今日中にお金が必要!プロミスで即日融資を受けるにはどの申込方法が良い?

お申込みのあれこれ

今日中にお金が必要!プロミスで即日融資を受けるにはどの申込方法が良い?

さまざまな事情で収入が減少する場合でも、生活費などやむを得ない出費はあります。そのようなとき、プロミスのように即日融資に対応しているカードローンを利用するのも1つの手段です。しかし、即日融資の特徴や利用方法がわからない人もいるでしょう。そこで、この記事ではプロミスの即日融資を利用する際の適切なお申込方法等の一般的な情報について紹介します。

目次

即日融資とは

即日融資とは

通常、銀行などから融資を受けるには、お申込みした後の審査に数日を要するのが一般的です。そのため、実際にお借入れができるのはお申込みをしてから数日後ということになります。これに対して即日融資とは、お申込みをしたその日のうちにお借入れできる融資のことです。混同しやすいものに即日審査がありますが、こちらは審査がお申込当日におこなわれるということで、その日のうちにお金を借りられるということではありません。誤解しやすいので間違えないようにしましょう。

説明したように、即日融資はお申込当日にお金を借りられることで、厳密に言えばカードローン会社全体のサービスではありません。カードローンは、銀行系と消費者金融系の2つに分けることができます。銀行系のカードローンは、過剰融資を防ぐために自主規制がされるようになり、即日融資をするケースは減少しつつあります。即日融資に対応しているのは、すぐにお金が必要な人に向けてサービスをおこなっている消費者金融系カードローンが主です。そのため、即日融資という文言はほとんどの場合、消費者金融系のカードローンで使われています。

プロミスで即日融資を受けるための基礎知識

プロミスで即日融資を受けるための基礎知識

プロミスも即日融資に対応しているカードローンです。では、プロミスで即時融資を受けるには一体どのようなフローで進めていけばいいのか、注意点などもあわせて説明していきます。

Web・アプリから申し込む

プロミスでお金を借りるには、Webや自動契約機、店頭窓口、プロミスコールとアプリ、そして郵送の6つの方法があります。このなかで最も早くご融資が可能なのは、Webでのお申込みとアプリでのお申込みです。プロミスコールは土日や祝日でもお申込みが可能ですが、実際のお手続きは窓口または郵送になるため、一定の時間を要します。自動契約機は30分ほどでお手続きが完了しますし、その場でのお借入れも可能ですが、近くに設置されていない場合もあります。

特にお急ぎでないなら好きな方法でお借入れすればいいのですが、すぐにでもお金が必要なときにはWebやアプリを利用しましょう。パソコンまたはスマートフォンのいずれかで原則24時間お申込みが可能で、近くにプロミスの店舗や自動契約機がない環境でも簡単にお手続きができます。また、外出をできるだけ控えたいときでも自宅でお申込みができるので安心です。カードローンのお手続きで郵便物が届くことが多いですが、Webやアプリからプロミスにお申込みをすれば郵便物が届くことはありません。誰にも知られずに即日融資が可能です。

審査実施時間までに申し込む

Webやアプリならお申込当日のお借入れが可能ですが、時間帯に関係なくいつでもお金を借りられるというわけではありません。即日融資を希望するなら対応可能な時間帯であることがポイントです。どんなに遅くても、20:30までにはお申込みを済ませておきましょう。これは、プロミスの審査実施時間が9:00〜21:00のためで、この時間帯を過ぎてしまうとお借入れは早くても翌日になってしまうからです。ただし、平日だけでなく土日や祝日も審査は実施されています。ですから、お申込みの時間帯だけ注意しましょう。

審査にかかる時間はおよそ30分です。20:30までにお申込みできれば即日融資の可能性は高いですが、余裕を持ってなるべく早めに完了できるようにしましょう。審査回答が受けられる時間内にお申込みできるかどうかを考えることが大切です。Webやアプリなら原則24時間365日、曜日に関係なく夜間でもお申込みが可能なので、上手に活用しましょう。プロミスは審査実施時間が長いため、仕事や家事を終えた後や休憩時間に余裕を持ってお申込みできて便利です。

手持ちの口座の振込実施時間を確認しておく

プロミスは、お借入れの際に提携ATMからお金を引き出せるだけではありません。振込キャッシングにも対応しています。お客様の口座に直接お振込みすることが可能で、引落しの残高不足にも役立てることができます。ただし、お客様の口座によっては即日のご利用ができない場合もあるので事前に確認しておきましょう。即日融資をご利用できない場合が出てくるのは、振込実施時間が存在するためです。プロミスは、ジャパンネット銀行や三井住友銀行など全国にあるおよそ200の金融機関で原則24時間365日振込が可能なうえに、曜日や夜間も関係なく対応しています。

しかし、お客様の指定する金融機関が夜間や土日祝日のお振込みに対応していなければ、口座に反映されるまでに時間がかかります。せっかくプロミスで振込処理をおこなっても、結果的にお金をすぐに引き出すことはできません。たとえば、ジャパンネット銀行のように夜間も土日祝日も関係なくお振込みに対応しているなら、いつでもご利用することは可能です。プロミスの即日融資をお申込みする際は、あらかじめ手持ちの口座の振込実施時間を確認してからおこないましょう。複数の口座を持っている場合には、お借入れしたい時間帯に振込可能な口座を指定することがポイントです。

システムメンテナンスに注意する

プロミスでは、お客様に快適でスムーズなサービスを提供できるよう、毎週月曜日の0:00〜7:00の間はシステムメンテナンスを実行しています。システムメンテナンス実行中は受付自体をおこなっていないため、この時間帯にはお申込みもお借入れもできません。お借入方法に応じてシステムメンテナンスが実行される時間帯があるので注意しましょう。振込キャッシングをご利用になる場合は、お手持ちの口座のシステムメンテナンスについても確認が必要です。

また、受付の時間帯によっては振込予約となり、即日のご利用はできません。土曜日なら23:30~24:00の間、日曜日なら18:50~24:00に受付をした場合は振込時間が翌日の8:45~9:30頃になります。ほかにも、年末年始など長期休暇や曜日によってシステムメンテナンスが発生しやすいので、ご利用の前に確認しておきましょう。正月は1月1日と1月2日は0:00~7:00の間の受付を停止しています。

即日融資に適したプロミスの3つのお借入方法

即日融資に適したプロミスの3つのお借入方法

プロミスにはさまざまなお借入方法があります。即日融資を受けるならどの方法が適しているのか気になる人は多いのではないでしょうか。そこで、即日融資に適した3つのお借入方法について解説していきます。

①瞬フリ(振込キャッシング)

瞬フリとは振込キャッシングのことです。お客様のお手持ちの口座にすぐにお振込みするサービスで、急にお金が必要になったときはもちろん、公共料金などの引落しにも対応できます。瞬フリは会員サービスの1つで、パソコンまたはスマートフォンを持っていればご利用が可能です。瞬フリでお借入れしたいときは、プロミスの会員ページからログインしましょう。 

瞬フリは会員ページから原則24時間365日いつでもお申込みが可能です。平日はもちろん、土日祝日や夜間も可能なので便利に活用してみましょう。お申込みが完了すると、最短わずか10秒でお客様の口座にお振込みが実行されます。ただし、お手持ち口座の振込実施時間によってはすぐに反映されないこともあります。瞬フリをご利用になる前に、お手持ち口座の振込実施時間を確認しておきましょう。

②アプリローン

スマートフォンを持っている人に向いているのがアプリローンです。アプリローンとはプロミスが提供しているサービスで、お申込みからお借入れまでスマートフォンだけで完結させることができます。急にお金が必要になったときでも手持ちのスマートフォンを操作するだけで済むため、心強いサービスと言えるでしょう。書類の郵送などが一切無いのもアプリローンの特徴です。通常、カードローンのお申込みには書類が郵送されることがあります。これは、お手続きに必要な書類のほかにカードを郵送する必要があるためですが、アプリローンにはカードがありません。 

自宅に郵便物が届けられることもないため、家族や周囲に知られずにお借入れしたい人にとって使いやすいサービスです。アプリローンは、スマートフォンに専用のアプリをダウンロードするだけでご利用できます。アプリは無料で、ご利用にあたって課金する必要はありません。 

③自動契約機でカード発行しATMを利用

即日融資でお借入れしたいときは、自動契約機でカードを発行するという方法もあります。自動契約機は専用の施設または三井住友銀行に併設されており、設置場所はプロミスのWebサイトから検索できます。ご利用になる前に最寄りの店舗がどこにあるか調べておきましょう。自動契約機は、誰にも会わずにタッチパネルの操作だけでお申込みからお借入れまで完了させることが可能なサービスです。お手続きは30分ほどですから、外出のついでなどちょっとした空き時間を使ってご利用になるのもいいでしょう。

カードが発行されれば、プロミスのATMや提携ATMですぐにお金の引き出しができます。セブン銀行のATMなら原則24時間ご利用可能なので、夜間にお金が必要なときでも便利に活用できます。また、プロミスのATMや三井住友銀行のATMからなら手数料は無料でお得です。自動契約機をご利用の際は、あらかじめ身分証明書を持参する必要があります。生年月日や住所、氏名などがわかるもの、たとえば運転免許証や健康保険証などです。身分証明書と現住所が異なる場合は、公共料金の領収書や住民票の写しなどを用意しておきましょう。

プロミスで即日融資を申込む際のポイント

プロミスで即日融資を申込む際のポイント

プロミスで即日融資をスムーズにご利用になるために、お申込みの際にどのようなポイントを押さえておくべきか気になる人もいるかもしれません。そこで、お申込みのときに注意しておきたいことについて説明していきます。

お申込みに必要な書類を揃えておく

プロミスのお申込みには、身分証明書などいくつかの書類が必要です。身分証明書は氏名や現住所、生年月日がわかるものであればかまいません。運転免許証やパスポート、マイナンバーカード、健康保険証、住民票などで大丈夫ですが、顔写真が付いているものが理想です。健康保険証には顔写真が掲載されていないため、ほかに証明する書類として住民票の写しが必要になります。また、運転免許証やパスポートは2020年2月3日以前に申請して発行されているもので、住所欄に現住所の記載があるものが有効です。

いずれの本人確認書類でも、現住所に違いがある場合は証明できる書類をほかに用意しなければなりません。電力会社やガス会社、水道局など公共料金の領収書か住民票の写しなどがあれば証明書として使えます。ほかに必要な書類は収入証明です。ただし、収入証明は誰もが必要というわけではありません。お借入れ希望額が50万円を超える場合、または他社のお借入金額とプロミスのご利用希望額の合計が100万円を超えるときには収入証明が必要です。収入証明として使える書類は、最新の源泉徴収票か確定申告書、または税額通知書、給与明細書の直近2か月分のいずれかとなります。給与明細書の場合は、賞与明細書直近1年分も合わせて準備する必要があります。なければ給与明細書だけでもかまいません。

土日の在籍確認に注意する

融資を受けるときの審査の1つとして在籍確認がおこなわれることがあります。お申込みの際に記入した勤務先に相違がないか確認することが目的で、確認がとれないとご利用できないことがあるので注意しましょう。一般の会社であれば、土日や祝日の即日融資には注意が必要です。土日に限らず、勤務先が定休日であることを忘れてお申込みしてしまうと在籍確認がとれないという事態にもつながりかねません。お申込みする日が定休日にあたる場合は事前に相談しておくようにしましょう。また、会社や部署によっては個人の電話をとりつがないこともあります。そのような事情がある場合も相談しておくことが大切です。

審査が円滑に進むよう工夫する

急にお金が必要なときにはプロミスの即日融資が便利です。しかし、スムーズなご利用をするためには、あらかじめ準備しておきたいことや注意点がいろいろあります。円滑に審査が進み最短でのお借入れを実現するためには、必要な書類を抜けがないように用意しておくことが重要です。加えて、お手持ちの口座の振込実施時間、他社のお借入状況なども確認しておきましょう。

前の投稿お金がない!キャッシング・リボ払い・カードローンどれを選ぶべき?

実際にカードローンを使ってる人はどのくらい?意外と身近なお借入事情次の投稿