カードローンの種類って? カードローンの基礎から選び方・賢い使い方まで

不安解消

カードローンの種類って? カードローンの基礎から選び方・賢い使い方まで

カードローンに興味を持っているけれど、種類が多く、どれに申込めばいいのか迷っている人もいるのではないでしょうか。細かい違いがありそうで、どれを選べばいいのかわからないと困ってしまう場合があるかもしれません。自分に合ったカードローンを決めるには、まず基本的なことを知っておく必要があります。この記事ではカードローンの基礎知識や種類、審査など、選ぶうえで知っておきたい一般的な情報について紹介します。

目次

カードローンとは

カードローンとは

カードローンとは、個人向けの融資のひとつです。一般的な融資とは違い、カードローンは使い道を問われることはありません。利用限度額の範囲内であれば、いつでも自由に繰り返し借入れができます。もし、利用限度額いっぱいまで借りた場合でも、一旦完済するか返済を進めていくことで再び借入れができるようになります。カードローンは、専用のカードを使ってお金を引き出すのが一般的な方法です。専用カードは、カード会社のキャッシュディスペンサーやATM、または提携しているコンビニや銀行のATMで使えます。

他には、指定した口座に入金してもらう方法や、スマートフォンのみを使ってカードレスでの借入れに対応しているカードローンもあります。返済は、毎月少額ずつ払っていくことが多いですが、中には随時返済や繰上返済に対応しているカードローンもあり、余裕のあるときにまとめて返済することも可能です。返済時には、元金に利息を乗せた額を支払います。

カードローンのメリット

カードローンのメリット

では、カードローンにはどのようなメリットがあるのか具体的に見ていきましょう。

借入れ・返済が楽

カードローンは、借りたお金に利息を添えて返済をする点では他の融資と同じです。ただし、借入れと返済が楽にできるというメリットがあります。通常、融資を受けるときは必要な金額を1回しか借りることはできません。例えば50万円必要な場合、審査に通れば金融機関から50万円が振込まれ、それで完済すれば終わりです。その50万円を使った後に追加でお金が必要になったときはもう一度融資を申込み、審査も新たに行います。

ところが、カードローンは一度専用カードが発行されれば、利用限度額の範囲内で繰返し借入れができます。利用限度額が50万円のカードローンで50万円全額借りたとしても、完済すればまた50万円まで借りることが可能です。通常の融資のように、ゼロから申込みと審査をする必要はありません。借入れも簡単で、コンビニや銀行などのATMを利用して自分の口座から預貯金をおろすような感覚で使えます。返済もATMでの入金や口座振替など手軽な方法が選択できます。一度カードが発行されれば好きなときに借入れが可能で、急にお金が必要になってもすぐ借りることができます。

保証人や担保が基本的に不要

カードローンは、基本的に保証人や担保が要りません。借入額が50万円を超えるなど高額になるときは収入証明を求められますが、保証人や担保は金額に関係なく不要です。そのため、手軽に利用できるというメリットがあります。中には、借入れを周囲に知られたくない人もいるでしょう。しかし、保証人が必要であれば誰かに事情を説明してお願いしなければならず、借入れすることを知られてしまいます。担保とは、万が一返済がむずかしくなったときに代わりに差出すもので、担保を用意できない人でもカードローンを利用できます。

ただし、学生や主婦でも利用可能なカードローンは親または配偶者の同意を求められることが多いため、注意が必要です。カードローンの多くは、未成年者や安定収入がない人への融資を行っていません。そのため、学生や主婦は親や配偶者の同意が必要となるのです。ただ、配偶者の同意が必要になるのは収入がない専業主婦がほとんどで、自分の収入をしっかり得ている主婦は同意がなくても契約できるケースが多くなっています。また、保証人を探す必要はないものの、カードローンによっては保証会社の保証を受けなければならないこともあります。

利用目的を固定されない

ローンと呼ばれるものには住宅ローンやマイカーローンなどがあります。これらのローンはそれぞれ、目的以外で使うことはできません。他にも使い道が限定されたローンは多く、その場合は融資を受けたあとに「確かにその目的に利用したことの証明」として領収書の提出を求められるケースがほとんどです。また、申込みの際は見積書の提示を必須としているローンが多くなっています。

これに対して、カードローンは使い道が限定されていません。審査に通ることができれば、基本的にはどのようなことに使っても本人の自由です。お申込みのときに利用目的をきびしく確認されることもなく、好きなことに使えます。例えば、旅行費用にしたり冠婚葬祭の出費にあてたりすることも可能です。他にも、出費が多かったときの生活費の補填や急な入院などの医療費にあてることもできます。多くの人はカードローンを自分の都合で使い道を決めています。ただし、注意しておきたいのは事業性資金としては利用できないことが多いという点です。ただ、中には事業性資金として利用可能なカードローンもあるので、必要な場合には申込みのときに確認したほうがいいでしょう。

クレジットカードの「キャッシング」との違い

クレジットカードの「キャッシング」との違い

使い道が自由な借入れといえば、他にもクレジットカードのキャッシング枠があります。好きなように使えてカードでお金が引出せるという点が共通しているため、この2つがどう違うのか疑問を持つ人もいるかもしれません。似ているようですが、この2つにはいくつか違いがあります。違いの1つとしてあげられるのは、カードローンにはショッピング枠がついていないことです。一方、クレジットカードはショッピングに特化しているカードで、必ずキャッシング枠がついているわけではありません。中にはキャッシングができないクレジットカードも存在します。

また、クレジットカードのキャッシングは借入れした分だけショッピング枠から差引かれることもあるため、利用には注意が必要です。借入れが可能な限度額については、クレジットカードよりカードローンのほうが高額な傾向があります。金利についても異なりますが、これはカード会社や契約内容に応じて変わってくるもので、どちらが高いか安いかは一概にはいえません。返済方法については、大きな違いがあります。クレジットカードでキャッシングをすると、通常はショッピング利用と合算して毎月返済するか一括返済がほとんどです。一方、カードローンは返済方法に柔軟性が高く、ATMからの返済や口座振替、窓口返済などが利用可能で、分割支払いができるほか、繰上返済や一括返済など自由に選べます。

カードローンの種類

カードローンの種類

カードローンは、大きく分けると銀行系と消費者金融系の2種類に分けられます。では、どのような違いがあるのか見ていきましょう。

消費者金融系カードローン

消費者金融系カードローンとは、消費者金融業を営む会社が提供しているカードローンのことです。消費者金融とは個人を相手にお金を貸す事業者のことで、銀行のように預貯金や両替などのサービスはありません。そして、「貸金業法」にもとづいて貸付けを行っているのも、銀行との違いです。貸金業法には、借主の年収の3分の1を超える貸付けをしてはいけないというルールがあります。そのため、審査の際には他社からの借入れ状況なども確認されるのです。

消費者金融系カードローンの特徴の1つは審査が早いことです。実際にかかる時間はカード会社によって違いはありますが、早い場合は即日融資に対応できる場合もあります。サービス内容もさまざまで、借入開始から一定の期間だけ利息がかからないサービスを提供しているカード会社も増えています。ただし、無利息で利用するためにいくつかの条件があるケースが多いため、事前確認が必要です。

銀行系カードローン

銀行系カードローンとは、銀行が提供しているカードローンです。銀行は「銀行法」にもとづいて運営を行っており、貸付けに対する考え方も消費者金融とは異なります。銀行法とは都市銀行や地方銀行などを対象とした法律で、貸金業法とはさまざまな違いがあります。まず、銀行法には貸金業法のような総量規制というルールは設けられていません。ただし、利用者が借りすぎてしまうことを防ぐために、他社からの借入額を考慮しながら審査を行う銀行は増えてきています。

銀行系カードローンの特徴は、全体的に金利が安い傾向にあることです。その分、審査に要する時間が長いことも特徴の1つで、数日〜1週間程度はかかります。そのため、消費者金融系カードローンのように即日融資には対応していません。以前は、即日融資が可能な銀行系カードローンも見られましたが、2021年現在では廃止されています。

返済方法の「リボルビング方式」って?

カードローンで多くのカード会社が採用しているのが「リボルビング方式」です。リボルビング方式とは「リボ払い」と略されることも多く、クレジットカードの支払い方法として知っている人が多いかもしれません。リボルビング方式とは「毎月一定の金額を返済する方式」のことで、端数が出ないのが特徴です。例えば1万円や7000円といった切りのよい金額になることがほとんどで、毎月の返済計画が立てやすくなるという特徴も持っています。

毎月の返済額はカード会社や借入額に応じて異なりますが、少額となっているコースも多く、毎月の負担が少ないことも特徴の1つです。ただし、毎月の返済額が少ないと、その分完済までの期間が長引く恐れが出てきます。さらに、その分利息が増える可能性も高くなります。毎月無理のない返済を続けながら利息をできるだけ抑えるには、余裕のあるときに多めに返済することが欠かせません。繰上返済や一括返済に対応しているカードローンを選べば、柔軟な返済ができます。

カードローンのお申込みについて

次に、カードローンのお申込みについて一般的な流れを説明します。

お申込みから借入れまでの流れ

カードローンの申込方法にはさまざまなものがあります。カード会社によって異なりますが、電話や店頭窓口、Webなどで、ほとんどのカード会社では複数の方法を用意しています。ただし、申込方法によって借入れまでにかかる時間に違いが出るため、早めに借りたいときはあらかじめ確認が必要です。申込みを行うと、次は必要書類を提出します。書類は郵送とWebでの提出の2種類が一般的で、Webの場合は必要書類を画像にしてアップロードする方法が一般的です。

このとき、カード会社によっては仮審査をまず行ったうえで必要書類を求められることもあります。また、郵送を選ぶ場合は到着までに日数がかかり、即日融資は利用できません。必要書類を提出した後は審査に入ります。仮審査を行う場合も本審査は必ず実施され、カードローンの利用条件を満たしているか判断されます。そして、審査に通ればカードが発行されて利用できるようになります。ただし、スマートフォンを利用するなどカードなしで借入れできるカードローンの場合、カードは発行されません。

必要書類

カードローンのお申込みに使う必要書類とは、基本的に「本人確認書類」と「収入証明書類」の2種類です。収入証明が必要になるのは原則として50万円を超える額を借入額(利用限度額)として希望する場合で、それより低い額なら通常は必要ありません。ただし、他社からの借入れがあるなど状況によっては求められることもあります。

本人確認書類とは、運転免許証や健康保険証、パスポート、マイナンバーカードなどのことです。カード会社にもよりますが、顔写真がない書類を使う場合、他に住民票や公共料金の領収書などが必要になることもあるため、事前に確認したほうがいいでしょう。収入証明書とは、源泉徴収票や給与明細、所得証明、確定申告書のことです。給与明細を使うときは、直近2カ月分などカード会社ごとに条件が決められています。

「審査」は何を見られるのか

審査ではどのようなことが重視されるのか、気になる人は多いでしょう。カードローンの多くは、利用者が無理のない返済を続けていけることを第一に確認しています。そのため、審査でもっとも見られる点は返済能力です。カードローンは融資ですから、借りた後はきちんと返済をしなければなりません。家計に大きな負担をかけることなく、返そうという責任感やその能力があるかどうかを判断する必要があります。

信用情報機関で個人の信用情報を開示してもらうのは、そのためです。信用情報には、利用者の金融取引に関する情報が一定期間記録されています。総額も含めた他社からの借入状況はもちろん、支払いの遅延などもすべて確認でき、返済できるかどうか判断できるというわけです。もちろん、安定収入があることも重要なポイントになります。ただし、特に高収入ではなくても、安定収入があって遅延などが見られなければ問題ないと判断されることが多くなっています。

カードローンの選び方

最後に、カードローンの上手な選び方を紹介します。カードローンは他の融資より利息が膨らみやすいことを考えると、できるだけ金利が低いものを選ぶことがポイントです。ただし、だからといって金利だけに注目せず、借入方法と返済方法が柔軟に選べるかどうかも確認しましょう。返済日は自由に選ぶことができるか、ATMからの返済なら近くに対応しているコンビニや銀行があるかどうかも重要な判断材料です。Web上での借入れや返済ができることも事前にチェックしておくと安心です。

前述したように、返済方法は繰上返済や一括返済なども選べると、その分利息を節約できます。人によっては、利用限度額や借入れまでにかかる日数も重視したほうがいいでしょう。特に、すぐに必要なときは即日融資に対応しているカードローンを選ぶと早めに借入れできます。また、消費者金融系カードローンの中には無利息サービスが利用できる場合もあります。無利息サービスとは、一定期間内で一括返済すれば利息がかからないサービスのことで、ボーナス前の利用など一時的にまとまったお金が必要なときに便利です。

カードローンの種類を理解して自分に合ったものを選ぼう!

カードローンは金利や限度額、利用方法など細かい違いがあり、ひとつに絞るのはむずかしいかもしれません。まずは計画を立て、返済期間や借入希望額、毎月可能な返済額を明確にしたら、それをもとに自分に合ったカードローンを選ぶことです。プロミスなら30日間の無利息サービスを提供しています。アプリからの申込みやWebでのキャッシングと返済が可能です。利便性と融資スピードを重視したいなら、プロミスを検討してみましょう。

前の投稿カードローンの手数料が気になる!ATM手数料について・お得な利用方法

カードローンは完済時に解約すべき?解約のメリット・デメリットと解約方法次の投稿

プロミスへのはじめての
お申込みはこちら

Webでのお申込なら来店不要最短1時間融資も可能! Webでのお申込なら来店不要最短1時間融資も可能!

Webでご契約まで可能!

※最短15秒で事前審査結果をご確認いただいた後、
本審査が必要となます。

※スマートフォンから「少ない入力項目で最短15秒回答」のお申込みが9:00~21:00の間に可能です。
お申込みいただく場合、最短15秒で事前審査の結果をご確認いただいた後、
本審査が必要となります。また、新規契約時点でのご融資上限は50万円までとなります。