カードローンと信用情報の関係性って?

知って得するマメ知識

カードローンと信用情報の関係性って?

カードローンをご契約したあとに高額なショッピングを繰り返す人がいます。お借入れができるようになったことで気持ちが大きくなり、衝動買いを抑えられなくなるケースもあるでしょう。このように無計画なカードローンの利用をした場合、その人の信用情報に悪影響が出るのか気になるところですよね。この記事では、カードローンと信用情報の関係性にまつわる一般的な情報をわかりやすく解説します。

目次

そもそも信用情報とは

そもそも信用情報とは

銀行系カードローンや消費者金融、クレジットカード会社は、ご契約を結んだ個人にお金を貸したり、代金のお支払いを一時的に肩代わりしたりします。これらの金融サービスは、ご契約者の信用に基づいておこなわれます。つまり「この人はきちんと働いて安定した収入があるから、お金を貸してもちゃんと返してくれる」という信用です。逆に、信用して貸付をおこなったのに「ご返済されない」「お支払期日を守らない」などの不履行があると、金融機関からの信用を失ってしまいます。このようなお金に対して信用のない人の情報は、金融機関同士で共有されます。

個人がなんらかの金融サービスを利用した際、お金の貸し借りやお支払いなどに関わる情報が「信用情報」です。信用情報は信用情報機関に記録され、金融サービスのご契約が結ばれる際に各金融機関が照会します。この情報も含めて審査をおこない、貸付やローンのご契約をしても大丈夫かどうかを判断できるのです。ここでは、信用情報や信用情報機関について詳しく説明します。

信用情報は「個人のお金の貸し借りに関する情報」

信用情報とは、個人の信用取引に関する情報全般を意味します。具体的には、クレジットカードやローンなどのご契約内容やご返済状況またはお支払状況、利用残高などの取引情報のことです。ローンには「カードローン」「住宅ローン」「自動車ローン」「教育ローン」といった、ローンと名の付くあらゆる金融商品が含まれます。信用情報を見れば、個人がこれまでどのように金融商品と関わってきたかを調べられるのです。つまり、信用情報から「お金を貸してもご返済できる金額」、すなわち「信用力」をうかがい知ることができます。信用情報には、住所や氏名などの個人情報、クレジットカードやローンのお申込履歴も含まれ、金融商品をご利用したり新たにご契約したりするたびに記録されていきます。

審査で重視される信用情報は、現在のお借入金額やご返済状況です。消費者金融では総量規制がかかるため、年収の3分の1を超えるご融資はおこなわれません。信用情報を照会してお借入金額を確認した上で限度額を確定します。すでに年収の3分の1に近いお借入れがある人は審査に通りにくいでしょう。ご返済状況も重要で、何度も延滞を繰り返す人も信用力がないとみなされ、審査に通るのは難しいと言えます。信用情報を調べれば、その人のお金に対する向き合い方がよくわかってしまうのです。

カードローンの審査時に必ず確認される

信用情報は、カードローンやクレジットカードをご契約するときに必ず照会されます。金融サービスはお金を貸して期限内に返してもらい、利子や手数料を得るわけですから、ご返済能力がない人とはご契約できません。「この人は借りたお金を返す能力があるのか」「今まできちんとご返済した実績はあるのか」という情報は、審査時の大きな判断材料です。

また、信用情報には金融機関からの照会記録も残ります。照会記録が短期間にいくつもある場合は、その人がその数だけローンなどのお申込みをおこなったことを意味します。それに見合った数のご契約履歴が見つからないときは、各審査に通らなかったこともわかるので、新たな審査でもマイナス要素とみなされる場合があります。このように、カードローン会社やクレジットカード会社は消費者の信用取引の情報を確認できます。 

とはいえ、これまでに延滞などお支払いのトラブルもなく、大きなお借入れもしていなければ、特に心配はいりません。カードローンを利用していても、毎月のご返済をきちんとおこなっている限りは信用情報がマイナスになることはないでしょう。しかし、延滞を繰り返したり、限度額ぎりぎりの状態が続いたりしている状態なら信用情報の悪化を招く場合がありますので、改善することをおすすめします。

信用情報は3つの機関に登録されている

個人の信用情報を保管・管理している機関は、JICC(日本信用情報機構)、CIC(株式会社シー・アイ・シー)、KSC(全国銀行個人信用情報センター)の3つです。JICCは、主に消費者金融が加盟する指定信用情報機関です。CICも同じく指定信用情報機関で、こちらはクレジット会社や百貨店、信販会社が加盟しています。指定信用情報機関とは、割賦販売法や貸金業法に基づいて個人信用情報を扱う会社のことです。KSCはJBA(全国銀行協会)が設置・運営する個人信用情報機関で、銀行や信用金庫のほか農業協同組合や日本学生支援機構なども加盟しています。

クレジットカード会社、消費者金融、銀行などの金融業に携わる企業は、この3つの信用情報機関に最低でも1つは加盟しています。同じ信用情報機関に加盟している企業の間では、登録されている信用情報がすべて共有されるわけです。たとえば、奨学金のお借入れをしていた人が延滞や未払いをしたという情報は、銀行系カードローンの審査のときにKSCを通じて確認される可能性があります。

CRINとFINEで3つの信用機関の情報は共有されている

金融業を営む各企業は、すべての信用情報機関に加盟しているわけではありません。そうすると、JICCに加盟している消費者金融系カードローンで未払いなどのトラブルがあった人の情報は、KSCだけに加盟している銀行系カードローンの審査のときには知られないのでしょうか。実は、CRIN(Credit Information Network)とFINE(Financial Information Network)というネットワークがあり、3つの信用情報機関が信用情報の一部を共有して相互に照会できる仕組みになっています。

CRINはJICC、CIC、KSC(JBA)の3社が共有する情報ネットワークで、消費者本人の識別情報やご契約内容、お支払状況を調べることが可能です。FINEはJICCとCICの2社だけの共有ネットワークですが、本人識別情報やご契約内容、お支払状況に加えて、現在のお借入残高やお申込状況も確認できます。このような信用情報機関同士がお互いに情報を照会できるシステムが用意されているため、クレジットカードの審査において消費者金融系カードローンの借入残高を把握したり、銀行でマイカーローンの審査をする際に他社のクレジットカードの延滞を確認することができるのです。

その他信用情報に登録されるものはとはどういうものか

その他信用情報に登録されるものはとはどういうものか

信用情報で登録されるのはカードローンの利用有無だけではありません。信用情報機関に照会して確認できる情報は多岐にわたります。氏名や住所、電話番号などの個人情報から、ご契約内容やお支払状況、債務整理の有無など、お金に関わるものはほとんどと言っていいかもしれません。特に、ご返済やお借入れのトラブルに関係する情報は、金融機関にとって重要なものです。ここでは、信用情報として登録される情報のうち、重要なものをピックアップして解説します。

支払いを延滞した

各種金融サービスのお支払いがご返済日を過ぎると「延滞」の状態になります。延滞した事実は、貸金業者やクレジットカード会社から信用情報機関へ登録されるという仕組みです。しかし、すべての情報が精密に記録されるのではなく、数日程度の延滞や、事前連絡がある状態でのお支払いの遅延は登録されないこともあります。ただし、延滞の記録は一度登録されると数年間、信用情報機関に保管されることになります。また、延滞の記録があっても、審査は各金融機関の裁量次第です。延滞がないほうがよいのは確かではあるものの、延滞記録の有無だけで審査の結果が決まるわけではありません。

代位弁済をした

代位弁済とは、ご契約者のご返済が複数回、もしくは長期にわたって滞ったときに保証会社がお借入金を一括で立て替えることです。銀行系のカードローンやクレジットカードなどを利用する場合、保証会社が必ず指定されます。この、あらかじめ指定された保証会社が代わりにお支払いをおこなうと「求償権」といって、代位弁済をした保証会社に債権が移ります。保証会社との間にはローン契約などはありませんから、お借入金のご返済は一括払いです。

一括では払えないからといって保証会社の督促を無視すると、裁判を起こされて強制執行・差し押さえとなります。この代位弁済がおこなわれたときは、数年間信用情報に記録され、新たな金融サービスにお申し込みをしても審査に通るのは難しくなります。

債務整理した

債務整理とは、お支払いきれなくなった債務を処理することです。特定調停や任意整理、個人再生、破産などを指します。特定調停は、簡易裁判所で「お支払い不能にはなってはいないが、近い将来にご返済が滞る可能性が高い」と判断されたとき、債務者の経済再生を図るための手続きです。任意整理とは、裁判所などを通さずに、債務者と債権者で話しあって月々のお支払いを減額してもらうようにする手続きを意味します。個人再生は、裁判所が債務者と債権者の間に入り、法的に債務の減額を図る手続きのことです。破産は、裁判所で払えなくなった債務を免除してもらうための手続きです。

信用機関の情報は永遠に残るのか

信用機関の情報は永遠に残るのか

延滞や債務整理など、信用情報機関に登録された情報は永遠に残るわけではありません。どの機関の情報も、一定期間が過ぎると消去されます。 

ご契約が終わったあと、それぞれの保管年数を過ぎれば信用情報は削除されます。また、お申込み情報の登録期間は最も短く、最長6か月です。このため、審査が一度通らなかった金融サービスに再度お申込みをするときは、半年ほど開けるのがよいとされています。時間が経てば消えるとはいえ、自分にとってマイナスになる情報が記録されないよう心がけましょう。

信用情報は金融機関だけでなく本人も確認できる

信用情報は金融機関だけでなく本人も確認できる

信用情報機関に記録されている情報は、本人が開示を求めることもできます。JICCでは「氏名、生年月日、電話番号などの個人識別情報」「クレジットカードのご利用金額やお取引残高などお取引に関する情報」「延滞や滞納などのお支払状況」「法的手続きの有無」を、スマートフォン・郵送・窓口からの開示申込みで確認できます。スマートフォンで開示手続きをおこなう場合は、専用のアプリが用意されているので便利です。

CICも同様に、スマートフォン・郵送・窓口による開示申込みができます。「お申込み記録」「過去のご利用記録」「現在のご契約内容」「延滞や滞納などのお支払状況」「残債額」「CIC独自で収集した情報」などが確認可能です。スマートフォンからCICの開示手続きのページを開き、手順に沿って信用情報の確認をおこなってください。KSCは開示申込みの方法は郵送のみで「借入れなどの情報」「お支払い状況」だけが確認できます。KSCのホームページからお申込書のPDFをダウンロードし、自宅のプリンターかコンビニのマルチコピー機で印刷して使用してください。

信用情報以外にもあるカードローン審査のポイント

カードローンの審査には信用情報が関わっています。たとえば、他社に多額の借入れがあればご返済能力や総量規制に難があると判断され、審査に通らないでしょう。過去に延滞や債務整理があったときも、数年間情報機関に残ります。しかし、そうでないなら、あまり心配はいりません。「20歳以上」「継続した安定収入」という属性を満たしているなら、カードローンの審査を検討してみてはいかがでしょうか。

前の投稿カードローンとフリーローンの違いって何?どちらを利用すれば良いの?

カードローンで車を購入するには?金利や審査方法を知ってアプリでお申込み次の投稿