カードローンの審査に関わるクレヒスの仕組みとは?

知って得するマメ知識

カードローンの審査に関わるクレヒスの仕組みとは?

クレヒスという言葉を聞いたことがあるでしょうか。カードローンのお申込みをする際にカードローン会社はお申込者自身のクレヒスを照会します。クレヒスの状況次第ではカードローンの審査に大きな影響を与えるので、お申込みをする前に自分のクレヒスについて知っておくことが重要です。今回の記事では、カードローンの審査に関わるクレヒスの仕組みについて、一般的な情報をまとめて紹介します。

目次

クレヒスとはカードローンなどの「支払い履歴」のこと

クレヒスとはカードローンなどの「支払い履歴」のこと

クレヒスとは「クレジット・ヒストリー」の略称です。ヒストリーの言葉通り、クレジットのご利用状況やお支払履歴を意味します。クレヒスは一定期間、個人信用情報機関に登録・保管されます。クレヒスとして残るのは、クレジットカードや個人割賦契約、カードローン、住宅ローンや車のローンなどです。金融サービスへお申込みをおこなうと、審査のために金融機関はお申込者のクレヒスを調べます。これまで他社とどのようなご契約を結び、どのようなお支払状況だったのかを確認したうえで審査を通します。もし、クレヒスの状態が悪い、つまりお支払いの遅延や長期の未払いなどが見受けられた場合は、残念ながら審査に通る可能性は低くなるでしょう。

クレヒスは3つの信用情報機関に共有されてる

クレヒスは3つの信用情報機関に共有されてる

クレヒスはCIC、JICC、全国銀行個人信用情報センター(KSC)という3つの信用情報機関に保管・管理され、加盟する金融機関によって照会されます。金融サービスをおこなう企業は、これらの信用情報機関に加盟しなければなりません。そのため、クレジットカードやローンを利用していれば、その取引履歴がいずれかの機関に必ず記録される仕組みです。

また、この3つの機関は信用情報交流ネットワークである「CRIN(クリン/Credit Information Network) 」で結ばれ、それぞれが持つ個人の信用情報を共有しています。消費者金融系カードローンと銀行系カードローンでは、加盟している信用情報機関が異なる場合が多いですが、CRINによってほかの機関に登録されているクレヒスを知ることができます。CRINで共有されるクレヒスで特に重視されるのは、ご契約者の異動情報(長期延滞や債務整理などの記録)です。以下、 個人信用情報機関であるCIC、JICC、全国銀行個人信用情報センターについて解説します。

CIC

CICは、主にクレジットカード会社や消費者金融などが加盟会員になっている信用情報機関です。クレジット会社の共同出資により、個人信用情報の保護と整備を目指して設立されました。主に消費者金融が加盟し、プロミスやアコムなどのカードローンを利用すると、CICに信用情報が記録されます。クレジット会社や消費者金融は審査の判断材料の1つとしてCICの信用情報を照会しています。消費者にとって無理のないご契約にならないよう精査しなければならない反面、与信判断を正確に速くおこなうためにはCICのような信用情報機関の存在が不可欠です。

また、貸金業法では個人のお借入総額を年収の3分の1までに制限する「総量規制」が定められていますが、CICに照会することでご契約者のお支払能力を把握し、貸し過ぎを未然に防げます。このことにより、過剰なお借入れで不幸な事態にならないよう消費者を保護できるのです。

JICC

JICCでも、CICと同じく個人の信用情報の登録・管理がなされています。主な会員会社はクレジットカードやカードローンを商品としている企業です。信用情報を提供する指定信用情報機関として、健全な信用取引を助ける役目を担っています。JICCに登録されている消費者の情報を確認すれば、その人の信用力や返済能力をより正確に把握できます。このことにより、会員会社は各消費者の信用力と返済能力に合わせた適切なサービスを提供することが可能です。そのことが、過剰貸付や貸倒れなどを防ぐことにもつながります。

また、きちんとお支払いを行ってきた消費者にとっては、これまでに築き上げてきた「信用力」に基づいて適正な審査を行ってもらえるのは大きなメリットです。JICCに残されるクレヒスが自身の「信用力」を証明してくれるおかげで、消費者はクレジットやローンなどの金融サービスをスムーズに利用できます。高額な商品を現金なしにローンで購入できるのも、元をたどればCICやJICCなどが保管する信用情報があるからです。その結果、社会全体の消費活動を活発にさせるのにも役立っています。

全国銀行個人信用情報センター

全国銀行個人信用情報センター(KSC)は、一般社団法人全国銀行協会(JBA)が設置・運営している個人信用情報機関です。ローン等に関する個人信用情報を登録し、消費者信用の円滑化に貢献しています。主な会員は銀行や信用金庫などで、これらの会員が与信取引をする際、その判断材料となる信用情報を提供します。全国銀行個人信用情報センターが扱う情報の種類はCICやJICCとほぼ同じですが、このなかでは唯一、官報情報も記録するのが、この機関の大きな特徴です。官報情報とは、官報に公告された破産や民事再生手続の開始決定などを指します。

クレヒスにはどんな情報が残るのか

クレヒスにはどんな情報が残るのか

各信用情報機関には、クレヒスとしてどんな情報が記録されるのでしょうか。 基本的には、クレジットカードやローンをご契約したときの情報が細かく記録されると考えて差し支えありません。氏名や生年月日などの本人情報から、ご契約内容、お支払状況、お申込情報などまで、さまざまな信用情報が登録されます。ここでは、クレヒスとして記録されるそれぞれの情報について詳しく解説します。

クレジットカードやローンを契約したときのクレジット情報

クレジットカードやローンのご契約をしてご利用を続けていくと、信用情報機関にさまざまな情報がクレヒスとして残っていきます。クレジットカード会社やカードローンを扱う消費者金融の多くは、CICとJICCに加盟して顧客の信用情報を共有します。登録されるクレジット情報は、本人情報、ご契約内容、支払状況、割賦販売法対象のお支払状況、貸金業法対象のお支払状況、お申込情報、利用記録です。

本人情報

本人識別情報は、ご契約者本人とわかる一連の個人情報です。氏名、生年月日、性別、住所、電話番号、勤務先、運転免許証の番号などを記録します。

契約内容

現在のご契約内容に関する情報です。ご契約日やご契約の種類、商品名、お支払回数、ご契約額(極度額)、ご契約終了予定日、登録会社名など、どのような金融サービスを利用しているかがわかります。この情報から、高額の商品のローンがまだ残っていることや、毎月のお支払請求がどのくらいあるのかを知ることも可能です。

支払い状況

ご契約者のお支払いに関する行動や状態を知るための情報です。報告日、残債額、請求額、入金額、入金履歴、異動(延滞・保証履行・破産)の有無、異動発生日、延滞解消日、終了状況などが記録されます。この情報のなかの異動情報は、金融機関から特に重視される項目です。基本的に異動情報がクレヒスに残っているときには、新規の金融サービスへのお申込みをしないほうがよいでしょう。

信用情報機関への照会時に必ず確認され、異動を理由に審査が通らない可能性が高いです。延滞が発生したときは、その情報がクレヒスから消えるまでかなりの期間を要しますので、お支払いが遅れないよう十分に注意してください。

割賦販売法対象の支払い状況

家電や耐久消費財などの高額商品を購入するときには、多くの人が分割払いを選択します。クレジットカードを通しておこなうのが主流ですが、これは割賦販売法の対象となる商品です。そのため、これらのお支払情報が信用情報機関に残ります。具体的には、クレジットカードのリボ払い、分割払いのほか、割賦残債額、年間請求予定額、遅延有無などです。残債が多くて請求予定額も多い場合はご返済の能力が下がるとみなされる場合がありますし、お支払いの遅延は信用力が低いと判断されるでしょう。逆に、遅延なく毎月のお支払いがおこなわれているのなら、信用力の点で評価される項目になります。

貸金業法対象の支払い状況

貸金業法の対象となる商品とは、カードローンやクレジットカードのキャッシングのことです。確定日、貸付日、出金額、残高、遅延の有無などの支払状況が信用情報機関に登録されます。クレヒスとして特に重要な項目は残高と遅延の有無で、これらも審査の際、必ず照会される信用情報です。現在の残高から、総量規制によってご契約可能額が決まります。年収額の3分の1を超える貸付は貸金業法によって規制されていますから、すでに限度額に達している、もしくはそれに近い額のお借入金額になっていれば審査には通らないでしょう。

また、短期間に遅延が繰り返されたり、長期の延滞が見られたりする場合も、クレヒスとしては非常に悪い状態です。新規ローンのお申込みは控えて、期限内のお支払いに専念しましょう。

申込情報

新規でクレジットカードやローンのお申込みがあると、加盟会社から信用情報機関に信用情報の照会がおこなわれますが、このとき照会したことを表す記録が残ります。これがお申込情報です。短期間に複数の金融機関へお申込みをおこなうと、照会記録がいくつも残ってしまいます。それ自体ならまだしも、お申込情報ばかりでご契約情報がその数に見合っていない場合は、ほとんどの審査に通らなかったことまでわかってしまいます。この状態になると、いくらお申込みの数を増やしてもよい結果は期待できません。

カードローンで返済を遅延しなければむしろ良いクレヒスになる

カードローンで返済を遅延しなければむしろ良いクレヒスになる

延滞を繰り返したり長期の滞納をしたりするとクレヒスに残ってしまい、新規のお申込みをするときに不利です。しかし、カードローンで返済を遅延しなければ、むしろ良いクレヒスとして金融機関に評価されます。真面目なご契約者であることを金融機関に伝えてくれるのもクレヒスの役目です。クレヒスの悪化を必要以上におそれずに、カードローンの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

前の投稿カードローンで車を購入するには?金利や審査方法を知ってアプリでお申込み

カードローンのお借入れ理由は重要?どんな理由でお借入れしているか次の投稿