お金が必要!キャッシングとは?カードローンとは?

基礎知識

お金が必要!キャッシングとは?カードローンとは?

お金を借りる手段はいろいろありますが、早めの借入れが可能な方法といえばキャッシングやカードローンでしょう。しかし、このふたつの違いがよくわからない、具体的な利用方法を知りたいという人は多いかもしれません。そこで、この記事では「キャッシング」と「かードローン」についてそれぞれの特徴や借り方、返済方法など一般的な情報について紹介していきます。

目次

「キャッシング」と「カードローン」ってどんなサービス?

「キャッシング」と「カードローン」ってどんなサービス?

はじめに、キャッシングとカードローンとは一般的にどのようなものを指すのか説明していきます。

キャッシングとは

審査に通りやすいポイントとしてまずあげられるのは、返済に関する遅延や滞納がない人です。借入れしたら利息もあわせて完済するのが前提であり、返済について問題がないと判断された人が審査に通りやすいといえます。例えば、クレジットカードの支払いや携帯電話の端末の分割払いなどに遅延があると、審査に通りやすいとはいえません。他にも、学生時代に奨学金を利用していた人も注意が必要です。奨学金を借りること自体は問題ではありませんが、遅延など返済がスムーズに進んでいないと審査に影響を及ぼします。

キャッシングとは、簡単にいえばATMを利用してお金を借りるサービス全般を指す言葉です。しかし、一般的にキャッシングというと「クレジットカードに付帯しているキャッシング機能」を指すことが多いため、ここではクレジットカードの機能のひとつとして説明します。クレジットカードとはショッピング機能が主で、本来は商品の購入代金やサービスの利用料、公共料金の支払いなどの「立替え」をしてもらうカードです。

クレジットカードの中にはキャッシング機能がついているカードもあり、あらかじめ設定された利用限度額の範囲内で現金を借りることができます。ただし、キャッシング機能がついていても、ショッピングの利用限度額を超えて借入れできるわけではありません。クレジットカードに付帯しているキャッシング機能はあくまでサービスのひとつで、メイン機能はショッピングの立替えです。しかし、キャッシング機能がついていると急にお金が必要なときに便利です。

「カードローン」とは

カードローンとは、借入れ専用のカードのことです。お金を借りることに特化しているのが特徴で、クレジットカードのようにショッピング機能はついていません。利用限度額の範囲内であれば、いつでも自由にお金を借りることができます。クレジットカードは主に信販会社から発行されていますが、カードローンの発行元は銀行や消費者金融です。カードローンを契約するには審査が必要で、この点はクレジットカードと変わりはありません。

前述したように、カードローンでお金を借りることもキャッシングといい、利用方法についてもクレジットカードで借りる場合とほとんど同じです。カードローンで可能な借入金額は最高で500〜800万円ほどですが、中には1,000万円を超えて利用できるカードもあります。ただし、利用限度額は利用者の年収や他社の借入れ状況などで決定されるため、誰もが最高限度額まで借入れできるわけではありません。

カードローンとキャッシングの利用方法

カードローンとキャッシングの利用方法

クレジットカードのキャッシングもカードローンも、いずれもATMから現金を引出すことができます。対応しているATMは、ゆうちょ銀行をはじめとした提携先の銀行やコンビニなどが主です。現金を引出すには、他に専用のキャッシュディスペンサーを利用する方法もあります。キャッシュディスペンサーの設置場所や提携しているATMはクレジットカード会社やカードローンを発行する金融機関ごとで異なりますから、あらかじめ確認が必要です。

クレジットカードでATMからキャッシングするには「お引出し」「クレジットカード」「取引開始」といったボタンを押し、カードを挿入します。続いて暗証番号を入力したら「キャッシング」を選択してリボ払いなど支払方法を選び、最後に金額を入力します。カードローンの場合は、カードを挿入したら暗証番号の入力、続いて金額の入力という流れが一般的です。ATMを利用する以外に、自分の口座に振込してもらえる振込キャッシングに対応しているカードもあります。振込キャッシングはクレジットカードでもカードローンでも対応しているケースが増えており、口座のキャッシュカードで引出すことが可能です。

キャッシングとカードローン:返済方法

キャッシングとカードローン:返済方法

次に、クレジットカードを利用したキャッシングとカードローンの返済方法についてそれぞれ説明していきます。

一括払い

一括払いとは、あらかじめ決められた返済日や自分の都合の良いタイミングで一回で全額を支払う返済方法です。カード会社によって具体的な方法は異なりますが、一括払いは一度だけ返済すればいいわけですから、毎月返済日を把握しておく手間はかかりません。そのうえ、利息を抑えられるというメリットもあります。その反面、借入金額が多いと一括での返済はむずかしいことも多く、無理をしないことが大切です。一括払いを選ぶ場合は、ボーナスなど臨時収入の予定があるときにしておくといいでしょう。借入金額とその後の収入のバランスをよく考えて決めると、支払いが厳しくなるという失敗を防げます。

リボ払い

カードローンでキャッシングするとリボ払いが多い傾向にあります。ただし、クレジットカードでキャッシングしたときもリボ払いに応じているカードもありますから確認した方がいいでしょう。リボ払いとはリボルビング払いを略した呼び方で、毎月一定の金額を払っていく返済方法です。月々の返済額はカード会社によって異なり、低い金額での返済なら毎月の負担が軽いというメリットがあります。ただし、返済期間が長引けば利息部分がかさむことになるため、注意は必要です。

リボ払いは、主に「残高スライド元金定額払い」と「毎月元金定額払い」の2種類が用意されています。「残高スライド元金定額払い」とは最終の借入額に応じて返済額が変わる方法で、利用残高が減るにしたがって返済額も減額されます。一方、「毎月元金定額払い」とは借入額に関係なく最後まで一定の金額を返済していく方法です。キャッシングをした際、「残高スライド元金定額払い」と「毎月元金定額払い」を自由に選択できるわけではありません。通常はカード会社が、どちらか一方を採用しています。

キャッシングとカードローン:金利

キャッシングとカードローン:金利

キャッシングをするとき、金利が気になる人は多いのではないでしょうか。ここでは、キャッシングやカードローンの金利について説明していきます。

そもそも金利って?利息とはどう違う?

キャッシングをする際、利用限度額に応じて設定されているのが「金利」です。ところで、金利と「利息」を混同することはないでしょうか。利息とはお金を借りると発生するもので、借りた額と借りた期間によって変わります。キャッシングなどでお金を借りたときは、借りた分に利息を乗せて返済をします。つまり、利息とはお金を借りる際のレンタル料のようなものと考えればいいでしょう。

利息に似た言葉で「利子」があります。利子とは金融機関が利用者に対して支払うもので、口座などに預けたお金に上乗せされるものです。お金に上乗せするということは同じでも、利息は利用者が金融機関に支払うもので利子は金融機関から利用者が受取るという点が違います。金利とは借入額に対して利息を乗せる際の「割合」のことです。つまり、金利とは「いくら借りたときは何%乗せるか」を決める数字で、金利がわからなければ利息を計算することはできません。

利息の計算方法

キャッシングをしたとき、自分でも簡単に利息の計算をすることは可能です。一般的な利息の計算方法は「利用金額×借入利率÷365日(うるう年の場合は366日)×利用日数」で、利用日数とは返済にあてる日数を指します。利息は、実際にキャッシングする前に目安を知ることも可能です。クレジットカード会社やカードローン会社の多くはWebサイトに「返済シミュレーション」を設けています。利息や月々の返済額を知りたいときは、借入れしたい金額と返済可能な日数を入力してみましょう。また、カード会社によっては、借入れ希望額と返済可能額を入力して返済期間を計算してくれる返済シミュレーションもあります。

キャッシングの注意!利用した分ショッピング枠が減る

クレジットカードからキャッシングをするとき、知っておきたいことのひとつにショッピング枠とのバランスがあります。キャッシングの利用限度額は、通常ショッピングの利用限度額とは別に表示されています。ところが、キャッシングの利用額が増えるとショッピング枠の利用限度額が減ることがあるため、借入れには注意が必要です。キャッシングの限度額が個別に表示されていても、必ずしもショッピング枠と完全に区別されているわけではありません。

つまり、クレジットカードの場合、ショッピングとキャッシングの限度額はそれぞれ影響し合っているということです。そのため、キャッシングの利用限度額によってはショッピングの利用に影響することも出てきます。ただし、すべてのクレジットカードがそうということではなく、中には影響しないカードも見られます。いずれにしても、クレジットカードでキャッシングをするときは、あらかじめ確認しておいた方がいいでしょう。

確実に返済するために不可欠なこと

キャッシングは、計画的に利用することが大切です。そのためには確実に返済ができなければなりません。では、どのようなことを心がけていけばいいのか説明していきます。

返済計画を必ず立てよう

もっとも大切なことは必要以上にお金を借りないことです。計画を立てないまま借りるのではなく、借りる前にまず必要な金額をできるだけ正確に算出しましょう。特に、返済方法をリボ払いにするときは注意が必要です。リボ払いは月々の返済負担が軽いため、ついつい気のゆるみから多めの額を借りてしまう傾向が見られます。そうなると返済期間が長引き、利息がかさんでしまう場合もあります。

必要のないお金まで借りるのではなく、まず「いくら借りてどれくらいのペースで返済するか」を事前に確認しましょう。その際、カード会社のWebサイトにある「返済シミュレーション」を活用するのも目安になります。キャッシングは急にお金が必要になったときに便利ですが、余裕を持って返済することを忘れてはいけません。確実に返すために必要なのは、生活を大きく圧迫するような返済計画を立てないことです。

返済日を忘れない

余裕を持って返済できる額を借入れしても、肝心の返済日を忘れては意味がありません。返済日を過ぎてしまえば、「返済されていない」ということになり、遅延として扱われます。そうなれば遅延損害金を支払うことになります。そのうえ、信用も損なわれますから注意しましょう。返済日を忘れないためには、スマートフォンのカレンダー機能に記録しておくかリマインダーをセットしておくという方法があります。自分で忘れても通知されますし、返済漏れを防ぐことが可能です。または、システム手帳や目につきやすいカレンダーなどに直接書いておくのもいいでしょう。

余裕があるときは繰上げ返済!

キャッシングをした際の計画的な返済方法のひとつに繰上返済があります。繰上返済とは臨時返済とも呼ばれるもので、毎月決められた返済額に上乗せして支払うことです。お金に余裕ができたときに繰上返済をしておけば、その分返済期間を短くすることができ、結果的に利息を抑えることができます。返済までの期間が短くなれば気持ちにも余裕が持てるでしょう。ボーナスや臨時収入が入ったときにまとまった金額を繰上返済しておくと、返済期間を大幅に縮めることが可能です。

手持ちのクレジットカードにキャッシング機能をつける方法

クレジットカードのキャッシング機能は、必ずどのカードにもついているわけではありません。そもそもつけられないカードもあります。まず、キャッシング機能がつけられるカードかどうか確認しましょう。クレジットカードを作成するときに一緒に申請していなくても、キャッシング機能がつけられるカードなら後から申請することは可能です。ただし、申請後に審査が行われますから、その審査に通らないとキャッシングはできません。審査では、年収や他社からの借入れ状況なども確認しながら支払能力を中心に判断されます。支払能力があると判断されればキャッシング枠が設定され、利用限度額が決まります。

カードローンの申込み方法

クレジットカードを持っていない人や、ショッピングより借入れを利用したい場合はカードローンの方が向いています。では、一般的なカードローンの申込方法と返済までの流れを見ていきましょう。カードローンによって金利の幅や借入れの際に利用できるATM、返済方法や返済日など細かい部分が異なります。それぞれの特徴を比較しながら、まず自分に合ったカードローンを選びます。

カードローンを決めたら次は申込みです。インターネットに対応している場合は、パソコンやスマートフォンから申込みできます。それ以外は店頭窓口、電話、自動契約機からも申込みは可能です。申込みが完了すると続いて審査が行われます。審査にかかる時間はカードローン会社ごとで異なり、早ければその日のうちに借入れまで進むこともできます。早めに利用したいなら、審査時間が短めのカードローンを選び、できるだけ早い時間帯に申込みをしましょう。

審査に通れば次は契約手続きです。契約の際には本人確認の書類が必要になりますから、あらかじめ用意しておきましょう。契約が完了すればキャッシングに使うカードを受取ります。カードは、店舗や自動契約機ならその場で受取ることが可能です。また、時間はかかりますが郵送で受取ることもできます。カードを受取ったら、専用のキャッシュディスペンサーまたは提携先のATMから現金を引出せます。借入れをしたら、自分が選択した方法で指定の期日までに返済しましょう。

キャッシングは計画的に利用しよう

キャッシングができるカードは、一度作っておけばいつでも使うことができ、利用限度額内であれば簡単にお金を借りることができます。もちろん、審査に通ることが前提ですが、もしものときに備えて作っておく人もいます。しかし、便利だからといって必要以上に借りるのは好ましくありません。家計を圧迫するなど返済が重荷にならないよう、計画的で無理のない借り方を心がけましょう。

前の投稿借入れがしやすい条件とは?審査基準や審査時の注意点

キャッシングが利用停止!? 考えられる原因・対処法と今後の対策次の投稿

プロミスへのはじめての
お申込みはこちら

Webでのお申込なら来店不要最短1時間融資も可能! Webでのお申込なら来店不要最短1時間融資も可能!

Webでご契約まで可能!

※最短15秒で事前審査結果をご確認いただいた後、
本審査が必要となます。

※スマートフォンから「少ない入力項目で最短15秒回答」のお申込みが9:00~21:00の間に可能です。
お申込みいただく場合、最短15秒で事前審査の結果をご確認いただいた後、
本審査が必要となります。また、新規契約時点でのご融資上限は50万円までとなります。