今すぐお金が必要!早くて確実なカードローンの利用方法

今すぐお金を借りたい!

今すぐお金が必要!早くて確実なカードローンの利用方法

何らかの支払期日を忘れていた、急な不幸で香典が必要…など、日常生活で急にお金が必要になるときは意外とたくさんあります。お金に余裕があれば問題ありませんが、手持ちの現金がないと焦ってしまうでしょう。
出費で現金が必要になった場合の選択肢はカードローンやクレジットカードのキャッシングなど、ある程度限られてきます。ただし、よく知らないと不安を感じるもの。そこで今回は、今すぐお金が必要なときの調達方法と、カードローンに関する基本的なご利用方法を紹介します。計画的な利用の参考にしてください。

目次

あと数日でお金が必要なときにできること

急にお金が必要になったときに支払う当てがないと、不安になってしまいます。まずは自分に何ができるか考えてみてください。数日以内にお金が必要なときに取れる選択肢を紹介します。

持ち物を売る

リサイクルショップなどで持ち物を売却することで、すぐに現金を手に入れられます。ただし、売れる物を持っていることが前提となりますし、必ずしも希望した値がつくとは限りません。
リサイクルショップは買取商品の幅が広い傾向がありますが、金額が低くなりやすく、フリマアプリやフリマサイトなどは買い手がつかないことがあるものの、高く売れる可能性があります。必要とする金額やお金を手に入れるまでの日数などを考えて、どこで売るか選んでください。

日払いのアルバイトをする

求人サイトやアルバイト情報誌で探せば、1日のみからできる日払いのアルバイトが見つかります。イベントスタッフ、警備、試験監督など、種類もさまざま。クリスマス、年末年始、バレンタイン、お中元などのシーズンなら、それにあわせた短期バイトの募集が豊富です。
即日払いなら、働いたその日に現金を手渡してもらえるため、数日以内にお金が必要というときは検討してみてもいいでしょう。社会人でも、週末や夜間などのアルバイトを選べば、挑戦することが可能です。

自動貸付を利用する

ゆうちょ銀行の総合口座で、定額貯金や定期貯金を利用していれば、「自動貸付」が利用できます。自動貸付は、通常貯金からの引落しや引出しの際、通常貯金の残高が足りない場合、不足分のお金を自動で貸付けるサービスです。返済は普通貯金に入金することで、自動的に行われます。

自動貸付では、担保定額貯金、または担保定期貯金が担保とされます。貸付金額の上限は、預入金額の90%以内(1冊の総合口座通帳につき300万円まで)。つまり、100万円の貯金であれば、90万円まで借りられます。
郵便局で定期貯金か定額貯金を契約していれば、通常貯金残高が不足しているときに自動的に貸付けされ、通常貯金に預入することで利用分と利息分が自動的に返済されます。

親族や友人から借りる

短期間でお金を用意する方法には、親族や友人からお金を借りる方法がありますが、メリットもデメリットもあります。
親族や友人から借りるメリットは、カードローンなどと違って審査がない点、手続きの必要がない点、利息が発生しない点などです。
デメリットは、経済状況に疑念を抱かれる点、返済が遅れると信頼関係にヒビが入ることがある点などです。親族や友人からお金を借りたときには、特に「約束をしっかりと守ること」が不可欠です。借りる理由や返す方法なども説明し、しっかり期日を決めて返済しましょう。

クレジットカードのキャッシングとカードローンを利用する選択肢

クレジットカードのキャッシングとカードローンを利用する選択肢

すでに期限が迫っている状態で時間がなく、今すぐお金が必要なときの選択肢として、クレジットカード付帯サービスのキャッシングかカードローンのふたつがあります。ただし、このふたつはよく知らないと利用に不安を感じる人もいるでしょう。これらの方法について紹介します。

クレジットカード付帯のキャッシングサービスを使う

キャッシングとは現金を借りるサービスの総称ですが、クレジットカード付帯サービスのキャッシングを指すことが多いです。
保有しているクレジットカードにキャッシング枠が付帯している場合は、コンビニATMなどを利用してすぐに借入ができます。クレジットカードのキャッシング機能は、ご利用限度額の一部をショッピング枠と共有する形で設けられる仕組みです。例えば、ご利用限度額100万円のクレジットカードを利用している場合は「ショッピング枠100万円、うちキャッシング枠30万円」という形で、一部がキャッシング枠に割り当てられます。利用限度額100万円のうち、70万円はショッピング専用、30万円はショッピングでもキャッシングでも使えるという意味です。

ショッピングの利用額が70万円以下なら最大30万円のキャッシングができますが、70万円を超えた分はキャッシング枠が減ります。ショッピング利用が80万円ならキャッシングできる額は20万円、ショッピング利用が100万円なら利用限度額に達しているためキャッシングはできません。同様に、キャッシングで30万円を借入しているなら、ショッピングでの利用限度額は70万円です。

数日でお金を用意しなければならなくなったときは、自分のクレジットカードにキャッシング枠が付帯しているか確認してみましょう。
キャッシング枠が付帯していない、クレジットカードを持っていない場合は新たに申込が必要で審査を受けなければなりません。審査から発行(付帯)までには1週間程度かかることもあります。

カードローンを使う

カードローンは、銀行や消費者金融などが提供する個人向け融資です。特に消費者金融系のカードローンは即日融資のサービスを用意しているところも多く、すぐにお金を借りる方法というと、真っ先にカードローンを思い浮かべる方も少なくありません。

カードローンで借入するためには新規で申込み、審査を経て契約が必要です。とはいえ、Web上ですべて完結できることも多く、申込から融資まで数時間で完了することも珍しくなくなっています。
申込方法は電話、Web、店頭や自動契約機など豊富で、借入方法もATMだけでなく、自分の口座に振込んでもらうことも可能などと、融資に特化しているという特徴があります。

カードローンについて知らない!どこが提供しているの?

カードローンについて知らない!どこが提供しているの?

カードローンの存在を知っていても、「聞いたことはある」という程度の人は多いです。申込を考える状況になったときに「どんな会社がやっているのか」「どれを選べばよいのか」「安全なのか」などの疑問や不安を感じる人もいます。特に利用頻度が高いふたつのカードローン提供会社について紹介します。

銀行

実は、銀行もカードローンを提供しています。カードローンといえば消費者金融をイメージする人が多いのは、消費者金融のCMを目にする機会が多いことが理由のひとつでしょう。銀行系カードローンは消費者金融系に比べて金利が低いことや、借りられる金額を大きくしやすいことがメリットです。一方で、即日融資には対応していません。申込からご契約までに何日もかかるというわけではありませんが、今すぐに現金が必要な場合は対応できない可能性もあります。

消費者金融

消費者金融系カードローン最大のメリットは、なんといってもスピード感です。銀行系では難しい即日融資に対応している消費者金融が多いため、急いでいる場合に役立つでしょう。曜日や時間帯などにもよりますが、最短で申込した当日中にご融資まで完了します。プロミスをはじめ、消費者金融系カードローンの中には「初めてのご契約なら30日間無利息」のようなサービスを行っているところも多く、初心者にとってはうれしい特典です。この場合、30日以内に完済すれば利息が0円(無料)になり、余計な負担が増えません。

また、申込から審査、融資完了までの手続きをすべてWeb上で完結できるものが多いのも特徴です。スマートフォンやパソコンからいつでも好きなときに申込ができ、周りの目を気にせず進められます。もしも不安なら、実店舗に足を運んだり、オペレーターと直接やりとりしたりすることも可能です。好みに応じて方法を選びましょう。

カードローンを利用するメリット

カードローンを利用するメリット

数日以内にお金が必要というときにおすすめのカードローンですが、どのようなメリットがあるのでしょうか。カードローンを利用するメリットを3つご紹介します。

保証人・担保なし、利用目的を問わず借りられる

お金を借りるのに保証人や担保が不要なのもカードローンの特徴です。原則として安定した収入のある方であれば、審査の上、保証人や連帯保証人を立てたり、不動産などを担保にしたりしなくてもお金の借入ができます。

借入したお金の使い道も原則として自由です。実際に最も多い利用目的は、生活費の不足分を補うためというものです。ただし、投資やギャンブル、事業資金、他社借入の返済などを目的としていた場合は、融資を断られる場合もあります。

借入・返済の自由度が高い

カードローンは利用上限額の範囲内であれば、いつでも借入ができます。すでにお金を借りて返済中でも、利用上限額までは追加融資を受けることが可能です。
さらに、消費者金融のカードローンであれば、申込から融資までがWeb(アプリ)で完結できる「Web完結」に対応しているところが多く、最短で即日融資が可能な場合もあります。

返済に関しては、多くのカードローンは銀行口座からの自動引落となっていますが、ATMやインターネットバンキングを利用した返済手段も用意されていることがあります。
カードローンは借りるときも返すときも自由度が高く、都合にあわせて利用できる点がメリットでしょう。

無利息期間が設定されていることがある

プロミスなら、初めて契約した場合、初回利用の翌日から30日間は利息がかかりません。これがいわゆる「無利息期間」です。消費者金融で多く見られるサービスで、無利息期間内に返済を終えた場合の利息は0円です。

カードローンの利用時に金利に注目する人は多いですが、返済期間が短い場合、低金利のカードローンより無利息期間のあるカードローンのほうが、お得に利用できる可能性があります。カードローンを利用するときは、無利息期間があるかチェックしましょう。

初めての借入で不安!カードローンの利用でよくある疑問

初めての借入で不安!カードローンの利用でよくある疑問

初めてカードローンを利用するときは、何かと不安になるもの。ここでは、カードローンを利用する際のよくある疑問にお答えします。

利息や金利はいくら?

カードローンに限らず、金利や利息という言葉を耳にする機会は多いものの、借入が初めてなら利息がいくらになるのか不安に思うでしょう。利息は「借入金額×金利×借入日数÷365日(うるう年の場合は366日)」で求められます。

借入の利息は、金利の影響を大きく受けます。金利とは「利息の割合」を表す数値で、できるだけ低い金利で融資を受けることが利息を減らし、少ないリスクでカードローンを利用するコツです。ただし、金利が何%になるのかは、審査通過して契約可能となってから、諸々の条件を加味して決定するため、契約直前までわかりません。必ずしも期待どおりとは限りませんが、利息制限法で最大でも20%までと定められています。

少額から貸してもらえる?

家や車を買うためにローンを組んだり、開業資金を融資してもらったりするイメージからか、「お金を借りる」となると、大金を想像してしまいがちです。
「5万円くらいしか借りないが貸してもらえるのか」と不安に思う人もいますが、カードローンなら心配はいりません。「審査を通過する」という前提があるものの、数万円から借入の申込ができます。1万円でも問題はありません。

ちゃんと返せるか不安…

カードローンを利用する際は、必ず返済シミュレーションを行いましょう。毎月どれだけ返済するのか、返済期間はどのくらいなのか、しっかり計画した上で借入することが重要です。

プロミスのWebページでも、お客さまのご希望に応じたお借入希望額・ご返済期間・お借入金利を入力することで、返済計画をシミュレーションできる「ご返済シミュレーション」をご利用いただけます。

カードローンでお金を借りるにはどうすればいいの?

カードローンでお金を借りるにはどうすればいいの?

実際にカードローンで借入をするまでの流れや準備などを、プロミスをご利用いただく場合を例に解説します。

プロミスのカードローンご利用の流れ

プロミスのカードローンのお申込は、Web、プロミスコール(電話)、ご郵送、ご来店から選択できます。
ご希望の方法でお申込いただいたら審査となりますが、その際、本人確認書類のご提示が必要です。画像をアップロードする、コピーを郵送いただく、店舗へお持ちいただくなどの方法がありますので、ご確認ください。

審査通過後は、ご契約となります。カードありを選択いただいた場合はご来店でお受取いただくか、後日郵送でお届けします。カードなしをご選択の場合は、そのままWebやアプリでお借入の手続きが可能です。

お申込方法についてはこちらもご覧ください。
お申込方法|プロミス

何を準備すればいい?

プロミスのカードローンの申込時には本人確認書類が必要です。お申込内容によって必要書類が異なりますが、「運転免許証」をお持ちであれば本人確認書類としてご利用いただけます。運転免許証をお持ちでない方は、「パスポート(2020年2月3日以前に申請し、発行されたもので、住所欄に現在お住まいの自宅住所が記載されているもの)」、または「健康保険証」+「1点(住民票など)」をご用意いただくといった方法があります。

収入証明書類についてはこちらもご覧ください。
収入証明書書類のイメージ|プロミス

審査について

カードローンの申込をすると、必ず審査があります。審査ではまず、申込時の年齢(プロミスの場合は18歳以上69歳以下)が条件に合致しているか、安定した収入があるかなどを確認します。また、信用情報の照会を行います。

信用情報とは、カードローンやクレジットカードなどの、個人の信用をもとにした取引情報を記録したものです。信用情報機関に、契約内容や支払状況、借入総額など、個人のこれまでの取引の客観的な事実が記録されています。プロミスもカードローンのお申込に際して、信用情報を参考にした審査を行っています。

信用情報については、こちらの記事もご覧ください。
信用情報とは?確認する方法と開示報告書の見方を紹介

カードローンを契約しておくメリット

カードローンを契約しておくメリット

カードローンは年会費などの費用がかからないため、契約していても借入がなければ維持費は一切かかりません。使わないからと解約してしまうと審査からやり直しとなるので、念のため契約しておくのもいいかもしれません。

お金がすぐ必要ならカードローンがおすすめ!

今すぐお金が必要な状況であれば、早いのは即日融資に対応したカードローンでしょう。
消費者金融系なら選択肢はたくさんありますが、その中でもプロミスをおすすめします。初めてのお借入なら30日間無利息サービスがあり、期間内に完済すればお利息はかかりません。また、プロミスなら事前審査結果を最短15秒で回答しており、事前審査結果をご確認の上で本審査を実施しています。アプリローンをご利用ならお申込からご融資までスマートフォンひとつで完了。Web完結なら、誰にも会わずにお借入が可能です。

※最短15秒回答のお申込はスマートフォンのみとなり、新規契約時点での契約上限額は50万円までとなります。

前の投稿確実に100万円ほしい!すぐにお金がほしい時に考えられる選択肢

個人向け融資を受けたいけど審査が不安!カードローンなら通るかも?次の投稿

プロミスへのはじめての
お申込みはこちら

Webでのお申込なら来店不要最短1時間融資も可能! Webでのお申込なら来店不要最短1時間融資も可能!

Webでご契約まで可能!

※最短15秒で事前審査結果をご確認いただいた後、
本審査が必要となます。

※スマートフォンから「少ない入力項目で最短15秒回答」のお申込みが9:00~21:00の間に可能です。
お申込みいただく場合、最短15秒で事前審査の結果をご確認いただいた後、
本審査が必要となります。また、新規契約時点でのご融資上限は50万円までとなります。