無担保ローンとは?特徴や種類、メリット・デメリットを紹介

基礎知識

無担保ローンとは?特徴や種類、メリット・デメリットを紹介

ローンには、「担保が必要なローン」と「担保がいらないローン」の2種類があります。お金を借りたいけれど、担保になる不動産や財産を持っていないという人でも、担保が必要ないローンであれば借りられる可能性があります。
ここでは、担保なしでお金を借りられる無担保ローンについて、特徴や種類のほか、メリット・デメリットをご紹介しましょう。

目次

無担保ローンは担保なしで利用できるローン

無担保ローンは担保なしで利用できるローン

無担保ローンとは、その名のとおり担保なしで利用できるローン全般を指す言葉です。それに対し、担保を設定するローンは、有担保ローンと呼ばれます。

担保とは、借りたお金の返済ができなくなったときに、現金の代わりに金融機関に債務者が提供するものです。お金を貸した側は、回収できないと大きな損害を被りますから、それを防ぐために、あらかじめ担保を設定しておきます。
担保には、人的担保と物的担保があります。よく聞く保証人は、「借入れた本人がお金を返せなくなった際に代わりに弁済をする」役割を担う、人的担保です。物的担保は物や権利といった特定の財産を指し、不動産や有価証券などが該当します。

無担保ローンは担保を設定しない分、有担保ローンよりもお金を貸す側のリスクが高くなるため、問題なく返済できるかどうか、信用情報や収入などをチェックすることになります。また、リスクが高い分、金利も高めに設定されていることが多いです。

主な無担保ローンの種類

主な無担保ローンの種類

無担保ローンは、主に「リボルビング(カードローン・キャッシング)」「証書貸付(目的別ロ―ン・フリーローン)」に分けられます。借入をする際は、それぞれの特徴を踏まえた上で、自分に合った方法を選びましょう。それぞれの特徴やメリット・デメリットについてご紹介します。

リボルビング(カードローン・キャッシング)

リボルビング(カードローン・キャッシング)とは、利用限度額の範囲内で、繰り返し借入ができるローンです。
そのうちカードローンとは、クレジットカード会社や銀行、消費者金融などの金融機関が提供する、個人向けの融資サービスです。利用の目的は問われず、審査は申込の際の1回のみで、利用限度額を上げない限り原則として再審査は行われません。
利用限度額によって返済の金利が異なることや、返済期間が決まっていないため、繰り返し利用することで返済が長期化しがちといったデメリットがあります。

リボルビングにはキャッシングもあり、多くのクレジットカードにはキャッシング機能があり、利用限度額の範囲でお金を借りることが可能です。キャッシングは現金を借りられるサービスの総称ですが、一般的にはクレジットカード付帯サービスのキャッシングを指すことが多いです。
キャッシングの審査は、クレジットカードを申込む際や、キャッシング枠を新たに設定するときに受け、その後は利用限度額の範囲内であれば、何度でも利用できます。
カードローンと似たサービスですが、利用限度額がカードローンよりも低めだったり、買い物で利用するとキャッシングの利用限度枠が低くなったりといったデメリットがあります。一方で、クレジットカードの付帯サービスのため、キャッシング枠さえあればすぐに利用できる点はメリットです。

証書貸付(目的別ロ―ン・フリーローン)

証書貸付(目的別ロ―ン・フリーローン)は、契約時に必要なお金を一度だけ借りるローンです。借入後は完済まで返済だけを行います。
目的別ローンは、金融機関が提供する使途を特定の目的に絞ったローンを指し、住宅ローンやカーローン、ブライダルローンなど、その種類はさまざま。特定の目的でのみ借りられるローンのため、目的外での利用はできませんが低めです。

無担保ローンのメリット

無担保ローンのメリット

無担保ローンには、「担保がいらない」という点以外にもメリットがあります。無担保ローンを利用するメリットを2点紹介します。

借入までがスピーディー

無担保ローンは、有担保ローンに比べて借入までがスピーディーで、手続きも簡単な場合が多いです。その理由は、担保の審査が必要ないことにあります。有担保ローンの審査では、担保の価値を見定めなければいくらまで貸せるか判断できず、担保となる不動産等の審査が必要です。

一方、無担保ローンの場合は、借入する本人の信用力を審査するだけですから、審査にかかる時間を短縮できます。特に、カードローンやクレジットカード付帯サービスのキャッシングは、オンラインで申込から融資まで完了できる場合も多く、スピーディーで手間がかかりません。

目的を問わず利用できる

無担保ローンは、多くが目的を問わず利用できます。用途を問われることなく、借りたお金は生活費の補填でも、冠婚葬祭でも、レジャーでも、好きなように使えます。
銀行のフリーローンの場合は、用途について申告が必要な場合がありますが、自己申告のみで、請求書や領収書の提出などを求められることは基本的にありません。

唯一の例外が、銀行の無担保ローンの一種である「目的別ローン」です。教育ローンやマイカーローンといった商品があり、利用目的を確認するため、契約書や請求書などの提出を求められることがあります。

無担保ローンのデメリット

無担保ローンのデメリット

お金が足りないときに便利な無担保ローンですが、デメリットもあります。注意しなければいけない点も理解した上で、計画的に利用しましょう。

有担保ローンに比べて審査基準が高いことがある

無担保ローンと有担保ローンで同じ金額を借りようとした場合、無担保ローンのほうが、審査が厳しくなる可能性があります。
担保を設定しない無担保ローンでは、本人が返済不可となれば、貸した側が損失を負うことになります。そのため、問題なく返済できるかどうか厳しくチェックされるのです。

無担保ローンはどんなときに使う?

無担保ローンはどんなときに使う?

無担保ローンのうち、特にカードローンやクレジットカード付帯サービスのキャッシングは、急いで少額の借入をしたいときにおすすめです。即日審査・融資が可能なローンがたくさんありますし、申込前に借入可能か判定するサービスもあるため、必要なタイミングですぐにお金を用意できます。

例えば、「税金の支払いを忘れていた」「どうしても今月の生活費が足りない」といった場合は、カードローンやクレジットカードのキャッシング枠の利用が便利です。
一方、銀行のフリーローンは、一時的にまとまった金額が必要な人に適しています。子供の学費や医療費など、繰り返し利用する可能性が低く、お金を用意する期限までに余裕があるのであれば、金利の低いフリーローンがいいでしょう。

無担保ローンを活用して、急な支出に対応しよう

日々の暮らしを送る中で、急にお金が必要になることは少なくありません。そのような状態になった場合、オンラインで手軽に申込める無担保ローンなら、有担保ローンと比べてスピーディーに必要な金額を用意できます。
無担保ローンの特徴やデメリットも理解した上で、賢く活用しましょう。

前の投稿審査なしで少額融資を受ける方法は?急いで借りたいときの対処法

借金返済のコツとは?返済負担を減らして完済するための方法次の投稿

プロミスへのはじめての
お申込みはこちら

Webでのお申込なら来店不要最短1時間融資も可能! Webでのお申込なら来店不要最短1時間融資も可能!

Webでご契約まで可能!

※最短15秒で事前審査結果をご確認いただいた後、
本審査が必要となます。

※スマートフォンから「少ない入力項目で最短15秒回答」のお申込みが9:00~21:00の間に可能です。
お申込みいただく場合、最短15秒で事前審査の結果をご確認いただいた後、
本審査が必要となります。また、新規契約時点でのご融資上限は50万円までとなります。