カードローンの審査に通らない理由と対策を解説

お申込みのあれこれ

カードローンの審査に通らない理由と対策を解説

カードローンの利用を考えている人でも、審査に関して不安を抱く人は少なくありません。審査に通らなければ、借入ができないため、「きちんと審査に通るだろうか」と悩んでしまうのです。審査にきちんと通るためには、カードローンの審査に通らない原因を知り、きちんと対策を立てる必要があります。この記事では、審査に関する基本的な知識だけではなく、審査に通らない具体的な原因やどのような対策があるかをまとめて解説します。

目次

カードローンの審査項目

カードローンを利用するためには、金融機関に申込みをしなければいけません。そして、申込み審査に通過すれば借入ができるようになりますが、審査を通らなければ利用できない仕組みになっています。そのため、審査を通過するためには、審査に関する基本的な知識を持っておく必要があります。まずは審査の対象となる項目を確認していきましょう。

個人情報

個人情報

カードローンの審査項目として、申込者の個人情報があります。「氏名」「生年月日」「電話番号」「住所」などの情報は、個人を特定する情報です。以前は固定電話を持っているほうが信用度の高い申込者とみなされていましたが、携帯電話だけの世帯も増えているため、あまり重視されなくなっています。また、住まいに関する情報も審査の対象です。住まいの種類や住宅ローンの有無は、返済能力を判断する材料になります。住宅が賃貸であれば、家賃の支払いによって返済能力が低くなるからです。所有物件で暮らしていても、住宅ローンの残高があれば、その分だけ返済に負担がかかると判断されます。

住宅に住んでいる期間も審査の対象です。同じ住居に長期間暮らしている場合、生活が安定していると判断され、審査にプラスに働きます。そのほかの審査の項目として、家族構成もチェックされます。家族や同居人と一緒に住んでいると信用力があると判断されるケースもありますが、収入に対して家族構成の人数が多過ぎる場合、返済能力が低いとみなされることもあるため注意が必要です。

勤務先情報

カードローンの審査では、申込者の勤務先情報も確認されます。勤務先の状況は、返済能力を判断する材料になるため、必ずチェックされるものです。まず社員数など、事業規模に関する情報によって、勤務先の経営状況や収入の安定度を測ります。勤務形態も審査項目であり、公務員や規模の大きい企業の正社員であれば有利になります。個人事業主の場合、どのような事業をしているのかが判断材料です。パートやアルバイトであっても、収入に応じた審査を受けることはできます。

また、勤続年数が長いほど、審査を通りやすくなります。同じ職場で長く勤めている事実が、収入が安定していると判断されるからです。仕事に関する情報のなかでも、年収は特に重要な審査項目です。ただし、年収が高ければ、審査が通りやすくなるとは限りません。大切なのは、収支のバランスが取れているかという点にあります。収入に対し、支出が多すぎると判断されれば審査で不利になります。収入の形態も大事であり、固定給か歩合給かで審査の基準が異なるのです。また、カードローンの審査では、必ず勤務先への在籍確認が行われます。在籍確認が取れるまで審査は終わらないため、勤務先に連絡が取れるように電話番号などを間違えないように記入しましょう。

信用情報

カードローンの審査では、信用情報が必ずチェックされます。信用情報とは、個人が利用したさまざまなローンやクレジットカードの申込み・利用・支払いに関する履歴です。他社からの借入件数や借入金額は、返済能力に影響するため確認されます。返済件数が多いと返済額が多くなる傾向があり、金融機関にとってはリスクが高いとみなされるためです。返済金額は、消費者金融系カードローンにおいて特に重視されます。消費者金融は、総量規制(年収3分の1以上の貸付を禁止する法律)の対象になるため、他社からの借入金額が審査に大きく影響するのです。

信用情報には、審査履歴も残ります。短期間に複数の金融機関に申込みを行っていると、審査が厳しくなる場合もあります。また、過去に金融機関への返済や支払いに延滞・滞納の記録が残っていると、信用に問題があると判断されるので注意が必要です。債務整理などの情報がある場合は、審査に通る可能性はほとんどありません。過去の借入に関する取引実績は、審査が有利になるケースもあります。借入を順調に返済し終えた実績があると、信用があるとみなされるからです。特に銀行系カードローンは、取引実績を重視します。

カードローンの審査に通らない場合考えられる理由

カードローンの審査に通らない場合考えられる理由

カードローンの審査にはさまざまな項目があり、審査を通すかどうかは総合的に判断されます。ただ、審査に通らなくなる理由のなかでも、「延滞記録がある」「返済能力を超えている」「短期間に複数の申込みをする」「記載内容に間違いがある」といったケースは多いです。これら4つの原因について、それぞれ紹介していきます。

支払い延滞の記録がある

支払い延滞の記録がある

信用情報には、返済の延滞・滞納も残ります。長期延滞だけではなく、短期間のものでも記録されるため、それが原因で審査が通らないケースもあるのです。支払記録(延滞記録)は一定期間残り、利用した金融機関の種類にかかわらず審査の対象になります。他社での借入記録も確認できるため、他社での支払い遅延もチェックされてしまうのです。また、金融機関からの借入を利用した経験がないケースでも、延滞記録が残っている場合もあります。

例えば、スマートフォンの本体を分割で支払っている場合、支払いが遅れると信用情報に延滞の記録が残るのです。これらの延滞情報は、保存される期間が過ぎるまで消えることはありません。延滞情報について、審査にどの程度影響するかは金融機関によって異なります。目安としては、「過去2年間で3回以上の延滞記録がある」「過去1年間で3回以上連続して延滞した記録がある」といった基準があります。ただし、会社によっては「過去5年以内に1回以上延滞がある」というだけでも審査に通らなくなる場合もあるため注意が必要です。

返済能力を超えている

カードローン会社は貸付を行い、利息も含めた金額を返済してもらうことで利益を得ています。そのため、きちんと返済する能力がある申込者だけを審査に通すのです。返済能力が足りないと判断されれば、審査に通過することはできません。たとえば、申込みの際に申請した利用限度額・借入額が、年収に対して多すぎる場合は返済能力が不足していると判断されるでしょう。目安としては、返済比率(年間の返済額が年収に占める割合)が35~40%を超えていると、審査に通るのが厳しくなります。

また、消費者金融や信販系ローンからの借入が、年収の3分の1を超える場合、総量規制に抵触するため審査に通ることができません。これは貸金業法に定められたものであり、貸金業にあたる消費者金融や信販会社が違反した場合の罰則もあります。また、年収が高くても安定性のない収入では、返済能力が低いと判断される可能性があります。歩合制だったり自営業だったりすると、翌年の年収は予測が難しいため、実際の年収よりも低い評価になってしまうからです。そして、返済中の借入のなかに、返済遅延をしているものがあると審査に通ることはほとんどありません。すでに延滞をしているという状態では、返済能力がないと判断されてしまうからです。

短期間に複数社に申込みをしている

カードローンの審査の際にチェックされる信用情報には、申込情報も含まれています。これは金融機関に対して、借入の申込みを行ったという記録です。短期間の間に、複数の金融機関へ申込みを行っていた場合、審査を通過できない可能性が上がります。申込情報が多数残っている場合、極端にお金に困っているとみなされるからです。なかなか審査を通らないからと、いくつも申込みばかりを繰り返すと、余計に審査が厳しくなるため注意が必要です。

申込情報が記録される期間は、最長で6カ月間です。ただし、申込情報があれば即座に審査が通らないというわけではありません。審査の基準は会社ごとに異なり、「1週間以内に他社へ申込みをする」ことが審査に影響する場合もあれば、「2週間以内に2社以上の他社へ申込みをする」ことで審査に通らなくなるケースもあります。ただ、一度に複数の会社に申込むといった方法は、審査を厳しくする原因になるため避けるべきです。

申告内容に誤りがある

カードローンへの申込みで、虚偽の申告をするのは厳禁です。必ず正しい情報を記入するようにしましょう。ただ、虚偽ではなくても、申請内容に間違いがあると審査に通らなくなります。虚偽の申告は審査の段階で明らかになるため、信用できない人物として判断されるでしょう。仮に故意でなかったとしても、記載ミスがあれば自分の個人情報を正確に把握できないというイメージを与え、審査に悪影響を与えてしまいます。カードローン会社は、申込者の申請に従って審査を行うため、間違いのないように細心の注意を払いましょう。

カードローンの審査に通りやすくする対策

カードローンに申込みを行っても、なかなか審査に通らないというケースも少なくありません。その場合、審査に通らない原因がある可能性が高いため、しっかりと対策をする必要があります。具体的には、「複数社に申し込まない」「借入を整理する」「正確な情報を記入する」といった方法です。ここでは、それぞれの対策について詳しく見ていきましょう。

むやみに複数社に申し込まない

カードローンの利用を考えている場合、審査に落ちることを想定して、複数の会社に申込みを行うケースが少なくありません。しかし、あまりにも短期間で複数社にローンの申込みをすると、申込情報のせいで審査が厳しくなります。申込情報は一定期間すれば消えるため、すでに複数の申込みをしてしまっている場合は、しばらく時間を置いてから改めて申込みをすることで審査が通りやすくなります。そのためには、申込みをするカードローンをしっかりと選ぶことが重要です。希望する借入にきちんと応じてもらえる会社はどこなのかをよく考えたうえで、申込みを行うようにしましょう。

借入を整理する

すでに他社からの借入がある場合、新規申込みの審査に通るのは難しくなります。そのため、申込みの前に借入を整理すると、審査が通りやすくなる可能性があるのです。支払いを延滞している借入がある場合、すぐに延滞を解消する必要があります。申込みをした時点で、返済が遅延している借入があれば、「返済能力がない」と判断されて審査を通してもらえなくなるからです。必要であれば、返済負担率(年間の返済額が年収に占める割合)を減らすために、月々の返済額を減らすことを心がけると良いでしょう。

また、複数の借入先がある場合は少額のものを完済したり、まとめられるものはまとめたりするなどして、利用している金融機関の件数を減らすのも大切です。カードローンのなかには、「おまとめ」専用のローンもあります。そうしたサービスを利用して、複数の借入先を一本化するだけでも、審査に通る可能性が高くなるのです。同様に、借入額を減らすことでも審査に通る可能性が上がります。特に新規の借入申込みの場合は、すでに借入をしている分をできるだけ返済しておきましょう。

正確な情報の記載を心掛ける

正確な情報の記載を心掛ける

カードローンに申込みをする際、記載する内容に不備があると審査に通らなかったり、審査を通過するまでに時間がかかったりしてしまうことがあります。スムーズに借入を行うためには、内容に不備がないようにしっかりと確認することが大事です。氏名や住所などの情報も含めて、確認できる書類を用意しておき、記載ミスのないように注意しましょう。また、提出する書類があるときには有効期限などにも気をつけておく必要があります。審査を受けるタイミングによっては、必要書類を入手するまでに時間がかかってしまうこともあるので、時間的な余裕を持って申込むことが大切になるのです。

カードローンの審査に通らないかも?とあきらめる前に

カードローンの申込みを行うと、審査を受けることになり、場合によっては借入を受けられないケースもあります。考えられる理由は複数あるため、それぞれに対策を打ってから申込みをするほうが良いでしょう。プロミスでは、スマートフォンからお申込みができ、お借入れまで完結することができます。簡単・便利にご利用いただけるカードローンですから、お借入を考えているなら、お申込みを検討してみると良いでしょう。

前の投稿カードローンを低金利で利用したい人が知っておくべき金利の話と注意点

カードローンのリボ払いとは何か?利用するメリットや注意点も解説次の投稿