利息はいくら?借入の際に知っておきたい計算方法と注意点

便利な使い方

利息はいくら?借入の際に知っておきたい計算方法と注意点

カードローンやキャッシングを利用するときには、利息や金利について把握しておく必要があります。理解しないままに借り入れると、返済額が想定より多くなったり、返済自体が難しくなったりすることもあるでしょう。
ここでは、利息や金利の意味のほか、計算方法、注意点など、基本として知っておきたいことをご説明します。また、利息をできるだけ低く抑える方法についても解説しますので、借入を考えている人はぜひ参考にしてください。

目次

金利・利息・利子とは?

金利・利息・利子とは?

金利と利息、利子は何となくわかっていても、どう違うのか正しく説明できるでしょうか。まずは、それぞれの意味を確認しておきましょう。

金利

金利は、借入額(元本)に対する利息の割合のことで、利率ともいいます。
金利は、カードローンなどの融資サービスでは利息制限法により、下記のように借入金額によって上限が決められています。なお、一般的にカードローンの金利は、1年間にかかる利率を表す年利です。

<利息制限法による金利の上限>

  • ・借入金額が10万円未満の場合:上限金利は年20%
  • ・借入金額が10万円以上100万円未満の場合:上限金利は年18%
  • ・借入金額が100万円以上の場合:上限金利は年15%

この範囲内であれば、金利は貸主(消費者金融や銀行)が自由に設定することができます。消費者金融各社や銀行によって金利が異なるのはそのためです。注意したいのは、同じ消費者金融で借りる場合であっても、実際に借主に対して適用される金利に幅があること。その幅は4.5~18.0%など、意外に大きなものです。

基本的に、適用金利は借入金額(融資金額)が少ないほど高くなる傾向があります。カードローンの場合は、利用限度額が少ないほど、金利は高く設定されているのが普通です。
利用限度額は、本人の希望のほかに、利用者の属性情報、信用情報、借入状況などをもとにした審査によって決められます。つまり、審査結果によって利用限度額が高く設定されれば、金利も低くなるのです。
また、初回利用時は、高い金利が適用される傾向もあります。その代わり、一度完済するとその返済実績に応じて金利が下がっていくケースも見られます。

金利息・利子利

利息は、貸主が元本に追加して受け取るお金のことです。金利は割合でしたが、利息は実際に支払うことになるお金の額を指しています。借入金額が同じでも、金利や利用日数によって利息は変わっていきます。

対して利子は、借主が元本に追加して払うお金のことです。ただし、利息と利子は、明確に使い分けられていない場合もあります。

利息はどうやって計算する?

金利(利率)は年利で表されるのが一般的ですが、まれに日単位の日歩(ひぶ)や、月単位の月利(げつり)で表されていることもあるので、その場合は年利に換算して計算してください。
金利から利息を求める計算式は、下記のとおりです。

<利息の計算式>

利息=元金(借入金額)×金利(年利)÷365(※)×借入日数(返済日数)
※うるう年の場合は366日で計算

例えば、10万円を18%で借り入れて、7日で返済した場合の利息は、下記のように計算できます。

<10万円を18%で借り入れて、7日で返済した場合の利息>

10万円×18%÷365日×7日=345円
※1円未満の端数切り捨て

また、100万円を15%で借り入れて、30日で返済した場合の利息は下記のようになります。

<100万円を15%で借り入れして30日で返済した場合の利息>

100万円×15%÷365日×30日=1万2,328円
※1円未満の端数切り捨て

実際は、借入日数のベースとなる起算日についての考え方や、付利単位によっても利息は細かく変わります。付利単位とは、利息を計算するときの元金の金額単位(1円単位、100円単位など)のことです。

実際に「いくら借りたときに毎月いくら返済していけばいいのか」も、借入先によって若干計算方法が異なり、結果が違うことがあります。借入希望額と返済期間、金利(年利)から毎月の返済金額を計算したいときは、Web上で簡単に計算ができる「返済シミュレーション」を利用するのが確実です。利用したいと考えている会社の返済シミュレーションを使って、計算してみるといいでしょう。

プロミスの返済シミュレーションについては、こちらもご覧ください。
ご返済シミュレーション|プロミス

利息をできるだけ少なくするには?

利息をできるだけ少なくするには?

借入するときは、できるだけ利息は少ないほうがいいと考えるのが普通でしょう。では、利息をできるだけ少なくしたいと思ったら、どのような方法が考えられるのでしょうか。ポイントを5つ紹介します。

1 低い金利の借入先を選ぶ

カードローンを利用するとしても、消費者金融と銀行、信販会社では、金利が異なります。大まかにいえば、消費者金融系カードローンと信販系カードローンは、比較的金利が高めに設定されていることが多く、15.0~18.0%が目安といわれています。これに対し、銀行系カードローンは、14.0~15.0%と少し低めの設定です。
ただし、金利が低いほど審査は厳しく、融資までのスピードが遅い傾向があります。消費者金融のカードローンであれば即日融資も可能ですが、銀行は融資までに数日かかるというのが一般的です。

2 無利息期間を活用する

消費者金融のカードローンの金利は高めに設定されていることが多いと紹介しましたが、中には、指定された条件を満たしていれば「無利息期間」が利用できるケースもあります。

多くの大手消費者金融では、初めて利用する人に対して30日間の無利息期間サービスを実施しています。この場合、最初の30日間の利息が無料になるので、場合によっては銀行系カードローンを利用するよりも低い利息になることもあるでしょう。
例えば、5万円を借りて30日以内に5万円を返済すれば、利息は0円です。一度だけではなく、無利息期間中なら何度借入をしても、利息0円が適用されるというケースもあります。

なお、初回利用時以外にも無利息期間を適用するキャンペーンを行っている消費者金融もありますので、インターネットなどで調べてみることをおすすめします。

無利息期間については、こちらもご覧ください。
30日間無利息サービス|プロミス

3 繰上返済(スポット返済)する

多くのカードローンは、毎月一定額を返済する以外に、借入残高の一部または全額を追加して返済することができます。このような返済の仕方を、繰上返済(スポット返済・臨時返済)といいます。

臨時収入があったときなどに、この繰上返済をすると借入元本を減らせますので、その分の利息を抑えることが可能です。

4 借換えを利用する

今、借りているカードローンの金利が高くても、ほかの金利の低い消費者金融や銀行のカードローンに乗り換えれば、利息を抑えることが可能です。これは、借換えと呼ばれる方法で、利息を少なくしたり、月々の返済額を減らしたりできる場合があります。

しかし、借換えにはデメリットもあります。借換えは結局、新たなカードローンを申し込むことを意味しますので、そのための審査を受ける必要があり、面倒に感じる人もいるでしょう。また、借換先によっては、月々の返済額が少なくなっても返済期間が長くなったり、反対に月々の返済額が多くなったりするケースもあります。

5 おまとめローンを利用する

複数の消費者金融や銀行から借入をしている場合は、それらをひとつにまとめて返済する「おまとめローン」という融資サービスを利用する方法もあります。
おまとめローンは、数社から借入をしていて、毎月の返済額が高額になっている場合、これを減らすために利用するものです。元々高い金利のカードローンを利用して返済していた場合は、おまとめローンで利息も抑えられる可能性があります。

なお、おまとめローンでは、基本的に借り直したり繰り返し利用したりすることはできません。また、元々利用しているカードローンが低金利だった場合は、おまとめローンを使うことで、反対に金利が上がることもあるのでご注意ください。

借りる前に返済時の金利や利息をチェックしよう

カードローンなどの融資サービスを利用する際には、金利が何%なのか、完済したときの利息の総額はいくらになるのかを、しっかりと把握しておいてください。
ほかのカードローンとの比較をするときにも、利息の計算は不可欠です。返済シミュレーションを利用するなどして毎月の返済額を把握し、無理なく返済できるかよく考えて借入をしましょう。

前の投稿今すぐお金を借りるには?個人が低金利で借入する方法

消費者金融とは?サラ金との違いや利用方法を解説次の投稿

プロミスへのはじめての
お申込みはこちら

Webでのお申込なら来店不要最短1時間融資も可能! Webでのお申込なら来店不要最短1時間融資も可能!

Webでご契約まで可能!

※最短15秒で事前審査結果をご確認いただいた後、
本審査が必要となます。

※スマートフォンから「少ない入力項目で最短15秒回答」のお申込みが9:00~21:00の間に可能です。
お申込みいただく場合、最短15秒で事前審査の結果をご確認いただいた後、
本審査が必要となります。また、新規契約時点でのご融資上限は50万円までとなります。