貸金業法の改正に伴う重要なお知らせ

貸金業法の改正に伴い、キャッシングのご利用ルールが変更になりました。

1.お借入総額が年収の3分の1までに制限されます(総量規制)

例えば年収が300万円の場合:他社とのお借入総額が年収の3分の1の100万円までとなります。

総量規制の対象外(除外)

クレジットカードを使った商品購入(ショッピング)、銀行カードローン、住宅ローン、自動車ローンなどは総量規制の対象外(除外)となります。

  • ショッピング
  • ショッピング

    クレジットカードを使った商品購入
    (ショッピング)

  • 銀行カードローン
  • 銀行カードローン

    銀行などの貸金業者以外からのお借入れ

  • 住宅ローン
  • 住宅ローン

    不動産購入のためのお借入れ

  • 自動車ローン
  • 自動車ローン

    自動車購入時の自動車担保お借入れ

  • 除外となる貸付けの詳細はコチラ

    2.次のいずれかに該当するお客さまは、収入証明書類を確認させていただくことが必須となります。

    • ご希望のお借入額が50万円を超えるお客さま
    • ご希望のお借入額と他社でのご利用残高の合計が100万円を超えるお客さま

    お勤めの方、自営業の方が対象となります。

    上記に該当するお客さまで収入証明書類をご提出いただけない場合、ご利用を停止させていただきます。

    収入証明書類が不要な例

    年収が300万円の場合(お借入可能額100万円)

    お借入可能額100万円

    初めてのご利用で、他社のお借入れがない方

    お借入希望額50万円 収入証明が不要

    他社に50万円お借入れがある方

    他社お借入れ50万円お借入希望額50万円 収入証明が不要

    収入証明書類をご提出いただいた場合でも、お取引状況や当社の審査基準により、
    ご利用を停止させていただくことがありますので、あらかじめご了承ください。

    ご提出いただく収入証明書類

    3.収入のない方のお借入れができなくなります。

    ご本人様がお勤め(パート、アルバイトなどを含む)されていない場合、お借入れができなくなります。

    パート、アルバイトをされている場合は、給与所得者として、審査のうえご利用が可能です。

    改正貸金業法についてのQ&A

    貸金業法について 日本貸金業協会


    貸金業法の改正に関する詳細は、
    日本貸金業協会のホームページでご確認いただけます。

    クイックアクセス