今すぐお金を借りるには?個人が低金利で借入する方法

今すぐお金を借りたい!

今すぐお金を借りるには?個人が低金利で借入する方法

どうしてもお金が足りずに、どこかから借りたいとき、初めての場合は不安があるもの。お金を借りる方法はたくさんありますが、どれが自分に合っていて、どうすれば安全なのか、事前にわかっている人は少ないでしょう。
さらに、同じカードローンでも、消費者金融、銀行、信用金庫・信用組合など、業者や金融機関によって特徴は異なります。また、クレジットカードのキャッシングや、自治体の融資制度を利用できる可能性もあります。
ここでは、個人がお金を借りたいとき、今すぐ、低金利など、希望に応じてお金を借りる方法について解説します。

目次

個人がお金を借りる場合、どんな方法がある?

個人がお金を借りる場合、どんな方法がある?

個人がお金を借りるとき、どのような方法があるのでしょうか。まずは、個人が安全に利用できる代表的なお金の借入方法をご紹介します。

消費者金融で借りる

消費者金融とは、個人を対象にその人の信用を担保にした小口融資を行う貸金業者です。消費者金融各社は、利用可能枠(借入限度額)の範囲内で何度でも借入ができる、カードローンという個人向け融資サービスを提供しています。
カードローンという名称ですが、最近はスマートフォンアプリを利用することにより、カードレスで借入・返済ができるサービスも登場しています。

クレジットカードで借りる

多くのクレジットカードには、買い物に使える「ショッピング枠」以外に、ATMから現金の借入ができる「キャッシング枠」が設けられています。それを利用すれば、枠内で現金を借り入れることが可能です。
基本的にキャッシング枠は、クレジットカードを作るときに利用者が希望し、審査によって上限金額が設定されます。返済方法はカード会社によって異なりますが、1回払いのほかに、キャッシングリボ払いなども利用できます。

銀行で借りる

都市銀行や地方銀行などの銀行も、カードローンという形での個人向け融資を行っています。決められた利用限度額内であれば、いつでも何度でも利用できるのは消費者金融のカードローンと同様です。借りるときはカードを使ってATMから、返済は口座から自動引落というのが一般的でしょう。

銀行ではカードローンのほかに、事業用・投資用以外の目的であれば自由に使えるフリーローンや、マイカーローン、教育ローンといった目的別ローンも用意されています。カードローンとの違いは、これらのローンは1回の利用ごとに審査が行われて融資額が決まり、原則として一度しか借りられない点です。再び利用するにはその都度申し込み、審査を受けることになります。

信用金庫・信用組合で借りる

信用金庫や信用組合でもカードローン、フリーローン、目的別ローンなどを取り扱っています。
内容は銀行のそれらに準じたものですが、信用金庫や信用組合のカードローンを利用するには、原則として一定以上の出資を行って会員になる必要があることに注意してください。

公的機関で借りる

公的機関でも、個人を対象とした融資を行っています。最も利用者が多いのは、各市区町村の社会福祉協議会が貸付を行っている「生活福祉資金貸付制度」です。制度では、資金の目的別にいくつかの特例貸付を行っています。

緊急小口資金

緊急小口資金は、生活維持が困難で、一時的かつ早急に支援が必要な人を対象とした制度です。最大10万円までの少額融資ですが、学校等の休業・個人事業主等の特例の場合は、最大20万円まで借りることができます。

総合支援資金

総合支援資金は、失業などによって継続的に支援が必要な人を対象とした制度です。生活支援費、住宅入居費、一時生活再建費の3種類があり、10年間の償還期限が設けられています。

注意したい借入先も!

上記以外にお金を借りる方法もありますが、中には非常に高額の金利を設定した、違法な金融業者も存在するのでご注意ください。いわゆる、「ヤミ金」と呼ばれる業者(組織)です。
利息制限法によって定められている金利の上限は年20%(借入額が10万円未満の場合)で、これを超えた高金利で貸付を行う者には刑事罰が科せられます。お金を借りるときは最低限、金利が20%を超えていないかを確認してください。

今すぐお金を借りたいときの選択肢

今すぐお金を借りたいときの選択肢

緊急で、今すぐお金を借りたいときは、どうしたら良いのでしょうか。融資スピード重視でお金を借り入れる方法には、下記のような選択肢があります。

消費者金融

消費者金融のカードローンは、申し込みをした当日に指定した口座への振込が完了する、「即日融資」が可能です。消費者金融にもよりますが、昼間のうちにWebやアプリ、もしくは電話で申し込めば、最短30分程度で審査が終わって融資が行われるケースもあります。
なお、即日融資が可能かどうかは、各社のWebサイトなどで確認してください。

クレジットカードのキャッシング

すでにキャッシング枠が付帯しているクレジットカードを持っていれば、ATMで操作をするだけですぐに現金を借りることができます。
クレジットカードを作るところから始める場合は、最短でも3日程度の時間がかかります。

銀行

銀行のカードローンはある程度審査に時間がかかり、カードが郵送などで届くのを待ってから融資を受ける形が多いです。そのため、通常は申し込んでからお金を借りるまでに3~4日、遅ければ1週間程度かかるでしょう。
最近では消費者金融のように、即日融資を実施する銀行も現れています。その場合は、Webや電話で申し込み、カードが届く前に指定した口座に振り込んでもらう形になります。利用する場合は、即日融資の条件をしっかり確認してください。

信用金庫・信用組合

信用金庫や信用組合のカードローンは、前述したとおり、原則として一定額を出資した会員以外は利用できません。すでに会員になっていたとしても、銀行の場合以上に審査に時間がかかることが多いようです。
申込をしてから融資を受けるまで、10日程度はかかると考えていたほうがいいでしょう。

公的機関

市区町村の社会福祉協議会が貸付をする緊急小口資金は、通常であれば申込後、7~10日程度で融資が行われます。公的融資制度の中では融資スピードが早いほうです。
総合支援資金は、申込から3週間~1か月程度で融資が行われているようです。

低金利でお金を借りたいときの選択肢

できるだけ低金利で融資を受けたいときは、下記のような選択肢があります。基本的に、審査や条件が厳しくなるほど、金利は低くなる傾向があります。

公的機関

緊急小口資金は無利子で、分割で返済しても利子はかかりません。しかも、最長2年まで償還期限を延ばすことができます。
総合支援資金は、連帯保証人がいれば無利子で借りられ、いなくても年1.5%という低金利で融資が受けられます。

信用金庫・信用組合

信用金庫・信用組合のカードローンの上限金利は、13.0~14.0%が目安です。
フリーローンや目的別ローンは、それよりもさらに低金利になることが多いでしょう。

銀行

銀行のカードローンの上限金利は、14.0~15.0%が目安です。
信用金庫・信用組合と同様に、フリーローンや目的別ローンは、さらに低金利になる傾向があります。

消費者金融

消費者金融の場合、初めて利用する場合の上限金利は銀行よりやや高めで、15.0~18.0%が目安です。
ただし、消費者金融によっては、初めての利用者などを対象に、利息がかからない無利息期間が設けられていることがあります。

無利息期間については、こちらもご覧ください。
30日間無利息サービス|プロミス

クレジットカードのキャッシング

キャッシングの上限金利は、18.0%が目安になります。
すでにキャッシング枠のあるクレジットカードを持っていれば手軽に借入ができる方法ではありますが、高金利であることは知っておいたほうがいいでしょう。

審査なしでお金を借りたいときの選択肢

審査なしでお金を借りたいときの選択肢

たとえ数万円の少額融資だとしても、審査なしでお金を借りる方法はありません。貸付の契約を締結する場合は、法律によって審査を行うことが義務づけられています。自治体の融資でも同じです。

審査なしで借りる方法を挙げるとすれば、家族や友人に借りるケースくらいでしょう。ただし、その場合も、審査はなくてもお金を借りる理由や、返済の方法を説明することになるはずです。
あるいは、クレジットカードのキャッシングの場合は、すでにキャッシング枠が確保されているカードを所有していれば審査が終わっているため、そのまますぐに限度額内のお金を借りることができます。カードローンの場合も、一度審査に通って契約していれば、上限額内で何度も借入が可能です。

自分に合ったお金の借り方を選択しよう

個人でお金を借りるにはいくつかの方法があり、それぞれ融資スピードや金利に違いがあります。スピードを重視すれば金利が高くなる傾向がある、低金利で借りたい場合は申込の手間がかかる可能性があるなど、どの方法にもメリット・デメリットがあります。
自分の都合に合うのはどの借り方なのかを確認して、最も適した方法を選んでください。

前の投稿稼いでいるのにお金がないのはなぜ?原因と対処法を紹介

利息はいくら?借入の際に知っておきたい計算方法と注意点次の投稿

プロミスへのはじめての
お申込みはこちら

Webでのお申込なら来店不要最短1時間融資も可能! Webでのお申込なら来店不要最短1時間融資も可能!

Webでご契約まで可能!

※最短15秒で事前審査結果をご確認いただいた後、
本審査が必要となます。

※スマートフォンから「少ない入力項目で最短15秒回答」のお申込みが9:00~21:00の間に可能です。
お申込みいただく場合、最短15秒で事前審査の結果をご確認いただいた後、
本審査が必要となります。また、新規契約時点でのご融資上限は50万円までとなります。