カードローンの審査はどれくらい時間がかかるの?早くお金を借りるには?

お申込みのあれこれ

カードローンの審査はどれくらい時間がかかるの?早くお金を借りるには?

お金がすぐに必要な場面でカードローンに申込む場合、審査期間はとても気になるものでしょう。そうした不安を解消するためには、カードローンの審査に関して正しい知識も持つことが大切です。今回は、カードローン会社の種類による審査期間の違いや審査の流れ、そして審査を早く済ませるためのコツなどの一般的な情報をまとめて紹介します。

目次

注意!「即日審査」と「即日融資」は別

注意!「即日審査」と「即日融資」は別

カードローンでなるべく早く借入れをしたい場合、「即日審査」「即日融資」といったサービスを選択する人も多いです。しかし、即日審査と即日融資には大きな違いがあるため、注意が必要になります。即日審査とは、申込みをした当日に審査が終わることを指し、即日融資は当日中に借入れも可能です。即日審査では、申込みを行った日のうちに、借入れが可能かどうかの回答を受けることができます。ただし、実際に借入れを行えるタイミングが翌日以降になるケースもあるのです。その理由には、「銀行窓口の営業時間が過ぎているために振込みができない」「ローンカードが郵送されるまで借入れができない」といったものがあります。つまり、審査を通過してはいても、実際に借入れをするための方法がないために、即日融資ができないわけです。

即日融資を行っているカードローンの場合、自動契約機などでローンカードを発行しているため、郵送を待つ必要がありません。銀行の営業時間が過ぎていても、ローンカードさえあればATMでキャッシングが可能になります。そのため、すぐに借入れを行いたい場合には、即日審査よりも即日融資が可能なカードローンに申込むほうが良いでしょう。

カードローンの審査が早い金融機関は?どれくらい時間がかかる?

カードローンの審査が早い金融機関は?どれくらい時間がかかる?

カードローンの審査期間は、金融機関によって異なります。そのため、少しでも早く借入れをしたい場合には、審査期間が短いカードローン会社を選択することが大切です。ここからは、金融機関のタイプごとの審査時間について解説します。

消費者金融は条件が揃えば即日融資が可能

大手の消費者金融系のカードローンは、比較的審査が早いです。審査の工程として、まず仮審査が行われ、それを通過すると本審査に進む仕組みがあるからです。仮審査では、申込者の申告した内容をもとに融資の可否を判断します。そのため、仮審査自体はほとんど時間がかからないため、条件を満たしてさえいれば、すぐに本審査に進みます。本審査では、申込者の職場に電話をかける在籍確認やクレジットカードやカードローンなどの信用情報のチェックが行われるのです。

そして、本審査を通れば借入れができます。大手の消費者金融系は審査時間の短縮を重視しているため、即日融資が可能なことも多いです。ただし、過去の信用情報に問題がある場合は審査に時間がかかったり、審査に通らなかったりします。また、申込みがWebで完結するプロミスなどは審査が早い傾向にあります。消費者金融系のカードローンの審査が早いのは、自社のみで審査を行っているためです。

たとえば銀行系カードローンの場合、信用保証会社の審査も受けなければいけないため、どうしても審査に時間がかかります。さらに、消費者金融系カードローンは特別な事情がある場合、職場への電話連絡を省略して、健康保険証などの書類から在籍確認を行ってもらえる可能性もあります。ただし、消費者金融系カードローンは会社ごとに審査基準が異なる点には注意が必要です。もし、ひとつの会社で審査に通らなかったとしても、別の会社でなら審査が通る可能性もあります。一度審査を通過しなかったとしても、ほかのカードローンからも借入れができないとは限りません。しばらく時間をおいてから、別の会社に申込んでみることも検討してみましょう。

銀行系カードローンは翌日以降

銀行系カードローンは、消費者金融系と異なり、貸金業法における「総量規制」の対象外になっています。法律によって貸付金額の規制がないため、総量規制による上限である年収3分の1を超えた借入れができる可能性はあります。ただし、各金融機関が独自に貸付金額の上限や審査基準を設けているため、消費者金融系カードローンよりも審査に時間がかかることが多いです。時間的な余裕を持って、申込みを行うようにしましょう。

一般的に、審査が翌日以降になるため、即日融資を受けることはできません。これは、銀行系カードローンについて、申込者の審査時に警察庁のデータベースへの照会が義務付けされているからです。警察庁のデータベースに照会するためには、最短でも1日以上の時間がかかるため、銀行系カードローンでは即日審査・即日融資への対応ができなくなっているのです。銀行系カードローンの場合、審査の基準や過程がある程度は統一されています。そのため、審査にかかる時間も銀行によって大きく異なることはありません。

信販系や地方銀行は遅い傾向

信販系カードローンとは、クレジットカードに付帯しているキャッシング機能です。信販系カードローンの場合、審査時間はクレジットカードを作る時間と同じになります。そのため、申込みから実際に借入れができるようになるまで、かなり長い時間がかかってしまうのです。ただし、すでにキャッシング機能付きのクレジットカードを保有しているなら、ATMなどからキャッシング枠の上限金額まですぐに借入れができます。地方銀行系のカードローンは、最短でも審査が翌日以降であり、1週間ほどかかるケースも少なくありません。さらに、地方銀行は土日祝日の営業・審査を行っていないため、土日祝日を挟んだ場合は審査期間が延びることになります。

審査の最終段階に行われる「在籍確認」とは?

審査の最終段階に行われる「在籍確認」とは?

カードローンに申込む際、「在籍確認」が気になる人もいるでしょう。在籍確認とは、申込者が提出書類に記載した勤務先に、本当に勤めているのかを確認する工程です。勤務先への確認を行うのは、申請内容に虚偽がないかをチェックするのと同時に、「収入が安定しているか」「返済能力があるか」を見極める意味があります。基本的には勤務先に電話をかけることで確認を行いますが、それ以外の方法でも可能なカードローン会社もあります。

在籍確認はどのカードローンでも行われるものであるため、在籍確認が終わらない限り、審査が完了することはありません。そのため、勤務先の企業が営業していない日に申込みを行うと、在籍確認ができないために審査が止まってしまう場合があります。そのため、審査のタイミングと勤務先の営業日が合うように申込むことがスムーズに審査を通過するコツになるでしょう。

申込んでからお金を手にするまでのおおまかな流れ

申込んでからお金を手にするまでのおおまかな流れ

カードローンから早く借入れができるようになるためには、スムーズに申込みの手続きを進めることも大事です。ここからは、実際にカードローンの申込みをして、借入れを行うまでの流れを金融機関ごとに確認していきましょう。

銀行系カードローンの流れ

銀行系カードローンの場合、申込みは書面またはインターネットで行うことになります。申込みには、本人確認書類が必要であり、融資希望金額によっては収入証明書類の提出を求められることもあります。申込みを行うと、保証会社による仮審査が行われ、申込者の「属性」「信用情報」「他社からの借入情報」などから、総合的に審査をするのです。保証会社の審査が通過すると、続いて銀行での最終審査が実施されます。審査の一環として、電話による在籍確認があり、申込者に安定した収入があるかを確認されます。そして、全ての審査が通過すると、店頭もしくはインターネット上でカード契約を実施し、借入れができるようになるのです。

大手消費者金融カードローンの流れ

大手消費者金融系カードローンへの申込みは、インターネット上のWebサイト、または自動契約機などから行います。その際、本人確認書類の提出が求められ、場合によっては収入証明書も必要になります。申込みに対する審査は最短で30分であり、即日融資を受けられるケースもある点が特徴です。特定の銀行口座を開設する必要もないため、手続きが簡単に済みます。審査に通過すれば契約完了となり、インターネット振込や自動契約機でカードの発行を受ければ、ATMから借入れが可能です。

審査に通らないのはどんな場合?

カードローンは、申込みをすれば必ず借入れができるとは限りません。審査に通らないケースもあるため、「どのようなケースで借入れができないのか」を理解しておきたいところです。しかし、カードローン会社や銀行は審査の基準について明確に公表はしていません。ただし、審査が通らなくなる主な原因には「信用情報に問題がある」「総量規制の影響を受けてしまう」といったものがあります。

信用情報とは、過去の借入れ・返済に関するデータを指し、信用情報機関が保管しているものです。信用情報は全国の銀行や消費者金融などで共有されており、他社での借入れ・返済の記録も審査時にチェックされます。審査の際に、信用情報に長期間の返済遅延や自己破産や債務整理などの記録があると、審査に通るのが難しくなるのです。総量規制は、貸金業法によって定められた「年収3分の1を超える貸付をしてはいけない」という規定を指します。消費者金融系や信販系のカードローンは総量規制の対象になるため、申込時に記入した借入希望額が総量規制の上限を超えると、審査に通ることができません。銀行系カードローンは総量規制の対象外ですが、自主的な規則の基準によって、総量規制と同程度の借入れまでしか認めないケースもあります。

ほかの原因として、「収入が安定していない」というものもあります。たとえば、投資によって高収入を得ているような人は、収入こそ高いものの安定性の面で不利になるのです。また、無職でまったく収入がない場合には、審査が通りません。さらに、申込内容に虚偽があったりする場合も、審査が通らなくなります。

たとえば、少しでも審査に通る可能性を上げたいからといって、勤務先や収入について虚偽の内容を記載しても、在籍確認などを通じて真実を知られてしまいます。どのカードローンであっても、虚偽の内容を含む申込みを審査に通すことはありません。申込みを行う前に、審査に必要となる内容をきちんと申告しておきましょう。

審査を早く済ませるためにできることは?

審査を早く済ませたい場合は、まず申込むカードローンの選び方が重要です。一般的に、消費者金融系カードローンは審査が早いため、そちらに申込みを行うほうがよいでしょう。ただし、実際の審査期間は申込者によって異なります。少しでも審査の時間を短くするためには、「Webや自動契約機から申込むこと」「平日の午前中に申込むこと」「必要なものをあらかじめ用意しておくこと」などが重要です。

カードローンの申込みは郵送でも対応していますが、書類が届くまでに時間がかかります。電話や店頭での申込みの場合、営業時間という条件があるため、状況によっては審査が翌日になってしまう可能性があるのです。Webや自動契約機での申込みであれば、そうした制約が少なく、特にWeb申込みは24時間対応しており、移動の必要もないため手間が省けます。平日の午前中に申込むと、即日審査や即日融資の可能性が高くなります。カードローンの審査を行う保証会社にも営業時間があり、一般的に22時までしか審査を行っていません。それまでに申込みが完了すれば即日審査通過も可能ですが、土日や午後は申込みが混み合うため、希望通りに審査が進まないこともあるのです。平日の午前に申込みを済ませれば、早く審査結果を得られるようになります。

また、必要な書類をあらかじめ用意しておくと、申込みの手続きをスムーズに進められるため、審査が完了するまでの時間を短くできるでしょう。同時に、書類の不備などを防ぐこともできるため、事前の準備は大切です。

審査を早く終わらせることは可能!

カードローン契約までの流れや審査にかかる時間、審査を早く済ませるためのポイントについて理解できたでしょうか。選ぶカードローン会社や返済能力によって、審査のスピードが変わります。すぐにお金が必要なときには、正しい知識を活用することで、スムーズにカードローンの契約をすることができるでしょう。短期間で借入れをしたい場合には、今回の情報を参考にしてもらえれば幸いです。

前の投稿カードローンの保証会社って何のこと?なぜ消費者金融の名前があるの?

カードローンの審査に落ちた!落ちる原因と再審査までにとるべき対策次の投稿