キャッシングは怖い?よくあるキャッシングの誤解と安全に利用する方法

不安解消

キャッシングは怖い?よくあるキャッシングの誤解と安全に利用する方法

お金が必要でキャッシングしようかと考えてはいるものの、キャッシングに対して怖いと感じてはいないでしょうか。あまりよいイメージを持っていないと、キャッシングを躊躇するかもしれません。この記事では、キャッシングを怖いと思っている方に向けて、ありがちな誤解と利用前に知っておきたい基礎知識など一般的な情報をまとめて解説していきます。

目次

「キャッシングって怖いのでは?」と不安になるのはなぜか

「キャッシングって怖いのでは?」と不安になるのはなぜか

キャッシングが怖いと感じてしまうのは、いくつかの理由があげられます。例えば、「取り立てが強引そうで怖い」「利息が高くて返済が苦しくなるのでは」といった印象があるのではないでしょうか。または、「利用すると金銭感覚が麻痺してしまう」と不安になる方もいるかもしれません。中には、ドラマや映画の中で借金をする人の悲惨な描写が印象に残っている方もいるでしょう。

しかし、ドラマや映画の中で描かれていることは演出されたものですし、返済が苦しくなるのも自分の返済能力を超えて借りた場合のことです。キャッシングに対して怖いイメージを持つ方は、正しい知識を持っていない可能性があります。

キャッシングは怖くない理由!消費者は法律で守られている

キャッシングは怖くない理由!消費者は法律で守られている

結論からいえば、これまで例にあげてきた不安は自分次第で回避することが可能です。借入れをしたとき、何らかの事情で返済が遅れてしまっても、ドラマや映画にありがちな強引で暴力的な取り立てが行われる心配もありません。実際には遅れていることを知らせる督促の連絡はありますが、自宅に訪問されることはまずありません。お金を借りるというとどこか負い目を感じてしまう方もいるでしょうが、消費者は法律によって守られています。

例えば、「お金を返さないと会社に行けないようにする」「〇〇してやるぞ」といった過剰な取り立てや恐怖心をあおる言動は法律で禁止されています。もちろん、利息についても同じです。過剰な取り立てや高すぎる利息については「貸金業法」で禁じられており、法律違反が認められた金融業者は罰則を受けることになります。例えば、21:00〜翌朝8:00までの間は正当な理由がない限り督促の電話をすることはできません。訪問についても同様です。また、親族や友人など本人以外に借入れの事実や返済の話をすることも禁じられています。利息については「利息制限法」と「出資法」のふたつの法律で厳しく制限されています。特に「出資法」は法律違反をすれば刑事罰の対象となるため、金融業者は慎重にならざるをえません。

ただし、いくら法律で守られているといっても、自己コントロールは必要です。借入れが可能でも必要のないお金を借りて浪費するようになれば、金銭感覚の麻痺につながります。ドラマのような怖い取り立てや高すぎる利息はありませんが、計画的な利用を心がけることが大切です。

キャッシングの基礎知識

キャッシングの基礎知識

キャッシングは決して怖いものではありませんが、利用の前に具体的なサービス内容について確認しておく必要はあります。そうでなければ不安は消えないかもしれません。ここでは、知っておきたいキャッシングの基礎知識について見ていきましょう。

キャッシングはクレジットカードとカードローンの2種

キャッシングには、主に2種類あります。ひとつはクレジットカードに付帯しているキャッシング機能のことで、もうひとつはカードローンを利用して借入れすることです。クレジットカードにはショッピング機能とキャッシング機能があります。ショッピング機能とは「ショッピングの代金を立替える」もので、商品の購入やサービスの利用にしか使うことができません。これに対してキャッシング機能は「お金の借入れができる」ものです。また、クレジットカードの場合はどのカードにもキャシング機能がついているわけではなく、そもそも付帯できないカードも存在します。

一方、カードローンはキャッシングのみに特化しているため、ショッピング機能はついていません。キャッシング機能もカードローンも現金を借りるということに変わりはありません。

申込み方法と審査について

カードローンを新規で申込む方法はさまざまで、金融業者によって異なっている部分もあります。まず電話をして仮審査をするケースもありますが、スマートフォンの普及などから増えているのが、インターネットによる申込みです。よく見られる申込方法の例をあげてみましょう。はじめにインターネットから申込みをします。すると本人確認の連絡が入り、続いて審査が開始されます。この審査に通過すれば次に行われるのが契約です。その後、カードが発行されて実際に利用できるようになります。

即日融資に対応している金融業者も増えているため、申込みの時間帯次第ではその日のうちに借入れできることも珍しくありません。対応可能な時間帯は金融業者によって異なりますが、夕方までに申込みして審査に通過できれば、即日の借入れもむずかしくはないでしょう。または、翌日の早朝など早めに借りられるカードローンが増えています。カードローンの場合、審査の過程で「在籍確認」があるのが一般的です。「在籍確認」とは、申込みした本人が申告した会社に本当に在籍しているかどうかを確認することで、勤務先に報告されるわけではありません。

審査をする上で、安定した返済ができることも大切な判断基準になります。そのため、本人が申告した会社で確かに働いているという事実を確認するのです。勤務先に金融業者から電話が入りますが、会社名を伝えることはありません。通常は個人名しか名乗りませんし、借入れに関する確認だとわからないように配慮することが一般的です。

借入れ・返済などの利用方法

キャッシングする方法や返済方法は金融業者によってさまざまで、どのカードローンを見ても多様な利用方法が用意されています。では、実際にどのようなものがあるのか見ていきましょう。もっとも多いのは、カードローン会社のキャッシュディスペンサーや提携先のATMからの引出しです。提携先のATMは、銀行のほかにコンビニなどがあります。コンビニは24時間利用しやすいため、必要なときにいつでも現金の引出しが可能です。

キャッシュディスペンサーやATMからの引出しのほかに、インターネット振込に対応しているカードローンもあります。インターネット振込は電話またはインターネットでの利用が可能で、早ければ10秒ほどで自分の口座に振込してもらえるため便利な方法です。口座への振込は、公共料金などの引落しをひかえているときに心強いサービスといえるでしょう。返済方法については、月々一定の額を支払うリボ払いか、全額を一括で支払う方法が一般的です。ただし、リボ払いを選択した場合も後から繰上返済ができるカードローンもあります。返済するときは、口座からの引落しのほかにコンビニのATMや窓口なども選択可能です。

安全に利用できるキャッシングサービスの提供者

安全に利用できるキャッシングサービスの提供者

キャッシングは正しい使い方をすれば安全なサービスといえます。しかし、信頼できる金融機関やカードローン会社を選ぶことができないと、トラブルが起こらないとも限りません。では、安全にキャッシングサービスを受けられる提供者とはどのようなものか説明していきます。

銀行

カードローンは、銀行から発行されているものもあります。すべての銀行がカードローンのサービスを提供しているわけではありませんが、キャッシングに抵抗を感じる方でも安心感があるのではないでしょうか。銀行が発行しているカードローンは利息が低めの傾向があるものの、その分審査がやや厳しいことが特徴です。また、銀行系のカードローンは、ほとんどが即日融資には対応していません。銀行にもよりますが、申込みから利用までには数日かかるのが一般的です。

大手消費者金融

銀行が発行する銀行系カードローンのほかに、消費者金融が発行するカードローンもあります。「消費者金融」という響き自体が、怖いと感じる方もいるかもしれません。しかし、大手の消費者金融になると銀行グループの傘下に入っていることが多いため、比較的に安心感があります。また、消費者金融系のカードローンは、銀行系とくらべて申込みから利用までの時間が早いことが特徴的です。また、即日融資に対応しているカードローンも多いため、急な出費にも安心できるでしょう。

キャッシングの利用をおすすめしない方

キャッシングの不安要素のひとつに「借金苦」や「金銭感覚が麻痺する」といったものがあります。どのような人がこういった状況に陥りやすいのでしょうか。まずひとつは、ギャンブルの資金としてキャッシングを考えている人です。ギャンブル資金をキャッシング調達してしまうと、負けたときに損をした分を取り返そうと必死になり、借入れを重ねてしまう傾向が見られます。その結果、気づいたときには借入額がふえている事も少なくありません。

また、もしも勝った場合でも、資金がなくなればいつでも借入れすればいいと思ってしまう方もいます。こうなると、「金銭感覚が麻痺する」といっていいでしょう。そもそもギャンブルが日常化すると、自分にも周囲にもよいとはいえません。ギャンブルの多くは違法で、法令上禁止されています。ギャンブル資金として借入れを行うことも法令上禁止されていますし、債務整理を考えるときも免責されない可能性が高くなります。

また、生活が困窮しているときは、キャッシングよりも公的貸付制度に頼った方がいいでしょう。福祉を目的とした貸付なら無利子で利用できるものもあります。借入れできる金額は少ないかもしれませんが、利息を支払うことがない分返済しやくなります。

返済が苦しくなる事態を避けるために

キャッシングを利用したものの、借入額が増える事はよいこととはいえません。そこで、借入額をを増やすことなく上手に使うためにはどのようにしたらいいのか説明していきます。

返済シミュレーションをして計画的に利用する

キャッシングは、何よりもまず返済計画を立ててから利用することが重要です。そして、実際に利用してからもときどき自分の借入状況を確認し、常に把握できる状態にしておきましょう。カードローンを提供している金融業者の多くは、Webサイト上で返済シミュレーションを用意しています。利用する前に返済シミュレーションを活用すると、返済状況をイメージしやすくなります。キャッシングを上手に使うには、無理のない返済をすることです。そのためには、できるだけ返済途中で新たな借入れをしてはいけません。借入れと返済を繰り返してしまうと、それだけ利息の計算がむずかしくなります。もし、返済中に新たに借りたときは、こまめに利息額を確認し、しっかり把握しておくことが大切です。

利息や手数料がかさまないよう注意する

キャッシングしたときにかさみやすいのが利息と手数料です。利息や手数料は、借入額が少ない場合でも返済が長期にわたってしまえばかさむことになります。返済総額をできるだけ抑えるには早めの完済が重要であり、キャッシングをかしこく利用するポイントといえるでしょう。また、返済をするときは、手数料のかからない方法を選ぶことも上手な利用法です。

そして、お金に余裕ができたときは多めの返済や繰上返済をするなどして、できるだけ返済期間を縮めることも忘れてはいけません。複数の金融業者からの借入れも手数料がかさむ原因になります。返済日も複数になりますから、振込などの手間も大きくなるでしょう。さまざまな面から、複数の借入れがあることは好ましいとはいえません。

キャッシングは怖くない!賢く計画的に利用しよう

キャッシングそのものは、決して怖いものではありません。取り立てや法外な利息があるのではないかと不安に感じていた方も、この記事を読んで理解いただけたのではないでしょうか。消費者は法律で守られていますし、金融業者をきちんと選べば安全なキャッシングは可能です。ただし、計画性と自制心は必要ですから、それを忘れないようにして賢く利用しましょう。

前の投稿キャッシングが利用停止!? 考えられる原因・対処法と今後の対策

キャッシングの利用に年齢制限はある?未成年者・高齢者は審査が通るのか次の投稿

プロミスへのはじめての
お申込みはこちら

Webでのお申込なら来店不要最短1時間融資も可能! Webでのお申込なら来店不要最短1時間融資も可能!

Webでご契約まで可能!

※最短15秒で事前審査結果をご確認いただいた後、
本審査が必要となます。

※スマートフォンから「少ない入力項目で最短15秒回答」のお申込みが9:00~21:00の間に可能です。
お申込みいただく場合、最短15秒で事前審査の結果をご確認いただいた後、
本審査が必要となります。また、新規契約時点でのご融資上限は50万円までとなります。