借入れの時に理由って聞かれる?審査への影響と言わない方がいい借入れ理由

お申込みのあれこれ

借入れの時に理由って聞かれる?審査への影響と言わない方がいい借入れ理由

長い人生の間には、どうしてもお金が足りなくなるシーンが出てくるものです。場合によっては、銀行や消費者金融からお借入れを検討することもあるでしょう。お借入れするときには理由がいるのか、またその理由は審査に影響するのか気になるところです。この記事では、お借入れの理由に関して一般的にいわれていることについてまとめ、詳しく解説します。

目次

カードローンの用途は原則自由

カードローンの用途は原則自由

カードローンの商品説明などの記載には、用途について「原則自由」や「生計費に限る」と書いてあることが多いです。生計費は、自分が生活していくうえで必要な買い物や水道光熱費などに使うお金のことです。生活費と同じ意味で、日常生活にかかわる出費であれば何に使っても問題ありません。これに対して、事業費としての利用については禁止または制限があることを明記しています。また、ギャンブルや投資、他社への返済を利用目的としての申告は審査には通らない原因になります。多額のお借入れになりやすく、返済できなくなるリスクがあるからです。

それでもカードを作る時に理由は質問されることも

それでもカードを作る時に理由は質問されることも

カードローンをお申込みすると、電話で本人確認がおこなわれます。そのとき、本人情報や勤務情報などとともにカードの利用目的を聞かれることがあります。用途は原則自由なはずなのに、なぜお借入れの理由を聞くのでしょうか。1つは、お申込みする人が本当にご返済できる人物であるのか、あるいはご返済の見込みのある利用ができるのかを判断するためです。原則自由と書いてあっても、あくまで常識的な範囲での使いみちを想定しています。それを理解せずに、お借入れに不適当な利用目的を申告する人への融資は難しくなります。 

もう1つは、お借入れ目的に事件性がないかを確かめるためです。詐欺や脅迫などの被害に遭って、お金を借りるためにやむを得ず消費者金融を頼る場合があります。そのような事件性のあるお借入れのときには、お申込みの理由が不自然なものであったり、話しぶりに違和感があったりするものです。ほかにも、名義貸しなどの金銭トラブルにつながる事例もあり、お借入れ理由を聞くことが不正利用の手がかりにつながるケースもあります。

借入れ理由はどのように調査しているの?

借入れ理由はどのように調査しているの?

カードローンのような用途は原則自由であるお借入れの場合、その理由が本当かどうかを金融機関側が積極的に調査しているわけではありません。どこからが不正なお借入れ理由とするかの線引きも難しく、利用者一人ひとりのお金の使いみちをチェックするとなると相当なコストがかかってしまいます。 

ただし、他社のお借入れをご返済するのが本当の理由で、別の理由をこじつけてお申込みをした場合には、金融機関にそのことを察知されることがあります。どうして他社にお借入れがあるとわかってしまうのか、その仕組みについて次に解説します。

他社の借入れや延滞は信用情報で知られる

他社からのお借入れや支払状況は信用情報機関の管理する信用情報に残ります。カードローンの審査の際、これらの信用情報は必ずチェックされます。他社で限度額いっぱいまでお借入れがあるのが判明すると、お借入れ理由として別のことを申告しても「返済が間に合っていないのだろう」と推測できてしまいます。このような場合、審査に通らない可能性が高いです。お申込みした人にこれ以上のお借入れをさせてしまうと、多重債務を抱えるおそれがあるからです。

また、電話による本人確認のときに、今までにお支払いが遅れたことがないか聞かれることがあります。「ある」と答えると審査に不利になる気がして嘘をついてしまうかもしれません。しかし、もし不利になるとしても延滞については正直に話したほうが無難です。なぜなら、直近の支払状況は信用情報機関に照会すればわかるからです。1つ嘘をつくと、ほかにも嘘があるのではないかと疑う余地を作り出しますし、信用も失いかねません。他社のお借入れや延滞については、嘘をついても金融機関が事実を確認できてしまうことをよく理解してお申込みをおこなうようにしてください。

信用情報とは

信用情報とは、金融機関とのお取引の際に信用情報機関に記録される情報のことです。信用情報の中身は多岐にわたります。クレジットカードやカードローンのお申込みや利用によって信用情報が随時記録され、信用情報機関に一定期間保管される仕組みです。債務整理などの重大な情報も信用情報機関に記録されます。

「借入れ理由」以外の審査に通らない要因

「借入れ理由」以外の審査に通らない要因

これまで説明してきたように、お借入れ理由が主な原因で審査に通らないケースは十分考えられます。では、お借入れ理由以外にも審査に通らない要因はあるのでしょうか。実際は、お借入れ理由のみで審査を通すか通さないかが決まることは少ないです。ほかの要素も含めて、総合的に判断がなされています。カードローンの審査において、一般的に審査に通らなくなる要因といわれているものがいくつかあります。代表的なのは、長期の延滞、お借入れ希望額、お申込みする人自身の返済能力です。これらの要因について詳しく説明します。

過去長期間支払いが遅れたことがある

カードローンは、担保や保証人なしでお借入れができる金融サービスです。そのため、利用者自身の信用だけを重視して融資をおこなっています。そのため、長期にわたる延滞は重く見られ、審査に通らない可能性が高まってしまいます。

支払状況は重要な信用情報として、金融機関同士が信用情報機関を通じて共有し随時更新されています。審査で不利にならないよう、長期間の支払いの遅れがないように注意してください。

借入れ希望額が大きすぎる

消費者金融をはじめとした貸金業者は、貸金業法を遵守して営業をおこなっています。同法の定めによって、貸金業者の貸付けは契約者本人の年収の3分の1を超えないようにしなければなりません。自社の貸付分だけでなく他社分との合算です。これを「総量規制」といいます。お借入れ希望額が高すぎると、この総量規制の範囲を超えてしまう場合があります。クレジットカードのキャッシング枠も総量規制の適用対象ですから注意してださい。

銀行は貸金業法の適用外なので、目的ローンや銀行系カードローンに総量規制は直接的な影響はありませんが、信用情報機関のネットワークを通じて金融機関はお互いにいくら貸付けをおこなっているかを把握できます。総量規制に該当したり、すでに多額のお借入れがなされたりしている場合には審査に影響がある可能性が高いです。

返済能力

お申込みの理由に特に問題がなく、今まで一度も支払いが遅れたことのない人が審査に通らなかった場合、どのような原因が考えられるでしょうか。お借入れ希望額もそれほど大きくなかったのなら、返済能力で判断された可能性があります。一般的に「収入が安定していない=返済能力が低い」と判定されて審査に通らない可能性が高いといわれています。「継続的に安定した収入があること」はカードローン会社が重視する条件の1つで、返済能力の要素として重要です。

返済能力は、信用力などの収入以外の要素も含めてはかられるのですが、これにはスコアリングという手法を用います。年齢や年収、勤続年数といった「属性」と信用情報機関に照会することで得られる「信用情報」を、コンピュータによって点数化するものです。スコアリングはクレジットカードやカードローンの審査で広く採用されていて、お申込みした人自身の返済能力をできるだけ正確に、そして速く判定するのに役立っています。

カードローン利用者に多い借入理由

カードローンを利用する人たちが、どのような理由でお借入れをしているのか気になりますよね。お借入れ理由は人それぞれに複数ありますが、共通して多い理由を紹介しましょう。基本的には、まとまった現金が必要な場合にカードローンを利用する人が多く、その理由としては、急な入院や冠婚葬祭が高い割合を占めています。ほかには、現金払いしかできないショッピングをする場合です。買い物のほとんどをクレジットカード払いにする人のなかには、現金をあまり持ち歩かない人もいるためです。

また、カードローンはお借入残高で支払額が変動する「残高スライド元利定額返済方式」で支払いができます。そのため、クレジットカードのリボ払いや分割払いより好んで利用する人も一定の割合でいるようです。クレジットカードなどのお支払いや他社ローンのおまとめをする目的で、カードローンを新規契約する場合もあります。

目的型のローンとは

カードローンの多くは「用途は原則自由」で、使用目的が決められていません。その一方で、「目的型のローン」という使いみちが決まっている金融商品も存在します。用途が自由なほうが使い勝手がいいはずなのに、なぜ目的型のローンが用意されているのでしょうか。どのようなものか気になりますよね。わざわざ別の種類として目的型ローンがあるということは、何か利用するメリットがありそうです。以下の項では、目的型ローンについて解説します。

目的型ローンとは何か?目的型ローンの種類

目的型ローンには、多くの種類があります。教育や住宅リフォーム、ブライダル、自己啓発、旅行の資金などに、それぞれ利用できます。「目的型」と名の付くとおり、お借入の用途が決められているのが最大の特徴です。教育ローン、ペットローン、トラベルローン、住宅ローンなど、そのまま「目的+ローン」という名称になっていてわかりやすいですね、お借入れしたお金をほかの用途に回すつもりがない場合は、目的別ローンを利用するのをおすすめします。もちろん、使途が自由なカードローンでお借入れしても、ここに挙げた目的に使うことはできますが、目的型ローンを利用するのはメリットが大きいからです。

目的型ローンのメリット

目的型ローンは、用途が決められているかわりに金利が安く設定されています。金利が低く利息支払いが少ないため、利用目的が明確なら目的型ローンを利用するのがよいでしょう。しかし、金利が低いというメリットがある反面、審査が厳しくおこなわれるので契約までに時間がかかります。

フリーローンとは?カードローンとは違うの?

目的型ローンとは別に、使いみちが自由なフリーローンというものもあります。用途自由なのはカードローンもフリーローンも同じで、どちらも個人向けサービスですが、いくつか違いがあります。カードローンを取り扱っているのは銀行や消費者金融、クレジットカード会社などです。一方、フリーローンは事業や投資目的以外なら自由に使えるローンで、おもに銀行が取り扱っています。

2つのローンの大きな違いはお借入回数です。カードローンがお借入限度額の範囲内であれば回数に制限なくお借入れできるのに対し、フリーローンでは1回のご利用でお借入れできるのは1度だけです。金利はフリーローンのほうが低めに設定されていることが多いので、何度もお借入れする予定がない人にはフリーローンをおすすめします。

カードローンなら基本的に借入れ理由は自由

カードローンは基本的にお借入れ理由が問われず、自由に使うことができるローンです。ご利用可能額の範囲内であれば何度でもお借入れできるため、急な出費が重なったときにも対応できます。カードローンは便利に使える一方で金利が高めに設定されているので、使い方があらかじめ決まっているなら目的型ローンやフリーローンのほうが得をする場合もあります。自分の目的に応じて、ご利用されるローンを賢く選んでください。

前の投稿一般的なマスターカードのキャッシング枠って?使い方や限度額について

海外キャッシングのレートはどうやって決まる?次の投稿