カードローンのリボ払いとは何か?
利用するメリットや注意点も解説

知って得するマメ知識

カードローンのリボ払いとは何か?利用するメリットや注意点も解説

短期的な現金の調達手段としてカードローンの利用を検討しているなら、月々のご返済額を抑えられるリボ払いについて知りたいと思っていませんか。この記事では一般的なカードローンのリボ払いとは何か、利用のメリットや注意点などを説明していきます。また、同じリボ払いでもキャッシング枠を含むクレジットカードとはどのように違うのかも解説していきますので、リボ払いについて理解したうえでカードローンの利用を検討してみましょう。

目次

リボ払いとは

リボ払いとは「リボルビング払い」を略した言葉で、「リボルビング返済」という呼び方をされることもあります。国内では主に「定額リボルビング方式」が利用されており、元利方式と元金方式に分かれています。リボ払いは毎月一定額のお支払いをする方法で、お利息などの端数が出ないケースが多いのが特徴です。たとえば、5000円や1万円といった具合に切りのよい金額で支払うものですが、実際のお支払いコースはカードローン会社によって異なります。また、お支払い金額のコースはご利用者が選べる場合もあれば、ご利用額やお借入残高に応じて変動する場合もあります。

リボ払いはカードローンの返済以外に、クレジットカードのショッピング利用のお支払いやキャッシング枠のご返済に用いられることの多い支払い方法のひとつです。通常は契約する段階で月々の返済額が定められるため、契約内容に則ってお支払いを進めていきます。リボ払いは分割払いと比べると月々のお支払い額が少額で済むことが多いのも特徴的です。また、お支払いがスムーズに進んでいれば、限度額を超えない限りは繰り返しご利用することができます。

リボ払いの方式を決める3つの要素

リボ払いの方式を決める3つの要素

前述したように、リボ払いにはいくつかの方式が用いられており、主に3つの要素を組み合わせることでご返済額が決まってきます。ここでは、3つの要素とはどのようなものか説明していきます。

元金定額と元利定額

ひとつめは元金定額と元利定額です。国内で採用されていることの多い方式で、この2つにはお利息分がご返済額の中に含まれているかどうかの違いがあります。元金定額とは毎月支払う元金が一定になっているもので、お利息は元金に上乗せされます。そのため、ご返済額は毎月変動していくのが特徴です。たとえば10万円借りて月々のご返済額が1万円に設定されている場合、ご返済額は1万円+お利息という形になります。元金定額はご返済が進む度に元金から1万円ずつ減っていきます。そのため、お利息が毎月変わり、ご返済額が変動していくのです。

一方、元利定額のほうは毎月のお支払い額の中にお利息分も含まれた方式のことをいいます。たとえば10万円借りて月々のご返済額が1万円の場合、お利息も含まれているため実際のご返済額も1万円ということになります。元利定額の場合は元金定額とは異なり、支払う度に元金から1万ずつ減っていくということではありません。1万円からお利息を除いた金額だけが減っていきます。そのため、元利定額は毎月のご返済額に変動はなく、最終のご返済の際に残った端数を支払って完済になるのが一般的です。

定額返済と定率返済

定額返済とは、あらかじめ決められた一定のご返済額を月々支払っていく方式のことです。例えば5000円コースであれば毎月5000円、7000円コースであれば毎月7000円という定額でご返済を続けていきます。リボ払いといえば、端数の出ない定額返済をイメージする人は多いかもしれません。これに対して定率返済とは借入残高に一定の割合を掛けた金額を算出してご返済していく方式のことです。例えば定率を2.5%とした場合で10万円借りたときには、毎月2500円ずつご返済していきます。ただし、定率返済については採用されるケースは少ない傾向にあります。

残高スライド方式

残高スライド方式とは、お借入残高によってご返済額が毎月変動していく方式のことです。残高スライド方式には「定額方式」と「定率方式」のいずれかが採用されます。「定額方式」を採用した残高スライド定額方式の場合なら、毎月のご返済額はお借入残高に応じた定額です。たとえば、お借入残高が10万円以内であれば毎月1万円、10〜20万円以内であれば2万円という具合にご返済額は定額で変動していきます。この残高に対してのご返済額はカードローン会社などによって異なります。

一方、「定率方式」を採用した残高スライド定率方式の場合はお借入残高に一定の割合をかけて算出した額をご返済していくもので、国内ではほとんど採用されている例はありません。カードローン会社の多くは残高スライド定額方式になるため、ご返済を順調に進めていけばご返済額も連動して少額になっていきます。追加のお借入も、ご返済に遅延がなく限度額の範囲内であれば可能です。ただし、せっかくお借入残高を減らしても新たにお借入をしてご返済額が上がる場合もあるので注意しましょう。

カードローンのリボ払いの方式

リボ払いの基礎について説明してきましたが、カードローンのリボ払いには3つの代表的な方式があります。ここでは、3つの方式がどのようなものか紹介します。

元利定額リボルビング方式

元利定額リボルビング方式とは、毎月のご返済額が一定であることが特徴です。ご返済額の中にはお利息も含まれていますが、ご返済しやすい金額で設定されることが多く、元金の割合が低いケースが多いという特徴も持っています。そのため、ご返済を開始したばかりのうちはなかなかお借入の元金が減りにくいかもしれません。もちろん、ご返済額が高めに設定されている場合であれば元金も減りやすいですが、ご返済が容易な低い金額で設定されているカードローン会社は少なくありません。元利定額リボルビング方式は端数もなく毎月決まった金額でのご返済を続けていくことから、管理がしやすいのも特徴といえます。たとえば、10万円借りて返済額が5000円の場合は毎月5000円のご返済を続けていくだけです。

借入時残高スライド元利定額リボルビング方式

借入時残高スライド元利定額リボルビング方式は、ご返済額が定額という点では元利定額リボルビング方式と似ています。基本は元利定額リボルビング方式と同じであると考えていいでしょう。しかし、定額でご返済することは同じでも、ご返済額がお借入残高によって変動するという点が大きな違いです。ご返済を進めることでお借入残高が減っていく場合や、追加借入で残高が増える場合にはご返済額も変動します。

借入時残高スライド元利定額リボルビング方式は、途中で大きくお借入をしなければ毎月の返済額は一定で維持することも可能です。ただし、追加借入額によってはご返済額も大きく上がることがあります。金額が変動することを忘れてご返済額に不足が出ないよう、注意が必要です。また、追加借入がなく順調にご返済していく場合でもご返済額は変わるので、毎月ご返済前には正確な金額を確認しておく手間がかかります。

元金定額リボルビング方式

元金定額リボルビング方式は、元金だけが定額のご返済で、お利息をそこに加算する形でご返済する方式です。たとえば、20万円を借りて毎月元金のご返済が2万円に設定されている場合、2万円+お利息でご返済を続けていきます。お利息はお借入残高に応じて変動するため、ご返済開始時期のご返済額は高いと感じるかもしれません。しかし、元金は確実に定額で減っていくため、完済まで残りどれくらいの期間を要するのか把握しやすいという特徴があります。また、完済が近づくに従ってお利息も減っていきます。

カードローンのリボ払いのメリット

カードローンのリボ払いのメリット

月によって出費の変動が大きいと、それだけ家計管理は大変になります。収入とのバランスが取れなくなることは最も避けたいことです。リボ払いは毎月ご返済額がほぼ一定のため、家計管理がしやすいというメリットがあります。中でも、特に管理しやすいのが元金定額リボルビング方式でご返済する場合です。端数が出ない元利定額リボルビング方式も管理はしやすいですが、元金の減りが見えにくいという問題が生じます。しかし、元金定額リボルビング方式はお利息が変動するものの、元金は定額なのでご返済計画を立てやすいのがメリットです。お利息の変動といっても大きく変わるということではないため、おおよそのご返済額を把握でき、家計管理がしやすいといえます。また、繰り上げ返済に応じていることも多く、余裕ができたときにまとめてご返済できるのもメリットの一つです。

カードローンのリボ払いを利用する際の注意点

リボ払いは少額からのご返済が可能で家計管理もしやすいというメリットがありますが、その反面で注意したいこともあります。ここでは、カードローンのご返済でリボ払いを選択する際の注意点について紹介していきます。

早期完済を心掛ける

リボ払いを選択した場合で最も注意したいことは、早期のご完済をすることです。小額のお金をお借入するというときは毎月の家計にも余裕がない場合があります。リボ払いであれば毎月一定の金額でご返済を続けるため、ご返済の負担を軽くすることはできます。しかし、月々の負担が少ない分、ご返済が長期化するケースは多いものです。ご返済期間が長引けば、それだけお利息が増えるという心配も出てきます。少しでも余裕ができたときにはその分をご返済に回し、できる限り早めの完済を心がけましょう。

追加の借入を習慣化させない

追加の借入を習慣化させない

リボ払いは毎月のご返済負担を軽くするというメリットがあります。しかし、その分借りているという感覚が薄れてしまわないよう注意が必要です。特に、定額返済だと同じカードローンで追加借入をした場合もご返済額に変化がないことから、借り過ぎてしまう人も見受けられます。そのため、ご返済が進んで限度額に余裕ができると追加借入をすることが習慣化してしまう人もいるのです。このような場合、気づいたときにはお借入総額が膨大なものになっていたというケースも心配されます。リボ払いは家計に余裕がないときだけにとどめ、臨時返済などを利用して完済を目指すようにしましょう。

借入残高の把握を怠らない

ご返済は、毎月きちんと続けていくことが大切です。リボ払いについても、毎月コンスタントに続けることでご返済が進んでいくことになります。しかし、リボ払いの場合は、ご返済ができていると思っても実はあまりお借入残高が減っていないこともあるので注意しましょう。リボ払いでも遅延せずにご返済を続けていけばお借入残高は減っていきます。しかし、ご返済が少額で設定されている場合には、実際には予想よりご返済は進んでいないことがあるからです。自分ではご返済が進んでいると感じていても、元金はあまり減っていないかもしれません。返済をきちんとしているという錯覚を起こさないためにも、お借入残高はこまめに確認する習慣をつけましょう。

クレジットカードのリボ払いとカードローンのリボ払いの違い

クレジットカードもカードローン同様、ほとんどの場合でリボ払いが利用できます。クレジットカードのリボ払いとカードローンのリボ払いはどのように違うのか疑問を持つ人もいるでしょう。しかし、実際に違いはなく、カードローン会社やクレジット会社によって採用している方式に違いがあるというだけで基本は同じです。取り立てて違いをあげるとするなら、クレジットカードのキャッシング枠のほうがご利用限度額は低く設定されることが多いかもしれません。

クレジットカードのキャッシング枠は、ショッピング枠の利用額に応じて左右される場合もあります。実は、クレジットカードのキャッシング枠はショッピング枠の一部という位置付けのため、ショッピングのご利用が多いとその分キャッシング枠が減ってしまうのです。また、ショッピング枠のご利用があると、キャッシングのお借入だけを繰り上げ返済することができない場合があるので注意しましょう。

クレジットカードのリボ払いとカードローンのメリットをくらべてみる

クレジットカードのキャッシング枠をリボ払いでご利用しているなら、お借入残高分をカードローンで借り換えるのもメリットがあります。実際にはどのような利点があるのか説明していきます。

利息額が減る場合もある

同じリボ払いでもクレジットカード会社のキャッシング枠よりカードローンのほうが金利の上限は低い場合があります。実際にはそれぞれのカード会社によって金利は異なりますし、お借入限度額に応じて違いますが、両者を比較してみる価値はあるでしょう。さらに、カードローンには無利息期間を設けているケースが多く、一定期間内で完済ができればお利息なしでのご利用が可能です。もちろん、初回のご利用に限定するなど条件はともないますが、短期間でのご利用でお利息を減らしたい場合にはお得に利用することができます。

ショッピング枠の利用可能分が増える

前述したように、クレジットカードのキャッシング枠はショッピング枠の限度額に含まれているものです。そのため、ショッピングのご利用があれば、それだけキャッシング枠を十分使えない可能性も出てきます。ショッピングのお支払いとキャッシングのご返済は合算することができないこともあり、毎月のお支払いが膨らんでしまうかもしれません。そのような場合には、カードローンで借り換えたほうが余裕を持たせることも可能です。また、公共料金のお支払いなどですでにショッピング枠のご利用が多い場合は、お借入はカードローンに分けるほうが便利に活用できます。キャッシング枠はカードローンで借り換えるなど、ショッピング枠のご利用額を増やすことにも役立つでしょう。

カードローンのリボ払いを賢く利用しよう

カードローンのリボ払いを賢く利用しよう

リボ払いは毎月定額でのご返済ができ、家計管理がしやすいなどのメリットがあります。リボ払いにはいくつかの組合せや方式があり、注意したい点はありますが、便利なお支払い方法です。カードローンをはじめてご利用になるなら、30日間無利息サービスのあるプロミスを選ぶのもいいでしょう。スマートフォンのアプリでお申込みからお借入まで完結でき、お客さまのご都合に合わせたご利用が可能です。

前の投稿カードローンの審査に通らない理由と対策を解説

キャッシング枠とは?利用するメリット・デメリットまで徹底解説次の投稿