カードローンは在籍確認なしにできる?在籍確認の必要性を解説

不安解消

カードローンは在籍確認なしにできる?在籍確認の必要性を解説

カードローンに申込むと、審査の過程で申込者の勤務先への在籍確認があります。しかし、会社にカードローンの利用を知られたくないため、在籍確認を回避したいと考える人もいるでしょう。
ここでは、在籍確認の概要と必要性のほか、カードローンに申込んだときの審査の流れと、在籍確認をなしにすることができるのかについて解説します。

目次

在籍確認とは?

在籍確認とは、申込時に記載した勤務先に申込者が在籍しているかどうかを、カードローン会社が確認することをいいます。カードローン会社の担当者が勤務先に電話をかけますが、その際には社名を名乗らず、個人名を名乗ることが一般的です。申込者が正社員かどうかは関係なく、契約社員やパート、アルバイトであっても行われます。
また、自営業や個人事業主には、源泉徴収票などの書類のみで代用可能なケースもありますが、本人確認のための電話はかかってきます。派遣社員であれば派遣先ではなく、派遣元の会社に電話がかかってくることが多いでしょう。

在籍確認で本人が電話に出たら、在籍確認のための電話であることが告げられる程度で、特別な質問があるわけではありません。本人が不在で電話に出られなくても、電話に出た人の対応などから本人が在籍していることがわかれば、在籍確認は完了となります。
在籍確認で申込者が申込時に記載した勤務先に在籍していないことが明らかになれば、申込内容は虚偽記載だったということになり、審査には通りません。

カードローンの審査で在籍確認が必要な理由

カードローン会社をはじめとする金融機関は、貸金業法や一般社団法人全国銀行協会の取決めにより、利用者の収入状況や返済能力をより正確に把握するよう努めています。在籍確認はその方法のひとつで、申込者の返済能力を判断するために行っているのです。
会社に勤務し、安定した収入を継続的に得ていれば、返済能力があることが判断できます。

電話で在籍確認をしないようにできることもある

カードローンに申込むと、在籍確認が行われることが一般的ですが、中には電話での在籍確認を行わない場合もあります。
例えば、申込者がカードローン会社に電話などで「在籍確認をなしにしてほしい」と願い出て、在籍が証明できる書類を提出すれば、電話での在籍確認が不要になることがあります。また、Webやアプリからカードローンを申込み、カードレスの契約を選択した場合も、電話での在籍確認を行わない場合があるでしょう。

カードローンの審査の流れ

カードローンの審査の流れ

カードローンの審査において、どの過程で在籍確認が行われるのでしょうか。カードローンの審査の流れとともにご紹介します。

1. 申込

カードローンの申込はWebサイトの申込フォームや、自動契約機からできます。氏名、年齢、住所、勤務先、勤続年数などの基本情報や他社からの借入金額、借入件数といった情報を記入するだけでなく、運転免許証などの本人確認書類の提出も必要です。

2. 仮審査

申込情報をもとに、カードローン会社で仮審査が行われます。仮審査では、申込フォームなどに記入された情報と信用情報機関への照会をもとに、申込者の返済能力について審査されます。仮審査には、さほど時間はかかりません。

3. 本審査

仮審査に通ったら、本審査が行われます。本審査は、仮審査で審査された情報が正しいかどうかを確認するプロセスです。電話での在籍確認もこのタイミングで行われます。在籍確認をはじめとする、すべての確認が問題なく進めば審査通過です。

4. 利用開始

本審査に通ったら、カードローンが利用できるようになります。利用者の住所にカードが送られてくるので、銀行やコンビニのATMなどで利用してお金を借りることができます。カードローン会社によっては、カードレスでカード番号だけが通知される場合もありますので、事前に確認するようにしてください。

カードローンの審査で電話での在籍確認をなしにするには?

カードローンの審査で電話での在籍確認をなしにするには?

カードローンの審査で、電話での在籍確認をなしにするにはどのような方法があるのでしょうか。続いては、在籍確認をなしにする方法について見ていきましょう。

在籍確認を必ず回避できるとは限らない

電話による在籍確認が回避できるかどうかは、カードローン会社の方針や審査担当者の判断、申込者の条件などによって変わります。
例えば、勤続年数が長く、信用情報にも問題がない人なら、在籍確認をしなくても大丈夫と判断される場合もあります。しかし、必ず在籍確認をなしにすることができるわけではありません。

申込後に電話での在籍確認をなしにしてほしいと伝える

電話での在籍確認をなしにしたい場合は、カードローンの申込後にコールセンターに電話して、オペレーターにその意志を伝えます。仮審査はすぐに終わって本審査に入るため、Webサイトの問い合わせフォームなどからではなく、電話で伝えるようにしましょう。
その際には、在籍確認を受けたくない理由を聞かれることもありますので、理由を簡潔に答えられるようにしておいてください。

勤務実態が確認できる書類を準備しておく

電話による在籍確認をなしにするためには、その会社に勤務していることが証明できる書類を準備してください。源泉徴収票や保険証など、会社名がわかるものが必要です。

申込者のプライバシーに配慮したプロミスのカードローン

カードローンを申込んだ場合、一般的には電話での在籍確認が行われることになります。しかし、事情があって電話での在籍確認をなしにしたい場合は、コールセンターに電話をして相談すれば、書類での在籍確認にしてもらえることもあります。
プロミスでは、原則、お勤めの確認はお電話で行っていません。審査の結果によりお電話での確認が必要となる場合もありますが、ご連絡の際は担当者の個人名でおかけし、プロミスの名前はお伝えしていません。ご不安な点があれば、電話をする時間指定など、ご相談に応じることが可能ですので、申込後にプロミスコールにご連絡ください。

前の投稿おまとめローンの審査は厳しい?審査に通らない理由を解説

カードローンの返済金額はどう決まる?無理なく返済するポイント次の投稿

プロミスへのはじめての
お申込みはこちら

Webでのお申込なら来店不要最短1時間融資も可能! Webでのお申込なら来店不要最短1時間融資も可能!

Webでご契約まで可能!

※最短15秒で事前審査結果をご確認いただいた後、
本審査が必要となます。

※スマートフォンから「少ない入力項目で最短15秒回答」のお申込みが9:00~21:00の間に可能です。
お申込みいただく場合、最短15秒で事前審査の結果をご確認いただいた後、
本審査が必要となります。また、新規契約時点でのご融資上限は50万円までとなります。