収入証明書を提出しないとカードローンを利用できない?

不安解消

収入証明書を提出しないとカードローンを利用できない?

新規・追加にかかわらず、カードローンの申込をすると、収入証明書の提出を求められることがあります。そもそも収入証明書とは、どのような書類を指すのでしょうか。
ここでは、収入証明書が必要なシーンや提出方法のほか、提出しなかった場合の対応などについて解説します。

目次

カードローンで収入証明書の提出が必要なケース

カードローンの申込をしたときに収入証明書の提出を求められるかどうかは、申込むカードローンの種類と、融資の希望額によって変わります。ここでは、銀行系カードローンと消費者金融系カードローンそれぞれについて、収入証明書の提出が必要なケースについて見ていきましょう。

銀行系カードローン

銀行系カードローンとは、銀行や信用金庫など預金を扱う金融機関が提供しているカードローンのこと。銀行系カードローンでは、申込をした時点の希望額が50万円を超える場合、収入証明書の提出を求められます。

そもそも、カードローンを利用する際に収入証明書の提出が必要なのは、改正貸金業法によって「総量規制(年収の3分の1以上の貸付を禁止する)」や「個人の返済能力を調査しなければならない」といった決まりがあるからです。
銀行や信用金庫は貸金業法の対象ではありません。それでも、収入証明書を求められるのは、一般社団法人全国銀行協会(全銀協)が、「銀行による消費者向け貸付けに係る申し合わせ」で、貸金業法に留意した貸付を行うように求めているためです。

消費者金融系カードローン

消費者金融系のカードローンに申込を行う際に収入証明書を求められるのは、下記にあてはまる場合です。

  • ・50万円を超える借入を希望する場合
  • ・他社の借入との合計が100万円を超える場合

また、カードローン会社の審査状況によって、もしくは勤務先の変更を行った場合も収入証明書の提出を求められることがあります。
なお、過去に収入証明書を提出していても、発行日から3年経過した場合は再提出を求められます。これは、収入証明書に発行日から3年間という有効期限があるためです(発行日から2年以上経ち、3年を過ぎても勤務先に変更がないことが確認できた場合は、発行日から5年まで有効になります)。

カードローンの利用時に収入証明書として提出できる書類

カードローンの利用時に収入証明書として提出できる書類

カードローンを利用する際、収入証明書として認められる書類は複数あります。ただし、具体的に何を収入証明書として認めるかは、カードローン会社によって異なるケースがありますので、事前に確認してください。なお、いずれの書類も、最新(直近)のものでなければいけません。

源泉徴収票

会社勤めなど給与所得のある人が、毎年年末(あるいは1月)にもらえる書類が源泉徴収票です。正社員以外でも、社会保険料の支払や厚生年金の控除などを受けている人にも発行される書類ですから、多くの方になじみのある書類といえるでしょう。

確定申告書の控え

確定申告書は、自営業やフリーランス、副業収入がある人、株式投資などを行っている人が1年間の所得や所得税を申告する際、税務署に提出する書類です。申告時に手元に残る確定申告書の控えを収入証明書として利用しましょう。

税額通知書(住民税課税決定通知書・納税通知書)

税額通知書は、毎年6月頃に市区町村役場から届く住民税の通知書です。会社員は、勤務先を通して渡される場合が多いでしょう。税額通知書にも前年の所得額が明記されているため、収入証明として利用することができます。

所得証明書・課税証明書

所得証明書は市区町村役場で取得できる公的な書類で、1月1日から12月31日までの所得を証明するものです。一方、課税証明書は住民税の課税額を証明する書類です。
所得と課税額の両方を記載した所得課税証明書、住民税が非課税であることを示す非課税証明書もあります。

給与明細書

働いている会社から毎月発行される給与明細も、収入証明書として利用できます。単月(一枚)ではなく数か月分必要なことが大半で、賞与明細も合わせて求められる可能性があります。

支払調書

支払調書とは、自営業者やフリーランスなどがクライアントから受取る書類で、年間の報酬額の合計が記されています。発行義務のない書類のため、すべてのクライアントが送ってくれるとは限りません。前年に報酬を受取ったのに支払調書が発行されていない場合は、事前に請求しておくようにしましょう。

収支内訳書や青色申告決算書の控え

収支内訳書や青色申告決算書は、個人事業主やフリーランスが確定申告の際に提出する書類です。年間の売上額等が記載されていますから、その控えは所得証明書として利用できます。

収入証明書を提出しないとどうなる?

収入証明書を提出しないとどうなる?

収入証明書は、50万円以上の借入や合計100万円を超える借入の申込でなくても、審査や契約のために必要になるケースがあります。収入証明書を求められたときは、できるだけ提出することが基本ですが、必要書類が用意できないことも考えられます。そのようなときの対応は、カードローン会社によって異なります。

銀行系カードローンの場合

銀行系カードローンは、消費者金融系のカードローンに比べて審査が厳しい傾向があります。収入証明書を求められているのに提出しないと、ほとんどのケースで審査に通ることはありません。

消費者金融系カードローンの場合

消費者金融系カードローンでは、収入証明書を求めている理由によって、対応や審査が変わる可能性があります。
「貸金業法等によって審査・契約のために必要」という場合は、法律で決められていることですから、収入証明書を提示しない限り、審査は通りません。一方、返済能力を調査する意味で求められた場合は、提出しなくても審査に影響しない可能性があります。

また、以前提出した収入証明書に記載された日付から3年が経過したときは、再提出が必要になります。カードローンを利用中(返済中)に、求められた最新の収入証明書を提出しないと、利用限度額の減額が行われたり、追加の借入ができなったりすることもあります。

プロミスで収入証明書を提出する方法

プロミスで収入証明書を提出する方法

収入証明書の提出方法は、カードローン会社によって決められています。ここでは一例として、プロミスにおける収入証明書の5つの提出方法をご紹介します。

Web上で画像をアップロードして提出

プロミスの公式サイトの「会員ログイン」からログインして、「メニュー」を選択し、「収入証明書類の提出」から画像をアップロードすれば、簡単に収入証明書の提出が可能です。

アプリ上で画像をアップロードして提出

プロミスの会員サービスは、公式アプリからでも利用できます。iOSとAndroid用のアプリがありますので、いずれかをダウンロードして、アプリ上から収入証明書を送信してください。

郵送で提出

収入証明書類と必要書類を用意して、郵便で送ることも可能です。カードローンを申込むタイミングで収入証明書を郵送提出する場合は、収入証明書のほかに本人確認書類や申込書も必要です。申込書は、プロミスの公式サイトからダウンロードできるほか、プロミスコール(0120-24-0365)で請求したり、店頭で受取ったりすることもできます。

店舗に来店して提出

プロミスの自動契約コーナーやお客様サービスプラザに収入証明書を持っていけば、その場で提出が可能です。

FAXで提出

収入証明書は、FAXでの提出も可能です。FAX番号は、プロミスコール(0120-24-0365/平日9:00-18:00)にてお問い合わせください。

収入証明書は保管しておくことが大切

カードローンに申込む際には、必ず収入証明書がいるということではありません。利用金額によっては、収入証明書の提示が不要なこともあるからです。
しかし、必要になったときに慌てて役所に行ったり、勤務先や取引先に再発行を求めたりするのは、手間も時間もかかります。源泉徴収票や確定申告書の控えなどを受取ったときは、念のため保管(コピー)しておき、必要なときにスムーズに提出できるようにしておきましょう。

前の投稿個人事業主でもローンの審査に通る?資金調達の方法を紹介

無職でもカードローンは利用できる?お金を借りるための方法を紹介次の投稿

プロミスへのはじめての
お申込みはこちら

Webでのお申込なら来店不要最短1時間融資も可能! Webでのお申込なら来店不要最短1時間融資も可能!

Webでご契約まで可能!

※最短15秒で事前審査結果をご確認いただいた後、
本審査が必要となます。

※スマートフォンから「少ない入力項目で最短15秒回答」のお申込みが9:00~21:00の間に可能です。
お申込みいただく場合、最短15秒で事前審査の結果をご確認いただいた後、
本審査が必要となります。また、新規契約時点でのご融資上限は50万円までとなります。