審査が甘いカードローンはあるの?審査の基準や通りやすくする方法を解説!

今すぐお金を借りたい!

審査が甘いカードローンはあるの?審査の基準や通りやすくする方法を解説!

カードローンの利用を検討してはいるものの、審査が気になってなかなか踏み切れない人もいるかもしれません。中には、あらかじめ審査が甘いカードローンの情報を集めてから申込もうと考えている人もいるでしょう。そこで、この記事ではカードローンの審査に焦点を当て、一般的な情報や審査が甘いカードローンについて解説していきます。

目次

審査がない・甘いカードローンは?

審査がない・甘いカードローンは?

結論からいえば、審査がないカードローンは存在しません。カードローンの審査に通りたいと考えている人は、ネット上でさまざまな口コミを調べることは多いのではないでしょうか。その中に「A社の審査は通らなかったのにB社はすぐに通った。だからB社は審査が甘い傾向にある」といった情報が見られることがあります。しかし、この場合、たまたまその人の結果がそうだったというだけのことです。

もしも、不特定多数の人を対象に細かく統計をとっていけば「通りやすいカードローン」と「通りにくいカードローン」はあるかもしれません。しかし、必ずそれが自分にも当てはまるかどうかは考えにくいでしょう。このような情報に振り回されてしまうと、まったく違う結果が出てがっかりすることもあります。審査がないだけでなく、審査が甘いカードローンも存在しないと思ったほうが賢明です。カードローンは、保証人や担保は不要で借入れができます。万が一返済ができないときにカード会社が受けるリスクは大きく、それだけ本人の信用度が重要なのです。

カードローン審査の前提

カードローン審査の前提

それでは、そもそもなぜカードローンには審査が必要なのか、借入れの前提として審査を行う目的などを説明していきます。

審査をする目的

前述したように、カードローンは保証人や担保が必要ありません。保証人には、単なる身元を保証するだけの「保証人」と借入れた本人と同じように返済の責任を負う「連帯保証人」の2種類があります。利用者が万が一返済できなくなったときは、連帯保証人が代わりに支払うことが義務づけられています。そして、担保とは、返済ができないときに代わりに回収されるものです。例えば、住宅ローンの場合は家を担保として設定されるのが一般的で、返済できないときは家を差し押さえられることで返済の残りを精算します。

ところが、カードローンには利用者が返済できなくなっても代わりとなるものがなく、カード会社がリスクを負うことになります。つまり、リスクを抑えるためには、審査をして利用者の返済能力をしっかり確認しておく必要があるのです。もちろん、利用者が無理をすることなく順調に返済を続けていくことが理想であり、その能力を確認するために審査を行います。ただし、だからといって「高収入者なら必ず審査に通る」ということでもありません。審査で見られる項目については後ほど詳しく説明します。

審査基準は各社違う上に内容は非公開

「カードローンの審査に通りたい」と考えるなら、審査基準が気になるのではないでしょうか。ところが、カードローンの審査基準はすべての金融機関で一律に決められているわけではありません。審査基準は各社バラバラなうえに、審査の内容についても非公開となっています。つまり、カードローンを提供している金融機関はすべて自社で基準を設けているということです。審査内容や基準については公開されていないため、「どこのカードローンなら審査が甘い」ということはいえないでしょう。審査がきびしいか甘いかという根拠を示すことはできません。

カードローンについては、審査に通るための攻略法などもネット上に出ていることがあります。しかし、実際には外部の者がカードローンの審査について詳細を知ることはむずかしく、信憑性は低いといえます。実際に審査の結果を公開している場合でも、あくまでその人の結果に過ぎません。「どこのカード会社なら審査が甘い」という情報と同じように、攻略法についても単なる噂レベルとして見たほうがいいでしょう。

審査で確認される「信用情報」とは

審査で確認される「信用情報」とは

カードローンの審査には、信用情報が使われます。信用情報とは個人の金融取引がわかるもので、信用情報機関で記録されています。信用情報に記録されている内容は各種ローンやクレジットカードの申込みと利用状況、スマートフォンの分割払いの返済や支払い状況などです。借入額がどれくらいあるかといったことの他に、返済の遅延や過去に行った債務整理の情報なども記録されています。そして、カードローンの審査でそれらが確認されます。遅延については5〜10年ほど記録が残ります。ただし、それが原因で審査に100%通らないとはいえません。

信用情報機関には、信販系と消費者金融系、銀行系の3つがあります。信販系は主にクレジットカード会社、消費者金融系は消費者金融業者、銀行系は普通銀行の利用記録がまとめられています。例えば、銀行の融資審査をするときは銀行系の信用情報機関の記録を参考にするのが一般的です。しかし、健全な返済が可能かどうかを判断するために、複数の信用情報機関の記録を見るケースもあります。カードローンを含め、ひとつの信用情報機関だけで審査をすることは少ないと考えた方がいいでしょう。

他社からの現在の借入れも審査に影響

他社からの現在の借入れも審査に影響

カードローンの審査では、他社から借入れがあるかどうかも確認されます。他社の借入状況についても、信用情報で見ることができます。他社の借入れについて確認が必要となるのは、貸金業法で定められている「総量規制」というルールがあるためです。総量規制では、借主の年収の3分の1を超える金額の貸付をしてはいけないことになっています。例えば、年収300万円の人なら、貸付できるのは100万円が限度です。ただし、年収の3分の1とは総額のことで、他社ですでに50万円借りているなら、あと50万円しか借入れできないということになります。

貸金業法とは、貸付に関するさまざまな規制を定めた法律のことで、貸金業者が対象となっています。貸金業者とは消費者金融業者のことで、同じカードローンでも銀行は含まれていません。銀行は銀行法にもとづいたルールで貸付を行っています。しかし、銀行は総量規制の対象外とはいえ、返済能力を見るうえで他社の借入が影響することは事実です。そのため、銀行系のカードローンの審査でも、他社の借入れについて確認しています。

審査で確認されやすいその他の項目

信用情報と他社からの借入れは審査に影響すると説明しましたが、それ以外にも審査に影響を与える要素はあります。では、どのようなものが影響を与えるのか見ていきましょう。

職業や勤続年数

カードローンの審査では、職業や勤務先、雇用形態、さらに勤続年数などが確認されます。仕事は収入を把握するうえで欠かすことのできない重要な情報です。返済を順調に続けていけるかどうかはカードローンの審査で重視される部分で、特に収入が安定していることに焦点が当てられます。そのため、必ずしも高収入であることがよいということではありません。まず安定していることが好ましいといえます。毎月決まった収入が入り、さらに勤続年数が長ければ「安定して働いている」と見なされ、高い評価につながっていきます。

また、仕事に関する審査では在籍確認を行うことも一般的です。在籍確認とは、申告した勤務先に確かに在籍しているか確認することをいいます。中には、離職したばかりという人もいるでしょう。本当は働いていないのに仕事をしているように書類を書いた場合は、実際は収入が安定していないことになります。そのようなことがないよう、多くのカード会社では在籍確認を行っています。在籍確認をするといっても、個人名で勤務先に電話をかけるだけです。カード会社の名前を出すことはありません。

年収

審査では年収についても確認されます。年収はお申込みの際に自己申告という形で伝えるのが一般的です。ただし、借入希望額が50万円を超える場合は収入証明の提出が必要になり、年収が把握されることになります。年収は、高いからよいということでもありません。説明してきたように、返済を順調に続けていける条件として好ましいのは安定性があることです。高収入を得たのが一時的なら、収入は高くなくても毎月大きな変動がなく、コツコツ仕事を続けている人のほうが評価は高いと考えていいでしょう。ただ、年収は借入額に直結することは確かです。前述したように、総量規制は年収の3分の1までを貸付条件としています。そのため、年収が高ければそれだけ借入れできる金額も高くなります。

住居

カードローンをお申込む際、住居に関する情報も申告するのが一般的です。内容は建物の種類や居住年数、賃貸か持ち家かといったことで、審査にも多少なりとも反映はされると考えていいでしょう。例えば、賃貸に住んでいる人やまだ住宅ローンが残っている人に比べると、住宅ローンを完済した持ち家のほうが支払い能力はあると判断されやすいと考えられます。ただし、十分な経済力があってもあえて賃貸物件に住んでいる人もいます。住宅ローンについても、返済を続けているからといって必ずしも経済的に余裕がないとはいいきれません。また、住居がどのように審査に反映されるかは、カード会社によって変わってきます。

審査に関するよくある疑問

カードローンの審査については、一般的に疑問に思われることがいくつかあります。ここでは、そうした疑問に対して回答していきます。

即日融資は審査をしていないの?

消費者金融が提供しているカードローンの多くは、「即日融資」に対応しています。即日融資とは、お申込みしたその日のうちに借入れを可能にするもので、急いでお金が必要なときに心強いサービスです。また、消費者金融系のカードローンには「最短30分審査」とうたっているものもよく見られます。即日融資や最短30分審査と耳にすると、「審査を省いているのではないか」と感じる人もいるかもしれません。

しかし、これはスコアリングシステムの活用などでスピード審査を実現しているだけです。スコアリングシステムは、勤続年数や収入、職業といった属性に点数をつけ審査を行う仕組みのことです。ただし、属性や点数はすべての金融機関で共通しているわけではありません。これらはカード会社ごとで個別に設定されています。ほかには、必要書類を画像化し、Webでの提出を求めることも早く審査ができる理由のひとつです。即日融資や最短30分審査とうたっている場合は、こうした工夫のもとで審査を行い、スピーディーな貸付を実現しています。

専業主婦・無職・アルバイト・学生は審査に通らない?

多くのカードローンでは、申込可能な条件として「20歳以上であること」や「本人に安定収入があること」をあげています。安定収入というと正社員をイメージする人もいます。そのため、正社員でなければカードローンの審査に通らないのではないかと疑問を持つ人もいるでしょう。安定収入とは毎月一定の収入があることであり、正社員でなければ審査に通らないということではありません。しかし、20歳に満たない人や無職の人、専業主婦(主夫)はお申込みがむずかしいといえます。

ただし、専業主婦(主夫)でも配偶者に安定収入があり、さらに配偶者の同意が得られればカードローンの利用ができる場合もあります。実際にはカード会社ごとで判断が異なるため、確認が必要です。学生の場合も、20歳になりアルバイトなど安定した収入を得ていれば申込むことはできます。ただ、学業と両立させてアルバイトをするとなると収入が低い傾向にあります。そのため、審査に通ったとしても借入れ可能な限度額は低いものになると考えたほうがいいでしょう。

審査のために提出する書類

最後に、カードローンの審査に提出する書類について説明します。本人確認書類は、ほとんどのカードローンで必須と思っていいでしょう。本人確認書類として提出が求められるのは、運転免許証やパスポート、健康保険証、マイナンバーカードなどのいずれかで、他に住民票の写しなどが必要になる場合もあります。

また、借入希望額が50万円を超えるときは収入証明が必要です。収入証明についても、借入希望額が高い場合はほとんどのカード会社が提出を求めています。収入証明として利用できるのは源泉徴収票や給与明細書、所得証明書、または市民税や県民税額決定通知書などです。自営業者の場合は確定申告書が収入証明として利用できます。また、給与明細書の場合は直近2カ月以内など条件がついていることもあります。50万円を超えて借入れしたい場合は収入証明が必要になると考えて、あらかじめ用意しておくといいでしょう。

審査が甘いカードローンや攻略法を探すよりは誠実さを大事に

審査が甘いカードローンは、実際にはありません。また「このようにすれば審査に通る」といった攻略法も存在しないといっていいでしょう。収入が安定していることは審査が通りやすい条件のひとつといえますが、だからといって虚偽の申請をするのは間違いです。高収入でなければ審査に通らないということはないため、年収を過度に心配する必要はありません。

前の投稿カードローンが返済できない!延滞のリスクと今すぐすべきこと

カードローンの「金利」の意味・計算方法って?抑えるためのコツは?次の投稿

プロミスへのはじめての
お申込みはこちら

Webでのお申込なら来店不要最短1時間融資も可能! Webでのお申込なら来店不要最短1時間融資も可能!

Webでご契約まで可能!

※最短15秒で事前審査結果をご確認いただいた後、
本審査が必要となます。

※スマートフォンから「少ない入力項目で最短15秒回答」のお申込みが9:00~21:00の間に可能です。
お申込みいただく場合、最短15秒で事前審査の結果をご確認いただいた後、
本審査が必要となります。また、新規契約時点でのご融資上限は50万円までとなります。