ローンとは?種類や選び方、クレジットやキャッシングとの違いも解説

基礎知識

ローンとは?種類や選び方、クレジットやキャッシングとの違いも解説

カードローンや住宅ローンなど、個人向けの金融商品には「◯◯ローン」という名前がたくさんあります。そもそもローンとは、どのようなものなのでしょうか。
ここでは、ローンの特徴や選び方のほか、さまざまな種類のローンのメリット・デメリットを紹介。また、ローンのほか、金融関連でよく見聞きするクレジットやキャッシングとの違いについても解説します。

目次

ローンとはお金を借りることを意味する金融取引のこと

ローンは、貸付金や貸付、お金を貸すことなどを意味する英語の「loan」が由来です。日本語では借りる側の視点で、「お金を借りるための取引」という意味で使われています。
金融機関や貸金業などの個人向け融資サービスでは、お金を借りる目的ごとに、例えば「住宅ローン」や「自動車ローン」などの名称で「ローン」が使われています。また、お金を借りる目的を問わず、発行されるカードなどを利用して個人が融資を受けることができるサービスが「カードローン」です。

ローンの特徴

ローンの特徴

ローンは困ったときでも審査に通れば利用でき、返済をする際は、無理のない範囲で毎月少しずつ行えます。そして、借入金や金利によって利息が発生します。ローンの特徴について、詳しく見てみましょう。

困ったときでも審査に通れば利用できる

家や車など高価な物を購入するときや、何かの支払いでまとまったお金が必要な場合は、手持ちのお金だけでは足りないことがあります。そんなときにローンを利用すれば、お金を借りて家や車を購入したり、急な出費に対する支払いを済ませたりすることができます。
なお、ローンを利用するには、基本的にローンを提供する会社が行う審査に通る必要があり、申込から実際に融資が行われるまでのスピードは、ローン提供会社によって異なります。
例えば、プロミスなどのカードローンは、融資スピードが早くて利便性が高く、急いでお金を借りたい場合に便利です。

返済は少しずつ行える

ローンを利用して借りたお金は、毎月少しずつ返済することになります。そのため、審査によって設定される借入可能な金額は、無理なく返済できると金融機関が判断した範囲までです。
過剰な借入を防いで利用者を守るために、借入金額の上限については貸金業法や銀行の内部ルールなどで規定があります。

借りたお金には利息が発生する

ローンを利用して借りたお金は、借りているあいだ「利用料」にあたる利息が発生します。返済の際は、借りた金額(元本)に利息を上乗せして支払うことになります。
なお、利息がいくらになるかは借入金額と金利、返済期間によって決まります。金利は「年利(1年あたりの利率)◯%」という形で決められているのが一般的です。

個人が利用できるローンの種類

個人が利用できるローンの種類

個人が利用できるローンには、借りたお金の用途が限定されているものと、限定されていないものに大きく分けられます。続いては、それぞれの代表的なローンについて、メリット・デメリットとあわせて紹介していきましょう。

カードローン

カードローンは貸金業者や金融機関が提供している個人向けの融資サービスです。提供元によって、大きく銀行系、信販・クレジット会社系、消費者金融系の3つの系統があります。
借入金を申込む際、使い道が限定されないため、借りたお金は自由に使うことができます。

<メリット>

  • ・基本的に担保や保証人は不要
  • ・借入限度額の範囲内なら、いつでも好きなタイミングで何度でも借入ができる
  • ・消費者金融系のカードローンは融資スピードが非常に早く、最短で60分~数時間での融資が可能

<デメリット>

  • ・目的別融資などと比較した場合、金利がやや高め

消費者金融系カードローンの中でもプロミスは、最短30分で審査完了、最短60分で融資可能と、借入までに時間がかからないのが特徴です。申込、借入、返済はすべてWebで完結できるので、自動契約機やATMのある場所を訪れる必要もありません。
金利も最高で17.8%と、消費者金融系カードローンの中では低め。初めて利用する人は30日間利息が無料になりますので、安心してご利用いただけます。

フリーローン

フリーローンは、主に銀行などの金融機関が提供している、借入金の使い道を限定しないローンのことです。

<メリット>

  • ・カードローンと比較すると金利がやや低め
  • ・同じ金融機関から住宅ローンを借りているといった条件を満たせば、金利が下がる場合がある

<デメリット>

  • ・原則1回のみで、追加借入ができない(追加で借入したい場合は、再び審査を受ける必要がある)

住宅ローン

住宅ローンは主に金融機関が提供していて、住宅を購入、または改築・増築するための費用を貸付けるサービスです。マイホームであれば、新築・中古のどちらでも利用できます。対象の住宅が担保になります。

<メリット>

  • ・フリーローンなどに比べて金利が低い
  • ・35年や50年などの長期ローンが可能

<デメリット>

  • ・住宅に居住することが原則なので、マイホームしか契約できない(人に貸すための物件には使えない)
  • ・安定した年収がある、返済が終わる年齢が高齢すぎるなどの無理がないなど、利用条件はカードローンなどより厳しめ

自動車ローン

自動車ローンは金融機関や信販会社、自動車販売店などが提供している、車を購入するための費用を貸付けるサービスです。新車・中古車のどちらでも利用できます。

<メリット>

  • ・フリーローンなどに比べて金利が低いものが多い

<デメリット>

  • ・信販会社・自動車販売店のローンの場合は、ローン完済まで車の所有名義が自分の物にならない
  • ・車を売る場合、残りのローンを一括返済する必要がある

教育ローン

教育ローンは大学の授業料など、教育のための費用を貸付けるサービスです。国が運営しているものと金融機関が運営しているものがあります。

<メリット>

  • ・フリーローンなどに比べて金利が低い
  • ・進学に関するものであれば、広く対象として認められる傾向がある

<デメリット>

  • ・国の教育ローン申込には世帯の収入条件がある
  • ・奨学金と違い、在学中も利息が発生する

個人向けローンについてはこちらの記事もご覧ください。
個人向け融資を受けたいけど審査が不安!カードローンなら通るかも?

ローンを選ぶ際のポイント

ローンを選ぶポイントは、「目的に合ったものを選ぶこと」です。何度か借入する可能性がある場合や急いで借入をしたい場合は、カードローンが向いています。
カードローンは融資までのスピードが早く、好きなときに自由に借入が可能です。特に、緊急時など融資スピードを重視するなら、最短30分で審査、60分で融資が可能なプロミスをおすすめします。

一方、基本的に金利は、用途自由のローンより用途が限定されたローンのほうが低めなので、住宅ローンや自動車ローンなど、目的に合った専用のローンがあるならそちらを選ぶといいでしょう。

ローンとクレジット、キャッシングの違い

ローンとクレジット、キャッシングの違い

ローンと似たような言葉として「クレジット」や「キャッシング」がありますが、これら2つとローンには次のような違いがあります。

  • ・ローン

    ローンは「お金を借りるための取引」のことで、個人向けの融資サービスの名称になっています。家や車の購入費や結婚式などのイベント、出産、子供の大学の授業料などは、まとまったお金が必要となり、貯蓄だけではまかなえない場合に利用することが可能です。
    必要な分のお金を借りて必要なものの購入や支払いにあて、借りたお金は後から少しずつ返済します。

  • ・クレジット

    クレジットは、商品の購入やサービスの提供を受けるための後払いの支払手段を指します。そして、クレジットカードとは、カード保有者の信用によって後払いで決済できるカードのことです。クレジットカードで決済すると、まずクレジットカード会社から店舗に立替払いがなされ、後でクレジットカード会社から利用者に利用金額が請求されます。
    利用金額の支払方法は、「翌月にまとめて支払う」「月々一定額を支払う」など、いくつかあります。

  • ・キャッシング

    キャッシングは、現金を借りられるサービスの総称です。ローンやクレジットカード付帯のキャッシングサービスは、現金を借りることなのでキャッシングの一種となります。
    ただし、クレジットカードでの決済は後払いの手段なので、キャッシングには含まれません。

ローンを利用する際は返済計画を立てよう

ローンを利用する際は返済計画を立てよう

ローンを利用する際に大切なのは、たとえ審査に通ったとしても必要以上の借入はせず、無理なく返済できる範囲の借入金額にしておくことです。
ローンの返済が滞る主な原因は、返済能力以上の借入をしてしまうこと。申込の前にしっかりと無理なく返済できるかシミュレーションを行い、毎月の返済額や返済回数、完済までの期間などを確認しておけば、安心してローンを利用できます。

返済計画の立て方

返済計画を立てるには、多くのローン提供会社が提供している返済シミュレーターを使うのが便利です。具体的には、下記のような手順になります。

<返済シミュレーターの操作手順>

  • 1. ひと月の収支状態を点検して、毎月返済に回せる額を確認する
  • 2. 借入金利(実質年利)が何%になるのか確認する
  • 3. Web上の返済シミュレーターに借入希望額、想定返済期間、借入金利を入力して、シミュレーションを行う

例えば、月々返済に回せる額が3万円で、借入金利が17.8%、借入希望額が30万円、1年以内に返済したいとします。これでシミュレーションを行うと、月々の返済金額は2万7,475円となるので、30万円の借入をしても問題なさそうだと判断できます。

なお、プロミスでは、上記のような月々の返済金額がわかる「ご返済金額シミュレーション」のほか、返済期間の代わりに毎月の返済額を指定して、返済までにどれぐらいかかるかがわかる「ご返済期間シミュレーション」を利用できます。

さまざまなシミュレーションができる返済シミュレーションについてはこちらもご覧ください。
ご返済シミュレーション(借入返済)|プロミス

ローンを上手に利用することで、生活のクオリティが上がる

ローンとは「お金を借りるための取引」というと少し身構えてしまいますが、家や車、子供の進学費用など、貯蓄だけでは足りないけれど必要な支払いをするためになくてはならないものであり、誰にとっても身近なものです。上手に利用することで、生活のクオリティを上げてくれるものでもあります。中でも、急な出費にも対応できるカードローンは、いざというときに役立つ頼もしい味方となるでしょう。
事前にしっかり返済のシミュレーションを行い、無理のない返済計画を立てておけばとても便利に利用できますので、ぜひ活用してみてください。

前の投稿無職でもお金を借りることは可能?アルバイト・パートなら大丈夫?

クレジットカードの支払いを待ってもらうには?対処法を解説します次の投稿

プロミスへのはじめての
お申込みはこちら

Webでのお申込なら来店不要最短1時間融資も可能! Webでのお申込なら来店不要最短1時間融資も可能!

Webでご契約まで可能!

※最短15秒で事前審査結果をご確認いただいた後、
本審査が必要となます。

※スマートフォンから「少ない入力項目で最短15秒回答」のお申込みが9:00~21:00の間に可能です。
お申込みいただく場合、最短15秒で事前審査の結果をご確認いただいた後、
本審査が必要となります。また、新規契約時点でのご融資上限は50万円までとなります。