カードローンをおまとめする方法とは?おまとめローンの便利な使い方!

意外と知らないベンリな使い方

カードローンをおまとめする方法とは?おまとめローンの便利な使い方!

複数の金融機関から借入れをすれば、それぞれに返済をしていかなければなりません。1つ1つの返済額は少額でも、まとまれば負担は大きくなり、重荷になってしまう場合もあるでしょう。借入先をまとめることができれば、借入額や返済手続きを楽にすることも可能です。この記事では、複数のカードローンをおまとめする「おまとめローン」のメリットや総量規制の対象にならない理由、さらに注意点などについて解説していきます。

目次

カードローンのおまとめとはどういうことか

カードローンのおまとめとはどういうことか

おまとめローンとは、複数のカードローンやキャッシングなどをまとめることをいいます。借入先が多いと、ご返済総額が増えるうえに利息分も負担になりがちです。また、ご返済日がそれぞれ違うと管理自体が難しくなります。そのようなときでも、利率の低いローンなどを利用して複数のお借入れをまとめることができれば、1回の返済額を抑えることができるうえに、ご返済日も把握しやすくなります。

おまとめカードローンを利用するメリット

おまとめカードローンを利用するメリット

おまとめローンといっても、お借入れであることに変わりはありません。利用するからには相応のメリットが得られることは必須条件です。ここでは、複数のカードローンやキャッシングをおまとめするメリットにはどのようなものがあるのか解説していきます。

借入状況の管理が楽になる

メリットの1つは、お借入全体を管理しやすくなることです。実際にカードローンをご利用になる場合、1社の限度額が必要な金額に満たないことも多く、やむなく複数社からお借入れしてしまう場合もあるのではないでしょうか。しかし、3社4社とお借入先を増やしてしまえば、それだけご返済日を管理することが難しくなります。そのうえ、金利や返済方法がカードローン会社によって異なると「A社にはいくら返済だったかな?」「B社は口座振替だったっけ?」など混乱することもあります。

もちろん、返済管理をしっかり行えれば問題はありません。ところが、返済管理が難しくなれば、正しいご返済日を間違えてうっかり遅延することも出てきます。または、ATMから返済するはずが口座振替と勘違いすることで、振込を忘れる可能性もあります。ご返済の遅れは、信用情報に悪影響となるため、できるだけ避けたいものです。しかし、お借入先を1つに絞っておまとめし、複数になっていたカードローンなどをすべてまとめておけば、ご返済日もご返済方法もバラバラになることはありません。管理が楽になり、精神的にも余裕が持てます。

金利が下がる可能性がある

お借入れをおまとめする2つめのメリットは、全体の利息を抑えやすいということです。金利は金融機関やカードローン会社によって異なるものの、一般的にはお借入額が多いほど低くなる傾向があります。そのため、まず1カ所で大きな金額を借入れし、カードローンなど複数に分散していたお借入れをおまとめできればさらに全体の利息を抑えることが可能になるのです。

また、キャッシングやカードローンは、1回のご返済額を少なめに設定しているケースが多いという特徴も持っています。1回のご返済額が少ないと家計を圧迫しにくく、ご返済自体も楽にできます。家計が苦しいときには、低めの返済額を選択するのも1つの手段です。ただし、その分利息が高くなってしまうため、複数のカードローンをご利用していればそれだけ利息が増える可能性が高くなります。 

おまとめローンをご利用になる際は金利が低いことが基本的な条件となります。借入れしているカードローンやキャッシングと金利が同じであれば、おまとめしても状況はあまり変わらないこともあります。おまとめをするときには、まずお借入残高がどれくらい残っているか、完済までの利息がどれくらいになるかを確認することが必要です。そのうえで、どれくらいまでの金利のおまとめローンを利用すればメリットが出るのか正しい判断をしましょう。

おまとめローンは総量規制対象外

おまとめローンは総量規制対象外

ここまで、複数のお借入れをおまとめする一般的な方法やメリットについて説明してきました。しかし、新たなお借入れは総量規制の対象にならないか心配する人もいらっしゃるのではないでしょうか。結論からいえば、おまとめローンは総量規制の対象にはなりません。ここでは、おまとめローンが総量規制の例外になっている理由と注意点について説明していきます。

総量規制とは?

複数のカードローンをご利用になるなど計画的なお借入れができていないと、それだけご返済が負担になります。そうなれば、家計を圧迫したりご返済に遅延が出てしまったりする可能性も出てきます。そのような状況を防ぐために、貸付に対してさまざまな規制が定められているのが「貸金業法」です。貸金業法では、年収の3分の1を超える金額を貸付ないよう禁じています。例えば、年収が300万円の人ならお借入可能な額は100万円です。

この、年収を基準にした限度額のことを一般的に「総量規制」と呼んでいます。総量規制は、1社だけが対象になるわけではありません。ご利用者が借入れするすべての貸金業者からの借入れが対象になります。仮に年収300万円の人がすでにA社で50万円のお借入れがあるなら、B社で新たに可能なお借入金額は50万円までです。ただし、A社とB社でそれぞれ50万円借りたとしても、どちらかを完済できれば新たに50万円を借入れすることはできます。つまり、総量規制を守っていれば、お借入総額は常に年収の3分の1を超えない金額で維持できるということです。

総量規制対象外の条件は?

前述したように、総量規制では年収の3分の1を超える貸付を禁じています。しかし、すでに総量規制の限度額に達していても、貸金業者からお借入れできる例外が存在します。1つは「除外貸付け」、そしてもう1つは「例外貸付け」です。除外貸付けとは、総量規制にはなじまないと判断されるもので、例えば、高額な医療費や葬儀費用など緊急性があり必要とされる貸付が対象となっています。他にも、有価証券や不動産などを担保とした貸付に、住宅ローンや自動車ローンのような銀行が主に行っている貸付なども含まれます。そもそも、銀行による貸付は銀行法の対象であり、貸金業法の総量規制にならないのが一般的な考え方です。

これに対して例外貸付とは、借入れによってご利用者が有利になる貸付や、親族や家族の入院費など社会通念上必要があると認められる貸付を指します。ご利用者が有利になる貸付とは、借入残高を減らしていくためのお借入れなどが該当します。そのため、貸金業者によるおまとめローンも例外貸付に分類されるのです。

おまとめが総量規制対象外の理由

おまとめローンが総量規制の対象にならない理由は、複数のカードローンをおまとめすることがご利用者にとって有利になるという特性があり、例外貸付けに該当するためです。ただし、それにはいくつかの条件があるので注意しましょう。まず1つめは、おまとめした後の金利が、それ以前の金利よりも低いことです。せっかくおまとめしても金利が高くなってしまう、またはほとんど変わらないのであれば、ご利用者にとって有利とはいえないからです。そしてもう1つは、おまとめした後の返済額がおまとめする前よりも少ない金額になることです。これらの条件を満たしていない場合には総量規制の対象とみなされてしまいます。

おまとめ後の債務は総量規制の対象になる

前述したように、おまとめローンを借入れする段階では総量規制の制限を受けることはありません。ところが、おまとめした後は総量規制の対象になるので、誤解しないよう注意が必要です。例えば、年収300万円の人がA社とB社からそれぞれ50万円を借入れし、C社のおまとめローンを利用してA社とB社の合計100万円を完済したとします。この場合、C社から借入れした100万円は総量規制の対象となるため、新たにお借入れすることはできなくなります。

また、おまとめローンを利用する際、すでにお借入れしている金額が年収の3分の1に達している場合には、その金額よりも多く借入れしておまとめすることもできません。例えば、年収300万円の人がA社から20万円、B社から30万円、C社から50万円借入れしている場合、110万円をおまとめローンとして借入れすることはできないので注意しましょう。

カードローンをおまとめする時の注意点

カードローンをおまとめする時の注意点

ここまでおまとめローンについて説明してきましたが、ここからはカードローンをおまとめする際の注意点について解説していきます。

おまとめローンを提供していない金融機関もある

カードローンのおまとめは、どこの金融機関でも対応しているというわけではありません。そのため、おまとめローンをご利用になる際は、まずおまとめローンを提供しているかどうか確認しましょう。そもそも、契約内容におまとめを目的とした利用を認めていないケースもあります。使用目的におまとめが含まれていない場合、せっかく申込みをしても審査に通らない可能性があるのであらかじめ確認が必要です。おまとめローンを探す際、金融機関のWebサイトにアクセスすると、おまとめローン専用商品を提供しているサイトやおまとめ自体を認めていないサイト、そしておまとめについての記述がまったくされていないサイトに分かれます。カードローンのおまとめをするなら、おまとめローン専用商品を提供している金融機関を対象に検討しましょう。

審査は厳格になる

おまとめローンのご利用にも、もちろん審査があります。おまとめローンは総量規制の対象からは外れますが、だからといって審査が通りやすいということではありません。銀行や貸金業者のいずれのおまとめローンをご利用になる場合でも、返済が厳しくなればご利用者にとっても金融機関にとってもリスクは大きなものになります。特に、おまとめした直後に返済が難しくなるといった事態は好ましくありません。

また、ご利用限度額が高く金利が低いローンほど、審査は厳しくなるのが一般的です。金利が低いということはご利用者にとっては良いことですが、金融機関にとってはそれだけ利益が下がることになります。そのため、返済ができなくなるというリスクヘッジのために、審査を厳しくすると考えることができます。ですから、おまとめローンを提供している金融機関であっても、審査が甘いということはないので注意しましょう。

限度額が低いと意味がない

おまとめローンは、カードローンなど複数の借入れをまとめることが目的です。そのため、単純に審査に通るかどうかだけでおまとめローンを選んではいけません。かならず、限度額がおまとめできる金額なのかを確認しましょう。例えば、カードローンやキャッシングなど複数のご利用があり、その合計金額が100万円としましょう。この場合、ご利用可能な限度額が50万円ではおまとめローンとして利用することはできません。

また、おまとめローンを目的とした商品であっても、おまとめが可能な限度額で審査が通らないこともあります。例えば、最高限度額が500万円のローンを提供していた場合、誰もが500万円までお借入れできるわけではないので注意しましょう。確かに、おまとめローンは総量規制の対象にはなりません。しかし、他に何らかの要因があれば、審査が通っても希望より低い限度額になることもあるので、ご利用については正しい判断をされることが必要です。

違法業者に注意

おまとめローンを検討するときは、違法業者にも注意しましょう。ご返済に困っているときは、「すぐに借りられる」など甘い話で誘ってくる違法業者はたくさんいます。通常、貸金業を営むには、社名や所在地を管轄の財務局長または都道府県知事に登録しなければなりません。しかし、違法業者の場合はそもそも登録がされていない場合がほとんどのため、怪しいと感じたらまず登録されているかどうか確認しましょう。また、上限金利が貸金業法の規定を超えている違法業者もいるので注意が必要です。

違法業者からお借入れされた場合、高額な手数料を請求されるなど詐欺に遭う可能性が高くなります。そうなれば、ご返済を楽にしたいという目的自体が果たせません。おまとめローンを検討したことで、かえって状況を悪化させることにつながります。違法業者を選ばないように気をつけましょう。

おまとめローンは完済を目指すために使おう

この記事では、カードローンやキャッシングなど複数の借入れをまとめることのできるおまとめローンについて説明してきました。おまとめローンのご利用で、全体の利息を抑えることができ、さらに返済を楽にするなどお借入れによる負担をやわらげることが可能です。完済までの計画をきちんと立てられたなら、おまとめローンは十分利用する価値があります。複数のお借入れで悩んでいらっしゃるなら、おまとめローンを検討してみましょう。

前の投稿カードローンの金利を徹底解説!金利を理解してローンを賢く利用しよう

カードローンを低金利で利用したい人が知っておくべき金利の話と注意点次の投稿