カードローンとクレジットカードのキャッシングの違い!どっちを選ぶべき?

お申込みのあれこれ

カードローンとクレジットカードのキャッシングの違い!どっちを選ぶべき?

すぐに現金が必要なとき、カードローンやクレジットカードのキャッシングという手段があります。しかし、このふたつはどのような違いがあるのかわからない人は多いかもしれません。そこで、この記事では、カードローンとクレジットカードのキャッシングについて仕組みや違いなど一般的な情報について説明していきます。記事を読むことでそれぞれの特徴を知り、自分にとってどちらを選ぶ方が得策なのか判断につなげてみましょう。

目次

カードローン·クレジットカードのキャッシングの違い

カードローン·クレジットカードのキャッシングの違い

カードローンとクレジットカードのキャッシングは、どちらも現金のお借入れができるという点は共通していますが、明確な違いがあります。カードローンは借入専用のサービスであり、キャッシングはクレジットカードの付帯サービスです。ここでは、この基本的な違いについてさらに詳しく説明していきます。

「キャッシング」は機能の名称

キャッシングとは英語でお金を意味する「cash」に進行系の「ing」をつけたものです。英語で「cashing」とは換金や現金化するという意味になりますが、日本で一般的にいわれている「キャッシング」とは「お金を借りる」という意味で使われています。しかし、同じ借りるといっても銀行が住宅購入などに向けた大きな金額の融資は「loan」と呼ばれることが多く、「キャッシング」の場合は少額融資という意味で使われるのが一般的です。また、利用の対象としては個人に向けて使われることが多い傾向があります。

クレジットカードのキャッシングは、クレジットカードを利用するうえで付帯できるもので、機能の一つといっていいでしょう。つまり、クレジットカードの利用者がついでに少額融資を受けることを可能にしたものです。そのため、メインはあくまでクレジット機能であり、すべてのクレジットカードにキャッシングが付帯しているわけではありません。中にはキャッシングができないクレジットカードもありますし、任意で外すことも可能です。

カードローンは現金を借りられるフリーローン

カードローンとは、クレジットカードのキャッシング枠とは違い、お借入れ専用のカードのことです。つまり、カードそのものが融資を受けることを目的としており、何かに付帯しているわけではありません。カードローンを利用するには審査に通る必要があります。審査によってカードローンの利用限度額と利率が決められますが、利用限度額の範囲内であればいつでも自由にお借入れが可能です。もちろん、返済をすることで何度でも必要なときにお借入れすることができます。

カードローンはフリーローンと呼ばれるもので、基本的には使い道が限定されていません。事業用以外であれば、生活費や交際費、旅行など自由に使うことができます。お借入れ方法は複数ありますが、発行された専用のカードで提携ATMや専用のキャッシュディスペンサーから引き出す方法が一般的です。他には、あらかじめ指定した口座に振り込んでもらう方法もあります。

クレジットカードはショッピングの立て替え

前述したように、クレジットカードのキャッシング枠とは機能の一つであり、あくまでメインはショッピング枠のクレジット機能です。クレジットカードはカードローンのように現金をお借入れするものではなく「立て替え」をサービスとしています。そのため、クレジットカードは商品の購入や公共料金などの支払いを立て替えてくれるもので、現金そのものを引き出して使うことはできません。しかし、立て替えの他に現金が必要になることもあるでしょう。そのようなときに利用できる機能としてキャッシング枠を付帯させているのです。

クレジットカードのキャッシング枠にも利用限度額があります。ただし、この場合の限度額はカードローンとは性質が異なります。カードローンの利用限度額は審査で決定した額がそのまま利用でき、特別な事情がない限り減額されることはありません。しかし、クレジットカードのキャッシング枠の場合は、ショッピング利用に応じて減額になる場合もあります。これは、クレジットカード全体での利用限度額が設けられているためで、その中にショッピング枠とキャッシング枠が含まれているのが理由です。そのため、キャッシング枠を利用すると、その分ショッピング枠の利用可能額が減額になるケースもあるので注意しましょう。

カードローンとクレジットカードはどっちがお得?「お金」で比較

カードローンとクレジットカードはどっちがお得?「お金」で比較

カードローンとクレジットカードのキャッシング枠の基本的な違いについて説明してきました。しかし、少額融資を受けるのであれば大きな違いは感じないと思う人もいるかもしれません。そこで、実際にはどちらがお得なのか、カードローンとクレジットカードのキャッシング枠を利用する際の「お金」について、年会費と限度額、そして返済方法の3つの観点から解説していきます。

カードローンは年会費がかからない

年会費でいえば、カードローンは一切かかることはありません。その点では経済的だといえるでしょう。例えば、万が一の資金調達用としてカードローンを持とうと考えているなら、使わないときも年会費が発生するカードなら維持費だけがかかることになります。しかし、カードローンは年会費がかからないため、突発的な出費に備えて持っていても維持費がかかることがなく安心です。これに対してクレジットカードには年会費がかかります。中には年会費が無料のクレジットカードもありますが、初年度のみ無料であったり付帯できる機能が限定されていたりと、何らかの条件をともなうのが一般的です。

カードローンのほうが限度額は高い

借入専用という性質上、カードローンの方が利用限度額は高くなります。実際の利用限度額は審査によって決定されるため、必ずしもカードローンで提示されている最高限度額が通るとは限りません。しかし、クレジットカードのキャッシング枠よりも高い限度額に決まることが多いといえます。これは、前述したように、クレジットカードはショッピングの立て替え機能がメインであることが理由にあげられます。カードローンは審査で決定された利用限度額がそのまま利用できるため、クレジットカードのようにショッピングの額によってキャッシング枠が圧迫されるということもありません。

返済方法にも違いがある!

返済方法についても、カードローンとクレジットカードのキャッシング枠には違いがあります。カードローンの返済方法はリボ払いが多く、返済額はカードローン会社によって異なります。利息分も含まれた定額での返済が多く、さらに利用額に応じて返済額が変動するのが一般的です。例えば、利用額が10万円を超えない場合は毎月5,000円で返済し、10万円を超えた場合は7,000円に返済額が上がるといった設定がされていることがあります。返済する側にしてみれば高いと感じることもあるかもしれませんが、少しでも早く返済を進めるための配慮です。

他にも、繰り上げ返済や増額返済が可能なカードローンもあります。少しでも余裕ができたときには、繰り上げ返済をすることで利息分を節約することができるでしょう。ただし、リボ払い以外にどのような返済コースがあるかはカードローン会社によって異なるため、お申込みの時点で確認が必要です。一方、クレジットカードのキャッシング枠の場合は、ほとんどが一括払いかリボ払いの二択になります。そのため、キャッシングを利用する際は一括払いかリボ払いのいずれかに決めなければなりません。仮に一括払いを選んだ場合でも、後から変更できるのはリボ払いのみです。クレジットカード会社にもよりますが、一括払いといってもボーナス一括払いには対応してくれないと考えておいた方がいいでしょう。

適用される法律が違う!注目すべきは総量規制

適用される法律が違う!注目すべきは総量規制

クレジットカードやカードローンなどの利用を検討する際、総量規制という言葉を聞いたことはないでしょうか。総量規制そのものは法律の名称ではありませんが、お借入れに対して適用される法律に関連した言葉としてよく使用されます。ここでは、総量規制とは何を指すのか、また対象になるケースとならないケースについて解説していきます。

クレジットカードと消費者金融カードローンは総量規制の対象

申込者が健全に融資の利用ができるよう、貸金業者に向けてさまざまな規制を行う法律を「貸金業法」といいます。貸金業法の中で定められているひとつに融資額の制限があります。制限とは、年収の3分の1を超える額の融資を行ってはいけないというものですが、これは他社でのお借入れも含めた総額のことです。この規制のことを「総量規制」と呼んでいます。つまり、総量規制とはあくまで通称のことで、実際にそういった名称の法律があるわけではありません。「貸金業法」は貸金業者に適用される法律です。貸金業者とはクレジットカード会社や消費者金融などが含まれるため、カードローンやクレジットカードのキャッシング枠は総量規制に該当することになります。ただし、それぞれに審査が異なるため、年収の3分の1まで必ずお借入れできるとは限りません。

銀行系カードローンは総量規制の対象外

カードローンは総量規制に該当すると説明しましたが、それは消費者金融のカードローンの場合です。同じカードローンでも銀行が発行したものは「総量規制」の対象にはなりません。これは、銀行のカードローンは「銀行法」が適用されるためです。ただし、お借入れをするという点では変わりはないことから、融資を総額で考えて審査に反映するカードローン会社や銀行は少なくありません。そのため、消費者金融のカードローンですでに年収の3分の1を満たしている場合でも、銀行のカードローンなら審査に通るとは考えない方が賢明といえます。

カードローンとクレジットカードは審査のしかたは違う?

カードローンとクレジットカードは審査のしかたは違う?

ここまで、カードローンとクレジットカードのキャッシングの違いについて紹介してきました。しかし、審査にはどのような違いがあるのか気になる人は多いでしょう。そこで、ここでは両者の審査の違いについて説明していきます。

基本的に審査は大きく変わらない

審査の基準などについていえば、基本的には大きな違いはありません。カードローンもクレジットカードのキャッシング枠も、どちらも性別や年齢、職業、そして年収といった基本的な情報を踏まえたうえで返済能力に問題がないかを審査していきます。もちろん、お申込内容に虚偽記載がないかどうかも重要な審査基準です。実際にはクレジットカード会社やカードローン会社によって利用条件に多少の違いはありますが、重視するのは返済能力であるという点は変わらないでしょう。そのため、信用情報機関に記録されている情報を参考に審査するのは一般的といえます。例えば、債務整理をしたばかりではないか、他社からのお借入れが自己申告通りかどうかなども重要な審査基準です。

カードローンのほうが審査は厳しいと言われている

審査に関しては、クレジットカードよりカードローンの方が厳しい傾向はあります。その理由としてあげられるのは総量規制です。総量規制は、貸金業法で融資総額を制限することの通称であることは説明しました。貸金業者に該当するのは消費者金融やクレジットカード会社などですが、クレジットカード会社で対象になるのはキャッシング枠だけです。ショッピング枠は立て替えるもので融資ではありません。そのため、ショッピングの立て替え機能がメインであるクレジットカードよりカードローンの審査の方が厳しいといえます。ただし、クレジットカードでもキャッシング枠をつける場合には総量規制の対象となり、審査が厳しくなるかもしれません。

カードローンを利用するとクレジットカードを作れなくなる?

カードローンを利用すると、クレジットカードが作れないという心配をする人もいます。しかし、クレジットカードは申込者の支払い能力や返済能力について審査をしているので、カードローンの利用自体が影響するということではありません。ただし、カードローンの利用額が多いと審査に影響する場合もあります。特に年収に対してお借入れが多く、残債がかなり残っている場合には影響すると考えた方がいいでしょう。また、審査に影響しやすいものに無担保融資があります。カードローンは無担保融資なので、お借入れの状況によってはクレジットカードの審査に影響することも出てきます。他に影響しやすいといえば、複数のカードローンを利用しているケースです。1社当たりのお借入れは少額であっても、複数のカードローンを利用していると「返済自体が難しくなっている人」という印象を持たれ、審査に影響しやすいといえます。

カードローンは銀行系と消費者金融がある

カードローンは、銀行が発行している銀行系と消費者金融が発行している消費者金融系の2種類が主です。このふたつの違いについて説明していきます。まず銀行系のカードローンには銀行法が適用されます。そのため、貸金業法の総量規制は対象にならないことから、利用限度額が高くなる傾向があります。また、銀行系のカードローンの方が金利が低めに設定されているのも特徴のひとつです。ただし、その分審査に時間を要する場合が多く、ほとんどの銀行系カードローンは即日融資に対応していません。また、無利息期間なども設けられていないカードローンがほとんどです。一方、消費者金融系の一番の特徴として無利息期間があげられます。無利息期間とは、一定期間内に返済を行えば利息が一切つかないというもので、元金だけ返済するサービスのことです。期間はカードローンを発行する消費者金融によって異なりますし、初回利用など条件はありますが、お得に利用できます。また、審査のスピードが早いのも特徴のひとつで、お申込みをしたその日にお借入れすることも可能です。

【まとめ】それぞれどんな人におすすめ?

急な出費で困ったときは、手持ちのクレジットカードのキャッシング枠を利用するのもいいでしょう。キャッシング枠がない場合は即日融資に対応した大手消費者金融のカードローンが向いています。単発な利用ではなく定期的に利用したい場合や、高額のお借入れを考えたい場合にはカードローンを持つ方がいいかもしれません。目的や自分の状況を考えてクレジットカードのキャッシングとカードローンを使い分けるのもひとつの方法です。

前の投稿カードローンの「残高」とは?借入状況を正確に把握するためのに必要なこと

カードローンの保証会社って何のこと?なぜ消費者金融の名前があるの?次の投稿