キャッシングが利用できなくなった?その理由と対策とは?

意外と知らないベンリな使い方

キャッシングが利用できなくなった?その理由と対策とは?

これまでご利用できていたキャッシングサービスが、突然使えなくなって困ってしまうというケースもあります。キャッシングがご利用できなくなってしまう理由と、その対処法について基本的な部分を押さえておくことが大切です。また、原因を突き止めたときには素早く対応する必要もあります。どのようなポイントに気をつけていくべきか、一般的な情報をまとめて解説します。

目次

キャッシングの審査が通らない人の特徴とは?

キャッシングの審査が通らない人の特徴とは?

キャッシングをご利用するためには審査に通る必要があるものの、そもそも審査に通らない人の特徴について理解しておく必要があります。キャッシングの審査に通らない理由の1つとして挙げられるのは、安定した収入がなく、ご返済できる見込みが少ないという点です。キャッシングは貸金業法にもとづいた融資であるため、申込者のご返済能力は審査においても重視される部分です。収入については、お借入金額が月収以下であれば問題とはなる可能性は低いでしょう。

また、他社からのお借入れが多い場合には、審査が通りづらくなるおそれもあります。指定信用情報機関に照会をすれば、個人情報やこれまでのご返済実績、お借入状況などを調べられるのです。個人でも照会が可能なので、なかなか審査に通らないという場合には、一度調べてみるのも良いでしょう。

キャッシングだけでなく、クレジットカードや携帯電話の料金、奨学金のご返済状況なども信用情報に含まれます。

キャッシングのお申込希望額が大きな金額の場合にも、審査に通らない可能性が高くなります。総量規制というルールがあるため、年収の3分の1以上のお借入れは行えない仕組みとなっているのです。初回契約であれば希望額を低めに抑え、ご返済実績やご利用実績を積み重ねてから、改めて増額を申請するほうが審査には通過しやすいと言えます。

キャッシングが利用できない状況とは?

キャッシングが利用できない状況とは?

キャッシングがご利用できない場面というのは、具体的には「提携先ATMを操作しようとしても、キャッシングが行えない」もしくは「自分の銀行口座に現金が振り込まれない」といったものを指します。これらの状況が発生したときには、キャッシングそのものがご利用できなくなっている可能性が高いと言えるでしょう。ご利用できないことがキャッシングサービスを提供している会社から電話やメールで事前に伝えられることもありますが、ご利用規約に沿ってキャッシングのご利用が突然止められてしまうケースもあります。

また、ご返済が滞ったりご利用限度額を超えたりした場合にもご利用ができません。そして、ATMの操作や暗証番号の入力を何度も間違ってしまうと、一時的にカードを使えなくなってしまうこともあります。キャッシングがご利用できなくなってしまったときには、冷静に対処することが大切です。サービス提供会社に問合せをしたり、公式サイトなどでご利用方法をチェックしたりしてみましょう。

キャッシングが利用できなくなる理由とは?

キャッシングが利用できなくなる理由とは?

キャッシングがご利用できなくなってしまう理由としては「ご返済が遅れている」「ATMが対応していない」「総量規制に抵触している」「キャッシングの限度枠を超えている」などが挙げられます。それぞれの理由について詳しく見ていきましょう。

返済が遅れている

毎月のご返済を忘れていたり、滞納していたりすればキャッシングのご利用ができなくなってしまうケースがあります。ご返済が滞っている場合には、すぐにサービスを提供している会社に連絡をして、担当者の案内に従うことが大切です。あらかじめご返済が難しいことがわかっているときには、事前に連絡をしておくだけでも、担当者の対応にも変化が出てくるでしょう。催促の連絡がくるのを待つのではなく、自分で気づいたときに早めに行動することが重要です。

また、全額をご返済したつもりであっても、まだご返済が必要だったというケースもあります。ご利用会社の公式サイトなどを通じて、定期的にご利用状況をチェックしておくことで、ご返済を忘れるのを防げます。滞納を繰り返してしまうと、新たなお申込みにも影響が出てしまうため、きちんと管理を行うことが大切です。

ATMが対応していない

キャッシングサービスを提供している会社によって、ご利用できるATMやキャッシュディスペンサーは異なります。所有しているカードが、どこでご利用できるのかよく確認しておくことが必要です。また、提携ATMであってもメンテナンス中であったり、ご利用時間外であったりすることもあるので、落ち着いて対応しましょう。普段からよくご利用するコンビニやご利用時間帯が決まっている提携ATMの場合は、対応している会社を選んでおくのも1つの方法です。

総量規制に抵触している

総量規制とは、年収の3分の1までのお借入れが行えないという貸金業法にもとづいたルールです。たとえば、年収が240万円の場合では80万円までのお借入れがご利用限度額になります。総量規制はご利用者が多重債務に陥ってしまうことを防ぐためのものであるため、お借入総額に適用されます。そのため、1社からのお借入れは総量規制の枠内であっても、他社からのお借入れがある場合にはご利用限度額を超えてしまう可能性もあるでしょう。新たにお借入れを行う際には、他社からのお借入状況も踏まえたうえで考えていく必要があるのです。

また、きちんとご返済を行っており、年収がアップしている場合にはご利用限度額を広げてもらえる場合もあります。増額申請にはある程度のご利用実績が必要でもあるため、地道にご返済実績を積み上げていくことが大切です。そして、手元の資金に余裕があるときには前倒しでご返済するなどして、信用度を高めていくことも重要だと言えます。

キャッシングの限度枠を超えている

キャッシングのご利用限度額は、審査時に決められています。基本的にご利用限度額を超えてお借入れを行うことはできません。ご利用限度額を増額させることはできますが、再び審査が必要になるため、それなりに時間が必要となります。まずはご利用限度額の枠内でしっかりとご返済を行って、完済をしたり年収がアップしたりしたタイミングで、増額申請を行ってみましょう。

キャッシングの利用ができなくなったら迅速な対応を

キャッシングの利用ができなくなったら迅速な対応を

キャッシングのご利用ができなくなってしまったときには、まずは落ち着いて原因を探ることが大切です。ATMが非対応といった場合には他のお借入れ方法があるため問題ではありませんが、ご返済が遅れていることが原因の場合には注意が必要だと言えます。ご返済状況に問題があれば、その履歴が信用情報機関に登録されてしまうため、今後のお借入れに支障が出てしまうおそれもあります。後から困ってしまわないためにも、キャッシングをご利用している会社に速やかに連絡を行うなどして、早めに対処することが肝心です。

お金のお借入れを行う理由には何がある?

お金を借りる理由としては、金融庁・消費者庁・厚生労働省・法務省が公表している『多重債務者対策をめぐる現状及び施策の動向』から傾向がわかります。それによれば、金融機関からお借入れを行った理由として「収入が少ない」「収入が減った」ということが挙げられています。給与がなかなか増えなかったり、転職や失業によって収入が減ったりすることが背景としてあると言えるでしょう。次いで「商品やサービスを購入するため」といった理由も挙げられています。毎月の生活費を超えて、高額な商品やサービスを購入してしまい、ご返済の負担がのしかかってくるといったケースもあるのです。

また、そのほかの理由としては「お借入れのご返済」や「事業資金の補てん」といった理由も挙げられています。多重債務に陥っていたり、ビジネスでの資金繰りに悩んでいたりするケースもあり、お借入金額も大きなものになってしまう傾向があるようです。

キャッシングの利用者数

キャッシングをご利用している割合は、20歳以上の人で約1,455万人となっています。日本に住んでいる人の約7人に1人が何らかの形でお金を借りている計算となるのです。また、キャッシングをしている人の男女比は7:3もしくは6:4となっており、男性のほうが多い傾向にあります。ご利用者の年齢別に見ていくと20代が最も多く、年齢が高くなるにつれて割合は減っていきます。ご利用者の職業については会社員が一番多く、自営業者や専業主婦(主夫)、学生など幅広い層でのご利用が見られるのも特徴です。

キャッシングを利用する前に知っておくべきこと

キャッシングを安心してご利用するためには、あらかじめ注意すべき点に意識を向けておくことが重要です。契約書にきちんと目を通したり、返済計画をしっかりと立てたりすることがポイントとなります。それぞれの注意点について詳しく見ていきましょう。

契約書にしっかりと目を通す

キャッシングのご利用にあたっては、ご契約時に送られてくる契約書にしっかりと目を通すことが肝心です。特にご利用限度額の上限を把握して、どの程度のお借入れが行えるのかを理解しておきましょう。また、ご利用限度額を引き上げてもらうときやご相談をしたいときの連絡先も確認しておく必要があります。何らかの理由でご返済が難しくなってしまった場合にも、事前に連絡先を把握しておけば、無用なトラブルを回避できるでしょう。契約書の内容に疑問や不明点があるときにはそのままにせず、担当者に確認をすることも大切です。担当者の対応を見て、長く付き合っていける会社かどうかも見極めてみましょう。

キャッシングなどのお金を借りるサービスは、金銭消費貸借契約にもとづくものです。適切なお借入先であれば、貸金業法などの法律に則ったご契約内容が定められています。たとえば、お借入れの上限金利については、日本貸金業協会の公式サイトで確認できます。お借入金額に応じて、年15~20%の金利が決められており、上限を超えた金利は利息制限法によって無効となるのです。2010年6月に上限金利が引き下げられたこともあり、それ以前に出資法で定められていた上限金利29.2%は撤廃されています。

また、キャッシングによるお借入れのご返済が難しい場合には、年20%を上限として遅延損害金(遅延利息)をご返済額に上乗せして支払う必要があります。ご契約時にはご返済の見通しに問題がなかったとしても、病気や失業などで収入が減り、ご返済の負担が重くなってしまうこともあるでしょう。万が一、ご返済が遅れてしまったときの対応などについても、あらかじめ担当者に確認しておくほうが安心です。

計画的に借入れる

キャッシングでお金を借りる場合には、毎月の支払期限をよく確認しておきましょう。ご返済日を覚えているつもりであっても、急に忙しくなったり、複数のお借入先があったりするときには、つい支払期限を忘れてしまいがちです。毎月のご返済を忘れないように、給与が振り込まれるタイミングでご返済をするなど、覚えやすいご返済日を設定しておくと良いでしょう。複数の会社からお借入れを行っているときには、お借入金額の少ないところから完済するようにしておくと安心できます。

また、お借入れを行う前に、できるだけ早めにご返済できる計画を事前に立てておきましょう。ギリギリのスケジュールで返済計画を組んでしまうと、急な出費が必要だったり収入が減ったりしてしまったときに、ご返済に支障が出てしまう可能性もあります。ご契約する前にご返済シミュレーションを行うなどして、いつまでに完済できるのかを把握しておくことが大切です。特に新たなお借入れを行うときにはお借入総額も増えることになるため、返済計画を定期的に見直すことが重要になります。

キャッシングは提携ATMからお金を借りられますが、同じようにご返済も行うことができます。毎月のご返済日にかかわらず、前倒しでご返済をすることも可能です。手元の資金に余裕があるときにまとめてご返済をすれば、完済までの期間を短くできますし、金利の負担も減らすことができます。ボーナスなどのまとまった収入があったときには、ご返済を前倒ししておくと、余裕を持ってご利用を継続できるでしょう。きちんとご返済実績を積み上げていけば信用度も増すため、ご利用限度額の増額などで審査を受けるときにもプラスの判断材料となります。計画性を持ってキャッシングやご返済を行うためにも、毎月の収支のバランスを考えてご利用することが大切です。

キャッシングの利用は計画的に

キャッシングをうまく活用することで、急な出費にも素早く対応できます。ただ、無計画にお借入れを行ってしまうと、後からご返済の負担が重くなってしまうので注意が必要です。ご利用時には利息をきちんと確認して、ご返済シミュレーションを行うなどして無理のない返済計画を立てましょう。キャッシングができなくなるケースも踏まえて、賢く利用していくことが大切です。

前の投稿キャッシングのメリット・デメリットを知ろう!利用法や注意したいポイント

借入れがしやすい条件とは?審査基準や審査時の注意点次の投稿