確実に100万円ほしい!すぐにお金がほしい時に考えられる選択肢

今すぐお金を借りたい!

確実に100万円ほしい!すぐにお金がほしい時に考えられる選択肢

100万円くらいのお金が必要になったとき、どのような方法で用意すればいいか悩む人もいるかもしれません。預貯金から出せるのは理想的ですが、なかなかむずかしい場合もあります。そこで、この記事では「時間はかかるが100万円が集まる可能性がある手段」と「今すぐ100万円を用意できる可能性がある手段」について、一般的な情報をまとめて紹介していきます。

目次

とにかくお金が必要な時の選択肢

とにかくお金が必要な時の選択肢

100万円ほしいとき、毎月の給与の中から地道に貯金をしていけば貯めることは可能です。しかし、何らかの事情で今すぐお金が必要になることもあるでしょう。地道に貯金をしていては、急な出費には間に合いません。では、早めに100万円ほしい場合に考えられる「お金を用意できそうな選択肢」について紹介していきます。

物を売る

できるだけ早く「100万円ほしい」というときには、自分の持ち物を売るという方法があります。何か高価なものがあれば、それを売ってお金に換えるという方法です。例えば、自動車やバイク、楽器、ブランド品、貴金属などは買取ってもらうことが可能です。他にも、美術品や古銭、フィギュアや家具など、売れそうなものを買取専門店に売却すればお金を作ることができます。

一度使ったものは中古という扱いになりますが、貴金属のように購入時とほとんど変わらない額で売れるものもあります。ゴールドやプラチナなどの地金はそのときのレートで買取りしてもらえるため、中古といっても大きく値が下がることはありません。下がるどころか、レートによっては購入時より売却価格のほうが上回ることもあります。古銭や美術品など、希少性が高いものなら逆に値が上がる場合もあるでしょう。

買取専門店に抵抗があるなら、オークションサイトを利用して自分で出品することもできます。ほしい人がいれば自分が希望する値段で売れるかもしれません。ひとつひとつはそれほど高値が期待できなくても、いくつかまとめて売却できれば大きな金額になるかもれません。ただし、購入時に高価だったものでも、必ず高値で売れるとは限りません。ブランド品でも、人気がなかったり売却する人が多かったりすれば、高額での売却は期待できないでしょう。

アルバイトをする

やや時間はかかりますが、アルバイトをするのもひとつの手段です。時給制のアルバイトなら、働いた分だけお金をもらうことができます。夜間など少しでも時給がよい仕事を探せば、地道に100万円を貯めることも夢ではありません。1日にどれだけ働けるかで1か月あたりに得られる収入も見えてきますから、100万円を目標にするにはどれだけかかるか見通しも立てやすいでしょう。例えば、時給1,500円のアルバイトで1日4時間勤務できれば、平日だけ働いても1か月あたり12万円前後のお金を手に入れることは可能です。

日雇いなど日払いや週払いに対応しているアルバイトなら、月末まで待たずに現金を手にすることもできます。お金が必要な目的が生活費の補填や分割払いが可能なものであれば、日払いや週払いのアルバイトをすることで比較的短期間にお金の用意ができます。短期間でもできそうなアルバイトには、倉庫内での作業やコールセンターのオペレーター業務などがあります。他にも、飲食店やコンビニなども短時間のシフトで入りやすい仕事です。

国や自治体の制度を利用する

もしも、失業中で収入が得られない状況が続いているなど非常にお金に困っているなら、国や自治体の制度を利用するのもひとつの手段です。例えば、「生活福祉資金貸付制度」や「失業給付金」のように、一時的に生活に困窮した人のために用意された制度があります。「生活福祉資金貸付制度」は、安定した生活を目指して都道府県の社会福祉協議会が相談や貸付けに応じてくれる制度です。この制度は、低所得者や障害者世帯、高齢者世帯などが対象になります。

「失業給付金」は離職者が求職中に受けられる給付金で、退職をしたときはほとんどの人が申請をするでしょう。「失業給付金」の受給期間は雇用されていた期間などをもとにあらかじめ決められています。例え次の就職先が決まらない場合でも、期間が過ぎてしまえば引き続き受給することはできません。ただし、何らかの事情で30日以上働けない状況が続くときは失業給付金の延長をすることができます。「失業給付金」を受給していながら上述したような事情で働けない状況が続いているときは、早めにハローワークに相談したほうが安心できます。

カードローンでキャッシングをする

できるだけ早めにお金を用意したいときは、キャッシングをするのもひとつの選択肢です。キャッシングには、クレジットカードに付帯しているキャッシング枠をご利用する方法と、カードローンをご利用する方法の2種類があります。銀行や消費者金融からお金を借りるというと、抵抗を感じる人も少なくはないでしょう。一方で数万円程度でも本当に必要なときだけご融資を受け、お金が入ったらすぐにご返済するという上手な使い方をしている人もいます。無理なお借入れをせずに計画的な使い方をすれば、キャッシングはお金に困ったときに便利な解決法のひとつです。

お手持ちのクレジットカードにキャッシング枠がついていたり、すでにカードローンを持っていたりする場合はお借入れすることで、すぐにお金を手に入れることができます。クレジットカードもカードローンも、コンビニや銀行など提携ATMから簡単に引出せます。他にも、インターネット振込に対応している場合は、お客さまの口座に直接入金できるサービスのご利用も可能です。

ただし、クレジットカードについているキャッシング枠は、カードローンに比べると利用限度額が低いものが多いといえます。そもそも、クレジットカードの本来の目的はショッピング利用で、中にはキャッシング枠自体つけられないカードも存在します。そのため、クレジットカードで100万円をお借入れするのはむずかしいかもしれません。また、クレジットカードの場合、ショッピング枠のご利用が多いとその分キャッシング枠が少なくなることもあります。その点、カードローンはお借入れに特化したカードで、クレジットカードよりもご利用限度額が高い傾向にあるのが特徴です。

カードローンとは?そのメリット・デメリットは?

カードローンとは?そのメリット・デメリットは?

カードローンは、銀行系と消費者金融系の2種類に大きく分けることができます。銀行系とは銀行が発行しているカードローンで、消費者金融系とは消費者金融が発行しているカードローンのことです。いずれもWebや電話、窓口などでお申込みできることに変わりはありません。利用限度額については大きな差はないものの、金利は銀行系カードローンのほうがやや低い傾向はあります。その代わり、銀行系カードローンは審査に時間がかかることが多く、すぐにお金が必要なときには向いていません。一方、消費者金融系カードローンの多くは、即日融資に対応しており、お申込みのタイミングによってはその日のうちにお借入れできます。

カードローンのメリットは、なんといっても手軽にお借入れができることです。お借入れは、自分の口座へ振込んでもらう方法やATMから引出す方法などがあります。ATMの場合、銀行の他にコンビニなど提携しているATMなら利用可能で、専用カードを使用してお金を引出します。暗証番号と金額を入力するだけで、キャッシュカードで引出す方法と変わりません。ATMが稼働している時間帯ならご利用可能なため、夜間にお金が必要になったときもすぐにお借入れできます。お金の使い道についても自由で、けがや病気の治療費や冠婚葬祭の費用、さらに趣味や旅行などさまざまに使えます。

カードローンのデメリットといえば、お利息がかかってしまうことです。また、中には便利さゆえに使いすぎてしまう人もいます。カードローンのご利用がデメリットにならないためにはできるだけ早めのご返済を心がけ、あらかじめ計画をしっかり立ててから借りることです。そして、お金に余裕ができたときは早めのご返済をすればお利息を抑えられます。

カードローンで100万円借りたら利息はどうなる?

カードローンに興味は持っても、お利息が気になるという人もいます。そこで、100万円お借入れした場合のお利息やご返済はどのようになるのか説明していきます。

利息の計算方法

お利息を計算する方法はとてもシンプルです。「お借入金額×金利÷365日×ご利用日数」で計算でき、うるう年のときは1年を366日にします。このように、お利息はお借入れした日数分のみ発生します。金利とは借入利率のことで、法律でも決められているため、どんなに高くても20%を超えることはありません。「利息制限法」では、お借入金額に応じてみっつに分けられています。お借入金額が10万円未満なら金利の上限は20%、お借入金額が10〜100万円未満なら金利の上限は18%、そして100万円を超えてお借入れする場合の上限金利は15%です。

100万円借りたらどうなる?

では、もしも100万円をカードローンでお借入れした場合のご返済はどのようになるのでしょうか。金利15%で借り、月あたり2万6,000円でご返済を続けた場合の支払い総額はおよそ137万円になります。これは、残高スライド元利定額返済方式でご返済するもので、完済までには4年以上かかる計算です。そして、この場合のお利息はおよそ37万円かかることがわかります。ただし、繰上返済などをご利用することで余裕のあるときに多めに払うようにすれば、それよりも早く完済できます。もちろん、その分お利息も抑えることは可能です。

実際のお利息や月々のご返済額は、お借入額とご返済期間、金利で変わります。どれくらいでご返済できるのか知りたいときは、カードローン会社のWebサイトに用意している「ご返済シミュレーション」をご利用ください。お借入れしたい額や希望のご返済期間といった情報を入力すると、月々のご返済総額などを見ることができます。ご返済シミュレーションで、借りる前にご返済可能かどうか確認しておきましょう。

カードローンで100万円は誰でも借りられるの?

カードローンは一度ご契約できれば、その後はご利用限度額の範囲内で自由にお借入れできます。しかし、たとえ必要だとしても誰もが100万円を借りられるわけではありません。カードローンをお申込みになる際のお借入希望額はお客さま自身が申告するものですが、実際のご利用限度額は審査で決まります。消費者金融系カードローンの場合、年収の3分の1を超える額を貸付けてはいけないことになっています。これは、「貸金業法」の中の「総量規制」というルールによるもので、例えば、年収が300万円の人の場合の借入可能な限度額は100万円です。つまり、年収が300万円を超えていれば法的に100万円借りることは可能といえます。

ただし、すでに他社でお借入れがあると、その金額を差引いた額しか借りることはできません。年収の3分の1とは、あくまでお借入全体の額を指しているためです。「貸金業法」は消費者金融を対象にした法律で、銀行系カードローンには適用されません。しかし、収支のバランスが取れた計画的なご利用のために、総量規制を意識して貸付けをする銀行は増えているのが現状です。また、お借入希望額が50万円を超える場合、カードローン会社は収入証明書類の提出を求めています。さらに、信用情報をもとに他社のお借入状況について確認し、健全なご返済ができるかどうか審査したあと、実際のご利用限度額が決まります。

「すぐにお金が必要」な時でも焦らずによく考えよう

「すぐにお金が必要」な時でも焦らずによく考えよう

必要なお金がないときは苦しい状況が続くかもしれません。しかし、苦しいときだからこそ焦ることなく冷静になって考えることが大切です。例えば、支払いを数日延ばしてもらうだけで解決できる問題なら、相談してみるのも1つの方法です。まず着実な方法を検討しましょう。

前の投稿カードローンの「金利」の意味・計算方法って?抑えるためのコツは?

今すぐお金が必要!早くて確実な手段はカードローン!利用開始までの方法次の投稿

プロミスへのはじめての
お申込みはこちら

Webでのお申込なら来店不要最短1時間融資も可能! Webでのお申込なら来店不要最短1時間融資も可能!

Webでご契約まで可能!

※最短15秒で事前審査結果をご確認いただいた後、
本審査が必要となます。

※スマートフォンから「少ない入力項目で最短15秒回答」のお申込みが9:00~21:00の間に可能です。
お申込みいただく場合、最短15秒で事前審査の結果をご確認いただいた後、
本審査が必要となります。また、新規契約時点でのご融資上限は50万円までとなります。