カードローンに保証人は必要?手軽に利用できるカードローンの仕組

基礎知識

カードローンに保証人は必要?手軽に利用できるカードローンの仕組

カードローンを利用すると、素早く必要なお金を手にすることができます。このスピード感を実現する理由のひとつとして、カードローンには「保証人がいらない」ことが挙げられます。しかし、一般的にある程度まとまった金額を借りる契約には、保証人が求められるものです。
そこで今回は、カードローンに保証人がいらない理由と、手軽に利用できる仕組みについて解説します。

目次

カードローンは保証人が不要

カードローンは、保証人がいらない「無担保ローン」です。カードローンには、銀行系や消費者金融系などの種類がありますが、どこで申込をしても、保証人や担保を求められることはありません。
例えば、住宅ローンやカーローンのように、そのほかのローンでは保証人や担保が必要となる場面はたくさんあります。まずは、お金を借りるときに求められることがある保証人と担保の意味を覚えておきましょう。

保証人:本人の代わりに返済義務を負う人

保証人とは、お金を借りた人が返せなくなってしまったときに、その人の代わりに金融機関等にお金を返す義務を負った人のことです。賃貸物件などに入居する際、保証人が求められるケースが大半ですが、借金の場合と同様、貸借人が家賃を支払えなくなったときに家賃の支払いを担うことになります。

なお、保証人と似た言葉に連帯保証人がありますが、意味は異なります。
連帯保証人は、お金を借りた人と同じ立場になって返済義務を負います。お金を借りた人が返せなくなったかどうかにかかわらず、お金を貸した人に求められたときは、お金を返さなければいけません。保証人よりも連帯保証人のほうが、より重い(支払い)義務を負っているといえるでしょう。

担保:金銭の代わりに差し出す資産

担保とは、借りたお金が返せなくなったときに、代わりに差し出す物のことです。不動産や車など、金銭的な価値のある物を担保として設定することができます。
有担保ローンの代表例は、銀行の住宅ローンやマイカーローンです。住宅や車を担保にすることで、数百万円から数千万円、あるいはそれ以上の高額な借入が可能になります。

なぜカードローンには保証人がいらない?

カードローンでは、保証人も担保も求められません。しかし、保証人や担保が不要ということは、「万が一お金が返せなくなった場合、カードローン会社が損をしてしまう」ということでもあります。
保証人や担保という貸し手にとって大きなリスク回避方法がありながら、カードローン会社が採用しない理由は次の3つです。

小口融資がメインだから

小口融資とは、貸し出す金額が少ないということです。一般的に、カードローンの利用金額は数万円から数十万円程度に収まります。そのため、万が一返済してもらえなかったとしても、カードローン会社の被害はそれほど大きくなりません。
同じ1,000万円を貸し出すにしても、1人に貸すのと100人に10万円ずつ貸すのでは、100人に貸したほうがリスクは小さくなります。
また、消費者金融系カードローンでは、そもそも総量規制で年収の3分の1を超える融資ができません。本人の収入に対して無理のない金額を貸付していることも、カードローン会社のリスク回避につながっています。

審査で返済能力を確認しているから

カードローンの申込をするときは、年収を申告しなければいけません。年収の確認には、総量規制を守るためと、返済能力を確認するためというふたつの意味を持っています。あらかじめ年収を確認した上でお金を貸すことで、その人にとって無理のない上限額を設定できるのです。
さらに、勤務先への在籍確認があったり、収入証明書の提出を求められたりすることもあります。これらの確認も、本人の返済能力をしっかりチェックするために行われています。

信用情報を確認しているから

信用情報とは、信用情報機関に登録された個人の金融機関の利用履歴のことです。信用情報には、カードローンやクレジットカードなどの申込履歴や、過去に支払いの滞納がなかったかどうか、債務整理をしていないかといったことが記載されています。
信用情報を確認することで、他社からの借入状況や、延滞せずに返済を行っているかといったことが判明します。他社の借入状況を見れば、延滞履歴の有無や債務整理の有無が確認でき、問題なく返済可能かどうかを判断する基準になります。

カードローンに保証人がいらないメリット

カードローンに保証人がいらないメリット

手軽でスピーディーに融資が受けられるカードローンですが、保証人が不要なことも利用しやすさを感じる理由のひとつでしょう。続いては、カードローンの申込に保証人がいらないことで得られるメリットを3つご紹介します。

気軽に申込が可能

保証人を探す必要のないカードローンは、自分が必要なときに、いつでも気軽に申込ができます。
どれほど人望の厚い人であっても、保証人になってくれる人を探すのは簡単ではありません。親や親戚など、引き受けてくれそうな人に頼むにしても、まずは相談をして了承を取りつけ、保証人と本人の必要書類をそろえることになるため、大変な手間がかかります。
すべてを自分の一存で申込めることは、保証人がいらないカードローンの大きなメリットといえます。

周囲に知られずに利用できる

誰かに保証人になってもらう場合、その人には「借金をしようと思っている」ことを伝えなければいけません。
信頼できる相手であっても、第三者に借金のことを伝えれば、それだけ周囲に借金のことを知られるリスクが高まります。例えば、保証人を頼んだ相手に家族がいれば、その人にも同意を得る必要が出てくるでしょう。また、話している内容を誰かに聞かれて、そこから話が漏れてしまう可能性もあります。

勤務先や知人、親戚に借金のことが知れると気まずい、知られたくないという人は、珍しくありません。また、どこから話が漏れたかわからない場合、「誰が話したのだろう?」と、周囲に疑いの目を向けることにもなりかねません。
保証人がいらないということは、借金を周囲に知られるリスクを大きく軽減できるとともに、円滑な人間関係を継続していくためにも役立ちます。

融資までのスピードが早い

保証人を立てる場合は、本人と保証人、両方について本人確認や収入の確認、信用情報の確認が行われます。そのため、保証人を依頼した相手にもさまざまな書類を提出してもらわなければいけません。審査も本人と保証人両方について行われますから、その分、時間が必要になります。
保証人がいなければ、カードローン会社は本人の情報を確認するだけで済みますから、その分、申込から融資までの時間を短縮することができるのです。

保証人がいらないことで起こるデメリット

保証人がいらないことは、カードローンを利用する上でのさまざまなメリットにつながります。一方、保証人がいないことで発生するデメリットもあります。

有担保ローンより金利が高め

カードローンは、保証人や担保が必要なローンに比べると、金利が高めに設定されています。保証人や担保がある場合に比べて、どうしてもお金を貸す側のリスクが高くなってしまうため、その分のリスクを含めた金利設定になっているのです。

融資の上限額が低め

カードローンが保証人なしで借りられる理由のひとつが、「小口融資がメイン」だからです。数百万円、あるいはそれ以上という多額の融資を希望する場合、カードローンでは難しい可能性があります。
ただし、カードローンの利用を繰り返し、しっかり返済している実績が積み上がれば、総量規制の範囲内で借入上限額を上げることも可能です。

自分に合ったお金の調達方法を見つけよう

保証人なし、無担保で利用できるカードローンは、ピンチのときの頼れる存在です。とはいえ、メリットばかりではありません。
お金が必要なときは、そのときの状況に応じて最適な調達方法を考えるようにしましょう。

前の投稿無利息期間でお得にカードローンを利用しよう!選び方と注意点を解説

結婚式の費用が足りない!貯金や親の援助がなくても挙げられる?次の投稿

プロミスへのはじめての
お申込みはこちら

Webでのお申込なら来店不要最短1時間融資も可能! Webでのお申込なら来店不要最短1時間融資も可能!

Webでご契約まで可能!

※最短15秒で事前審査結果をご確認いただいた後、
本審査が必要となます。

※スマートフォンから「少ない入力項目で最短15秒回答」のお申込みが9:00~21:00の間に可能です。
お申込みいただく場合、最短15秒で事前審査の結果をご確認いただいた後、
本審査が必要となります。また、新規契約時点でのご融資上限は50万円までとなります。