審査なしで利用できるカードローンはある?人に知られず利用する方法

不安解消

審査なしで利用できるカードローンはある?人に知られず利用する方法

「以前に審査に落ちたことがある」「すでに借入がある」「周囲に利用を知られたくない」など、さまざまな理由で、審査なしでカードローンを利用したいと考える人もいるでしょう。審査なしで利用できるカードローンはあるのでしょうか。
ここでは、カードローンの審査が必須である理由や、どのようなことを確認されるのかについて解説します。併せて、周囲に知られずにカードローンを利用したい人のために、審査で在籍確認は必須なのか、郵便物なしで契約する方法はあるのかなどについても見ていきましょう。

目次

カードローンは審査なしでは利用できない

結論からいって、審査なしで利用できるカードローンはありません。審査なしで借りられる場合、それは違法業者の可能性が高いです。絶対に利用しないでください。

貸金業者は、さまざまな法律に則って融資を行っています。その中のひとつに貸金業法があり、貸金業法では借主の返済能力を超える融資を禁じています。そのため、貸金業者はカードローンの申込があった際に審査を行い、借主の返済能力を確認する必要があるのです。
カードローンは、銀行など貸金業者以外の金融機関も提供していますが、それぞれを規制する法律があります。どの金融機関でも審査なしでカードローンは利用できないと考えてください。

審査基準は金融機関によって異なり、基本的に非公開です。審査では主に、利用者の返済能力の有無や他社からの借入状況、信用情報などが確認されます。

カードローンの審査で在籍確認は必須?

カードローンの審査で在籍確認は必須?

カードローンの審査では、在籍確認が行われることが多いです。在籍確認とは、利用者が申告した勤め先に実際に勤務しているか調査する目的で行われ、主に電話が利用されます。「職場への電話でカードローンの利用を知られてしまうのでは…」と心配する人もいるでしょう。

しかし、「審査=電話で在籍確認しなければならない」と明確に決められているわけではありません。在籍確認は一般的に、返済能力を確認するための調査の一環として行われるものです。カードローンによっては、社員証や雇用契約書など、勤務先に在籍していることを証明する書類のほか、給与明細書や支払調書など、定期収入があることを証明する書類の提出などで、在籍確認ができる場合もあります。

また、電話で在籍確認を行う場合も、会社名を名乗ることはありませんし、都合のいい時間帯を指定できる場合もあります。「電話以外で在籍確認してほしい」「電話されると困る時間がある」といった要望がある場合は、事前にカードローン会社に相談してみることをおすすめします。

カードローンの即日融資も審査をしている

カードローンの即日融資も審査をしている

カードローンには、「即日融資」というサービスがあります。即日融資は、申込当日に融資が行われることをいい、急いで借入がしたい場合に便利です。消費者金融や一部の信販・クレジットカード会社が対応しており、最短30分で融資などとうたわれていることから、「審査をしていないのでは」と考える人もいるようです。しかし実際は、処理が早いだけで審査は行われています。

なお、銀行が提供するカードローンでは、即日融資が受けられません。銀行は審査の際に警察庁のデータベースに照会しており、その結果が出るまでに最低でも1日以上の日数が必要です。そのため、銀行カードローンでは即日融資ができないのです。

カードローンの審査に通らないのはどんなとき?

カードローンの審査に通らないのはどんなとき?

以前にカードローンを申込んで審査に落ちてしまったり、審査に落ちてしまうかもと不安に思ったりしている人もいるかもしれません。では、どのようなときに審査に落ちてしまうのか、主なケースを見ていきましょう。

申込条件を満たしていない

カードローンの申込条件を見ると、各社で共通しているのは「安定収入があること」「20歳以上であること」の2つです。これらの条件を満たさずに申込んでも、カードローンの審査に通過できません。
収入については、多ければいいというものではなく、安定していることがポイント。アルバイトやパートでも、毎月継続的に収入があれば、審査は通過するケースが多いです。

申込内容に虚偽や誤りがある

申込時に記入した内容に虚偽や誤りがあると、審査に通らない可能性があります。単なる記入ミスなら、確認や訂正で時間がかかるだけで済むかもしれません。しかし、虚偽申告とみなされれば、審査には通過しないでしょう。審査に通過したいからと、年収を多く記入したり実際には働いていない勤務先を記入したりしても、審査の段階で発覚します。申込時は、正確な内容を記入するようにしてください。

他社からの借入が多い

他社から多額の借入をしている場合、審査に通らない可能性があります。貸金業者は貸金業法で借主の年収の3分の1を超える貸付を禁じられています。そのため、すでに他社から多額の借入がある場合、審査に通過しない可能性が高いです。
銀行など、貸金業者以外が提供するカードローンでも、貸金業法に準じたルールを設けている場合が多く、やはり他社からの借入が多いと審査は通過しにくくなります。また、他社からの借入が多いことで、これ以上の借入をしても返済が難しいと考えられ、審査に通過しないケースもあるでしょう。

短期間に大量の申込をした

同時期に複数のカードローンに申込した場合は、審査に落ちる可能性が高くなるかもしれません。
カードローンの申込は、「信用情報」に記録されます。信用情報は、個人のローンやクレジットカードなどの取引の事実を記録したもので、カードローンの審査では必ず信用情報が確認されます。
短期間に大量のカードローンへの申込があると、「収入に不安要素があるのでは」と判断され、審査で不利に働く可能性があります。

信用情報についてはこちらの記事もご覧ください。
カードローンと信用情報の関係性って?

信用情報に問題がある

信用情報には、支払いや返済の遅延や延滞といった情報も記録されています。過去に返済が1回だけ遅れてしまったという程度なら、あまり審査に影響はないでしょう。
しかし、長期にわたる延滞や何度も返済が遅れた履歴があると、返済能力に問題があるとみなされ、審査に通過しない可能性が高くなります。

郵送物なしでカードローンを利用できる?

郵送物なしでカードローンを利用できる?

カードローンに申込むと、一般的には専用のローンカードが発行されます。中には、「カードが郵送で届くと、家族に知られてしまうのでは」と不安に思う人もいるでしょう。

一部のカードローンでは、ローンカードなしで、Webサイトやアプリなどでカードローンの申込や借入、返済などを行う「カードレス」の契約に対応しています。カードレスの契約なら、自宅に郵送物が届くのを避けられるかもしれません。また、店頭窓口や自動契約機での申込の場合も、その場でローンカードを受取れるため、自宅に郵送物が届かない場合があります。

ただし、申込時に郵送物が届かないようにしていても、返済が遅れれば督促状などの書類が送られてくる可能性があります。カードローンを利用する場合は、返済期日を忘れないよう注意しつつ、計画的な返済を心掛けてください。

審査なしにできなくても、人に知られず利用する方法はある

審査なしでカードローンを利用することはできませんから、通過できるか心配な人は、落ちてしまう理由を確認して事前にしっかり準備してください。

また、審査によって周囲にカードローンの利用が知られることが心配な人もいますが、審査の在籍確認は、個人名で電話をかけるため、職場に利用が知られることはないでしょう。電話以外で在籍確認が可能なカードローンもあります。
カードレスの契約や来店での申込なら、自宅に郵送物が届くことを避けられ、家族に知られずにカードローンを利用することが可能です。申込の際は、計画的な利用を心掛けてください。

前の投稿少額融資を即日受ける方法は?カードローンをおすすめする理由

消費者金融の審査で確認されるのはどんなこと?次の投稿

プロミスへのはじめての
お申込みはこちら

Webでのお申込なら来店不要最短1時間融資も可能! Webでのお申込なら来店不要最短1時間融資も可能!

Webでご契約まで可能!

※最短15秒で事前審査結果をご確認いただいた後、
本審査が必要となます。

※スマートフォンから「少ない入力項目で最短15秒回答」のお申込みが9:00~21:00の間に可能です。
お申込みいただく場合、最短15秒で事前審査の結果をご確認いただいた後、
本審査が必要となります。また、新規契約時点でのご融資上限は50万円までとなります。