クレジットカードローン?借入れに使えるカードのそれぞれの違い

基礎知識

クレジットカードローン?借入れに使えるカードのそれぞれの違い

手軽に現金をお借入れする方法には、「クレジットカードのキャッシング」と「カードローン」のふたつがあります。どちらもカードを使って現金を引出せるなど似ている点はありますが、同じというわけではありません。この記事では、クレジットカードのキャッシングとカードローンの違いが明確にわかるよう、一般的な情報をまとめて紹介していきます。

目次

カードで現金を借入れる2つの方法

カードで現金を借入れる2つの方法

お手持ちのカードを使ってすぐにATMから現金を引出してお借入れできる方法といえば、「クレジットカードのキャッシング」と「カードローン」があります。いずれも、提携ATMであればすぐに使うことができ、暗証番号と金額を入力してお借入れするのが一般的です。どちらも動作としては同じで混同しやすいですが、実際には明確に違います。

一番の違いはメインとなっているサービスです。クレジットカードはショッピングをメインとしており、現金のお借入れだけに使うものではありません。クレジットカードの本来の目的はショッピングの「立替え」です。ショッピングはもちろん、携帯料金や公共料金、さらに旅行代金といったさまざまなお支払いの立替えとして使えます。クレジットカードにとって、キャッシングはあくまで付帯サービスです。そのため、キャッシングサービスだけのクレジットカードは存在しません。

一方、カードローンはお借入れ専用のカードです。お金を借りることに特化しており、ご利用限度額もクレジットカードのキャッシング枠に比べて高額に設定されている傾向があります。また、年会費についても違います。クレジットカードの中には年会費が必要なカードもありますが、ほとんどのカードローンは年会費がかかりません。

「キャッシング」とは

キャッシングとは、一般的にお金を借りることを指す言葉です。お借入れする行為そのもののことで、クレジットカードでもカードローンでもどちらも「キャッシングする」という使い方をしても間違いではありません。例えば、「クレジットカードでキャッシングする」「カードローンでキャッシングする」といった具合に使われます。ここでは、クレジットカードの「ショッピング枠」と「キャッシング枠」を区別するために、クレジットカードのほうだけ「クレジットカードでキャッシング」といった記載をしていきます。

「クレジットカード」について

クレジットカードを持っていても、その詳細について知らない人は意外と多いものです。ここでは、クレジットカードの一般的な知識とメリット、デメリットについて説明していきます。

クレジットカードとは

前述したように、クレジットカードはショッピングとしてのご利用がメインです。自分で現金を持っていなくても、手持ちのクレジットカードに対応している店舗や飲食店などであれば商品の購入や飲食の代金を支払うことができます。キャッシングは、ショッピングに付帯する形でついているサービスです。ただし、すべてのクレジットカードにキャッシング枠がついているわけではありません。後からキャッシング枠を付帯させることは可能ですが、そもそもキャッシング枠をつけられないカードもあるので注意しましょう。

キャッシング枠がつけられないクレジットカードとは、例えば学生向けのカードや家族カードなどです。また、キャッシング枠がついているクレジットカードでも、ご契約時にご利用限度額を低めに設定していることもあります。その場合はお申込みをし、審査に通ればご利用限度額を上げることも可能です。ただし、クレジットカードの総利用枠は、通常ショッピングとキャッシングを合わせた額になっています。そのため、キャッシング枠を使いすぎてしまうとショッピング枠が減額される場合があるので注意が必要です。

クレジットカードでキャッシングするメリット

お手持ちのクレジットカードにキャッシング枠がついているなら、そのカードを使ってすぐにお借入れができます。急に現金が必要になったときにキャッシング可能なクレジットカードを持っていると、それだけで大きなメリットです。大手の国際ブランドのクレジットカードなら、海外でも提携ATMから国内にいるときと同じような感覚でご利用できます。渡航先で現金が不足したときに心強いでしょう。

クレジットカードは、1枚でショッピングのご利用もできるのも魅力でありメリットのひとつです。クレジットカードで可能な分はそのまま支払いをし、必要に応じてキャッシングすれば便利に使えます。すべてにおいて「キャッシングして現金を引出し、それから購入する」という手間がかかりません。キャッシングには関係ありませんが、クレジットカードには保険が付帯しているものが多いのもメリットです。クレジットカードで購入した商品が破損したときにおりるショッピング保険の他、ケガなどに使える保険など充実しています。

クレジットカードでキャッシングするデメリット

クレジットカードのデメリットとしてあげられるのは、年会費がかかるカードが多いことです。中には年会費無料のクレジットカードも見られますが、その場合は付帯サービスが限定されるなど制限がかかる傾向があります。キャッシングを目的にクレジットカードを持っているなら、維持費がかかるのは大きなデメリットです。また、ご利用限度額がカードローンよりも低めな点も、お借入れとして考えるとデメリットになります。クレジットカードのキャッシング枠は低い場合で10万円程度からです。

クレジットカードでキャッシングをする際、ご利用できる総額はショッピング枠と合わせた額であることも忘れてはいけません。多くのクレジットカードは、ショッピングとキャッシングのご利用限度額がそれぞれ個別に設定されています。ところが、うっかりショッピングに使いすぎてしまうと、必要なときにお借入れができなくなることもあります。キャッシングをご利用限度額いっぱいまで借りたときも、ショッピングであまり使えなくなることもあるので注意しましょう。

「カードローン」について

「カードローン」について

次に、お借入専用のカードローンはどのような特徴があるのか、メリットとデメリットについても紹介していきます。

カードローンとは

カードローンの特徴はお借入れに特化していることです。ローン機能しかなく、クレジットカードのように公共料金の立替えやショッピングでのご利用はできません。その代わり、基本的にどのようなことに使っても自由です。事業資金としてのご利用はできませんが、事業向けのカードローンも出ています。ご利用限度額の範囲内なら、いつでも必要な額を自由に引出せます。もしもご利用限度額いっぱいまで使っても、完済すれば繰返し何度でもご利用が可能です。

カードローンでのお借入れは、専用のカードを使うのが一般的です。お借入れ方法としては、他にもお客さまの口座に直接振込む方法やカードローン会社のキャッシュディスペンサーを使う方法もあります。これまでは専用のカードで提携ATMから引出すことが主流でしたが、カードレスが可能なカードローンも増えています。カードレスの取引方法としては、スマートフォンのアプリを使用してATMから引き出す方法や、預金口座に振込む方法があります。

カードローンのメリット

カードローンのメリットでまずあげられるのは、ほとんどのカードに年会費がないことです。実際には使っていないのに、年会費だけ請求されるということがありません。新規でお申込みする場合も、ご融資までのスピードが早いのもメリットといえます。銀行系のカードローンは審査に数日かかるのが一般的ですが、消費者金融系のカードローンの多くは即日でのご融資に対応しています。お申込みの時間帯によっては、その日のうちにお借入れが可能です。

ご返済方法の柔軟性が高いのも、カードローンのメリットのひとつにあげられます。多くのカードローン会社が、提携ATMからのご返済をはじめ口座からの引落とし、さらに窓口でのご返済に対応しています。カードローンのご返済は、リボルビング払いが一般的です。お利息を含めた定額でのご返済が主ですが、余裕のあるときは繰上返済をすることもできます。早くご返済したいときやお利息を節約したいときにも便利な方法です。カードローンは、お借入れに特化したサービスというだけあって、お借入方法の柔軟性が高いのも魅力といえます。提携ATMから引出すだけでなく、お客さまの口座へ入金する振込キャッシングに対応しているカードもあります。

カードローンのデメリット

カードローンのすべてがカードレスに対応しているわけではありません。そのため、カードローンによっては持ち歩くカードの枚数が増えるのがデメリットです。ただし、カードを増やしたくないときは、カードレスに対応したカードローンをご利用になることで解決できます。カードローンはご利用限度額の上限が高い傾向があり、人によってはついつい使いすぎてしまうのもデメリットです。カードローンは、本当に必要なときだけ上手に使いましょう。あらかじめ計画を立て、収支のバランスを考えてご利用になれば便利に使えるカードです。

同じ会社のカードをつくる場合も審査は必要?

同じ会社のカードをつくる場合も審査は必要?

クレジットカードを発行しているカード会社や金融機関の中には、カードローンも提供していることがあります。その場合、クレジットカードをすでに持っていたとしても、カードローンのご契約はまったく別になります。例え同じ会社のカードでも、新規にお申込みをすれば審査は必要です。そればかりか、年齢などの条件が達していないと、そもそもカードローンのお申込み自体できないケースも出てきます。

カードの発行元が同じでも別で審査が必要な理由は、審査の基準やお申込みの条件がそれぞれ異なるためです。カードローンは貸金業法の「総量規制」を守って審査を行っており、年収の3分の1を超えないことも重要な基準です。また、安定収入があることも大切なポイントで、お借入希望額によっては収入証明書類を求められることもあります。

どちらを選べば良い?

クレジットカードのキャッシングもカードローンも、それぞれに良さがあります。例えば、お手持ちのクレジットカードにキャッシング枠がついており、すぐにお金を借りたいときはクレジットでキャッシングするほうが便利です。普段お借入れをすることがなく、少額しか借りる必要がないならお利息が高額になる心配もありません。

しかし、ご利用限度額を高くしたい人やまとまった金額を借りたい人は、カードローンが向いています。カードローンはご利用限度額が高いだけでなく、設定された額すべてがお借入可能な額です。お借入れ頻度が高い人もカードローンが合っています。

どちらを利用する場合も気をつけたいこと

いずれの場合も、気をつけておきたいのは借りすぎることです。どちらも提携ATMから専用カードで自由に引出せる便利なサービスで、お借入れが手軽に完了します。審査に通ってカードを手にすることができれば、何度も繰返しご利用できる点も共通しており、借りすぎにつながりやすいといえます。手軽さにまかせて使いすぎないよう、ご利用の前にまず計画を立てておきましょう。どのようなときに使うか、ご利用について制限しておくのもひとつの手段です。

クレジットカードのキャシングもカードローンも、ご返済が長期化すればその分お利息がかさみます。できるだけ早めのご返済ができるよう、収支のバランスを考えて使うことが重要です。あらかじめご自分の収入や家計にかかる金額を確認し、その中で余裕をもってご返済できる額を借りるようにしましょう。ご返済が遅延しないことも気をつけなければいけません。一度でも遅延があれば、そのことが信用情報に記録され、一定期間残ります。そうならないよう必要なときだけ使い、余裕のあるときにまとめてご返済すれば、どちらも便利に使えるサービスです。

自分の生活スタイルに合った方を選択!2枚持つのもアリ

自分の生活スタイルに合った方を選択!2枚持つのもアリ

クレジットカードのキャシングとカードローンは混同しやすい面がありますが、比べてみると大きな違いがあります。お借入れが必要になったときにどちらをご利用になるかは、ご自分の生活スタイルに合わせて選ぶといいでしょう。ただ、クレジットカードもカードローンもそれぞれにメリットがあります。いざというときに備えて、両方持つのもいいかもしれません。

前の投稿本当にお金がないのに借りられない!お金を用意するための方法とは?

お金を借りる時の金利とは?カードローンにおける金利の意味や計算方法など次の投稿

プロミスへのはじめての
お申込みはこちら

Webでのお申込なら来店不要最短1時間融資も可能! Webでのお申込なら来店不要最短1時間融資も可能!

Webでご契約まで可能!

※最短15秒で事前審査結果をご確認いただいた後、
本審査が必要となます。

※スマートフォンから「少ない入力項目で最短15秒回答」のお申込みが9:00~21:00の間に可能です。
お申込みいただく場合、最短15秒で事前審査の結果をご確認いただいた後、
本審査が必要となります。また、新規契約時点でのご融資上限は50万円までとなります。