カードローンの保証会社って何のこと?なぜ消費者金融の名前があるの?

知って得するマメ知識

カードローンの保証会社って何のこと?なぜ消費者金融の名前があるの?

銀行カードローンの利用を検討した経験があれば、利用条件として「保証会社の保証を受けることのできる方」という記載を目にした方は多いのではないでしょうか。また、実際にお申込みをする際に消費者金融の名前が出てくることが多く、疑問に思う方もいるかもしれません。この記事では、一般的な保証会社の役割や消費者金融が出てくる理由などについてまとめて解説していきます。カードローンを利用する前に、まず疑問を解決しておきましょう。

目次

保証会社って何?

保証会社って何?

保証会社とは、融資を受けた方が万が一返済能力を失ったときに、本人に代わってその返済を行ってくれる会社のことです。たとえ利用者が返済できなくなっても、保証会社を通していれば銀行や貸金業者は貸したお金が返ってこないというリスクを回避することができます。同時に、融資を受ける際に利用者の返済能力を保証してくれるという役割も持っています。保証会社は、カードローンを発行している企業や消費者金融、信販会社などが行っているのが一般的です。

保証には連帯保証人をつける「人的保証」と呼ばれる制度もありますが、保証会社のように企業など団体が保証する制度は「機関保証」と呼ばれています。保証会社は連帯保証人の代わりという考え方ができるものの、ローンの種類によってはいずれか片方だけつければいいということではありません。ローンの種類や契約内容によっては連帯保証人と保証会社の両方が必要になるケースもあります。カードローンの場合はほとんど保証会社がつくというだけで、すべてのローンに該当するわけではないので混同しないよう注意しましょう。

保証会社の2つの役割

保証会社は、主にふたつの役割を持っています。ひとつは、前述したように融資を受けた方が返済できなくなったとき、融資金額を弁済してくれるというものです。この場合の弁済とは、滞納した分だけという意味ではありません。例えば、融資を受けた方が返済を1回分滞納したと仮定して説明しましょう。この場合は滞納した1回分だけを保証会社が代わりに返済してくれるということではなく、滞納分はあくまでも融資を受けた方が返済の義務を負います。では、どのようなときに保証会社が弁済してくれるのかというと、それは滞納が一定期間以上続いた場合、または利用者が債務整理を行ったときです。

滞納期間が一定期間以上に達した場合は「返済能力がない」と判断され、残債のすべてが保証会社からカーロドーン会社や銀行に一括で返済されます。つまり、融資を受けた本人がまったく返済できなくなったときに、その時点で残っている融資の全額を弁済するのが保証会社の役割なのです。例えば、50万円の融資を受けて残り30万円のところで返済不能になった場合、この30万円は保証会社が支払います。これを代位弁済といいます。

そして、保証会社のもうひとつの役割は、カードローン会社や銀行に代わって融資を受ける方の審査を行うことです。収入状況をはじめ、他にお借入れがないか、該当する期間内に債務整理などの事実がないかなど総合的に判断したうえでカードローンの発行が適切かどうかを判断していきます。前述したように、保証会社の審査が通るということは「返済能力がある」ことを保証してもらえるということでもあるのです。つまり、保証会社とはカードローン会社にとっても融資を受ける方にとっても重要な存在といっていいでしょう。

代位弁済してくれるなら返さなくてもいいの?

保証会社が弁済してくれるなら、その後は一切払わなくてもいいという誤解をする方もいるかもしれません。確かに、保証会社が返済を肩代わりしてくれるわけですから、融資を受けた本人が銀行へ返済する必要はなくなります。しかし、その代わりに今度は保証会社に対して返済の義務を負うことになるのです。その場合、注意しておかなければならないのは、分割返済ができなくなることです。保証会社への返済は一括払いが原則で、カードローンのように分割での返済に応じてもらえることはほぼありません。そのため、残債がかなり残っていた場合には返済が難しいということもあるでしょう。

また、代位弁済が行われた場合には、その事実が信用情報機関に情報として記録されることになります。記録は通常5年間ほど残るため、その間はローンやクレジットカードなどの新規契約の審査が通りにくいという状態が続きます。

保証会社への一括返済が難しい場合には、債務整理を行うことも可能です。または保証会社に分割払いの交渉を行うこともできますが、いずれの場合も通常は弁護士に依頼したり裁判所を通したりするのが一般的で、素人ではなかなか対応できません。このような事態になるのを回避するには、無理のないお借入れをすることです。また、少しでも余裕ができたときには繰り上げ返済などを行うという方法もあります。お借入れ先が2カ所になってしまった場合には、金利の低いカードローンへのおまとめなども良い解決策です。

どうやって審査しているの?

どうやって審査しているの?

実際にはどのような方法で審査をしているのか、その詳細についてはどの保証会社も公開はしていません。ですから、明確な基準や条件については一概にいえないのが現状です。ただし、信用情報機関に記録されている情報や属性などから判断していると考えていいでしょう。また、収入の安定性なども判断基準の一つといえます。そのため、債務整理をしていない場合でも、直近で遅延や滞納がある方は審査に通りにくいかもしれません。

保証会社の審査方法は明確にされていないものの、審査に通るには銀行と保証会社の両方の基準を満たしていることが前提です。自分で判断しやすい点でいえば、銀行の公式サイトやカードローンの冊子などに明記されている条件を確認しておくといいでしょう。例えば、利用可能な年齢や勤務形態などをカードローンの申込条件として明記しているケースは多いものです。銀行カードローンを申し込む際は、まず銀行が掲げている条件に合っているかどうかを確認することがポイントになります。

銀行系カードローンは審査期間が長め

銀行系カードローンは審査期間が長め

カードローンを発行している金融機関はいくつかありますが、審査にかかる期間にはばらつきが見られます。銀行カードローンの場合は審査に時間がかかる傾向があります。これは、銀行カードローンの審査が2段階になっているのが理由で、仮審査と本審査に分かれているからです。仮審査は通常、保証会社によって行われ、収入状況や他社のお借入れ状況など返済に関わることを審査していきます。保証会社の審査が終わると銀行の本審査に移行し、契約内容の確認に間違いがないかチェックされます。

契約内容の確認とはお借入れする方本人の住所や連絡先など基本的な情報の確認もありますが、重要なのは在籍確認です。勤務先に誤った記載はないか、実際に勤務しているか、または実在している会社かどうかなどの確認が行われます。そのため、在籍確認の実施はお申込みから時間がかかることが多いのです。このように、銀行カードローンは2段階での審査が一般的で、即日融資にはほとんど対応していません。審査にかかる期間を考えると、急な出費などに迫られたときには銀行カードローンは向いていないといえます。

審査に通りやすくなる方法はある?

審査に通りやすくなる方法はある?

できるだけスムーズにカードローンを契約するには、審査に通りやすいことが条件です。一体どのようにすれば審査に通りやすくなるのか、その方法について気になりますよね。そこで、ここでは銀行カードローンの審査に通りやすくなる方法やポイントについて解説していきます。

基本的に「審査が甘い保証会社」というのは存在しない

結論からいえば、審査が甘い保証会社は存在しないといえます。カードローンなど融資に応じるときには、申込者の返済能力を正しく判断し、さまざまな条件から審査を行うことが貸金業法で義務づけられているからです。貸金業法とは、融資を行う際の規制などについて定められた法律のことで、貸金業者はこれに従わなければなりません。貸金業者とはクレジットカード会社や消費者金融のことで、銀行は該当しません。そのため、銀行が発行するカードローンは本来であれば貸金業法は適用外とされています。

しかし、健全な融資を行ううえで欠かせないのは返済能力です。利用者の年収は返済能力の判断材料ですが、収入自体は十分なものでも他社からのお借入れが多い場合には問題がないとはいえません。たとえ銀行の審査に通ったとしても、貸金業者からの融資額がかなりのものであれば返済が滞りがちになる可能性が出てくるでしょう。そこで、本来であれば貸金業者に該当しない銀行も、カードローンの審査では貸金業法に匹敵するような審査基準を設けているケースは増えつつあります。

債務整理などを起こした保証会社と同じ会社だと通りにくくなる

通常、カードローンの審査では信用情報機関の記録をもとに審査されることが多いものです。そのため、審査に通りにくい情報が記録されていなければ、特に問題はないと判断することができます。しかし、中にはそれでも審査に通りにくい条件となってしまう例もあります。前述した通り、信用情報機関に記録された情報は一定期間が経過すれば消去されるのが一般的です。記録が消去されるまでの期間はケースによってさまざまですが、債務整理のような場合でも5年程度経過すれば抹消されると考えていいでしょう。

しかし、中には永久的に記録が消去されないまれなケースも存在します。消去されない理由については断言できませんが、悪質な滞納を何度も繰り返した場合や長期に及ぶ遅延などが発生した場合には、消されずに残されていることもあるのです。ですから、たとえ代位弁済に至る前に返済を再開していても、短期間のうちに何度も繰り返していたり悪質と判断されたりすることがあれば、注意した方がいいでしょう。すべてにおいていえるわけではありませんが、過去にトラブルがあった保証会社の審査は通りにくいかもしれません。

検討しているカードローンの保証会社を確認するには

保証会社は銀行カードローンによって異なります。保証会社と過去にトラブルがあるなど、審査について気になる点がある場合にはあらかじめ調べておくといいかもしれません。どの保証会社と提携しているかは、銀行カードローンの公式サイトの他、パンフレットや冊子、申込書や契約書などに記載されているので簡単に確認が可能です。また、同じ銀行から発行されているカードローンであっても、それぞれ違う保証会社と提携していることも多いので、その都度確認した方がいいでしょう。

銀行と提携保証会社一覧

ここでは、銀行カードローンと提携している保証会社を一覧で紹介します。

「メガバンクのカードローン※()内が保証会社」

三菱UFJ銀行「バンクイクック」(アコム)

三井住友銀行「三井住友銀行カードローン」(SMBCコンシューマーファイナンス)

みずほ銀行「みずほ銀行カードローン」(オリエントコーポレーション)

りそな銀行「りそな銀行カードローン」(りそなカード、オリックスクレジット)

「ネット銀行のカードローン※()内が保証会社」

ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」(SMBCコンシューマーファイナンス)

セブン銀行「セブン銀行カードローン」(アコム)

楽天銀行「楽天銀行スーパーローン」(楽天カード、セディナ)

じぶん銀行「じぶんローン」(アコム)

オリックス銀行「オリックス銀行カードローン」(オリックスクレジット、新生フィナンシャル)

住信SBIネット銀行「カードローン」(SMBCコンシューマーファイナンス、住信SBIネット銀カード)

イオン銀行「イオン銀行カードローン」(イオンクレジットサービス、オリックスクレジット)

「主な地方銀行のカードローン※()内が保証会社」

北海道銀行カードローン「ラピッド」(アコム)

青森銀行「あおぎんカードローンAキャッシング」(アコム)

みちのく銀行カードローン「トモカ」(オリエントコーポレーション)

秋田銀行「あきぎんスマートネクスト」(エム·ユー信用保証)

北都銀行「カードローン1000」(オリックスクレジット)

荘内銀行「カードローン1000」(オリックスクレジット)

山形銀行「山形銀行カードローン」(アコム)

岩手銀行「エルパス」(アコム)

東北銀行「inos(イーノス)」(東北ジェーシービーカード、ジャックス、SMBCコンシューマーファイナンス)

七十七銀行「77カードローン」(七十七カード)

東邦銀行「メインサービスカードローン」(東邦カード)

福島銀行「フリーライフ」(SMBCコンシューマーファイナンス)

群馬銀行「ナイスサポートカード」(アコム)

足利銀行「モシカ」(アコム)

常陽銀行「キャッシュピット」(アコム)

筑波銀行「つくばカードローンIMA☆(いまほし)」(新生フィナンシャル)

武蔵野銀行「むさしのスマートネクスト」(エム·ユー信用保証)

千葉銀行「クイックパワーアドバンス」(エム·ユー信用保証)

千葉興業銀行「リリーフ」(オリエントコーポレーション)

東京スター銀行「スターカードローン」(新生フィナンシャル)

横浜銀行「横浜銀行カードローン」(SMBCコンシューマーファイナンス)

第四銀行「解決スピーディー」(エム·ユー信用保証)

北越銀行「べんリーナ365」(SMBCコンシューマーファイナンス)

八十二銀行「はちにのかん太くんカード」(アコム)

北陸銀行カードローン「カードローン クイックマン」(アコム)

富山第一銀行「ファーストバンクのカードローン」(オリエントコーポレーション)

北國銀行「DAY SMART」(北國銀行)

福井銀行「福井銀行カードローン」(SMBCコンシューマーファイナンス)

静岡銀行「セレカ」(静銀ディーシーカード、新生フィナンシャル)

スルガ銀行「スルガ銀行カードローン」(スルガ·キャピタル、ダイレクトワン、オリエントコーポレーション)

清水銀行「しみずピアカードローン」(オリエントコーポレーション)

大垣共立銀行「ザ·マキシマム」(SMBCコンシューマーファイナンス)

十六銀行カードローン「Q-LOAN」(アコム)

三重銀行「みえぎんカードローン」(セディナ)

百五銀行「百五マイカードDREAM」(エム·ユー信用保証)

滋賀銀行「サットキャッシュ」(滋賀ディーシ-カード、エム·ユー信用保証)

京都銀行「京銀カードローンワイド」(京都クレジットサービス、オリックスクレジット)

池田泉州銀行「池田泉州SMBCモビットキャッシング」(エム·ユー信用保証)

南都銀行「キャッシュクイック」(アコム)

紀陽銀行「紀陽銀行カードローンプラス」(阪和信用保証、オリエントコーポレーション)

但馬銀行「但馬銀行カードローン」(SMBCコンシューマーファイナンス、アイフル)

鳥取銀行「鳥取銀行カードローン」(アコム)

山陰合同銀行「Duoカードローン」(山陰合同銀行)

中国銀行「コ·レ·カ」(中銀カード、SMBCコンシューマーファイナンス)

広島銀行「マイライフプラス」(アコム、SMBCコンシューマーファイナンス)

山口銀行「マイカード プレミアム」(オリエントコーポレーション)

阿波銀行「スマートネクスト」(エム·ユー信用保証)

百十四銀行「114スマートネクスト」(エム·ユー信用保証)

伊予銀行「新スピードカードローン」(アコム)

四国銀行「4’s」(アコム)

福岡銀行「福岡銀行カードローン」(SMBCコンシューマーファイナンス)

筑邦銀行「ミニカードローン」(セディナ)

西日本シティ銀行「キャッシュエース」(アコム、ワイジェイカード)

北九州銀行「マイカードプレミアム」(オリエントコーポレーション)

佐賀銀行「Neoca」(オリエントコーポレーション)

十八銀行「十八銀行カードローン」(エム·ユー信用保証)

親和銀行「親和銀行カードローン」(SMBCコンシューマーファイナンス)

肥後銀行「WEBカードローン」(新生フィナンシャル)

大分銀行「ハッピーカードローン」(アコム)

宮崎銀行「おまかせくん」(アコム)

鹿児島銀行「かぎんカードローン」(SMBCコンシューマーファイナンス)

琉球銀行「しあわせのカードローン」(りゅうぎんディーシー、オリエントコーポレーション、SMBCコンシューマーファイナンス)

沖縄銀行「チェキット」(SMBCコンシューマーファイナンス)

保証会社の役割は重要

保証会社について説明してきましたが、銀行カードローンの利用に当たって重要な役割を持っていることは理解できたのではないでしょうか。消費者金融の名前が保証会社として出てくるのは、銀行が保証会社の役割や審査を提携という形で消費者金融に委託しているからです。銀行カードローンと保証会社の関係性を理解し、安心してカードローンの利用を検討してみましょう。

前の投稿カードローンとクレジットカードのキャッシングの違い!どっちを選ぶべき?

カードローンの審査はどれくらい時間がかかるの?早くお金を借りるには?次の投稿