一般的なマスターカードのキャッシング枠って?使い方や限度額について

知って得するマメ知識

一般的なマスターカードのキャッシング枠って?使い方や限度額について

一般的なマスターカードなどのクレジットカードを所持している人の中には、明細などに書かれている「キャッシング」という言葉が気になる人もいるはずです。クレジットカードに付帯しているキャッシングサービスとはどのようなものでしょうか。この記事では、キャッシング枠の使い方や限度額について一般的な情報を解説します。

目次

クレジットカードには2つ枠がある

クレジットカードには2つ枠がある

クレジットカードにはご利用できる枠が2つあります。キャッシング枠とショッピング枠です。ショッピング枠さえあればクレジットカードとしての役割を果たせますが、キャッシング枠も設定すると使いみちが大きく広がります。クレジットカードを上手に使いこなすには、キャッシング枠とショッピング枠の違いを理解して、用途によってどちらを使うか適切に選ぶことが大切です。次の各項でキャッシング枠とショッピング枠の基本事項を解説します。

ショッピング枠

ショッピング枠とは、商品やサービスを購入するために使えるお金の限度額です。一般的なクレジットカードでは、ご利用限度額が設定されています。この限度額を超えない範囲なら、商品やサービスの購入に何度でもクレジットカードをご利用できます。ショッピング枠の限度額は、カードのご利用とお支払いを継続的におこなっていれば自動的に増えていく仕組みです。これを増枠といいますが、ご利用実績が少なかったり、お支払いが遅れたりすると増枠はなされません。

クレジットカード払いをたくさんご利用されているなかで、延滞がないように返していけば増枠されやすいですが、枠が増えたからといって、使いすぎてお支払いにご苦労することになっては逆効果です。過剰なカード払いをすることなく、計画的で無理のない使用を心がけましょう。

キャッシング枠

クレジットカードのご契約内容にもよりますが、カードローンのように現金を借りられるように設定することもできます。そのお借入限度額がキャッシング枠です。キャッシング枠は独立した枠ではなく、ショッピング枠の中で設定されています。それぞれ個別にご利用できるわけではないので注意してください。

キャッシング枠を設定しても、ショッピング枠のご利用限度額は変わりません。キャッシング枠よりショッピング枠でのご利用が優先され、ショッピングに使われない残高分だけがキャッシング可能な金額です。1万円から10万円の限度額で設定されることが多いですが、カードによっては数百万円の限度額に設定することもできます。キャッシング枠の設定には審査が必要です。

「限度額」とはショッピング枠+キャッシング枠

「限度額」とはショッピング枠+キャッシング枠

クレジットカードのご利用可能額は、ショッピング枠の限度額とキャッシング枠の限度額の合計ではありません。ショッピング枠の限度額がカード全体のご利用可能額となります。したがって「ショッピング枠のご利用額+キャッシング枠のご利用額」がカード全体のご利用可能額を超えることはできません。

たとえば、ショッピング枠が50万円、キャッシング枠が10万円の設定であった場合、限度額は合計の60万円ではなくショッピング枠と同額の50万円です。この設定でキャッシング枠として5万円をお借入れすると、ショッピング枠は45万円になります。逆にショッピング枠の限度額いっぱいの50万円を買い物に使用すると、キャッシング枠は0円です。同時にそれぞれの限度額まで使えるわけではないので注意してください。

審査について

審査について

クレジットカードでお金を借りられるのは、なにかと便利です。急な冠婚葬祭などがあって、思わぬタイミングで現金が必要になったら困りますよね。そのようなときに、3万円ほど借りられる手段があれば重宝します。そう考えると、できればキャッシング枠も設定しておいたほうがいいのかもしれません。ただし、キャッシングサービスをご利用するには審査を受ける必要があります。では、キャッシング枠の審査とはどのようなものでしょうか。ここでは、 クレジットカードのキャッシング枠の審査について詳しく解説します。

ショッピング枠とキャッシング枠は審査が別!

キャッシング枠の審査は、ショッピング枠の審査とは別におこなわれます。貸金業法が関わるキャッシング枠は、ショッピング枠に比べて審査が厳しいです。そのため、ショッピング枠の審査には通ったがキャッシング枠の審査は通らなかったというケースもありえます。クレジットカードをお申込みする前にキャッシング枠もあてにしていると、お申込みをした際にキャッシング枠の審査が通らずに予定が狂ってしまうかもしれません。

キャッシング枠の方が厳しめ・総量規制の対象

キャッシング枠の審査では、勤務先や勤続年数、年収などをスコアリング(点数化)します。この手法はカードローンの審査と同じです。スコアリングによって、その人のご返済能力をはかり、融資可能かどうか、いくらまでお借入れできるのかを審査します。公務員や正社員である、勤続年数が長い、年収が高いといった属性だとスコアが高くなりやすいです。アルバイトやパートでも、毎月安定した収入があれば、10万円程度のキャッシング枠なら通る可能性があります。

キャッシング枠は貸金業法に従う必要があるため、総量規制が適用されます。総量規制はカードローンなどで年収の3分の1を超えるお借入れができないという規制です。この規制では他社からのお借入金額も合算します。他社からのお借入れが多く、総量規制の面から融資ができないと判断されれば審査には通りません。一般的なクレジットカードでショッピング枠数十万円の審査なら、過去に長期間の延滞などの履歴がなければ基本的には通りますが、それに比べるとキャッシング枠の審査はかなり厳しくなる可能性があります。

金利と利息の違い

金利と利息の違い

金利と利息は言葉が似ているので、同じ意味だと思っている人が多いかもしれません。金利は貸したお金に発生する利息を求めるための割合のことです。利率ともいい、単位は%で表記されます。利息はお金を貸す側が貸し賃として受け取る金額を意味します。借りる側にとっては利子です。利息と利子は法律などでは厳密に区別しますが、実生活では混用しても特に問題はありません。金利と利息(利子)の関係を計算式で表すと「利息(利子)=貸出金額×金利÷365日」となります。

例を挙げると、金利15%で貸出金額が100万円だったとき、利息は「100万円×0.15÷365日=410.96円/日」と計算できます。つまり1日あたり411円です。同じ金額が貸出されたときは、金利が高くなるほど利息も高くなります。借りたお金以上に返す金額が増えるのですから、金利が低いところからキャッシングしたほうがお得になるわけです。

リボ払いとは?

リボ払いは、クレジットカードのお支払いを毎月一定額ずつご返済していくお支払方法のことです。たとえば、リボ払いで1万円と設定していれば、ひと月に何回カードご利用をしても、月々のお支払いは1万円です。ただし、お支払金額以上にショッピングやキャッシングをしていると、ご利用額はどんどん増えていきます。さらに、リボ払い手数料が利息としてかかるので、ご利用額が膨らみすぎるとリボ払いでは利息分だけにしかならない場合もあるでしょう。その結果、利息ばかり払っていつまでたってもご返済が終わらない状況になることがあります。

リボ払いの注意すべきことは、お支払額が少ないため借金をしているという感覚が薄くなってしまうことです。毎月決まった金額をお支払いしていれば、クレジットカードを自由に使えるかのように錯覚してしまい、気がつけばカードのご利用限度額に到達してしまったというケースもあります。リボ払いはお支払いの負担を軽くするには良い方法かもしれませんが、デメリットもよく理解してご利用する必要があるのです。

キャッシングを利用する際の注意点

クレジットカードのキャッシング枠は、急な出費にも対応できるため便利ですが、ご利用する際には2つの注意点があります。まず、ご利用する前に必ずご返済計画を立てるということです。たとえば、10万円のキャッシングをするとき、毎月いくらずつご返済したら、いつ返し終わるのかを計算しましょう。返せる見通しが立たないのならむやみに借りるべきではありません。また、無理なご返済計画を立ててしまうとあとで自分が大変になります。キャッシングでは余裕を持って返せる額を借り、足りないぶんは別の方法を検討しましょう。

次に、キャッシング枠をご利用した分だけショッピング枠が減るという点です。普段の買い物やインターネットショッピングのほか、携帯電話代、公共料金など、クレジットカードでお支払いしているものが多い人は、ご利用可能残高が減ることでお支払いできなくなる場合があります。ボーナスによるご返済を見込んでショッピング枠を少し使いすぎてしまっているとき、さらにキャッシングをして枠をせばめてしまうと、ボーナスを待たずにご利用限度額に達してカードがご利用できなくなります。キャッシング枠をご利用する前に、自分がショッピング枠で使っている金額をしっかり把握しておきましょう。

一般的にカードローンとクレジットカードのキャッシング枠は違うの?

カードローンもクレジットカードのキャッシングも、現金のお借入れができるサービスです。お金が借りられることには変わりないので、違いがよくわからない人もいますよね。1枚のカードで済むならクレジットカードでいいのではないかと考えるところですが、異なる点は意外と多いのです。カードローンがクレジットカードのキャッシング枠と違う点は、まずローン専用であることが挙げられます。そのため、限度額や利息の面ではカードローンのほうが有利です。また、ご返済方法にも違いがあります。クレジットカードのキャッシング枠のご返済は一括払いかリボ払いですが、カードローンには別のお支払方法があります。これらのサービスの違いについて、以下で詳しく解説します。

クレジットカードとカードローンの違い

キャッシングはクレジットカードの付帯サービスです。クレジットカードはあくまでショッピング枠が主な用途で、キャッシング枠はおまけのサービスと言えます。そのため、普通のクレジットカードのキャッシング枠はそれほど大きくはありません。最大で300万円や500万円のキャッシング枠にはなりますが、ほとんどの人は50万円程度の限度額です。最低限度額も1万円から設定可能で、少額融資にも対応できるようになっています。

一方で、カードローンはお借入れ専用のサービスです。スコアリングが高くて総量規制にも引っ掛からなければ、100万円以上のお借入れも可能です。限度額の大きいものだと800万円や1,000万円を超えることもあり、クレジットカードのキャッシング枠に比べてかなり高額のお借入れにも対応できます。また、カードローンには年会費のような使用料の類が必要ないのも、一般的なクレジットカードとの大きな違いです。

返済方法の違い

お借入れ可能なサービスという点では、キャッシングサービスのカードローンと、クレジットカードのキャッシングはどちらも同じです。しかし、ご返済方法は違います。クレジットカードのキャッシングのお支払方法は、1回払いかリボ払いが一般的です。カードローンの場合は、残高スライド元金定額払いや毎月元金定額払いがあります。

残高スライド元金定額払いは、お借入残高に応じてご返済額が変わるお支払方法です。残高が多いとお支払金額も多くなり、ご返済が進んで残高が減ってくるとお支払金額も少なくなります。毎月元金定額払いは、クレジットカードのリボ払いと同じで、毎月一定額をお支払いする方式です。カードローンによっては、これらのお支払方法のどちらかを選べるものもあります。

キャッシングは計画的に賢く利用しよう

クレジットカードのキャッシング枠を使えば、急な出費にも対応できる反面、ショッピング枠を狭めたり、お支払いに困ったりするケースがあります。また、お借入れに関しては、カードローンのほうが年会費やお支払方法、利息などで有利です。どちらにせよ、キャッシングをご利用する場合は、ご返済の見通しを立ててから計画的にご利用しましょう。

前の投稿キャッシングの審査に通らない!考えられる原因と再申込みのちょっとしたポイント

借入れの時に理由って聞かれる?審査への影響と言わない方がいい借入れ理由次の投稿