すぐ借りられるのはカードローン!どんな手続きが必要!?

お申込みのあれこれ

すぐ借りられるのはカードローン!どんな手続きが必要!?

すぐにお借入れしたいときは即日融資が可能なカードローンが便利ですが、お金を借りる際にどのようなお手続きが必要かご存知でしょうか。すべてのカードローンが即日融資に対応しているわけではありませんし、ご利用までに数日かかるカードローンもあるため見極めは大切です。この記事では、カードローンの選び方や必要なお手続き、ご利用の注意点などについて一般的な情報をまとめて解説します。

目次

手元資金が足りない・・・そんなときは

手元資金が足りない・・・そんなときは

お金を使いすぎているというわけではなくても、病気や失業などで手元資金が不足することは誰にでも起こりえることです。そのようなとき、実家や会社の同僚、友人などからお金を借りるのも選択肢の1つですが、関係性が壊れてしまうというケースもあります。手元資金が不足したときは、使い道が自由なカードローンのご利用を検討してみましょう。ここでは、カードローンの審査や早く借りるために知っておきたいことを説明します。

金融機関から借入れる場合、審査は必ずある!

急な出費などですぐに資金が欲しいときには、できるだけ早くお借入れできる金融機関を選びたいものです。しかし、どのようなカードローンであっても必ず審査は発生します。審査が不要の融資があれば理想的ですが、通常はそのようなカードローンは存在しません。もしも、審査不要という融資の話があれば、無登録業者など不法な貸付を行っている可能性が高いため注意しましょう。カードローンをご利用するにはお申込みの後に審査を受け、通ればご契約、そしてお借入れという流れが一般的です。

ところで、カードローンの審査はなぜ必要なのか、そしてどのような内容に焦点を当てているのでしょうか。カードローンでお借入れをすれば、すぐにご返済が開始します。そのためには、ご返済できる状況であることがポイントになります。つまり、カードローンの審査はお申込者がご返済可能な状況にあるかどうかを確認しているのです。

安定した収入があることは大切なポイントになりますが、ほかにお借入れがあるかどうかも審査の対象になります。特に消費者金融の場合は「貸金業法」で定めている通り、年収の3分の1を超えて貸すことはできません。そのため、お申込者が他社にお借入れがないかどうか、あった場合には貸金業法に違反する金額にならないかどうかを判断する必要があるのです。お申込みの際、お借入状況については自己申告になります。しかし、なかには他社のご利用について申告しない人もいます。そのような申告漏れがないかどうかも、審査で確認しなければなりません。ほかにも、遅延や未払いなど貸付が難しい条件に該当していないどうかも確認します。

借入先によって審査のスピードは違う

カードローンは、銀行系と消費者金融系の2つに分けることができます。銀行系のカードローンとは、銀行が提供しているサービスで銀行からお借入れを行います。そして、消費者金融系とは消費者金融が貸付を行っているカードローンです。同じカードローンではありますが、お借入先によって審査にかかるスピードが異なるということを覚えておきましょう。

銀行系のカードローンの特徴として、審査にかかる時間が長い傾向にあります。ほとんどのケースにおいて数日を要することが多く、すぐにお借入れが可能になることはまずありません。これは、2018年から銀行系カードローンの即日融資が事実上停止されたことが理由であり、銀行の審査が複雑になったためです。それ以前は、銀行系のなかにも即日融資を可能にするカードローンは存在していました。しかし、2018年以降は最も早いケースでも翌日からしかご利用できません。それも少ないケースです。

銀行の審査が厳格になった理由にはいくつか挙げられます。1つは、ご利用者が過剰な債務を抱えてしまうことを避けるなどの目的で、これまで保証会社など外部に任せていた審査業務を銀行自体も行うようになったことです。ほかには、警察庁のデータベースをもとにした確認業務などが加わったことが挙げられます。また、住宅ローンなど特殊なローンを除いては、本来は銀行に該当しない「貸金業法」にある年収の3分の1までの貸付を意識する銀行が増えていることも理由の1つです。

銀行系カードローンに比べると、消費者金融系カードローンは審査が早く進む傾向にあります。銀行と同じようにお借入金額によっては収入証明が必要になりますが、それでも銀行系より早く済むことがほとんどです。消費者金融はお申込可能な時間帯が長い傾向があり、即日融資も可能なカードローンが多いと言えます。そのため、できるだけ早く資金が必要なときは消費者金融が貸付を行っているカードローンが適しています。

最も早いのは消費者金融のカードローン

説明したように、ご審査にかかる時間が最も早いのは消費者金融のカードローンです。消費者金融のカードローンでも、貸付を行っている会社によってお申込みからご契約に至るまでの細かい流れは違いますし、審査にかかる時間も異なります。最短の場合は1時間ほどでご契約することも可能です。消費者金融が銀行系のカードローンよりご利用までの時間が短縮できるのは、審査にかかる時間がスピーディーなだけではありません。お申込方法が豊富な点も早くお借入れができるポイントと言えます。

銀行系のカードローンの場合、お申込みは窓口または郵送などが一般的です。これに対して消費者金融のカードローンは、窓口や電話のほか、郵送や自動契約機、さらにWebなど多彩に用意されています。郵送の場合はご利用までに時間がかかりますが、自動契約機やWebからのお申込みであればその日のうちにお借入れすることも可能です。自動契約機ではお申込みからご契約、さらにカードの発行まで行え、窓口が苦手という人に向いています。また、Webからお申込みをしておくことでさらに時間を短縮することもできます。

Webからのお申込みの場合はカードが郵送で届くため、実際にご利用するまでには数日かかるのが一般的でした。しかし、カードレスでのお借入れが可能なカードローンが登場したことで、Webからでも即日融資が可能になっています。銀行系のカードローンのなかにもWebからのお申込みに対応しているケースは見られますが、カードは郵送での発行が主です。

消費者金融のカードローンは、銀行系に比べて金利がやや高めに設定されています。しかし、それはお借入れできるまでの時間が早く、すぐに資金が必要なときでも柔軟な融資を優先しているからです。つまり、メリットのぶんだけ金利が高めになっていると考えることができます。消費者金融では、無利息期間など銀行系にはないサービスを提供しているカードローンが多く、上手に使えばお利息を節約することも無理ではありません。

お手続き時の注意事項

お手続き時の注意事項

ここまでは、手元資金がないときにお借入れする手段としてカードローンを紹介し、さらに審査の違いや早くご利用できるカードローンの特徴、お申込方法などについて説明してきました。しかし、必要なときにすぐに借りるためには押さえておきたいポイントがあります。審査に時間がかからないといっても提出書類は必要です。また、即日融資に対応したカードローンでも、適切なタイミングを逃してしまうとお借入れは翌日になることもあるため注意しましょう。ここからは、カードローンのお手続きをするうえで注意しておきたいことやご利用についての心がまえなどについて解説します。

本人確認書類・収入証明書類を忘れずに

カードローンのお申込みにはいくつかの書類が必要ですが、必須なのは本人確認書類です。本人確認書類とは身分証明書のことで、運転免許証や健康保険証、またはマイナンバーカード、パスポートなど、本人であることを証明できるものが必要です。ほかには、外国人登録証明書なども本人確認書類として認められています。これらの書類を用意することが大切ですが、運転免許証や健康保険証、パスポートの場合は期限切れに注意しましょう。

また、お申込内容と本人確認書類の内容に相違があると審査に影響しやすくなります。引っ越したばかりであれば住所変更をきちんと行っていることも大切です。苗字が変わった場合も変更手続きが完了した書類を用意しておきましょう。本人確認書類は、内容に変更が出るとお手続きに時間を要することがあります。普段からきちんと管理しておくと、カードローンのお申込みで慌てることがありません。

カードローンの審査にもう1つ用意しておきたいのは収入証明です。収入証明は誰もが必要なわけではなく、消費者金融で50万円を超えるお借入れを希望するときに使います。ただし、消費者金融の場合、すでに他社から借りている金額と希望するお借入金額との合計が100万円を超えるときも収入証明が必要です。収入証明として使える書類は、源泉徴収票または直近2カ月分の給与明細書などが挙げられます。ボーナス支給のある会社であれば賞与明細書も用意しましょう。フリーランスなど自営業者は確定申告書で大丈夫です。

カードローンのお申込みには、ここで挙げた書類が必ず必要になります。ただし、本人確認書類も収入証明もカードローンごとで条件を設けている場合があります。実際にお申込みをするときにはカードローンのWebサイトを確認し、それぞれの規定に沿った書類を用意しておきましょう。なかには、本人確認として顔写真が必要なケースもあるので確認は大切です。

また、お申込みの際は適切な時間帯があります。消費者金融のカードローンは即日融資が可能ですし、Webを使えばさらに時間を短縮することもできます。しかし、土日のお申込みに対応しているカードローンでも、夜間の審査は21時までなど通常は時間制限を設けています。時間帯によっては審査の結果が翌日になってしまうこともあるため注意しましょう。

返せる金額を借りる

たとえ審査に通過してご契約ができたからといって、必要以上にお借入れするのは避けましょう。説明したように、お借入れすればすぐにご返済が開始します。ご返済は元金だけでなくお利息も必要になります。そのことを踏まえて、現実的にご返済が可能な金額かどうかを見極めることが大切です。必要のないお金を思いつくままにお借入れするといった無計画な使い方は得策とは言えません。最も好ましい使い方は、一旦借りたお金を完済してから新たにお借入れすることです。

カードローンにはご利用限度額が設定されています。審査の結果、やや低めの金額で設定されることもあります。使いすぎを防ぐためにあらかじめ低めの金額でお申込みしておくのも対策の1つです。

返せるタイミングで返す

返済スケジュールを適切に組むことも、カードローンの上手な使い方でありご利用に必要な心がまえです。お借入れしたらできるだけ早めに完済をすることは大切ですが、収支に対して無理な返済計画を立てれば家計にまで影響を及ぼすこともありえます。特に、約定返済は無理なスケジュールにならないよう注意しましょう。約定返済では、毎月決まった期日までに決まった金額を返済します。まず無理のない約定返済日を設定しましょう。お給料日の後に返済日が来るようにし、無理のない金額にすれば余裕をもって完済まで進めていけます。そのためには、ご返済日が複数用意されているカードローンを選ぶことも大切です。そして、繰越返済や一括返済なども活用し、余裕があるときにはまとめてご返済すればお利息を節約できます。

カードローンを上手に利用しよう!

カードローンは一度審査に通過すれば、ご利用限度額の範囲内で繰り返しお借入れできる点が便利です。使い道が自由なため、急な出費など手元資金が不足したときは持っていると安心できます。新規の審査も簡単なものが多く、ほかのローンに比べるとお借入れしやすいのがメリットです。ただし、便利な反面、無理な返済計画を立てないよう注意しましょう。カードローンは計画的で上手に活用することが大切です。

前の投稿カードローンを契約して使わないことは可能?

カードローンはどれくらい利用されているの!?次の投稿