などを利用する場合には、総量規制にとらわれずに審査を通過できる場合もあります。

なかなか変えられない職業や収入はどれくらい影響する?

なかなか変えられない職業や収入はどれくらい影響する?

銀行や貸付業者の審査において、申込者の職業や収入は重要な意味を持ちます。申込者は返済が可能な人物だと判断できなければ、貸付を行うことはできません。そのため、審査においては「継続的に安定した収入がある」ことが条件となります。重要なのは収入の安定性であるため、雇用形態はあまり重視されません。収入が多いほど審査に通りやすいと考える人もいますが、大切なのは安定性であり、高収入であれば審査の難易度が下がるとは限りません。ただし、銀行系のカードローンの場合は「年収200万以上」を条件にしていることもあります。

再審査に申込む前にやっておくべきこと

再審査に申込む前にやっておくべきこと

もし、カードローンの審査に落ちてしまった場合のことを考えてあらかじめチェックしておくべき点や改善点について詳しく紹介します。

信用情報を確認

信用情報機関に照会すれば、自分の信用情報を開示してもらうことができます。費用は1回あたり1,000円です。個人の信用情報を管理している国内機関は「JICC」「CIC」「全国銀行個人信用情報センター」の3か所があります。照会する機関を選ぶ際には、審査が通らなかった銀行やカードローン会社が登録している機関を選択すると良いでしょう。

信用情報を照会する場合には、審査に影響する項目についてチェックすることが大事です。「過去のカードローンの申込履歴はないか」「複数社からの借入れをしていないか」「総量規制を超える借入れをしようとしていないか」「月々の返済額が収入に対して過多になっていないか」「滞りなく返済できているか」といった点を確認するとよいでしょう。信用情報に問題がなくなれば、審査に通る可能性は高まります。

再審査を申込む際には、特に「最後に申込みをしたのはいつか」という点にも注意が必要です。短期間に複数の融資申込みを行うと、審査に影響がある可能性が低くなるからです。信用情報には、金融機関やカードローン会社などに申込みを行った記録が6ヵ月記録されます

できるだけ借入れ額を減らしておく

再審査を申込む場合、もっとも重要になるのは借入額を可能な限り減らすことです。消費者金融系や信販系のカードローンは、借入額が小さいほど審査に通りやすくなります。貸金業者は総量規制の対象になり、年収3分の1を超える融資ができないため、借入額が高すぎると審査を通せないからです。たとえば、年収300万円の人がすでに80万円の借入れをしているケースで、新たに30万円の借入れを希望したとします。この場合、総量規制によって100万円が貸付の上限であるため、20万円を超える借入れの申込みは審査が通りません。

自分の年収と現在の借入額を把握することで、「どのくらいの金額の借入れが可能か」がわかれば、申込時の借入希望額も明確になります。そのうえで、滞納や支払遅延をせずに返済を続けることで借入額が減れば、再審査にも通過しやすくなるでしょう。

再申込みの際の注意点

再申込みの際の注意点

カードローンの再審査を申込みする場合には、注意すべき点があります。それは、適切なカードローン会社を選ぶことと、申込書類に不備がないかどうかを確認することです。これらの注意点について、それぞれ詳しく見ていきましょう。

書類不備のないように細心の注意をはらう

カードローンの申込みに必要な書類には、さまざまな項目を記入しなければなりません。また、身分証明書や収入を証明する書類などの提出すべき書類も多くあり、誤記や不備が起こりやすくなります。提出書類に問題があれば、審査に時間がかかったりするのです。審査をスムーズに通過させるためにも、書類を提出する前に入念にチェックをしておきましょう。申込みを急ぐ場合には、あらかじめ必要となる書類を確認して準備しておくと円滑に手続きを進めていけます。

また、書類に記入する内容に虚偽を記載することも避けなければなりません。審査に通りたいと思うあまり、虚偽の申告をしたとしても、信用情報照会や在籍確認の際に事実が判明します。そうなれば、「不正な内容」と判断されて、審査に通らなくなるからです。場合によっては、その会社のサービスを利用できなくなってしまう恐れもあるので注意が必要でもあります。カードローンの申込時には、正しい情報を正確に記入し、不備がないようにきちんと確認をしておきましょう。

カードローンの再審査は慎重に

カードローンの審査に通らない理由はいくつもあり、申込みの前にしっかりとチェックしておくことが大事です。しかし、どれだけ注意を払っても、審査に通過しないケースもあります。再審査を申込むときには、改めて確認すべき点を意識し、原因になりそうな部分は信用情報も含めて改善しておきましょう。そして、自身の収入などを踏まえた借入額の設定や、返済を継続して現在の借入額を減らすことが再審査の通過につながります。

前の投稿カードローンの審査はどれくらい時間がかかるの?早くお金を借りるには?

金利が安いキャッシングを選ぶには?知っておきたい前提知識と注意点次の投稿