個人向け融資を受けたいけど審査が不安!カードローンなら通るかも?

今すぐお金を借りたい!

個人向け融資を受けたいけど審査が不安!カードローンなら通るかも?

個人向け融資に興味を持っているものの、審査が不安でお申込みを迷ってはいないでしょうか。ご融資にはさまざまな種類があり、必要な書類や審査にかかる時間は異なってきます。できるだけ早めにご融資を受けたいなら、カードローンにお申込みするのもよい選択肢です。この記事では、ご融資の審査に不安を感じている人に向けて、カードローンの特徴や審査のポイントなどについて一般的な情報をまとめて説明していきます。

目次

個人向けの「融資」とは?

個人向けの「融資」とは?

「融資」とは、お金を必要としている人に銀行や消費者金融など金融機関が貸付けすることです。つまり、ご融資を受けることは「お借入れ」と同じ意味を持っています。個人向け融資は、お金が必要な個人に対して金融機関がお金を貸付けるサービスです。融資を行っている金融機関には、銀行や信販会社、公的機関、消費者金融などがあります。また、法人向け融資の場合は、法人に向けて金融機関がお金を貸出すサービスのことを指します。

融資と似ている言葉に「投資」がありますが、お金を受取るという点は似ていても基本はまったく違います。そもそも投資とは、事業などに成長を見込んで資金援助を行うことです。まず、自己資金を投じることが前提で、借りるわけではありません。株式投資の場合は事業に利益が出れば配当金という形でお金を受取ることができるうえに、経営に関われる権利を得ることもできます。投資には株式や投資信託、外貨預金、FX、不動産投資などがあります。

個人向け融資の種類

個人向け融資にはさまざまな種類があります。住宅ローンやカーローン、教育ローンなど使い道が明確に決まっているご融資を「目的型ローン」といい、提供しているのは主に銀行です。他にも、信用金庫や公庫なども目的型ローンを提供しています。目的型ローンはそれぞれの目的に応じて貸付けが実行されるため、目的以外のことにお金を使うことはできません。お借入れする際はお客さまが現金を受取れることもあれば、不動産会社やカーディーラーなどに直接振込まれる場合もあります。

それとは違い、目的が限定されず自由に使えるご融資は「フリーローン」と呼ばれています。フリーローンを提供しているのは銀行や信用金庫などです。フリーローンはお客さまの口座に直接振込まれ、そこから自由に使うことができます。フリーローンは、1回のご利用ごとに審査が必要です。振込まれたお金を使った後にまた必要になったときには、もう一度新規でお申込みをし、審査を受ける必要があります。

個人向け融資の「カードローン」とは

個人向け融資のひとつに「カードローン」があります。ここでは、カードローンの特徴について説明していきます。

審査は必要?

カードローンをご利用になったことのない人の中には、審査があるのかどうか気になる人もいるでしょう。または、審査がないカードローンや通りやすいなど、審査そのものが甘いカードローンの存在について興味を持っている人もいるかもしれません。銀行系のカードローンはもちろん、消費者金融系のカードローンも必ず審査が行われます。その理由としてあげられるのが「貸金業法」の存在です。貸金業者を対象とする貸金業法ではさまざまな規則を設けています。

貸金業者は、貸金業法に抵触するような貸付けをすることはできません。消費者を守るためにも「審査なし」でカードローンの発行はできないのです。ただし、実際の審査基準については金融機関ごとに違います。しかも、審査基準についてはほとんどのカードローン会社が非公開です。そのため、審査に通りやすいというところも存在しません。もしも「審査が甘い」という宣伝をするカードローン会社があれば、それは違法業者であることが疑われます。うっかり利用して後でトラブルにならないよう、注意しましょう。

カードローンって?特徴は自由度が高いこと

カードローンとは、使い道が自由な個人向けのご融資です。同じローンでも、目的型ローンのように使い道が限定されることはありません。そのため、専用のカードを使ってコンビニや銀行のATMから自由に引出せ、お客さま自身が現金を受取れます。また、カードローン会社によっては「インターネット振込」といってご自身の口座に振込んでもらうことも可能です。自由に使えるという点ではフリーローンと同じに見えますが、カードローンは繰返し何度も借りられる点が違います。

前述したように、フリーローンは1回の審査に対して1回しかお借入れすることができません。例えば、50万円でフリーローンをご利用になった場合、その50万円を使い切ってしまえばそれで終わりです。もう一度50万円が必要なときは改めてお申込みをし、再び審査を受ける必要があります。ところが、カードローンは50万円のご利用限度額で審査に通っていれば、限度額の範囲内で何度も繰返し借りることができます。もしも50万円使い切った場合でも、完済してご利用限度額を戻しておけばまた50万円まで借りることが可能です。ご返済についても、コンビニなど提携ATMから簡単に行えます。このように、カードローンはまるでご自身の預金口座のように扱うことができ、自由度が高いお借入手段です。

カードローンは「即日融資」が可能!

カードローンは「即日融資」が可能!

カードローンのメリットのひとつに即日融資があります。どのカードローンにも該当するわけではありませんが、最短の場合は即日でのご融資も可能です。銀行が発行するカードローンは審査に数日要するのが一般的ですが、消費者金融ならその日のうちに借入できる場合もあります。あまりに審査が早いことから「審査をしていないのではないか」と思う人もいるでしょう。

しかし、カードローンはお客さま本人の属性や信用情報、さらに他社からのお借入状況などを総合して審査を行っています。審査がスピーディーなだけで、決して行っていないということはありません。また、お申込みの時間帯が早い場合でも、郵送などお申込方法によってはカードを手にするまで数日かかることもあります。そのような場合でも、電話やWebからご自身の口座へのお振込依頼ができる場合もあり、時間がないときでも安心です。ただし、即日融資をご利用になるときは、あらかじめカードローン会社の対応可能時間帯や条件などを調べておくといいでしょう。

そもそもお申込みができない人もいる

カードローンをお申込みになる前に、どのような人がご利用可能なのか確認しておく必要があります。カードローンのご利用条件については、それぞれの金融機関のWebサイト上に書かれています。そのほとんどが「年齢は20〜69歳」で「安定収入があること」といった内容ばかりです。つまり、カードローンはさまざまな人がお申込みの対象となります。安定した収入についてはパートやアルバイトも含まれており、主婦や学生も対象です。

ただし、あくまでも安定した収入があることが前提で、専業主婦や自己収入のない学生などは年齢の条件を満たしてもいてもお申込みできない人もいます。カードローン会社の中には専業主婦でもお借入可能なものも見られます。しかし、ほとんどは配偶者に安定収入があることを条件としており、配偶者の同意を必要とするのが一般的です。

カードローン審査のポイント:信用情報

カードローンの審査基準については、どの金融機関も明確な内容については公開していません。しかし、カードローン会社の多くが審査の際にチェックすると考えられるポイントはあります。そのひとつが「信用情報」です。では、信用情報とはどのようなものなのか解説していきます。

信用情報とは

信用情報とは、個人信用情報機関が扱うお借入れに関する個人情報のことです。信用情報では、クレジットカードやカードローンなどのご契約に関わる情報やお借入状況、お支払情報などが記録されています。ご返済やお支払いに遅延があった場合も含め、債務整理に至るまですべての履歴が一定期間記録として残ります。もちろん、お借入れやクレジットカードのご利用があっても、遅延や債務整理などの記録がなければ問題にはなりません。しかし、カードローンをお申込みになるタイミングで遅延などの記録が残っていれば、審査に通ることはむずかしくなります。

また、遅延や債務整理など以外にも、他社のお借入状況についても信用情報をもとに審査が行われます。他社のお借入れが多い場合も審査に通るのはむずかしくなります。

信用情報は取り寄せできる

できるだけ安心してカードローンのお申込みをするには、問題になるような記録が信用情報に残っていないことが理想的です。実は、信用情報は開示請求が可能で、どのような記録が残っているのか確認することができます。ご本人はもちろん、ご本人から委任を受けた代理人または法定代理人であれば請求が可能です。

カードローンのお申込みにあたって不安な場合は、あらかじめ信用情報の開示請求をしておくという方法があります。または、審査に通らなかった場合の原因がわからないときに参考として請求するのもいいでしょう。信用情報機関は、主に信販会社や消費者金融機関のご利用を記録する「CIC(CREDIT INFORMATION CENTER)」や「株式会社日本信用情報機関」、そして主に銀行に関するお借入れを扱う「全国銀行協会」があります。

信用情報の開示請求は、1件あたり1,000円程度でできます。請求する方法は窓口やWebなど複数から選べますから、ご自分に該当しそうな信用情報機関に開示請求をしてみるといいでしょう。しかし、消費者金融の個人情報を扱う信用情報機関に銀行が加盟会員になっているケースもあり、次第に明確な線引きはなくなりつつあるのが現状です。そのため、どこに開示請求をしていいかわかりにくいかもしれません。ただ、ほとんどの信用情報機関ではWebサイト上で加盟会員の検索ができるようになっています。

カードローン審査のポイント:他社借入

カードローンの審査は、他社からのお借入れがどれくらいあるかも重要なポイントです。前述したように、他社のお借入状況についても信用情報から詳細を得ることができます。他社のお借入総額が審査のポイントになるのは、「総量規制」に達しないかどうか確認することが目的です。総量規制とは「貸金業法」に定められているもので、年収の3分の1を超えて貸付けてはいけないというルールのことをいいます。

貸金業法とは消費者金融や信販会社を対象とした法律で、銀行は対象になっていません。しかし、収支のバランスがとれた計画的なご利用ができるよう、銀行が提供するカードローンのお借入れについても総量規制と同様の制限を行うケースは増えています。そのため、銀行のフリーローンやカードローンのお借入れが多いと、審査に通るのはむずかしいといえます。

カードローン審査のポイント:返済能力

カードローン審査のポイント:返済能力

カードローンの審査では「無理なくご返済が可能かどうか」を見極めなければなりません。そのため、お客さま個人のご返済能力について総合的に評価します。望ましいのは、毎月同じくらいの額の給与が入り、収入が安定していることです。年収が高い必要もありませんし、雇用形態を理由に審査に通らないということもありません。

審査に必要なものは?書類をたくさん用意する必要はない

ご融資を受けると考えたとき、膨大な書類が必要なのではないかと思う人もいるかもしれません。しかし、カードローンのお申込みに必要な書類は基本的に本人確認書類だけです。本人確認書類とは、運転免許証またはパスポートのような顔写真が確認できる書類で、これらがない場合は健康保険証と住民票があれば申込ができます。住民票を取るのに時間がかかるときは、公共料金の領収書を代用することもできます。

ただし、お借入希望額が50万円を超えたり他社とのお借入総額が100万円を超えたりするときは、収入証明書類も必要になります。収入証明書類として使えるのは源泉徴収票や確定申告書、税額通知書の他、所得証明書や給与証明書のいずれかです。どれも用意するのは最新のもので、給与明細書は直近2か月分必要になります。また、カードローン会社によっては給与明細書に賞与明細書の提示も求められる場合があります。なお、プロミスの場合、お申込時の年齢が19歳以下のお客さまは収入証明の提出が必要となります。

審査に通らなくても再度申込みできる

カードローンにお申込みをしても審査に通らないこともあります。その場合「それも信用情報機関に記録されてどこも通らないのではないだろうか」と不安になる人もいるかもしれません。しかし、一度審査に通らなかったとしても、またカードローンにお申込みはできます。カードローンの審査はその都度行われるため、収入が上がったときや勤続年数が増えたときにもう一度お申込みすると、審査が通る場合もあります。立て続けにお申込みしたり無作為に何社もお申込みしたりすることはせず、ご自分の希望に合ったカードローン会社を慎重に選び、1社ずつお申込みすることをおすすめします。

自由度の高さと融資までの早さならカードローンがおすすめ

自由度の高さと融資までの早さならカードローンがおすすめ

個人向け融資にはさまざまなものがありますが、目的に関係なく使うことができ、自由度が高いという点でカードローンはおすすめです。ご融資までのスピードも早いため、急いでお金が必要なときにも安心できます。一度作っておけば、何度も繰返しご利用になれるのもカードローンの便利な点です。お申込みをする際は、必要書類を確認して不備のないようしっかりそろえておきましょう。

ただし、先々の返済も見据えて計画的に利用しないと、後々困ることになります。便利だからと言って無計画に使うことがないよう注意しましょう。

前の投稿今すぐお金が必要!早くて確実な手段はカードローン!利用開始までの方法

ローンカードって何?クレジットカードとの違いや利用の始め方を紹介!次の投稿

プロミスへのはじめての
お申込みはこちら

Webでのお申込なら来店不要最短1時間融資も可能! Webでのお申込なら来店不要最短1時間融資も可能!

Webでご契約まで可能!

※最短15秒で事前審査結果をご確認いただいた後、
本審査が必要となます。

※スマートフォンから「少ない入力項目で最短15秒回答」のお申込みが9:00~21:00の間に可能です。
お申込みいただく場合、最短15秒で事前審査の結果をご確認いただいた後、
本審査が必要となります。また、新規契約時点でのご融資上限は50万円までとなります。