キャッシング枠とは?
利用するメリット・デメリットまで徹底解説

知って得するマメ知識

キャッシング枠とは?利用するメリット・デメリットまで徹底解説

急に現金が必要になったときの便利な引き出し先として、クレジットカードのキャッシング枠の詳細を知りたいと思っていませんか。使い道が自由ですぐに引出し可能ですが、ご利用の前に知っておきたいことはいろいろあります。そこでこの記事では、一般的なキャッシング枠のご利用方法やご返済方法、メリットやデメリット、その他の借入サービスなどについてまとめて紹介していきます。

目次

キャッシング枠とは

そもそも、クレジットカードとはショッピングやサービスなどをご利用する際に代金を立替えるためのカードです。クレジットカードに付帯しているキャッシング枠とはどのようなものか紹介していきます。

キャッシング枠の概要

キャッシングとはお金を借りることで、クレジットカードに付帯しているキャッシング枠はお借入れの際にご利用可能な限度額のことを指します。実際のご利用限度額は、クレジットカードの種類やご契約者のご利用状況で異なります。基本的には無担保、無保証人でのご利用が可能で使い道も自由なことから、急な出費で手元の現金が足りないときなどに利用しやすいのが特徴です。例えば生活費の不足やレジャーなどの娯楽といった使い方も自由にできます。

クレジットカードのキャッシング枠にはご利用に応じた金利と手数料が発生します。ご返済の際はこれらの金額も併せて支払うのが通常です。クレジットカードのショッピングは「立替」になりますが、キャッシングは「借入」となり、根本的な意味は異なります。そのため、まとめて請求されることはあっても2つが合算されることはありません。ショッピング利用とキャッシング利用はそれぞれで計算されて支払うことになります。

キャッシング枠の特徴

キャッシング枠の特徴

キャッシング枠はどのクレジットカードにも必ず付帯しているわけではありません。中には付帯できないクレジットカードもあります。たとえば学生向けのクレジットカードなどがその代表的な例です。または、キャッシング枠が義務付けられている場合もあれば、後から付帯できるケースなどいくつかのタイプに分かれています。もちろん、キャッシングのご利用限度額を増額したり減額したりすることも可能です。

ひとつ注意しておきたい点があります。それは、ほとんどのクレジットカードのキャッシング枠はショッピング枠の一部に含まれているということです。つまり、クレジットカード全体のご利用限度額とはショッピング枠とキャッシング枠を合わせた金額になっているもので、ショッピング枠とは別になっているというわけではありません。そのため、ショッピング枠のご利用が多くなれば、その分キャッシングのご利用額が下がることは十分あり得るということです。

キャッシング枠の確認方法

クレジットカードのキャッシングをはじめてご利用になる場合、ご利用が可能かどうか、また限度額についても確認をしましょう。クレジットカードのご利用明細を郵送で受け取っている場合は、明細書にキャッシング枠のご利用限度額が記載されているのが一般的です。郵送によるご利用明細ではなくペーパーレスにしているなら、会員用のWebサイトで確認してみましょう。また、いずれの方法でも確認できない場合や不明瞭なときには、契約しているクレジットカード裏面に記載されているカードデスクでオペレーターに問合せるという方法もあります。

キャッシング枠の利用方法

キャッシング枠の利用方法

キャッシング枠をご利用の場合、提携ATMからの引き出しとインターネットまたは電話から申請を行う3つの利用方法が主です。提携ATMとは銀行などの金融機関やコンビニエンスなどに設置されているもので、外出先からすぐに引き出すことができます。実際の操作方法はATMによってやや異なりますが、ご利用中のクレジットカードをATMに挿入して暗証番号を押し、ご利用限度額内で任意の金額を設定するという流れが基本的な方法です。提携ATMなら、メンテナンス時間など対応時間外を除いていつでも必要なときにご利用ができます。ただし、提携がないATMではご利用はできないため、あらかじめ確認しておきましょう。

キャッシング枠を提携ATMから現金として引き出す以外に、ご自分の銀行口座に直接振込みを依頼することも可能です。振込口座はクレジットカードのお支払いやご返済にご利用している振替口座が対象になることが多いですが、個別指定が可能な場合もあるので確認したほうがいいかもしれません。銀行口座への直接振込みはWebサイトからもできますし電話からも対応してもらえます。ただし、実際の方法はクレジットカード会社ごとに異なりますから、ご利用前に確認するといいでしょう。銀行口座に直接振込んでもらうと、公共料金の引落しなど残高に不足がある場合に補てんすることができます。また、ほとんどのクレジットカード会社では、金融機関の対応時間内であれば即日での振込が可能です。

キャッシング枠の返済方法

キャッシング枠でお借入れする際、一括払いまたはリボ払いなど任意のご返済方法を選択します。クレジットカードのキャッシング枠のご返済は、通常はショッピング利用のお支払い方法と同じです。例えば口座振替であれば、ショッピング利用と一緒に振替口座から引落しされます。このとき注意しておきたいのが実質年利です。ショッピング枠を同じリボ払いにしている場合でも、キャッシング枠にも同じ年利が適用されるわけではありません。キャッシング枠をご利用するときのほうが実質年利は高くなります。

また、キャッシングは借りている期間が長期に及ぶほどそれだけ多くの利息が発生します。つまり、完済までの期間が長引くほどご返済額がふくらんでいくことになるため、できれば繰上げ返済などを利用して利息を抑えることも重要です。ただし、ショッピング利用がある場合、クレジットカード会社によってはキャッシングのみの繰上げ返済や一括返済には対応していない場合もあります。そのような場合には、可能であればリボ払いの設定金額を多めに変更するなどの工夫をしてみるのもいいでしょう。

キャッシング枠の変更方法

キャッシング枠は必要に応じて変更することも可能です。ここでは、クレジットカードのキャッシング枠の変更方法について説明していきます。

増額したい場合

キャッシング枠のご利用限度額を増やすことは可能ですが、実際にはクレジットカード会社と増額したい金額に応じて方法は異なります。あまり大きな増額でない場合には、Webサイトからの申請で可能な場合がほとんどです。または、クレジットカード会社によっては「優良顧客」と認めた顧客に向けてキャッシング枠の増額を提案する場合もあります。ご利用を予定しているときは応じておくのもよいでしょう。

クレジットカード会社が優良と認める顧客は、ご返済に遅延がないなど信用状況がよいことが条件になります。しかし、増額したい額が上がっていくほどWebサイトでの簡単な申請では難しくなるのが一般的です。カードデスクに電話するなど、直接オペレーターとのやりとりを通して依頼することも多くなります。また、50万円を超えるような場合には収入証明書の提出を求めるクレジットカード会社もあります。しかし、キャッシング枠のご利用限度額の増額には注意が必要です。万が一クレジットカードを紛失したり盗難に遭ったりしたときのリスクも考えて決めましょう。

減額したい場合

キャッシング枠のご利用限度額は減額することも可能です。ただし、減額方法はクレジットカード会社によって細かい条件や申請方法が異なるため確認したほうがよいでしょう。一般的には会員専用のWebサイトか、クレジットカード裏面に記載されているカードデスクへの電話で申請が可能です。会員専用のWebサイトの場合、自分で希望する額で減額できる場合もありますが、減額可能な額や最低利用可能限度額が決まっている場合も多いので注意しましょう。減額可能な額は10万円単位にしていることが多いですが、キャッシング枠のみ5万円単位での減額を可能にしているクレジットカード会社もあります。また、ご返済に遅延などが見られるとクレジットカード会社の判断で減額されることもあるため、無理のない範囲内で計画的にご利用することが重要です。

0にしたい場合

キャッシング枠のご利用をしたくないという場合には、新規申込みの時点でキャッシング枠の付帯を希望しないこともできます。もしくはご利用限度額の設定を「0」にしておきましょう。あとからご利用の可能性も出てくる場合には「0」設定にしておくと増額するだけでご利用は可能です。しかし、すでに保有しているクレジットカードのキャッシング枠を「0」にするには申請する必要があります。申請方法は増額する際と同様、クレジットカード裏面に記載されているカードデスクに問合せてみましょう。また、会員専用のWebサイトから「0」設定が可能な場合もあります。

キャッシング枠のメリット

キャッシング枠のメリット

クレジットカードのキャッシング枠にはさまざまなメリットがあります。ここでは、具体的にはどのようなメリットがあるのか説明していきます。

すぐにお金が借りられる

クレジットカードのキャッシング枠でもっともメリットとして感じられるのは、スピーディーなお借入れが可能なことです。保有しているクレジットカードにキャッシング枠が付帯しているだけで、提携ATMや金融機関の対応時間内であればいつでもご利用することができます。現金を引き出すために新たな手続きをとることも必要ありません。また、使い道が自由なため、わずらわしい書類なども必要なく手軽な利用が可能です。

ご利用方法も簡単で、提携ATMの場合は前述したようにクレジットカードを挿入し、暗証番号を入力するだけで手続きが完了します。あとはご希望額を入力して現金を引き出すだけです。パソコンやスマートフォンからの申請が可能なクレジットカードであれば、銀行口座に直接入金してもらうこともできます。提携ATMから現金を引出す場合の所要時間はおよそ2〜3分程度です。また、銀行口座に入金してもらう場合は金融機関の対応時間内であれば即日での対応ができ、急な出費にもご利用できます。

海外でもお金が借りられる

海外旅行の際、渡航先で現金が不足してしまうということもあります。クレジットカードの利用ができない場所でメリットが高いのが、海外でもキャッシングできるクレジットカードです。ただし、海外キャッシングのご利用には、渡航前にクレジットカード会社に届け出る必要があるので注意しましょう。また、すべてのクレジットカードが対応しているわけではないため確認が必要です。しかし、利用可能なクレジットカードであれば現地のATMから現金を引き出すことができ、安心して旅行ができます。もちろん、海外でキャッシングをする場合にはATMから現地の通貨が引き出せますから両替の手間もかかりません。

キャッシング枠のデメリット

キャッシング枠はメリットが多い反面、デメリットもいくつかあります。ここでは、どのような点がデメリットとしてあげられるのか説明していきます。

ショッピング枠が圧迫される

前述したように、クレジットカードのキャッシング枠はショッピング枠も含めたご利用限度額全体の中に含まれているものです。そのため、キャッシング枠のご利用が多くなれば、その分ショッピングにご利用できる限度額が圧迫されるというデメリットがあります。このことを知らずにキャッシング枠のご利用限度額を全部使い切ってしまった場合、その分ショッピングのご利用が制限されるので注意しましょう。たとえば、ショッピング枠のご利用限度額が50万円でキャッシング枠のご利用限度額が30万円だった場合、キャッシングで30万円までお借入れするとショッピングのご利用は20万円までに制限される可能性が出てきます。このように、クレジットカードの場合は、それぞれにご利用限度額が設定されていても全体のバランスを考えながらご利用することがポイントです。

金利が高い

キャッシング枠のデメリットには金利の高さもあげられます。実際には、キャッシング枠のご利用限度額やクレジットカード会社によって金利は異なりますが、一般的に設定されている年利は15〜18%です。年利に幅があるのはキャッシングのご利用限度額に応じて変動するためで、100万円未満であれば年利18%が適用されることがほとんどと考えてよいでしょう。クレジットカードに付帯できるキャッシング枠の金利は高く設定されがちですが、これは法律で定められている範囲内です。法律で定められている年利は15〜20%までで、100万円以上のお借入れは15%、100万円未満のお借入れは18%、10万円未満のお借入れなら20%の上限があります。法律で定められている上限金利で設定されていることになります。

キャッシング枠を利用する前にその他の借入サービスも検討しよう

クレジットカードのキャッシング枠は、海外など慣れない場所で突然現金が必要になったときなどには便利です。しかし、金利が高いケースが多いことやショッピング枠が圧迫されるなどのデメリットがあります。短期的に現金が必要になった場合には、ショッピング利用に影響しない別のサービスを検討するのもいいでしょう。たとえば、消費者金融会社や金融機関のキャッシング・カードローンのご利用もひとつの手段です。キャッシング枠に比べると金利が低い場合もあり、お利息を抑えることも可能でしょう。しかも、キャッシング枠のご利用よりも手数料を抑えられる場合もあります。ご利用方法についてもキャッシング枠とほとんど変わりません。スマートフォンのアプリやパソコンから操作できることが多く、銀行口座への振込や提携ATMからの引き出しも可能です。

キャッシング枠を理解して賢く使いこなそう

キャッシング枠を理解して賢く使いこなそう

キャッシング枠はクレジットカードに付帯できる便利で手軽なサービスです。ご利用するにはメリットもデメリットもあるので、あらかじめ把握しておきましょう。しかし、金利やショッピング利用の影響を考慮したお借入れを考えるならプロミスを検討するという方法もあります。プロミスはスマートフォンのアプリだけで、お申込みからお借入れまで完結することができます。使い道も自由で、お客さまのご都合に合ったご利用が可能です。

前の投稿カードローンのリボ払いとは何か?利用するメリットや注意点も解説

海外旅行で便利!海外キャッシング利用方法とメリットを解説次の投稿