カードローンの「残高」とは?借入状況を正確に把握するためのに必要なこと

意外と知らないベンリな使い方

カードローンの「残高」とは?借入状況を正確に把握するためのに必要なこと

カードローンは持っていると急な出費への備えができて便利なものですが、安心して使うためには計画的に利用することが重要です。必要以上にお借入れすることで返済に無理が出ないよう注意しましょう。計画的に利用するうえでこまめに把握しておきたいのが「残高」です。この記事では、カードローンの残高の確認方法や見方など一般的な情報をまとめて解説していきます。

目次

カードローンの利用残高/借入残高とは?

カードローンの利用残高/借入残高とは?

カードローンの「残高」とは、お借入総額から実際に返済した額を差し引いたもので、「利用残高」または「借入残高」といった表示がされているのが一般的です。では、「利用残高」や「借入残高」と表示されるものは実際何を指すのでしょうか。混同されやすい「利用限度額」との違いも交えて解説していきます。

「いま借りているお金」のこと!

利用残高とは、今現在お借入れしている額のことです。つまり、常に正しい利用残高を知っておくことで、返済計画が正しく進んでいるのかどうかを把握することができます。お借入れの額がどれくらいになっているのか、自分の頭の中でおおよその計算をしている人は多いかもしれません。しかし、実際の額と照合してみると違いが生じていることは多いものです。このようなズレが出てしまうと、必要なときにお借入れできないという事態に陥ることもあります。正しい利用残高を知ることで、返済予定が狂っている場合でも早めに把握できます。自分で計算するだけでなく、カードローン会社から提供される情報を必ず確認しましょう。

「利用限度額」との違い

カードローンにはどれにも「利用限度額」が設けられています。利用限度額とはカードローン会社からお借入れできる金額の上限を指すものです。ただし、誰もがCMや広告、ポスターなどでカードローン会社が提示している利用限度額で利用できるというわけではありません。実際には、申込者を審査したうえでその人に合った利用限度額が個別に設定されることになります。カードローン会社が広告などで表示している利用限度額とは、そのカードローンで提供できる最高限度額を意味しています。

例えば、「最高限度額800万円」と掲げている場合は、そのカードローンでもっともお借入れできる人の利用限度額が800万円ということです。利用限度額を決める条件のひとつに「総量規制」があります。総量規制とは貸金業法で定められている規制のひとつで、年収の3分の1を超える貸し付けを行ってはいけないとされています。審査の際、他社からのお借入れなどと照合したうえで総量規制を超えることがないか判断し、年収などさまざまな条件も加味して利用限度額を決めていくのです。

ですから、たとえ他社のお借入れがなく好ましい条件で審査が通った場合でも、利用限度額が年収の3分の1を超えて設定されることはありません。また、金利についても同じことがいえるので誤解のないようにしましょう。カードローン会社では最低利率と最高利率の両方が明記されているのが一般的です。利率は、個別の利用限度額が決定されてから最低利率と最高利率の範囲内で設定されます。

注意!クレジットカードの「利用可能残高」とは全く意味が違う

ここまでカードローンで良く使われている表示や言葉について説明してきましたが、クレジットカードにも混同しやすい言葉があります。クレジットカードの利用状況を確認する際、「利用可能残高」という言葉が使われています。クレジットカードで使われている利用可能残高とは、「利用が可能な残高があといくら残っているか」を示すものです。また、クレジットカードの場合、ショッピング利用だけでなくキャッシング利用についても利用可能残高で表示されます。カードローンで使われることの多い利用残高と似ていますが、「借りている額(利用残高)」と「利用できる額(利用可能残高)」では大きく意味が変わってしまいます。このふたつを混同しないように注意しましょう。

カードローンの残高を確認するには?

カードローンの残高を確認するには

カードローンの利用残高を確認するにはさまざまな方法があります。利用者の誰もがきちんと自分の利用残高を把握できるよう、確認方法を複数用意することで柔軟性を持たせているのです。どれが正しいということではなく、自分に合った方法で確認すれば問題ありません。では、どのような確認方法があるのか紹介していきます。

おおきく4つ方法がある

カードローンの利用残高を確認するには、大きく分けるとWebやアプリ、ATM、窓口、そして電話のよっつの方法があります。Webやアプリで確認するには、カードローン会社のWebサイトなどにある専用ページや用意されているアプリを利用します。IDとパスワード設定が必要な場合がありますが、いつでも気がついたときに確認できて費用は発生しません。ただし、通信費などは利用者の負担となります。スマートフォンのアプリであれば仕事の休憩時間など外出先でも確認しやすく、利用者が多い確認方法です。

ATMはカードローン会社のATMを利用する方法で、窓口など担当者と対面するのが苦手な人に向いています。返済のついでに確認できるため、毎回習慣にしておくとその都度利用残高を把握しておけます。窓口は、カードローン会社の窓口で直接確認を行う方法です。WebやATMの操作が苦手な人は直接窓口に聞いてみましょう。近くにカードローンの窓口がある場合には便利な確認方法です。そして、電話は専用の電話窓口にかけて確認する方法で、ATMや窓口になかなか行けない場合やWebを利用したくないときに向いています。ただし、窓口と電話は本人確認が必要になるので注意しましょう。カードローンの利用残高は重要な個人情報です。契約者本人であることを立証するため、身分証明書を用意するなど個人情報を正確に伝えなければなりません。

確認後そのまま返済できることも

カードローンの利用残高を確認するよっつの方法について説明してきましたが、その中でATMとWeb・アプリについてはそのまま返済を行うこともできます。Web・アプリを利用する場合はネットバンキングでの返済になるため、時間や場所に左右されないので便利です。利用残高を確認し、余裕がある場合には「随時返済」をしておけば早く返済を進めることができ、その分利息を抑えることもできるでしょう。

随時返済とは、約定返済以外の日に返済することです。随時返済は約定返済と違い、期日や金額の縛りはありません。そのため、いつでも自由に金額を決めて返済することが可能です。具体的な方法についてはカードローン会社によって異なりますが、随時返済が可能なカードローンを選ぶようにすると早めに返済を終わらせることもできます。随時返済は、ログインすればアプリでもできる場合が多いので利用してみましょう。アプリを活用することで返済のたびに利用残高を確認し、次回の返済予定を決めるなど計画的な利用も可能になります。

残高は信用情報に記録される!その影響は?

残高は信用情報に記録される!その影響は?

カードローンの利用があれば、利用残高をはじめ契約に関する情報のすべてが信用情報機関に個人の信用情報として記録されます。ただし、問題があるから記録されるというわけではありません。クレジットカードなども同じですが、利用があれば誰でも登録されるということです。記録しておけば、利用者がどのカードローン会社からどれくらいお借入れしているかを把握することができます。前述したように、カードローンのお借入れは貸金業法によって年収の3分の1を超えない額という総量規制が決められています。そのため、信用情報機関に記録された情報をもとに、総量規制を超えることがないか確認しているに過ぎません。ただし、返済が契約通りに進んでいないなど、カードローンの適切な利用ができていない場合は問題視され、他のローンなどの審査に影響すると考えた方がいいでしょう。

「残高が不足」と表示されて利用できない!考えられる原因

カードローンを利用している中で、「残高が不足しています」といった表示がされ、利用できなくなる場合があります。このような表示が出た場合には理由が必ず存在するため、早めの対応が必要です。どのような理由があげられるのか、説明していきます。

利用限度額を超えている

カードローンで残高不足と表示されてしまう場合、理由のひとつに利用限度額を超えたことがあげられます。ただし、この場合はふたつの可能性を考えることができます。ひとつは、もともと設定されていた利用限度額をうっかり超えてしまった場合です。自分ではまだ利用限度額が残っていると思っていても、実際には思った以上にお借入れしていることもあります。

そして、もうひとつはカードローン会社の途上与信によって利用限度額が下げられているというケースです。途上与信とは、利用者に対して定期的に実施される審査のことで、お借入れや返済の状況が適切であるか判断されます。途上与信はクレジットカードでも行われることがありますが、カードローンやキャッシングのようにお借入れをする場合は法定途上与信といいます。いずれにしても、残高不足と表示されるということは計画的な利用ができていなかったと判断していいでしょう。このような事態を防ぐためにも、こまめに利用残高を確認しておくことは重要なのです。

返済遅延などで一時的に利用が停止されている

残高不足と表示される場合の理由は途上与信ばかりとは限りません。カードローン会社が自発的に利用を制限している場合もあります。通常、このようなときに考えられるのは返済の遅延です。まず、慌てずに返済期日が過ぎていないかどうか確認してみましょう。遅延による一時的な制限の場合には、カードローン会社が入金を確認できた時点で利用が再開されます。遅延は、信用情報機関に記録されると他の審査へも影響しやすいため、普段から返済日を忘れないよう管理しておくことが重要です。

残高がマイナス表記?考えられる原因

カードローンを利用していると、銀行の預金残高がマイナスで表示されることがあります。通常、預金残高がマイナスになるということはあり得ません。しかし、「カードローン貸付」や「定期預金担保付」など貸付機能の付いた商品を利用している場合には、このようなことが起こります。では、カードローン貸付と定期預金担保付について詳しく説明していきます。

カードローン貸付

カードローン貸付が付いているのは銀行カードローンの場合です。銀行口座とカードローンが紐付けされていることによって、口座の残高が不足しているときに自動的に融資が行われるという仕組みになっています。これを自動融資といいます。例えば、公共料金の支払いを口座振替にしていて引き落とし当日に残高が足りていないと、カードローンから自動的に貸し付けてくれるという仕組みです。

そのため、残高がゼロだった場合に自動融資が実行されると、貸し付けられた金額の分がマイナスという形で表示されます。ただし、中には自動融資の対象にならないケースもあります。そのひとつがカードローンの返済です。残高が不足していることに気づかないと、知らないうちに電気やケータイが停止されてしまうこともあるかもしれません。そのようなトラブルを考えると自動融資は便利な機能です。しかし、自動融資のことを忘れていると知らないうちにカードローンの利用残高が増えていることになります。公共料金など口座振替にしている支払いがある場合には、必要な残高があるかどうか確認しておきましょう。

定期預金担保貸付

定期預金担保貸付も自動融資のひとつです。定期預金担保貸付の場合は、その名が示す通り、定期預金を担保に貸し付けを行う仕組みのことで、流れとしてはカードローン貸付と変わりません。定期預金担保貸付は総合口座を開設すると自動的についている場合もあります。定期預金担保貸付で貸し付けが行われたときも、口座の預金残高はマイナス表示となります。

残高が減っている気がしないのはなぜ?

カードローンは急な出費でもすぐに現金を引き出すことができ、持っていると便利です。しかし、便利であるがゆえに計画的な利用を心がけないと、先が見えなくなってしまうこともあります。特に注意したいのは、返済は続けているのに利用残高が一向に減らないというケースです。この場合はどのようなことが考えられるのか、説明していきます。

利息しか払えていない

カードローンの返済はほとんどがリボ払いで設定されています。リボ払いは毎月定額で返済を行うことから予定を組みやすいというメリットがあるものの、利息と元金の内訳が見えにくいというデメリットもあります。カードローンの返済額には端数が出ないため意識しにくいですが、実は元金と利息に分けることができるのです。実際には支払方式によって違いますが、月々の返済額が低いと実際に払っているのは利息分だけというケースも少なくありません。

利息は元金に対して発生するもので、元金が減らなければいつまでも利息だけを払い続けることになります。自分では返済を続けているつもりでも、元金の返済が進んでいなければ意味がないということです。元金をできるだけ早く返済するには、約定返済以外に随時返済などを併用しましょう。また、約定返済の額を下げすぎないこともポイントです。ただし、支払方式によっては早く返済することもできます。リボ払いには「元利定額返済」と「元金定額返済方式」の2種類があります。元利定額返済は返済を進めるうちに利息と元金の割合が変わっていきますが、金額は一定なので内訳はわかりません。一般的にカードローンに多いのは元利定額返済の方です。

一方、元金定額返済方式は元金に利息を加えて返済するため、返済のたびに金額が変動します。例えば、毎月5,000円を返済する場合、元利定額返済の方は5,000円の中に利息も含まれているため、実際に支払う金額はそのまま5,000円です。ところが、元金定額返済方式であれば5,000円の元金の外に利息を乗せるため、実際に支払う金額は5,000円より高くなります。1回で支払う金額は元金定額返済方式の方が高いですが、決まった元金を確実に返済していくので、少しずつ返済は楽になっていきます。

すぐに追加で借入れている

なかなか利用残高が減っていかない利用者の中には、追加でのお借入れが多い人もいます。何度か返済を続けて利用残高が減っていくと、気持ちにゆるみが出てしまい、せっかく減った分をお借入れしてしまうのです。これでは、いつまでも利用残高は減っていきません。たとえ利用限度額に余裕が出た場合でも、ひとつのお借入れが終わるまでは追加の利用はひかえるようにしましょう。そのためにも、どのようなときにカードローンを使うべきかきちんと決めておくことも大切です。そして、一度お借入れをしたら、完済するまで追加で利用しないことも重要といえます。

カードローンの残高はこまめにチェックしよう

カードローンは正しく利用すれば、便利に活用できます。生活をスムーズにしてくれる要素もあり、万が一の備えとして心強いでしょう。しかし、気持ちのゆるみや計算違いから使い過ぎてしまうと、返済が厳しくなってしまうこともあります。そうならないためには、利用残高の仕組みを理解してこまめに確認を行い、確実に返済を進めていくようにしましょう。

前の投稿カードローンって借金?利用のデメリットや返せなくなった時の対処法まで!

カードローンとクレジットカードのキャッシングの違い!どっちを選ぶべき?次の投稿