ノンバンクとは何のこと?銀行との違いや特徴について解説

基礎知識

ノンバンクとは何のこと?銀行との違いや特徴について解説

カードローンを利用する際、「ノンバンク」という言葉を耳にしたことがありませんか。金融機関は、大きく銀行(バンク)とノンバンクに分けられます。ノンバンクは簡単にいうと、銀行以外の金融機関のこと。業務内容が重なる部分も多いですが、融資で比べた場合、銀行とノンバンクは適用される法律や金利、融資スピードなどに違いがあります。
銀行もノンバンクもカードローンのサービスを提供していますが、どのような違いがあるのでしょうか。ここでは、ノンバンクの特徴や銀行との違いや、カードローンを利用する際のメリット・デメリットをご紹介します。

目次

ノンバンクは預金業務を行わない金融機関

金融機関を銀行とノンバンクに分ける基準として、お金を預かる「預金業務」を行うかどうかがあります。
銀行(バンク)とは預金業務を行う金融機関で、銀行、信用金庫、信用組合、信託銀行、労働金庫、農業協同組合、漁業協同組合などが該当します。

対して、ノンバンクを指すのは、銀行以外の預金業務を行わない金融機関です。消費者金融、信販会社、クレジットカード会社、リース会社などがノンバンクと呼ばれます。ノンバンクが消費者にお金を貸す資金は銀行から借りており、消費者と銀行のあいだに立つ商社のような存在です。
また、これらのノンバンクは、信用供与(顧客を信用することで資金や商品を貸し出すこと)の種類によって、さらに下記のように細分化されます。

<ノンバンクの種類>

  • ・貸金業者(消費者金融など):お金を貸す
  • ・クレジットカード会社:利用代金を立替えて支払う
  • ・リース会社:物品を購入して貸与する

ノンバンクと銀行のカードローンの違い

ノンバンクと銀行のカードローンの違い

ノンバンクと銀行では、さまざまな違いがあります。ここからはノンバンクの中でも、お金を貸す貸金業者(消費者金融)について、銀行との違いを細かく見ていきましょう。

適用される法律の違い

融資は法律に則って行われますが、ノンバンクと銀行では適用される法律が異なります。
銀行が融資する際に適用されるのは、銀行法です。銀行法は、業務の公共性にもとづく信用維持や、預金者の保護の確保、および銀行の業務の健全な運営で国民経済を発展させることを目的とした法律です。
それに対し、ノンバンクである貸金業者が融資する際に適用されるのは貸金業法。貸金業法は、不適切な貸金業者を取締まり、借主を守る目的で作られています。

総量規制の有無

「総量規制」とは貸金業で定められたルールで、貸金業者は借主の「年収の3分の1」を超えた貸付を禁じられています。年収の3分の1とは、1社からの借入ではなく、すべての借入の総額が年収の3分の1を超えてはならないということです。そのため、貸金業者は融資の審査の際、借主の年収や他社の借入状況なども確認する必要があります。

銀行は貸金業者ではないため、総量規制はありません。だからといって、銀行なら年収の3分の1を超える借入が可能かといえば、そうとも言い切れないでしょう。総量規制はないものの、銀行も自主規制のルールがあり、収入に対して著しく多い借入は難しくなっています。
なお、総量規制には対象外の貸付があります。例えば、下記の貸付は総量規制の対象になりません。

<総量規制対象外の貸付>

  • ・金融機関の融資を待つあいだのつなぎ資金の貸付
  • ・複数のローンをひとつにまとめる「おまとめローン」
  • ・低金利で返済期間が長い住宅ローン

総量規制の対象外についてはこちらの記事もご覧ください。
総量規制の対象外となる借入とは?上限に達しても借りられる?

融資スピード

カードローンの申込から融資が受けられるまでのスピードは、銀行よりノンバンクのほうが早いです。銀行の場合、契約者の情報を警察庁のデータベースへ照会を行うため、最短でも翌営業日以降の融資になることが多いです。
ノンバンクでは審査にスコアリングシステムを採用することで、スピーディーな融資を実現しています。スコアリングシステムは、統計モデルから個人の信用度を自動的に点数化する仕組み。急にまとまった金額が必要になった場合など、「借りたい」と思ったその日に借りられるのは大きなメリットといえるでしょう。

即日融資についてはこちらの記事もご覧ください。
即日融資を利用したい!カードローンを選ぶポイントと注意点

カードローンを利用するなら銀行?ノンバンク?

カードローンを利用するなら銀行?ノンバンク?

カードローンを選ぶ際には、借入で重視するポイントを確認し、目的に合った金融機関を選ぶことが大切です。
例えば、金利の低さを重視する場合は、銀行のほうが良いかもしれません。しかし、「一刻も早く現金が必要」な場合は、融資スピードが早いノンバンクがおすすめです。

プロミスの場合、申込方法には下記の4種類があり、いずれもスピーディーな融資に対応しています。

<プロミスの申込方法>

  • ・Web(パソコンやスマートフォンからのプロミスインターネット会員サービス)
  • ・電話(通話料無料のプロミスコール)
  • ・郵送
  • ・来店(自動契約機)

中でもWebは、24時間365日いつでも申込ができ、事前審査は最短15秒。本審査を経て、早ければ最短30分での融資が可能です。オンラインで返済のシミュレーションもできますので、利用する前に月ごとの返済額と完済までの日数を把握し、計画的に利用しましょう。

プロミスのカードローンについてはこちらもご覧ください。
プロミスのカードローンのご紹介|プロミス

銀行とノンバンクの違いを理解し、目的に合った方法で借入をしよう

銀行とノンバンクは預金業務を行うかどうかで大別され、適用される法律、金利、融資スピードなどに違いがあります。
ノンバンクは、申込時間の自由度や、審査から融資までの迅速さが強み。「少しでも早く融資してほしい」といった場合は、プロミスをはじめとするノンバンクのご利用がおすすめです。

前の投稿葬式の費用が払えない!支払方法や費用を安く抑える方法を解説

消費者金融の利用はやばいって本当?世間の噂の実態は?次の投稿

プロミスへのはじめての
お申込みはこちら

Webでのお申込なら来店不要最短1時間融資も可能! Webでのお申込なら来店不要最短1時間融資も可能!

Webでご契約まで可能!

※最短15秒で事前審査結果をご確認いただいた後、
本審査が必要となます。

※スマートフォンから「少ない入力項目で最短15秒回答」のお申込みが9:00~21:00の間に可能です。
お申込みいただく場合、最短15秒で事前審査の結果をご確認いただいた後、
本審査が必要となります。また、新規契約時点でのご融資上限は50万円までとなります。