海外旅行で便利!
海外キャッシング利用方法とメリットを解説

こんな時は・・・!

海外旅行で便利!海外キャッシング利用方法とメリットを解説

海外でのキャッシング利用に備えて、具体的な方法やメリットなどについて知りたいと思っていませんか。海外キャッシングを検討している人に向けて、この記事では実際にご利用する際の方法からメリット、さらに注意点について紹介していきます。最後まで読むことで海外キャッシングの理解が深まり、渡航先でのスムーズなご利用が可能になるでしょう。

目次

海外キャッシングとは

海外キャッシングとは海外でお借入れすることです。海外でお金を借りるというと不安になる人もいるでしょう。しかし、慣れない渡航先でいきなりお借入れの申請から始めるわけではありません。ご自分が所有しているクレジットカードに付帯しているキャッシング機能を使って海外でお借入れすることを、海外キャッシングといいます。ご利用は渡航先にある現地のATMを利用します。そのため、現地の通貨をそのまま引き出すことが可能です。

通常、海外へ行く際は銀行や外貨両替専門店で渡航先の通貨に両替するのが一般的ですが、海外キャッシングなら両替の手間がかかりません。ATMの手数料や利息は発生しますが、その代わり銀行や外貨両替専門店のように手数料がかからないというメリットもあります。海外キャッシングは両替の手間がかからないだけでなく、必要に応じて現地で現金を引き出せるため最低限の現金での渡航が可能です。海外キャッシングは海外へ行く人に人気の高いサービスといえます。

海外キャッシングを利用するメリット

海外キャッシングは海外に渡航する際に便利なサービスです。ここでは、具体的にどのような点でメリットがあるのか紹介していきます。

必要な分だけ引き出せて安心

海外は日本とは異なる環境が多く、特に地域差が表れやすいのが治安です。治安が悪い地域へ渡航する場合、万が一スリなどの盗難被害に遭えば所持金のほとんどを失ってしまうことも心配されます。治安に問題がなくても慣れない地域ではあまり現金を持ち歩きたくないと考える人も多いでしょう。通常、海外への渡航前に現金を用意するには外貨両替専門店または銀行での両替が一般的です。盗難などを考えて少なめに両替をしておくのも対策のひとつですが、滞在中に現金が不足すれば不便を強いられるかもしれません。

また、100万円を超える現金を海外に持出す際は届けが必要になるため、長期滞在の場合は何かと手間がかかります。そのようなときに頼りになるのが海外キャッシングです。出国時には銀行などを利用して最低限の現金を用意し、いざ現地で不足が出たときには海外キャッシングで現地の通貨をそのまま引き出せばいいのです。はじめから余分な現金を持ち歩くこともなく、安心して旅行ができます。万が一の盗難や紛失のリスクも回避しやすくなるでしょう。海外キャッシング用のクレジットカードと現金を別にしておけば、さらに安心です。

ATM利用で便利

VISAやJCBなど、所有しているクレジットカードブランドに対応していれば、世界中どこのATMでも海外キャッシングをご利用になれます。ATMの設置場所は日本と変わらず、空港や銀行内、またはショッピングセンターやコンビニエンスストアといった人が集まりやすい施設が一般的です。都市部への旅行であれば、ATMを探すことにそれほど苦労はないでしょう。実際にATMが設置されている場所はクレジットカードブランドのWebサイト上で案内されていることが多いため、不安な場合には事前に確認しておけば安心です。

海外キャッシングなら、銀行や外貨両替専門店のように一旦両替するという手間はかかりません。ATMからはそのまま現地の通貨を引き出すことができます。24時間対応可能なATMも多く、現金が必要だと感じたときにはその国の通貨を手軽にご用意できて便利です。また、VISAブランドのように、提携金融機関であれば窓口でのキャッシングにも対応しているケースもあります。窓口のご利用にはパスポートの提示が必要ですが、ATMの操作が不安なときに覚えておくとよいでしょう。

両替よりお得な場合もある

キャッシングはお借入れをすることになるため、お利息を心配する人もいるかもしれません。しかし、銀行や外貨両替専門店で手数料を支払って両替するよりも、ご利用次第ではお得になる場合もあるのです。海外キャッシングで発生する手数料とは、ATMのご利用手数料のことを指します。地域やご利用になる施設によってATMの手数料は異なりますが、日本国内でATMを利用する際の手数料と同じ感覚で考えればいいでしょう。ただし、ご返済が遅くなればそれだけお利息が増えてしまうのは当然のことです。少しでもお利息を抑えるためには、帰国後はできるだけ早めのご返済を心がけましょう。

海外キャッシングの利用方法

海外キャッシングの利用方法

海外キャッシングを便利でお得に活用するには、ATMでのご利用が欠かせません。そこで、ここではATMの操作方法について詳しく説明していきます。

ATMのマークを確認

前述したように、ATMであればどれでも海外キャッシングに対応しているというわけではありません。また、クレジットカードブランドによって対応可能なATMは異なるので必ず確認しましょう。海外キャッシングに対応している主なクレジットカードの国際ブランドといえば「VISA」、「JCB」、そして「MasterCard」です。この3つのブランドの中で自分が所有するクレジットカードに対応したATMをまず確認します。

海外キャッシングに対応しているATMを見つけるにはそれぞれのマークで判断できます。「VISA」の場合はVISAまたはPLUSのマークがあるATMなら利用可能です。「JCB」はJCBまたはCirrusのマークを探しましょう。「MasterCard」もMasterCardもしくはCirrusマークがあるATMなら対応しています。いずれの場合もまずクレジットカードのブランドマークを探し、ない場合でもPLUSマークがあれば「VISA」、Cirrusマークなら「JCB」と「MasterCard」に対応していると覚えておくといいかもしれません。

ATMにカードを挿入

まずATMにクレジットカードを挿入します。このとき注意したいのは、海外の場合は日本とは仕様が異なるATMも存在していることです。日本では銀行のキャッシングカードにしてもクレジットカードにしても、カードの表面を上に向けて挿入するタイプですが、海外のATMの挿入方法は5種類に分かれています。まず1つ目は日本と同じようにクレジットカード表面を上向きにして挿入するATMです。そして、2つ目はクレジットカードの裏面を上にして挿入するタイプのATMで、この場合は磁気テープが左側になります。3つ目はクレジットカードの表面を上に向けて水平に入れ、すぐ抜き取るというタイプです。4つ目は垂直に挿入するタイプのATMで、クレジットカードの表面は自分に向けます。このタイプもすぐに抜き取りましょう。最後のタイプは、カードリーダーを使うATMです。クレジットカードの磁気テープ部分をカードリーダーに向けて上下にスライドさせて使います。このように、同じATMでも地域によってさまざまに違います。しかし、どのようなタイプがあるのかあらかじめ把握しておけば慌てることはないでしょう。

使用言語を選択

クレジットカードを正しい向きでATMに挿入できたら、次は言語の選択に移ります。クレジットカードを挿入した段階では、通常はどのATMも現地の言語が表示されている状態です。まずATMの操作ボタンの中に言語を意味する「LANGUAGE」または英語の「ENGLISH」か日本語の「JAPANESE」があるかどうか探します。「JAPANESE」があればそのボタンを選択しましょう。

ここで注意したいのは「JAPANESE」のボタンが2種類存在している場合です。1つは「DOMESTIC」で、現地で発行されたクレジットカードを表し、もう1つは「FOREIGN」で、こちらは現地以外の国で発行されたクレジットカードを意味しています。この場合は日本で発行されたクレジットカードをご利用しますから「FOREIGN」を選択しましょう。しかし、地域によっては日本語に対応していないATMもあります。その場合でも英語ならほとんどのATMで対応可能です。

ATMを操作

実際の操作手順はATMによって異なるものの、基本的には主に3つの手順を覚えておけばほほ問題はないでしょう。まず、1つ目は暗証番号の入力です。暗証番号は、クレジットカードを発行してもらう際にご自分で指定した番号を入力します。または、途中で変更した場合にはその暗証番号を間違えずに入力しましょう。海外のATMというだけで、基本的には日本国内で決済の際に入力している暗証番号と同じもので認識されます。また、日本語対応ではない英語対応のATMの場合、暗証番号は「PIN」という表示になります。暗証番号をきちんと入力したら、最後に「ENTER」を押しましょう。

暗証番号の入力時に注意したいのは桁数です。海外のATMでは暗証番号を5桁または6桁で入力を求められることがあります。戸惑ってしまうかもしれませんが、日本で利用している4桁の数字で問題はありません。2つ目は取引内容の選択です。日本語表示のATMなら「キャッシング」を、英語表示の場合はクレジットカードを意味する「CREDIT」、もしくは「WITHDRAWAL」を押せばキャッシングがご利用できます。最後の3つ目で金額を入力します。海外のATMではあらかじめ決められた金額ボタンから選択することが多いため、希望に近い金額ボタンを押しましょう。

操作を完了

操作を完了

ATMの基本操作は、これまでに説明してきた流れです。まずクレジットカードの暗証番号、次に取引内容の選択、そして最後に金額の選択で海外キャッシングがご利用できます。ここまでの操作を終えたら、クレジットカードとご利用明細書、そして現金も忘れずに受取って完了です。また、ここまでの操作を終えたあとも、ATMによっては引き続きお取引があるかどうか聞いてくる場合があります。その場合には「NO」を選択して終了させましょう。

海外キャッシング利用時の注意点

ここまで海外キャッシングの使い方を中心に紹介してきましたが、ここからは実際にご利用になる際の注意点について説明していきます。

安全な利用を心がける

海外キャッシングをご利用になるときは、できるだけ人通りの多い場所にあるATMを使いましょう。場所によっては置き引きやスリが横行している場合もあります。路地裏のような人気の少ない場所ではなく、できるだけ空港や金融機関などに設置されたATMを使うことがポイントです。現地でのATM設置場所をクレジットカードブランドのWebサイトで確認できる場合は、ついでに安全な場所かどうかもチェックしておくといいでしょう。

また、ATMを操作中は決して離れてはいけません。背後から話しかけてくる人がいても、油断させる手口の可能性もあります。ATMによっては、クレジットカードを挿入したあとなかなか出てこないこともありますが、目を離してはいけません。暗証番号を入力する際も、できるだけ周囲の目線を遮るようにしたほうが安全です。海外のATMも24時間いつでもご利用可能な機種が多いですが、安全性を考慮して夜間の利用は避けましょう。

事前に暗証番号を確認する

事前に暗証番号を確認する

海外キャッシングをご利用の際に欠かせないのが暗証番号です。暗証番号を間違えてしまえばお取引自体ができません。ATMによっては、複数回間違えた場合、同じクレジットカードでのお取引を停止されてしまうこともあるので注意が必要です。中にはお取引停止だけでなくクレジットカードそのものが回収されてしまうこともあります。そのような失敗を避けるために、出国前に必ず暗証番号の確認をしましょう。忘れてしまった場合や不安な場合にはクレジットカード会社に問い合わせておけば安心です。また、暗証番号を再発行する場合や変更する場合には時間がかかることもあるため、出国間近ではなく早めに確認しましょう。

事前に限度額を確認する

海外キャッシングをご利用になる場合、限度額を必ず確認しておくことも大切です。記憶していた限度額よりも実際ははるかに低い金額だった場合は、現地での予定が狂ってしまうかもしれません。また、ご利用には事前のお申込みや設定が必要になることもあります。特に、普段クレジットカードをあまりご利用になっていない人はあらかじめクレジットカード会社に問い合わせてみるほうが安心です。また、渡航先でお土産などの購入にクレジットカードのご利用を予定しているなら、全体のご利用バランスを考えておく必要があります。クレジットカードは海外キャッシングのご利用に応じてその分ショッピング枠が圧迫されるという性質を持っています。ショッピングとキャッシングの両方を踏まえて余裕を持った限度額であることがポイントです。

ここで注意したいのは「JAPANESE」のボタンが2種類存在している場合です。1つは「DOMESTIC」で、現地で発行されたクレジットカードを表し、もう1つは「FOREIGN」で、こちらは現地以外の国で発行されたクレジットカードを意味しています。この場合は日本で発行されたクレジットカードをご利用しますから「FOREIGN」を選択しましょう。しかし、地域によっては日本語に対応していないATMもあります。その場合でも英語ならほとんどのATMで対応可能です。

返済日や金利について確認する

海外キャッシングは、帰国後の速やかなご返済が望ましいといえます。1日でも早いご返済を心がけることでお利息を抑えることが可能です。そのためには、正しいご返済日や金利について事前に確認しておきましょう。ご返済日や金利はクレジットカード会社ごとに異なります。ご返済で注意しておきたいのは、ご返済方法をあらかじめ確認しておくことです。口座引落しだけに対応したクレジットカードは、引落し日までお利息が加算されていくことになるため、お利息分が増える可能性が高くなります。

海外ではメリットの多いキャッシングをぜひ利用しよう

海外ではメリットの多いキャッシングをぜひ利用しよう

海外キャッシングはいつでも現地通貨を引き出せ、両替手数料を抑えることもできます。ここで紹介した内容を参考に、海外旅行でご利用するのもいいでしょう。ただし、国内で通常のキャッシング利用をする場合、クレジットカードは金利が割高であることがデメリットです。プロミスならお申込みからお借入までスマートフォンでできます。クレジット機能はありませんが、三井住友VISAプリペイドカードへのチャージもスムーズで便利です。

前の投稿キャッシング枠とは?利用するメリット・デメリットまで徹底解説

クレジットカードのキャッシング枠を解説!ショッピング枠との違いは何?次の投稿