今すぐお金が必要!早くて確実な手段はカードローン!利用開始までの方法

今すぐお金を借りたい!

今すぐお金が必要!早くて確実な手段はカードローン!利用開始までの方法

急な出費で現金が必要になった場合の選択肢はある程度限られてしまいますが、その中で特におすすめなのはカードローンです。高額融資や即日融資にも対応できる上、貸し借りの人間関係を気にする必要もありません。ただ、よく知らないと不安を感じるもの。そこで今回は、カードローンに関する基本的なご利用方法、よくある不安や実態の一般的な情報をまとめてご紹介、解説します。計画的なご利用の参考にしてください。

目次

あと数日でお金が必要な時にできること

あと数日でお金が必要な時にできること

もしも、1か月程度の余裕があれば取れる手段は変わります。しかし、もうすでに期限が迫っている状態で時間がなく今すぐお金が必要ならば、主な選択肢はカードローンかクレジットカードのキャッシングのふたつでしょう。カードローンやクレジットカードのキャッシングなら人間関係を気にする必要はありません。では、これらの方法について紹介します。

クレジットカードのキャッシングを使う

お持ちのクレジットカードにキャッシング枠が付帯している場合は、コンビニATMなどを利用してすぐに借入することができます。すべてのクレジットカードにキャッシング枠が付いているわけではありませんが、付いていた場合は選択肢に挙がるでしょう。クレジットカードのキャッシング機能は、ご利用限度額の一部をショッピング枠と共有する形で設けられる仕組みです。たとえば、ご利用限度額100万円のクレジットカードをご利用の場合は「ショッピング枠100万円、うちキャッシング枠30万円」という形で、一部がキャッシング枠に割り当てられます。ご利用限度額100万円のうち70万円はショッピング専用、30万円はショッピングでもキャッシングでも使えるという意味です。

クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠は、同じご利用限度額内の一部を共有している点がポイントです。ショッピングのご利用額が70万円以下なら最大30万円のキャッシングができますが、70万円を超えた分はキャッシング枠が減ります。ショッピングのご利用が80万円ならキャッシングできる額は20万円、ショッピングのご利用が100万円ならご利用限度額に達しているためキャッシングはできません。同様に、キャッシングで30万円をお借入れなら、ショッピングでご利用可能な限度額は70万円になります。

クレジットカードは便利なものなので、社会人であれば1枚は持っていても不思議はありません。まずは、お持ちのクレジットカードにキャッシング枠が付帯しているかどうか確認してみましょう。キャッシング枠が付帯していない、もしくはクレジットカードを持っていない場合は新たにお申込みが必要です。キャッシング枠を後から付ける場合も新規にクレジットカードを取得する場合でも、いずれも同様の審査があるのでご注意ください。キャッシング枠を追加するだけでも審査が必要なため、後述するカードローンお申込みと同じくらいの手間がかかります。

カードローンを使う

カードローンは、銀行や消費者金融などが提供する個人向けのご融資です。特に消費者金融系のカードローンは「即日融資」のイメージが強く、すぐにお金を借りられる方法というと真っ先にカードローンを思い浮かべる方も少なくありません。カードを使い、コンビニATMなどでお金を引出してお借入れできる点は先述したクレジットカード同様ですが、比較してお借入れのご利用限度額が高く、金利が低い傾向です。

クレジットカードは普段の生活で自然に作る機会がありますが、カードローンの場合は明確な目的がなければ持っていないのが一般的でしょう。カードローンでお借入れするためには新規でお申込みをし、審査を経てご契約が必要です。とはいえ、Web上ですべて完結できることも多く、お申込みからご融資まで数時間で完了することも珍しくありません。お申込方法は電話、Web、店頭や自動契約機など豊富で、借入方法もATMだけでなく、自分の口座に振り込んでもらうことも可能であったりと、融資に特化しているという特徴があります。

持ち物を売る

オークションやフリマアプリが増えたこともあり、お金が必要な時に持ち物を売る方法を検討しやすくなっています。以前からリサイクルショップでブランド品や家電などを売却して現金を作る方法は一定の需要がありました。ただ、いくらで売れるのかわからない、適切な金額がわからないなど不確実な部分が多い事はデメリットです。リサイクルショップに比べればフリマアプリなどのほうが高く売れる可能性がありますが、買い手が付かない場合もあります。

カードローンについて知らない!どこが提供しているの?

カードローンについて知らない!どこが提供しているの?

テレビCMやインターネット広告などで目にする機会が多いため、カードローンという存在を知っている方は多いですが、あくまでも「聞いたことはある」という程度でしょう。お申込みを考える状況になった時に「どんな会社がやっているのか」「どれを選べばよいのか」「安全なのか」などの疑問や不安を感じる方もたくさんいます。この段落では、特に利用頻度が高いふたつのカードローン提供会社について紹介します。

銀行

実は、銀行もカードローンを提供しています。カードローンといえば消費者金融をイメージする方が多いのは、消費者金融のCMを目にする機会が多いことが理由のひとつでしょう。銀行系カードローンは消費者金融系に比べて金利が低いことや借りられる金額を大きくしやすいことがメリットです。一方で、即日融資には対応していません。お申込みからご契約までに何日もかかるというわけではありませんが、今すぐに現金が必要な場合は対応できない可能性もあります。

消費者金融

消費者金融系カードローン最大のメリットは、なんといってもスピード感です。銀行系では難しい即日融資に対応している消費者金融が多いため、急いでいる場合にはもってこいです。曜日や時間帯などにもよりますが、最短でお申込みした当日中にご融資まで完了します。プロミスをはじめ、消費者金融系カードローンの中には「初めてのご契約なら30日間無利息」のようなサービスを行っているところも多く、初心者にとっては嬉しい特典です。この場合、30日以内に完済すればお利息が0円(無料)になり、余計な負担が増えません。

また、お申込みから審査、ご融資完了までのお手続きをすべてWeb上で完結できるものが多いのも特徴です。スマートフォンやパソコンからいつでも好きな時にお申込みができ、周りの目を気にせず進められます。もしも不安なら、実店舗に足を運んだり、オペレーターと直接やり取りをしながらのお申込みも可能です。お好みに応じて方法を選びましょう。

初めての借入れで不安!利息ってどれくらい?

カードローンのご利用にあたり「利息」の存在は必ず理解しておきたいところです。カードローンに限らず金利や利息という言葉を耳にする機会は多いものの、正しく理解している方ばかりではありません。お借入れが初めてならなおのこと、利息がいくらになるのか不安に思うでしょう。利息は「お借入金額×金利×お借入日数÷365日(うるう年の場合は366日)」で求められます。

お借入れに対してかかる利息は、金利の影響を大きく受けます。金利とは「利息の割合」を表す数値で、できるだけ低い金利でご融資を受けることが利息を減らし、少ないリスクでカードローンをご利用いただくコツです。ただし、金利が何%になるのかはご契約直前までわかりません。審査に受かってご契約可能となってから、諸々の条件を加味して決定します。そのため、必ずしも期待どおりになるとは限らず想定以上の金利がかかる可能性もありますが、最大でも20%までです。

少額からでも借りられる

家や車を買うためにローンを組んだり、開業資金を融資してもらったりするイメージからか「銀行などからお金を借りる」となると大金を想像してしまいがちです。「5万円くらいしか借りないが貸してもらえるのか」と不安に思う方もいるでしょうが、カードローンなら心配はいりません。「審査を通過できれば」という前提があるものの、数万円のお借入れでも申込みすることができ、むしろ少額のお借入れのほうが審査に通りやすい可能性もあります。1万円でも問題はありません。

カードローンでお金を借りるにはどうすればいいの?

カードローンでお金を借りるにはどうすればいいの?

実際にカードローンでお借入れいただくまでの流れや準備などを解説します。ここでは、主に消費者金融系カードローンへのお申込みを想定してご紹介していますが、銀行系も基本的には同じ流れです。

カードローン申込みからお金を借りる流れ

カードローンのお申込方法はさまざまで、Web(ネット)、電話、郵送、店頭窓口や自動契約機などから任意で選択できます。人気なのは来店不要でお申込み可能なWebや電話で、特にスマートフォンやパソコンで簡単にできるWebでのお申込みはご利用者が多い方法です。お申込みが完了すると審査が行われ、無事にクリアできればご契約手続きへと進み、Webでのお申込みの場合はご契約後すぐに指定口座に入金されます。

お借入方法は銀行振込かATMが選べますが、ATMはカードが必要です。来店でのお申込みならその場でカードを受け取れるため問題ないものの、Webでのお申込みは後日郵送されます。土日祝日や銀行の営業時間外など、お振込融資では入金まで時間がかかってしまう場合もあります。そのような場合は、ご契約完了後に店頭または自動契約機でカードを発行すればすぐにお借入れが可能です。

何を準備すればいい?

カードローン審査で必要なのは、主に身分証明書を準備することだけです。カードローンのお申込みにあたり、作成が必要な書類はすべてカードローン会社が準備してくれるため、本人確認書類だけ準備すればお申込みができます。本人確認書類として使えるのは運転免許証、パスポートや健康保険証などです。ただし、お借入れが50万円を超える場合は、収入証明書類の提出も必要になります。お借入希望額が50万円を超える場合は忘れずに準備しましょう。

カードローンを持っておくメリット

カードローンは年会費などの費用がかからないため、ご契約していてもお借入れがなければ維持費は一切かかりません。解約してしまうと審査からやり直しとなるので、念のため一枚くらい解約せずに所持しておくのもいいかもしれません。

お金がすぐ必要ならカードローンがおすすめ!

お金がすぐ必要ならカードローンがおすすめ!

今すぐお金が必要な状況であれば、早いのは即日融資に対応したカードローンでしょう。消費者金融系なら選択肢はたくさんありますが、その中でもプロミスをおすすめします。初めてのお借入れなら30日間無利息サービスがあり、期間内に完済すればお利息はかかりません。また、プロミスなら事前審査結果を最短15秒で回答しており、事前審査結果をご確認のうえで本審査を実施しています。アプリローンをご利用ならお申込みからご融資までスマートフォンひとつで完了。Web完結なら、誰にも会わずにお借入れが可能です。

※最短15秒回答のお申込はスマートフォンのみとなり、新規契約時点での契約上限額は50万円までとなります。

前の投稿確実に100万円ほしい!すぐにお金がほしい時に考えられる選択肢

個人向け融資を受けたいけど審査が不安!カードローンなら通るかも?次の投稿

プロミスへのはじめての
お申込みはこちら

Webでのお申込なら来店不要最短1時間融資も可能! Webでのお申込なら来店不要最短1時間融資も可能!

Webでご契約まで可能!

※最短15秒で事前審査結果をご確認いただいた後、
本審査が必要となます。

※スマートフォンから「少ない入力項目で最短15秒回答」のお申込みが9:00~21:00の間に可能です。
お申込みいただく場合、最短15秒で事前審査の結果をご確認いただいた後、
本審査が必要となります。また、新規契約時点でのご融資上限は50万円までとなります。