カードローンとは?仕組みやご利用の流れ・注意点について

意外と知らないベンリな使い方

カードローンとは?仕組みやご利用の流れ・注意点について

カードローンに興味があり検討している人のなかには、実際のご利用方法や仕組み、審査といった基本的な部分がよくわからないという人は多いかもしれません。不明な点があれば、ご利用に不安を感じることもあるでしょう。この記事では、はじめてカードローンを検討する人に向けて一般的な仕組みやお申込みからご利用の流れ、さらに注意点などについてわかりやすく説明していきます。

目次

カードローンとは?

カードローンの最近の利用率は?

カードローンとは、担保や保証人などが不要でご利用できる融資のことです。カード会社や金融機関が提供しているサービスで、基本的に使い道を問われることはありません。どのような目的で使うかは、ご利用者自身が自由に決めることができます。そのため、急にまとまったお金が必要になったときには重宝します。法人向けのカードローンを提供しているカード会社や金融機関もありますが、多くは個人を対象にしたサービスです。ここでは、個人向けのカードローンの仕組みや特徴について説明していきます。

カードローンの仕組み・特徴

前述したように、カードローンは保証人も担保も一切必要ありません。お申込額によっては収入証明の提出が必要になるものの、ほかの融資よりも早めのご利用ができるように配慮されています。通常、お借入れをする際には保証人をつけることもありますが、大手消費者金融をはじめカードローンの多くは保証人不要でのご利用が可能です。ところで、なぜ保証人なしでも即日融資を可能にしているのか疑問を持つ人もいるのではないでしょうか。それにはいくつかの理由があります。

まず、お客様にとってご利用しやすい状況をつくるためです。カードローンは「使い道が自由であり、必要なときにすぐに借りることができる」というメリットをもっています。ところが、保証人を設定すればそのぶんの書類作成に時間がかかります。保証人となってもらう人はお客様が探して交渉しなければなりません。保証人が見つからないこともありますし、お借入れについて他人に知られたくないという人もいます。しかし、保証人なしであれば時間を短縮できるうえに周囲に知られずにお借入れが可能です。

カードローンのほとんどは保証人も担保も不要ですが、もちろん審査はあります。審査には信用情報機関を利用しており、それによってクレジットカードや他社のカードローンのご利用状況やお借入れ、さらにご返済状況などを知ることができます。つまり、お借入れに関するお客様の状況を把握したうえでご返済能力を判断するため、保証人不要でもリスクを抑えることが可能なのです。

カードローンとその他のローンの違い

カードローンとその他のローンの違い

カードローンとそれ以外のローンには明確な違いがあります。それは、お借入れの目的です。説明してきたように、カードローンは使い道が自由なフリーローンのことで、どのように使おうと目的について問われることはありません。たとえば、家賃や光熱費に通信費、食費といった生活として使うのもお客様の自由です。ほかにも、クレジットカードの支払いや納税、冠婚葬祭での出費などに使うこともできます。

もちろん、急な飲み会の誘いなど給料日前の思わぬ出費に充てることも可能です。個人向けカードローンの場合、事業性の目的で使うことは制限されていることが多いものの、それ以外ならご利用限度額の範囲内で自由にご利用になれます。カードローンは金利が高めに設定されていますが、審査に通過すればいつでも自由に現金を引き出して使えるという特徴をもっています。

一方、使い道が明確に決められたローンは、ほかの目的で使うことはできません。ご利用用途が明確なローンとは、たとえば住宅ローンや自動車ローンのことです。ほかにも、ブライダルローンや教育ローンなどもあります。これらのローンは、はっきりとした目的があって使うわけですから、見積書などお借入れに必要な金額を示すための書類も必要です。そして、お借入れしたお金は金融機関から住宅メーカーやディーラー、または結婚式場などの支払い先に直接振込まれるのが一般的で、お客さまが直接受け取れることはほとんどありません。

事業ローンなどの場合は直接お金を受け取ることは可能ですが、違う目的で使っていないか確認するために通常は領収書の提示を求められます。このように目的以外の用途で使うことはできませんが、そのぶん効率的に支払うことができ、金利を抑えられるのが特徴です。また、必要な金額で1回だけしかお借入れできないのもカードローンとの違いに挙げられます。そのため、追加でお金が必要な場合は新たにお申込み、審査を受ける必要が出てきます。

カードローンを利用するメリット

カードローンを利用するメリット

毎日の暮らしのなかで、予期しない出費に困った経験のある人は多いのではないでしょうか。結婚式などのお祝いや勤務先の送別会など、予定がわかっているものなら準備しておくことは十分可能です。しかし、葬儀やお見舞いのような急な出費は用意できないこともあります。そのような事態が起こっても、使い道が自由ですぐにお借入れできるのがカードローンのメリットです。目的が明確に決められているローンであれば書類の準備に審査と時間がかかり、すぐに借りることはできません。しかし、カードローンははじめてのご利用でも、お申込みから審査までスピーディーで即日融資も可能です。

一旦ご契約できれば、その後はご利用限度額の範囲内で繰り返しご利用できるのもカードローンのメリットと言えます。たとえば、ご利用限度額が50万円のカードローンの場合、10万円借りた数日後に20万円借りるということもできます。たとえ40万円以上お借入れした場合でも、ご返済が進んで完済できればふたたび50万円までご利用することが可能です。しかも、担保は一切要りません。使い道が自由なお借入れといえばクレジットカードに付帯するキャッシングもありますが、キャッシングはショッピング枠に含まれるものでショッピングのご利用が多ければ限度額が下がることもあります。その点、カードローンは金融機関の商品でお借入専用のため、安心してご利用できます。

カードローンご利用の流れ

カードローンご利用の流れ

ここまで、カードローンの概要や主なメリットについて紹介してきました。では、実際にカードローン便利に活用するにはどのようにしたらいいのかを知るために、お申込みからご返済までの一般的な流れについて説明していきます。

カードローンのお申込方法

カードローンのお申込方法にはさまざまな選択肢が用意されています。カードローンを提供している会社ごとで対応に違いはあるものの、電話に書類郵送、窓口への来店に自動契約機、さらにインターネットを使う方法としてはスマートフォンやパソコン、アプリと豊富です。ただし、電話でお申込みの場合は審査の結果まで聞くことはできますが、その先のご契約については窓口または郵送での対応になります。スマートフォン、パソコンでのお申込みの場合、審査の結果は電話またはメールでの回答です。お申込みまたはご契約方法として郵送を指定した場合には、即日融資でのお借入れはできません。

ただし、窓口やパソコンまたはアプリでお申込みする場合は即日融資が可能です。また、パソコンやアプリからのお申込みは、郵送物が不要でご契約まで完了できるという特徴があります。パソコンやアプリに対応したカードローンなら、誰にも会わずにご契約までできます。お申込みには、運転免許証や健康保険証といった本人確認書類に通帳やキャッシュカードなど口座がわかる書類が必要です。本人確認書類と現住所が異なるときは、公共料金の領収書や住民票などが必要になるので用意しておきましょう。

また、希望するご利用限度額によっては収入証明を求められる場合もあります。収入証明を提出する際は、源泉徴収票や給与明細などが有効です。ご利用限度額は必ず希望した額でご契約できるわけではないため、誤解のないようにしましょう。お申込みの際に希望したご利用限度額で可能かどうかは、審査によって決定されます。ただし、希望額でのご契約が難しい場合でも、ご利用限度額を下げてお借入れできる場合もあります。審査にかかる時間は早ければ30分〜1時間程度が一般的です。

カードローンの使い方

カードローンのご契約が完了したら、専用のカードが発行されます。カードは郵送で届けられるのが一般的ですが、窓口や自動契約機でのお申込みであればその場で受け取ることも可能です。通常、カードローンでのお借入れは専用カードを使って専用のキャッシュディスペンサーまたはコンビニなどの提携ATMから引き出します。専用カードを使う以外には、指定した口座へ直接入金してもらえる振込キャッシングもあります。振込キャッシングは、普段使っている自分の口座に振り込んでもらうことができるため、光熱費の引き落としなどで残高が不足しているときに便利です。

カードローンの使い道

カードローンは、日常に起こりがちなさまざまな出費に使うことができます。何らかの事情で収入が減少したときの生活費の補填としてもご利用可能なほか、急病やケガによる入院や通院にかかる医療費としてもご利用が可能です。ケガや病気で入院保険が適用される場合でも、実際に保険金が出るまでには時間を要します。それまでのつなぎ資金としてカードローンが使えると安心です。

カードローンは物品を購入する際も自由に使えます。アクセサリーや家電品、記念日のプレゼントなどの購入でもカードローンなら何の問題もありません。もちろん、家族や友人と楽しむ旅行やレジャーの費用としても活用できます。自宅の引っ越し費用やちょっとしたリフォームなどに使うのにも便利です。事業者向けのカードローンであれば事務所の移転費用にも充てられます。また、結婚にかかる費用など冠婚葬祭に利用することもできます。冠婚葬祭は、意外なところで余計な出費が発生することも珍しくありません。自分で資金が用意できている場合でも、万が一不足した際の補填にできるカードローンがあれば安心です。

カードローンの返し方

カードローンの返済方法は、振替口座からの自動引落のほかに、インターネット返済や店頭窓口、指定のATMからのご返済など複数が用意されています。自動引落のご返済期日は月末に設定されているケースが多いですが、複数から選択できるカードローンもあります。期日に遅れずに無理なくご返済を進めていくには、できるだけ選択肢が多いほうが有利です。インターネット返済は、外出が困難なときや近くに指定のATMがないときにもご返済できる点が安心できます。ここで紹介したのは通常のご返済方法ですが、このほかにも一括返済などまとめてのご返済が可能な場合もあります。お利息を節約したいなら、一括返済に対応したカードローンを利用しましょう。

カードローンを完済したら契約はどうなる?

カードローンは、一時的なご利用を目的にお申込みする人もいます。必要な時期に活用し、その後に使う予定がない場合は解約するという選択肢もあります。カードローンは、お借入れしたお金を完済しただけでは解約したことにはなりません。もしもご利用の予定がなく解約したい場合には、完済した後に必ず解約をしておきましょう。解約には端数のお利息まですべてご返済しておくことが原則です。しかし、ATMからご返済する場合は端数まで入金することは難しいと言えます。

また、実際には完済日までお利息が加算されていくため、自分では完済したつもりでも1円単位で残っていることもあります。そのため、知らずに遅延が発生していることもあるので注意が必要です。完済した後に解約をしたいときは、カードローンを発行している消費者金融に連絡をして解約手続きを行いましょう。ただし、完済した後もカードローンでお借入れする予定があるなら、そのまま持っていても問題はありません。完済によってご利用限度額が元に戻るだけなので引き続きご利用できます。

カードローンを利用する際の注意点

カードローンをご利用する際に注意したいことは、無理なく順調にご返済をすることです。そのためには、お客様の収入や生活状況に見合ったお借入れを心がけることが大切と言えます。毎月のご返済額はいくらまで可能なのか、完済までにどれくらいの期間を要するのかを事前にしっかり確認しておきましょう。まず注意しておきたいのは、毎月のご返済額とご返済期日です。生活費などを考慮して無理のないご返済額を計算しておきます。

もちろん、給料日などがご返済期日の後にならないことも大切です。これらの点を押さえ、健全な返済計画を立ててからご利用しましょう。しかし、自分ではなかなか正確に返済計画を立てることはできません。その場合は、プロミスのご返済シミュレーションを活用すると計画が立てやすくなります。

カードローンを安心してご利用いただくために

カードローンは、生活費の補填や冠婚葬祭、旅行やレジャーなどプライベートな出費に使えて便利です。保証人や担保も不要でありながら、無利息期間などお利息を抑えて使うこともできます。ATMからの引き出しのほか、指定口座へ入金してもらうことも可能なため、使い方次第で便利なご利用が可能です。お借入れの前にはご返済シミュレーションで確認するなど、無理のないご返済プランをしっかり立てたうえで使いましょう。

前の投稿カードローンはどれくらい利用されているの!?

カードローンは何歳から利用できるの!?次の投稿