ローンカードって何?クレジットカードとの違いや利用の始め方を紹介!

今すぐお金を借りたい!

ローンカードって何?クレジットカードとの違いや利用の始め方を紹介!

ローンやキャッシングについて調べているとき、ローンカードという言葉を聞くことはないでしょうか。何となくお借入れと関係があるような感覚は持っていながら、いまひとつよくわからない人もいるでしょう。そこで、この記事ではローンカードの特徴や魅力、クレジットカードとの違いや使い始める方法について一般的な情報をまとめて紹介します。

目次

「ローンカード」ってどんなカード?

「ローンカード」ってどんなカード?

カードローンは、銀行や消費者金融が提供している個人向けのご融資で、多くの場合はカードを使用して貸付けを行います。その際に使われる専用のカードが、ローンカードと呼ばれています。ローンカードは、提携ATMに挿入し、暗証番号を用いてご自分が希望する金額を引出してお借入れするのが一般的な使い方です。基本的な使い方としては、キャッシュカードでご自分の預貯金をおろすときとほとんど変わりません。ご返済のときも、ローンカードを使って提携ATMから行うことが可能です。

カードローンの魅力

では、カードローンにはどのような魅力があるのか詳しく見ていきましょう。

お申込みからお借入れまでが早い

まず、魅力のひとつにあげられるのは、お申込みからお借入れまでのスピードが早いことです。カードローンは銀行が提供しているものと消費者金融が提供しているものがあり、審査にかかる時間は各社それぞれに違います。銀行が提供しているカードローンは審査に数日を要することが多い一方で、消費者金融のカードローンは審査にあまり時間はとられません。消費者金融のカードローンなら、最短の場合でお申込当日にご融資を受けることも可能です。

お申込みからお借入れまでが早いため、急な出費のときにもすぐにご利用できます。例えば、病気やケガなどで思わぬ治療費が必要になることもあります。冠婚葬祭で突然まとまった現金を用意しなければならないこともあるでしょう。結婚式や法事のようにあらかじめ予定されていたことでも、必要なだけ用意できるとは限りません。カードローンは必要なときに早めのお借入れができる便利な金融商品といえます。

限度額内ならどこでもお借入れ・ご返済が可能

カードローンは、使いたいときにいつでも自由にお借入れが可能です。カードローン会社のキャッシュディスペンサーをはじめ、銀行やコンビニなど提携ATMであればどこでもお金を引出すことができます。ATMの使用可能な時間帯なら、必要なときに自分の口座を使うような感覚でご利用になれます。お借入れできるのはご利用限度額の範囲内ですが、繰返し使えるのもカードローンの魅力です。もしも外出先で急な出費があっても、安心してご利用になれます。ご返済についても提携ATMから楽に行え、わざわざカードローン会社まで出向くこともありません。ご返済については、提携ATMを使う以外に引落しに対応しているカードローン会社もあり、自由に選択できます。

何に使うかは自由

ローンと呼ばれるものには、住宅ローンやカーローン、教育ローンなどがあります。しかし、これらのローンはそれぞれにご利用目的が限定されており、それ以外に使うことはできません。そのうえ、ご利用者が直接お金を受取ることは少なく、お借入れと同時に金融機関から支払い先に振込まれるのが一般的です。その点、カードローンはご利用目的が限定されることはなく、原則としてお客さまが自由に使えます。

例えば、ショッピングや旅行、趣味といったプライベートを充実させることにも活用できます。車の修理や突然入院が必要になったときの費用など、どのように使うのも自由です。使い道で注意しておきたいことといえばひとつだけあります。それは、事業資金としてはご利用になれないカードローンもあるということです。ただし、金融機関によっては個人でもご利用可能な事業資金向けのカードローンも出ています。

保証人・担保が不要

金融機関からお借入れする際は、保証人や担保を必要とすることもあります。担保とは、ご返済を続けることがむずかしくなったときに代わりに金融機関に差出すものをいいます。担保の対象となるのは、不動産や株券などご融資額に相当する資産価値のあるものです。例えば、住宅ローンやカーローンの場合、通常はご融資を受ける代わりに家や車が担保として設定されます。さらに、お借入額やご利用者の収入によっては保証人を求められるケースも出てきます。

同じローンでも、カードローンは保証人も担保も不要です。カードローンの場合、お客さまご自身の信用だけで審査を行うため、原則として担保や保証人を設定することはありません。ただし、カードローンの中には保証会社からの保証を求められるものもあります。また、専業主婦や学生でもご利用可能なカードローンには、家族の同意が必要になるものも見られます。専業主婦の場合は配偶者の、学生の場合は親の同意を得る必要があるため、該当するときはお申込みの前に確認したほうがいいでしょう。

スマホのみで利用できるものも

カードローンの中にはローンカードが要らないカードレスのものもあります。カードレスなら、ローンカードを持ち歩く必要はありません。ローンカードを紛失する心配もなく、安心してご利用になれます。そもそも、ご契約した時点でローンカードが発行されないため、郵送などで家族に知られたくない人もお借入れが可能です。カードレスでのお借入れは、ローンカードの代わりにスマートフォンを使います。スマートフォンを使う場合、専用のアプリをダウンロードするだけで簡単です。

例えば、プロミスの「アプリローン」なら、お申込みからお借入れまですべてWebで完結できます。近くにカードローン会社や自動契約機がないときでもお申込みできるのも魅力のひとつです。お申込みの時間帯によってはその日のうちにご契約でき、コンビニなど提携ATMからすぐにご利用になれます。プロミスのアプリローンは、アプリのダウンロードも無料でお借入れが便利です。

似ている「クレジットカード」とは?

似ている「クレジットカード」とは?

ローンカードと似ているものにクレジットカードがあります。クレジットカードもキャッシングが可能なカードもあることで、ローンカードと混同する人もいるでしょう。また、クレジットカードを持っていても、キャッシングについて詳しく知らない人もいます。クレジットカードはショッピング枠にキャッシング枠がついています。ショッピング枠は買物だけにご利用できる枠で、キャッシング枠はお借入れ専用です。

キャッシング枠では、ご利用限度額の範囲内でカードローンのように提携ATMから自由にお借入れができます。しかし、すべてのクレジットカードでキャッシングできるわけではありません。クレジットカードは基本的にショッピングにご利用できるもので、キャッシング枠はサービスのひとつとして付帯しているだけです。中にはそもそもキャッシング枠がつけられないクレジットカードもあります。また、クレジットカードの「総利用枠」とはショッピングとキャッシングを合算したものです。キャッシングに使いすぎてしまうとショッピング枠が減額になる場合もあるため、注意しましょう。

クレジットカードのキャッシングとカードローンの違い

クレジットカードのキャッシングとカードローンは、使い方だけ見ると同じような印象を受けます。しかし、実際には次のような違いがあります。

限度額

ご利用限度額については、クレジットカードよりカードローンのほうが高い傾向にあります。実際にはお客さまのご利用状況や年収などが反映されることはありますが、それでもカードローンのほうが高額でのお借入れも可能です。カードローン会社によってさまざまですが、500万円から800万円というものが多く、中には1,000万円を超えるご利用限度額も見られます。ところが、クレジットカードのご利用限度額は100万円程度が多い傾向です。

しかも、キャッシング枠としてご利用可能な額はさらに少なく、ショッピング枠と合わせたご利用限度額になっているのが一般的です。キャッシング枠についてもご利用限度額がありますが、ショッピングのご利用次第ではすべて使えるわけではありません。一方、カードローンはお借入れに特化しているため、ご契約時に設定されたご利用限度額がそのまま使えます。そう考えると、カードローンのほうが使い道の幅が広がるといえます。

金利

お借入れするうえで意識しておきたいのは金利です。金利によってお利息は変わってくるため、お借入額やご返済期間によっては支払総額も大きく変わってきます。金利については、銀行系カードローンならクレジットカードでキャッシングするより低い傾向があります。

支払方式

カードローンの一般的なご返済方法としてリボルビング払いがあげられます。リボルビング払いとは毎月定額以上でのご返済をする方法のことで、例えば5,000円や1万円など端数が出ないのが特徴です。カードローンの多くは、リボルビング払いで毎月決まった額のご返済をしていきます。ただし、余裕のあるときにまとめてご返済できる繰上返済や随時返済にも対応しているカードローンもあります。一方、クレジットカードでキャッシングをすると、ショッピングのご利用と一緒に請求されるのが一般的です。

カードローンの利用を始めるには?

カードローンの利用を始めるには?

では、カードローンのご利用を始めるために必要なことを紹介します。実際にはカードローン会社ごとで異なるため、あくまで一般的な内容として説明していきます。

お申込みからお借入れまでの流れ

カードローンのお申込方法は各社でいろいろ用意されています。カードローン会社の窓口や電話、郵送、さらにWebですべて完結できるものなどさまざまです。他にも、自動契約機を用意しているカードローンなら、誰にも会うことなくご契約することができます。自分に合った方法を選択し、お申込みをしましょう。また、お申込みの前に、ご返済シミュレーションができるカードローンもあります。お申込みの際に必要になるのが必要書類です。そして、次は審査へと進みます。必要書類と審査については後述しますが、審査に通ればローンカードを受取ってご利用が可能になります。カードレスのカードローンの場合は、専用のアプリをダウンロードしてご利用開始です。

必要書類

必要書類といっても、たくさんの書類を用意する必要はありません。カードローンのお申込みで用意するのは、基本的に本人確認書類だけです。本人確認書類としてご利用可能なのは運転免許証やパスポートで、現住所と顔写真が確認できるものを用意しましょう。どちらもない場合は、健康保険証に現住所が確認できる書類があれば代用できます。現住所が確認できる書類とは、例えば、住民票や公共料金の領収書などです。

ただし、お借入希望額が50万円を超える場合や、他社とのお借入れの合算が100万円を超えるときは収入証明書類も求められます。収入証明書類とは源泉徴収票や確定申告書、税額通知書、所得証明書のいずれかで、最新のものなら問題はありません。他にも、給与明細書で代用できる場合もあります。本人確認書類や収入証明書類については、実際にお申込みをするカードローン会社に確認するといいでしょう。

審査では何を見られているの?

カードローンにお申込みをすると、必ず審査が行われます。審査の細かい基準についてはカードローン会社ごとで異なり、公開はされていません。しかしほとんどのカードローン会社がお申込条件を「安定した収入のある方」としています。安定した収入とは毎月一定の収入があるということです。必ずしも高収入でなければいけないということはないので、誤解のないようにしましょう。そして、もうひとつ審査のポイントになるのは信用情報です。信用情報には、個人のお借入れに関する情報が記録されています。他社からのお借入れがどれくらいあるのか、さらに過去にお支払いの遅延がないかなども確認を行います。

カードレスで便利な即日融資のカードローンならプロミス!

カードレスで便利な即日融資のカードローンならプロミス!

今回はローンカードとは何かという疑問について解説し、カードローンとクレジットカードの違いやそれぞれのメリット、始め方まで紹介してきました。ショッピング枠のない、お借入れに特化したカードのご利用をご希望でしたら、プロミスをぜひご検討ください。

前の投稿個人向け融資を受けたいけど審査が不安!カードローンなら通るかも?

次の投稿本当にお金がないのに借りられない!お金を用意するための方法とは?

プロミスへのはじめての
お申込みはこちら

Webでのお申込なら来店不要最短1時間融資も可能! Webでのお申込なら来店不要最短1時間融資も可能!

Webでご契約まで可能!

※最短15秒で事前審査結果をご確認いただいた後、
本審査が必要となます。

※スマートフォンから「少ない入力項目で最短15秒回答」のお申込みが9:00~21:00の間に可能です。
お申込みいただく場合、最短15秒で事前審査の結果をご確認いただいた後、
本審査が必要となります。また、新規契約時点でのご融資上限は50万円までとなります。