カードローン審査で重要なポイント。
審査に通る・通らないポイントを解説

お申込みのあれこれ

カードローン審査で重要なポイント。審査に通る・通らないポイントを解説

短期的に現金が必要でカードローンの申込みを検討しているなら、カードローンの審査についてきちんと理解しておくことが重要です。特に「すぐに借入を利用したい」と考えているなら、審査の仕組みや通過するための重要ポイントも把握しておきましょう。今回は、審査に通る人と通らない人のポイントや審査時の注意点も含めて、一般的な審査に関わる情報をまとめて詳しく解説していきます。

目次

カードローンの審査の流れと仕組み

カードローンを利用するためには、まずカードローン会社に申込みを行う必要があります。申込みを受けると、カードローン会社は仮審査を行い、それが通れば本審査が始まります。本審査によって、「融資しても問題ない」と判断されれば、融資が実行されるのです。仮審査とは、コンピューターによる属性スコアリングシステム(申込者に関する個人情報などの項目を点数化したもの)によって行われます。スコアリングによる評価に問題がなければ、次は担当者による本審査に入るのです。本審査では、申込み内容や個人情報の確認が行われます。本人確認書類などを確認したり勤務先への在籍確認が行われたりするのは、本審査のタイミングです。カードローンの審査に関する一連の流れを把握したうえで、必要な準備を整えていきましょう。

カードローンの審査項目とは

カードローンの審査項目は数多くありますが、大きく分ければ3種類となります。1つ目は個人情報であり、「氏名」「住所」「生年月日」「電話番号」などの個人を特定する情報です。そのなかで審査に大きく影響するものが、「家族構成」「住まいの種類」「住宅ローンの有無」があります。家族構成によっては本人の年収だけで生活するのが苦しく、返済能力が低いと判断される場合があるでしょう。住宅ローンを組んでいる場合、そちらの返済も大きな負担になるため、審査に通るのが厳しくなります。2つ目は勤務先情報であり、「会社名」「社員数」「勤務形態」「勤続年数」などが審査に影響します。勤務先の経営状況が良好だったり、安定した雇用形態や長い勤続年数があったりすれば、審査を通りやすくなるでしょう。3つ目は信用情報です。「他社からの借入件数」「他社からの借入金額」「審査履歴」「延滞・滞納の有無」など、金融機関からの借入に関する過去の記録も審査の対象になります。他社から多額の借入がある場合は、総量規制(年収の3分の1を超える貸付をしてはいけない)に抵触して、審査に通らない場合があります。また、過去に延滞・滞納をした記録があったり、債務整理などの情報があったりすると審査に通るのが難しいです。

カードローンの審査で特に重要な6つのポイント

カードローンの審査で特に重要な6つのポイント

カードローンの申込みの際、さまざまな情報をカードローン会社に申告しなければなりません。そのなかでも、「信用情報」「借入状況」「住まいに関する情報」「職業」「勤続年数」「年収」などの項目は特に重要です。ここでは審査の対象となる情報のうち、特に重視される6つのポイントを詳しく見ていきましょう。

信用情報

信用情報は、金融機関の利用に関する記録であり、個人の返済能力を判断する材料として利用されるものです。申込みの時点では借入がなくても、過去の借入と返済に関する記録も一定期間は信用情報として残ります。過去に延滞や滞納の履歴があると、信用に問題があると判断されてしまう場合があるため注意が必要です。また、債務整理などの情報が残っている場合、審査に通るのが難しくなってしまうでしょう。逆に、過去に借入の記録があり、問題なく返済を完了している場合は審査に通りやすくなります。

借入状況

申込者の返済能力を知るために、他社での借入状況も調べられます。多くの金融機関から借入を行っていたり、多額の借入残高が残っていたりする場合、返済能力が低いと判断され審査に通るのが難しくなります。特に、借入残高に関しては貸金業法で定められている「総量規制」にも関わるため、必ずチェックされるのです。総量規制とは、貸金業者に対し、利用者の年収3分の1を超える貸付を行ってはいけないと定めたものです。これは1つの貸付業者ではなく、総量規制の対象となる貸付の総額を制限する規制であるため、他社からの借入も含めて調査されます。総量規制を超えるような借入の申込みがあった場合、カードローン会社の審査を通ることはできません。総量規制の対象になるのは、消費者金融などの貸金業者や信販系カードローンだけであり、銀行のローンなどは含まれない点には注意が必要です。

住まいに関する情報

カードローンの審査では、住まいの種類や住宅ローンの有無なども重要になります。住まいが賃貸住宅の場合、毎月の支払いが発生しているため、返済が難しくなると判断される可能性があります。特に、収入に見合わないような家賃が発生する物件に住んでいる場合には、審査が厳しくなるでしょう。その一方で、所有する物件に住んでいる場合には、返済能力が高いと判断される場合があります。ただし、住宅ローンが残っているとマイナスの評価になる可能性が高いでしょう。居住年数もチェックの対象であり、同じ場所で長く暮らしているほど生活が安定していると見なされて、審査においてはプラスの判断材料となります。

職業

職業は収入に関わる情報であり、返済能力を直接左右する要素として重視されます。公務員や正社員といった勤務形態は審査において有利に働き、正社員の場合は勤務先の企業の規模も審査の基準になるのです。ただし、パートやアルバイトであっても、収入に応じた審査が行われます。無職でまったく収入がない場合には、審査に通るのは難しいでしょう。

勤続年数

勤続年数が長いほど、カードローンの審査を通りやすくなります。1つの勤務先で長く勤めている人は、今後も同じ職場で働き続ける可能性が高いからです。つまり、収入の安定性が高いとみなされるのです。勤続年数が長ければ、離職するリスクが低いと判断され、返済能力も安定していると判断されます。入社してから何年ほど働いているのか入力する欄もあるので、申込む際には正確な勤続年数が分かる資料などを準備しておきましょう。

年収

年収は返済能力に直接関わるものであり、必ず確認されます。ただし、年収が高ければ審査が有利になるという単純なものではありません。年収の高さだけではなく、安定性と収支バランスも重要だからです。たとえば、給与が完全歩合制になっているような職業の場合、その年の年収が高くても翌年以降も同様に高い年収になるとは限りません。そのため、年収の高さと同時に安定性も審査対象になります。また、収入よりも支出が大きくなるような生活をしている場合、どれだけ収入が高くても審査は厳しいです。年収がそのまま返済能力ではない点に注意が必要です。

カードローンの審査時間

カードローンの審査時間

カードローンの審査は、必ずしも申込みをした日に終わるとは限りません。金融機関によって審査期間は異なるため、少しでも早く借入をしたいという場合には、申込みをする前に意識しておく必要があるでしょう。

金融機関の種類別の目安

カードローンの審査時間は金融機関によって異なりますが、金融機関の種類ごとに大まかな目安があります。消費者金融系カードローンは比較的審査時間が短く、即日融資に対応しているものも多いです。目安として最短で30分から1時間程度になります。しかし、申込みの内容などによって、審査時間が長くなる可能性もあるため注意が必要です。銀行系カードローンの審査は、最短でも翌営業日までかかり、長ければ1週間ほど必要になる場合もあります。信販系カードローンの審査は、最短で即日ですが、1週間程度かかるケースもあります。即日審査に対応してくれることもありますが、申込みの当日に審査結果が判明することはほとんどありません。

カードローンの審査時間を早くする3つのポイント

カードローンの審査時間を早くする3つのポイント

カードローンの審査時間は、さまざまな要素で長くなったり短くなったりします。少しでも早く審査に通るためには、きちんと対策をしておくことが重要です。ここからは、カードローンの審査時間を短くする重要な3つのポイントを紹介します。

申込み方法

申込み方法によって、審査にかかる時間が異なります。郵送で申込みを行った場合、長い時間がかかるため、急いで借入したいなら別の方法を選択すべきです。電話や店頭なら審査時間が短くなりますが、営業時間にしか申込みができないというデメリットもあります。アプリを含めたWeb申込みであれば、申込み後にすぐ審査が始まり、待ち時間も好きなことをして過ごすことができるメリットがあります。また、近くに自動契約機があるなら、そちらから申込みをした場合もすぐに審査が始まるので便利です。特に、即日審査を希望する場合は、Web申込みか自動契約機を利用するほうが良いでしょう。その際、身分証明書や収入証明書など、必要書類をあらかじめ準備しておくことが大切です。

申込み時間

申込みをする時間帯や曜日なども、審査時間に影響します。審査の内容には勤務先への在籍確認も含まれるため、勤務先と連絡が取れる時間でないと、翌営業日まで審査が保留になる可能性があります。たとえば、勤務先の休業日が土日祝日になっている場合、土日祝日に申込みをしても在籍確認ができないため即日審査は難しいでしょう。そのため、即日審査を希望する場合は、特に申込みをするタイミングが重要になるため、注意する必要があります。

希望限度額

カードローンの申込みの際、希望限度額を申請します。希望する借入額が高額なほど、収入証明書などの書類が必要になり、審査に時間がかかります。借入額が高ければ、それに見合うだけの返済能力が求められるからです。

カードローンの審査に通らない人の特徴と注意点

カードローンの審査に通らない人の特徴として、信用情報や返済比率に問題があるケースが少なくありません。返済比率とは年間の返済額が年収に占める割合であり、比率が高すぎると返済能力が低いと判断され、審査が通らなくなるでしょう。また、総量規制に抵触するような貸付は法律で禁止されているため、借入の申込みには応じてもらえません。また、複数の金融機関から借入がある場合も審査に通りにくくなります。信用情報に遅延・延滞の情報があると審査が厳しくなります。

複数の借入先がある場合には借入先を一本化するなどの対策をしたり、ある程度返済を進めて返済比率を下げたりする対策が必要です。信用情報については、一度記録されると一定期間は消すことができないため、時間が経つのを待つしかありません。審査が通らない別の理由として、申込み時の記載ミスも多いです。返済能力や信用情報などに問題がないはずなのに、審査が通らないという場合には申込み内容の確認を忘れず、正確かつ丁寧に記入するように気をつけましょう。

カードローンの審査について理解できたら早速申込んでみよう

カードローンの審査について理解できたら早速申込んでみよう

カードローンの審査は、どの金融機関を利用した場合も、おおかたの仕組みや流れは変わりません。ただし、審査にかかる時間など異なる部分もあるため、即日審査を希望するなら比較的審査の早い消費者金融系カードローンの利用を考えてみましょう。プロミスなら、スマートフォンアプリから申込みが可能で、お借入れまでをスムーズに完結させることができます。簡単・便利に利用できるので、一度検討してみると良いでしょう。

カードローンの金利を徹底解説!金利を理解してローンを賢く利用しよう次の投稿